ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スーパーロボット大戦α外伝

すーぱーろぼっとたいせんあるふぁがいでん

2001年3月29日に発売されたスーパーロボット大戦シリーズの1作。αシリーズ第2作。
目次 [非表示]

『衝撃の風が吹いた』


概要編集

PS1こと初代プレイステーションで発売された最後のスパロボ作品。それと同時に、JAM Projectが主題歌を手掛けた記念すべき一作でもある。

前作『スーパーロボット大戦α』の時点で戦闘アニメーションの進化から一躍話題となったが、今作も一部の機体に限られるとはいえ、後年のPS2版スパロボにも迫るレベルになっている。

その意味では、初代プレイステーションの性能の限界に挑戦した作品と言えるだろう。


当初は前作のファンディスクとして企画が組まれていたが、当時の制作スタッフの総意が「αシリーズのストーリーに沿う続編として作ろう」になったことから、急遽現在の形に作り直された経緯がある。

そのためか、前作以上に制作が難航した他、一部設定やシステムに荒削りな部分やバグが目立つなど、他の作品に比べて少々作りこみが甘い部分が見受けられる。


今作よりスパロボ恒例となる「JAM Projectの手がけるオープニング主題歌」の熱い歴史が始まることとなる。


カットインアニメーションで女性パイロット(エニル・エル)の伝統芸が始まった。


ストーリー編集

バルマー戦役(前作)の終盤に引き起こされたヱクセリヲンの自沈。これによる余波から地球を守るためにイージス計画の実行が急がれる中、ティターンズが計画を我が物にしようと動き出す。


旧ロンド・ベルのメンバーはプリベンターとして彼らの目論見を阻止すべく奮闘。

マクロスシティに現れたシュウ・シラカワと戦うが、その最中に見知らぬ世界へと飛ばされてしまう……


参戦作品編集

一覧編集

★マークはシリーズ初参戦作品。

マジンガーZ

グレートマジンガー

機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー

機動戦士Zガンダム

機動戦士ガンダムZZ

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

機動戦士Vガンダム

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz

機動新世紀ガンダムX

∀ガンダム

ゲッターロボ

ゲッターロボG

真ゲッターロボ(原作漫画版)

勇者ライディーン

超電磁ロボ コン・バトラーV

超電磁マシーン ボルテスV

無敵鋼人ダイターン3

銀河旋風ブライガー

戦闘メカザブングル

超時空要塞マクロス

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

マクロスプラス

超獣機神ダンクーガ


解説編集

序盤数話とクライマックスは現代で、残りは遥か未来を舞台とする。そこで世界観の構成の中心となるのがガンダムX・∀ガンダム・ザブングルの3作となる。

ここにグレートマジンガーとゲッターロボの敵勢力たるミケーネ帝国恐竜帝国が、未来の世界で復活して一大勢力として立ちはだかる。


宇宙世紀ガンダムは、∀ガンダムの設定を反映して「発掘品」として使用される場面が非常に多い。

今日ではガンダムファンにお馴染みのHi-νガンダムの知名度上昇に貢献した。Zガンダムの必殺技として定着したウェイブライダー突撃の初実装も今作である。


このほかゴーストX-9やニュータイプ関連技能の所持者の回避力、コン・バトラーVボルテスVの分離修理の便利さ、さらにダイターン3vsアイアンギアーは今なお語り草となっている。


バンプレストオリジナル編集

今作初登場のものだけ掲載。

キャラクター編集

メイガス

ゼンガー・ゾンボルト

イーグレット・ウルズ

イーグレット・アンサズ

イーグレット・スリサズ


ロボット編集

アウルゲルミル

スレードゲルミル

ベルゲルミル

R-1改


関連タグ編集

スーパーロボット大戦 スパロボ

鋼の救世主 スーパーロボット大戦主題歌一覧


機動新世紀ガンダムX ∀ガンダム 戦闘メカザブングル 黒歴史

マジンカイザー 真ゲッター1 ミケーネ帝国 恐竜帝国

ウェイブライダー突撃 Hi-νガンダム


コン・バトラーV ボルテスV 修理

ダイターン3 アイアンギアー


αシリーズ

  1. スーパーロボット大戦α
  2. スーパーロボット大戦α外伝
  3. 第2次スーパーロボット大戦α
  4. 第3次スーパーロボット大戦α

関連記事

親記事

αシリーズ あるふぁしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63012

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました