ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

声優

沢田和子(旧TV版『マジンガーZ』・『グレートマジンガー』等)

相田さやか(OVA『マジンカイザー』)

藤村歩(『真マジンガー衝撃!Z編』)

花江夏樹(『マジンガーZ/INFINITY』)


概要

兜十蔵博士の兜甲児で、非常に兄思い。

言葉づかいが少々荒っぽくやんちゃな少年。

パイルダーを操縦し敵を破壊する活躍も見せた。


グレートマジンガー』では実の父剣造のいる科学要塞研究所にて専用マシンのロボットジュニアを作ってもらい、それに乗りミケーネ帝国との戦いにも参戦する。

蔵出しボスボロット&ロボットJr


マジンガーZ/INFINITY』では成人した姿で登場。超イケメンになった。

若くして統合軍の三番隊隊長を務め、量産機イチナナ式を駆り地下帝国と対決。地獄大元帥との最終決戦時には鉄也マジンガーブレードを借りてサンダーブレークを放っている。


スーパーロボット大戦

甲児の弟という立場から長らくNPCとしての登場が多かったが、Dではロボットジュニアと共に参戦。

ボスボロットの頭部をバットでかっ飛ばす「ボロットホームラン」という合体技が実装された。


その後、TでINFINITYが参戦した際にも登場。

乗機はイチナナ式だが、甲児や鉄也に代わってマジンガーに乗る事も可能で、能力や精神コマンド、エースボーナス全てにおいて、甲児や鉄也ほどではないものの十分に強いパイロットとなっている。

ただし、Tでは『甲児や鉄也を押しのけてマジンガーに乗せて使うほどの強さは無いが、イチナナ式では力不足』という残念なキャラ。

一方、次作となる30では、マジンガーZ最大の必殺技を使えるのが甲児だけだったり、マジンガーZとグレートマジンガーの合体攻撃が移動後に使えない(鉄也がそれを補う精神コマンドを覚える)という都合もあり、強力だが余りがちなマジンカイザーに乗せれば、前作での鬱憤を晴らすような活躍が可能。



余談

名前の由来は、1964年~1968年にかけて活躍した競走馬カブトシロー」⇒Wikipedia

オッズが高くなると凡走し、低くなると好走するというあまのじゃくな走りから、「競馬新聞が読める馬」と評された。

兜シローを先に知った人は誤解するかもしれないが、カブトシローが元ネタである。


関連タグ

マジンガーZ 兜甲児 ローレライ

早乙女元気:ポジション的には同じだが、扱いはあまり良くない(チェンゲでは性別すら代わってたし

関連記事

親記事

光子力研究所 こうしりょくけんきゅうじょ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29829

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました