ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マジンガーZ

まじんがーぜっと

マジンガーZとは、永井豪原作の漫画、またはTVアニメである。また、本作の主役メカの名称でもある。
目次 [非表示]

解説

1972年~1974年に放送された東映動画のアニメーション。

原作者の永井豪による漫画版が週刊少年ジャンプに同時並行的に掲載されたが、放送途中で「続きはテレビで見てね!!」と唐突に連載終了、その後講談社テレビマガジンに移籍し、完結した。

漫画版を元に、旧TVアニメシリーズ版と異なる新規シリーズとして制作されたのが、*「真マジンガー 衝撃!Z編である。


日本国内では最高視聴率が30%を超えるなど歴史的なヒットとなり、海外でもヨーロッパなどで人気を博した(スペインでは視聴率70%を記録した)。放送話数全92話という記録は、ロボットアニメ史において未だに破られていない。


地味に、操縦者と開発者を、肉親として紐付けた最初の作品でもある(鉄人28号の金田博士は後付け設定)。


漫画版連載前の紆余曲折

実は企画が持ち上がった時、永井豪は連載を4本抱えており、これ以上同時並行して描くのは不可能だった。そんな時、ジャンプで連載していた『ハレンチ学園』が巻きに入っていたというのもあり、永井はこれを終わらせようとする。


マジンガーの企画が東映で本決定した際、条件として「週刊誌でコミカライズしてくれ」と言うのが出され、消去法でWJでの連載が決定した、と言うことであった。かくしてアニメ放送に3か月先駆けてWJにて連載が開始したのである。

なお経緯から分かるように、漫画版とアニメ版はどちらがどちらの原作という訳ではない。なので漫画版を「原作」と呼称するのは厳密には誤りである。この辺の事情は同時期に週刊少年マガジンで描いていたかのデビルマンとも共通する。

また、週刊少年ジャンプで巨大ロボットがメインの作品はこれが唯一では無いのだが、マジンガーZの知名度からかほとんど話題にされない。


余談だが、WJでの連載時にはボスがガミアQを破かれるシーンで「ウヒャーコレじゃハレンチ学園じゃーい」という台詞を発している。


ストーリー

ミケーネ人の古代遺跡調査に訪れた科学者兜十蔵博士は、同行していたDr.ヘルがミケーネ人の遺産である超ロボットを利用して世界征服を企み始めたことを知り、新元素・ジャパニウムを利用し特殊合金『超合金Z』と『光子力エネルギー』を開発。が、Dr.ヘル率いるあしゅら軍団の襲撃によりを落とし、息絶える寸前に兜甲児にマジンガーZを託した。

 祖父の遺志を継いだ甲児はマジンガーZのパイロットとして、日本防衛の要として、機械獣軍団を率いるDr.ヘルの野望を打ち砕くべく戦う。


(以上アニメ版のあらすじ。漫画版とは設定が微妙に異なる)


メカとしてのマジンガーZ

身長18m(後述の真マジンガーでは24m、INFINITYでは25m)、体重20t、出力は50万馬力(出力増強で65万馬力、二度目の出力増強で95万馬力)、鉄(くろがね)の城の異名を持ち、アメリカ第七艦隊に匹敵する火力をたった1機で保有する神にも悪魔にもなれる巨大ロボット。

パイロットは高校生兜甲児

鉄人28号は外部からコントローラーで操縦するというラジコンのようなシステムであるが、こちらはパイロットがロボットに搭乗して操縦するというところに決定的な違いがある。

ちなみにこの発想は永井豪が「渋滞の時にから足生えて歩いて行けりゃいいのになあ」と考えたのが発端らしい。


※最初期のラフスケッチ及び企画段階においての詳細は、「アイアンZ」の項目も参照されたし。

マジンガーZ(OVAカイザー版)

漫画版やそれを元にデザインされた『マジンカイザー』『真マジンガー』だと目の周りが赤いのが特徴。


鉄人28号鉄腕アトムジャイアントロボ以降ヒット作に恵まれず、ジャンルとして終わったとみられていたロボット物は本作で息を吹き返すどころか、本作のヒットを受けて雨後の筍のごとく「有人搭乗式ロボットアニメ」が作られるなど、その後のロボットアニメ界におけるスタンダードとして君臨する事になる。

なお、人が乗り込んで操縦するロボットものという作品やアイデア自体はマジンガーZ以前にもあり、あくまでマジンガーZは後続に多大な影響を与えた金字塔としての作品であることに留意されたし。


全身に無数の武器を格納し、

光子力ビーム†で「部分破壊」、

ロケットパンチで「貫通」、

ブレストファイヤー†で「高温で溶解」、

ルストハリケーンで「錆び付かせて風化」、

という風に主要必殺技の絵的な効果が全て違う、という特徴がある。尚、真マジンガーとは†の武装の相対的強さが異なる(最強の武装が原典はブレストファイヤーだが、真マジンガーでは光子力ビーム)。


