ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

マジンガーZコックピットを兼ねる、一色の小型VTOL機。コックピットを兼ねた戦闘機(脱出ユニット)の元祖
両翼の端にダクテッドファン形式のローターが付いた形状であり、最高速度は320㎞/h、最大上昇高度は9000m。
軽自動車くらいの大きさで、重量は320㎏。

操縦席はオートバイマニア兜甲児に合わせてバイクに似た仕上がりになっており(元より十蔵はパイルダーの操縦を念頭に甲児にバイクを与えていた)、何と漫画版では小学生兜シロー操縦した事もある。
航空機にも拘らずシートベルトが無いのはこのためで、操縦する度に死にかけては元も子もない(アニメ版ではコックピット内壁に激突して出血している)ということで光子力研究所パイロットスーツが作られることになった。

マジンガーZの頭部にパイルダーオンする際には両翼が折りたたまれて垂直に持ち上がり、そのままガッシャンとマジンガーZにドッキングすることで、マジンガーZが操縦できるようになる。しかし、当然ながらマジンガーZを操縦するのはパイルダーの比ではない程に難しく、アニメ版第1話では危うくシローを踏み潰しかけている他、漫画版第1話でも甲児は扱い切れずを滅茶苦茶に破壊してしまい自衛隊アフロダイAからテロリスト勘違いされて追い回されている。
漫画版ではDr.ヘルとの最終決戦まで戦い続けたが、アニメでは第68話で破壊されてしまい、ジェットパイルダーにその座を譲ることとなる。
劇場版マジンガーZ/INFINITYでは復元されたようで、再びホバーパイルダーが戦場に舞い戻った(ジェットパイルダーは背景にボロボロの状態で置かれているのが見える)。こちらが選ばれたのは、「ジェットパイルダーは法的に戦闘機になってしまうので運用に問題がある」「リサを同乗させるスペースが無い」という設定なのだが、実はホバーパイルダーのCGが先に出来上がっていたという事情でジェットパイルダーを出せなかった(そのため無理やり背景に入れた)、というのが真相らしい…

武装

パイルダーミサイル

機体下部に内蔵された小型ミサイル
作中ではメガロンP3撃墜している。(漫画版ではマリオN7を撃墜している)。

余談

もともと永井豪は「バイクが巨大ロボットの操縦席として合体する」と言うアイデアで推し進めていたが、これを東映に持っていった所、あんたの師匠が描いたうちの看板とカブっとるじゃないか」と言われ、「なら飛行機でどうだ」ということでこれを思いついたらしい(自伝漫画『激マン!』より)。
バイクが操縦席として合体するという案は後にダイアナンAに受け継がれているほか、初期案だったアイアンZエネルガーZもリメイク作品等ではマジンガーZの試作機扱いで日の目を見ている。
ロボットガールズZではZちゃん変身アイテムとして登場。

関連項目

マジンガーZ 真マジンガー 真マジンガーZERO
VTOL パイルダーオン
コアファイターリアルロボット第1号におけるコックピット型脱出装置
重戦機エルガイム:バイク(エアバイクだが)が操縦席になっている

関連記事

親記事

パイルダーオン ぱいるだーおん

pixivに投稿された作品 pixivで「ホバーパイルダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5158

コメント