兜博士は孫達にマジンガーZを託す際に「あのロボットは完全だ、もう何一つ修正するところも調整するところも無い」と語った。しかし、Dr.ヘル一味が次々送り出してくる機械獣は兜博士の想定以上のものだった。


こういう事もあり、後に脚部に水中活動用の専用機関が追加装備。さらにそのままでは空が飛べないという弱点に対して、追加装備「ジェットスクランダー」とドッキングして克服するという、パワーアップの要素もある。


又、ロケットパンチは飛行安定性と対象切断能力を付与されたアイアンカッターや、遠心力で飛行速度を加速し、運動量を増大させて破壊力を増す大車輪ロケットパンチへ、更に元来は二の腕内蔵だったホーミングミサイル(劇中未使用)を、貫通力を高めたドリルミサイルへと強化されたり、耳には冷凍光線照射装置が備えられたりしている。ジェットスクランダーも、サザンクロスナイフと云う十字手裏剣を射出可能であるし、主翼を斬撃に用いるスクランダーカッターと云う攻撃技もある(これらの強化は真マジンガーでは為されていない)。


無題マジンガーZ


なお、ゲームスーパーロボット大戦」にて元祖スーパーロボットとして扱われる事から、ノリや根性や気合いによる解決の多い作品と勘違いされる事も有るが、実際は初起動の際の操縦法がわからず混乱する甲児の有様や理詰めの戦いや描写も多く、リアルロボット系含めた巨大ロボットもの全般に大きく影響を与えている。

この点は、「マジンガーZ以上の強敵を作り出すこと、そしてその強敵を倒すためにマジンガーZをどう立ち回らせるかを考えることで、マジンガーZの圧倒的な強さをリアリティを持って表現する」というスタッフの考え方と苦労によるもの。

決してただ巨大ロボットが暴れるだけの絵空事ではないリアリティに満ちているのが本作の魅力なのである。


そしてその最終回はマジンガーZが突如現れた新たな敵勢力に対してなす術がなくボロボロにされるという衝撃的なものであった・・・。

その時甲児は颯爽と現れ敵勢力を叩きのめす新たな魔神それを操縦する者を目の当たりにするのである。


その後傷ついたマジンガーZは長らく戦線を離脱するが、『グレートマジンガー』終盤に甲児共々戦線に復帰。鉄也たちの勝利に多大な貢献をすることとなる。

この時のZは大改修により、大幅な出力強化と装甲の超合金ニューZへの換装が行われていると一般的はされているが、グレート本編ではそれを示すシーンやセリフは無い。

ただし永井豪の漫画版グレートといった一部書籍では「出力は6倍にパワーアップし、超合金ニューZに換装された」とされている他、続編にあたる劇場版『INFINITY』では正式に超合金ニューZ製と設定された。


テーマソング

OPテーマ「マジンガーZ」は、アニキこと水木一郎の代表曲の一つとして有名だゼーット!


EDテーマ「ぼくらのマジンガーZ」は、マジンガーZの内部構造が背景になっており、ロボットの構造というリアリティを追求している。


実はEDテーマとマジンガーZの発進のテーマである「Zのテーマ」はOPテーマの候補だったが、曲調や歌詞などの理由で上記が採用された逸話がある。


登場キャラ

光子力研究所

兜甲児

兜シロー

兜十蔵

兜剣造

弓さやか

弓弦之助

のっそり博士

せわし博士

もりもり博士

ボス

ヌケ

ムチャ

みさと

剣鉄也(最終話)



Dr.ヘル一味(東映アニメ版などでは地下帝国という呼び名も)

あしゅら男爵

ブロッケン伯爵

Dr.ヘル

ピグマン子爵

ゴーゴン大公


登場メカ

マジンガーZ

機械獣

アフロダイA

ダイアナンA

ボスボロット

グレートマジンガー(最終話)


グレートマジンガーとの交代劇

映像作品におけるマジンガーZとグレートマジンガーの交代劇は映画『マジンガーZ対暗黒大将軍TV版最終回の2パターン存在し、どちらも『ミケーネの戦闘獣との戦いで満身創痍となったZをグレートが救う』のが大筋の流れである。


ただマジンガーZと戦闘獣とのパワーバランス等の演出に差異が見られ、TV版は戦闘獣に完膚なきまでの敗北を喫しそのままグレートにバトンタッチするのに対し、劇場版では戦闘獣とZの戦力差がTV版ほど大きく描かれていない(そして全快の状態で迎え撃っている)ためか、


  • 大ダメージを受けながらも戦闘獣軍団の第一陣の撃退には成功。
  • 「シローへの献血により弱りきった甲児」と「修理すらままならない状態のマジンガーZ」と言う最悪のコンディションのまま更に強力な第二陣に戦いを挑む。
  • 敗北寸前まで追い詰められるもグレートマジンガーの救援が間に合い、ダブルマジンガーの共闘が実現(この際グレートが戦闘獣相手に無双する傍らZも戦闘獣を1体撃破)。
  • 最後はダブルマジンガーの同時攻撃で獣魔将軍を倒し、新ヒーローグレートとの対峙を改めて果たすZ。

と言ったようにマジンガーZへのフォローが忘れられておらず、Zと甲児の名誉が守られている。


そしてグレートマジンガーも、相手をする戦闘獣の増加に伴う尺の都合からかほぼ全ての必殺技が文字通りの「一撃必殺技」と化しており、戦闘面での見せ場に加えてその強さに説得力が増している。

また美味しい所を持っていくだけではなくマジンガーZの顔を立てるかのような立ち回りも見せている事から、マジンガーZのファンからの印象も良い。


この為多くのファンからは劇場版の方が高い評価を受けており、中には「劇場版こそが自分にとってのマジンガーZ最終回」であると豪語するファンも少なくない。


もっともこの時のグレートはあくまで「主役ヒーローのピンチに駆けつけた謎の味方」と言う扱いとなり、言うなれば「平成2期以降の仮面ライダー映画に先行登場する次回作ライダー」に近い。

つまりこの時の主役はまだマジンガーZのままと捉えられるので、「主人公の交代劇」としてはTV版最終回の方が妥当、とすることもできる。


因みに永井豪氏と桜多吾作氏による漫画版における交代劇は概ねTV版最終回に準じているが、


  • 桜多版:マジンガーZと共に瀕死の重傷を負った甲児がサイボーグ化して生きながらえる(ただし次回作には何故か生身で登場)

  • 永井版:「グレートマジンガー」へ作品名が移行した後に主役が交代し、傷つき倒れたマジンガーZをグレートマジンガーが抱き起こし鉄也が甲児とZを労わる言葉をかけるシーンが追加されている

と言った相違点が見られる。


その他

物語の要でもあるマジンガーZを構成する金属「超合金Z」のおかげでバンダイ超合金ブランドが長く続いている。


関連タグ

永井豪

バイオレンスジャック(セルフパロディとしてマジンガーZ章「鉄の城編」が存在する)

ゲッターロボ

パイルダーオン

マジンガーシリーズ

グレートマジンガー(後番組・続編)

UFOロボグレンダイザー(次々回作)

ゴッドマジンガー

Zマジンガー

MAZINGER_U.S.A.Version

マジンサーガ(シリーズでも厳密にはロボットものではない異色作)

マジンカイザー

マジンカイザーSKL

真マジンガー衝撃!Z編

真マジンガーZERO

マジンガーZ/INFINITY

マジンガーZ2022

クロスオーバー

マジンガーZ対デビルマン

スーパーロボット大戦(小説)

スーパーロボット烈伝

ダイナミックヒーローズ

マジンガーZ対トランスフォーマー

マジンガーZ対けっこう仮面


パロディ・オマージュ

ゼータファイナルマジンガーX

重合金マジンガイム

CBキャラ

プロトタイプガンダム(一部媒体で「鉄の城」とも呼ばれている)

サイコアーマーゴーバリアン

大魔神我

破邪大星ダンガイオー

破邪巨星Gダンガイオー

パンダーゼット

マジンガーNANO

バリンガーZ

マジンガーZIP!

マジンガー乙女

マジンガー課長

ロボットガールズZ

マジンバトル

猟界のゼーレン

オジンガーZ

アニバーサリー

マジンガーZ50周年


余談

  • 本作で語られる「神にも悪魔にもなれる」という言葉は、鉄人28号で描かれた「良いも悪いもリモコン(操縦者)次第」という表現を操縦者側に置き換えた秀逸な表現とも言える。
  • 甲児が技名を叫ぶのはZに搭載された音声認識システムを作動させるためと言われることがよくあるが、明確な典拠は不明。それどころか各種媒体において技名を発しないことすらあるため「そのような解釈も可能」程度に考えた方が良いだろう。ちなみに内蔵武器の使用自体はボタンを押す事で可能な模様(TV版第2話参照)。
  • 2022年11月には関智一が座長を務める劇団ヘロヘロQカムパニーの第39回公演で「立て!マジンガーZ!!」として舞台化。もともと2020年3月に上演予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期となり、約2年半越しにお披露目となった。
  • 2023年1月8日に放送されたアニメジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャンの第25話では、とある能力によって実体化しチョイ役での登場で話題を呼んだ。もちろん版権元のダイナミックプロに許可を得ており、ちゃんとダイナミック企画の名前がクレジットされている。

関連動画


関連タグ

ミラーマン:前番組。その前番組はアタックNo.1であり、ある意味で本枠がスポ根ブーム、変身ブーム(第2次怪獣ブーム)からスーパーロボットブームへの変化の象徴であった。


虚実妖怪百物語大規模なクロスオーバーの一環として登場。多数の有名キャラクターたちと共演している。

関連記事

親記事

マジンガー まじんがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6726851

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました