ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ブラックマイトガイン

ぶらっくまいとがいん

ブラックマイトガインは、アニメ『勇者特急マイトガイン』に登場するロボットの名前である。
目次 [非表示]

黒い力を正義に変えて、灯せ悪への赤信号!勇者特急ブラックマイトガイン、声援受けて只今推参!

概要

CV:松本保典


新幹線兄弟

アジアマフィアのボスホイ・コウ・ロウが、打倒マイトガインの為の尖兵としてガインのGシステムをコピーして制作したブラックガインを中心としてマイトガインの合体システムをコピーした機体。

見た目はマイトガインに酷似しているが、頭部の形状が閻魔大王を思わせる形状になっており、胸のマークも「中」の字に似ている。

しかしコピーしたGシステムを解析も改変もせずにそのまま再現した為「正義の心」までコピーしてしまい、ブラックガインに人命救助の為に身動きの取れないガインを襲わせようとしたものの、ブラックガイン自身はガインを倒すどころか人命救助の手助けをした挙句に「自分は正義のロボットだ」と言い出し勇者特急隊に付いてしまうなど散々な結果に終わってしまう。


しかし、諦めの悪いホイはブラックのAIを支配するコントロールマスクを使い当初の思惑通り悪の尖兵とし、ブラックロコモライザーブラックマイトウイングチンジャ・ルースが搭乗)、ブラックパイルダーと合体してブラックマイトガインと化す。


暗い翼に殺意を乗せて、灯せ不幸の赤信号!悪者特急ブラックマイトガイン、定刻破って只今到着!

(※この台詞はホイによる)


ブラックに侮辱されたガードダイバーホーンボンバーは潰しに掛かるも、7万馬力の差を跳ね返せず転倒。


マイトガインとの対決ではほぼ互角だったが出力をアップした「縦一文字斬り」で破れる(おそらく装甲の材質が劣っていたものと思われる)。が、ガインを乗っ取ろうとコントローラーを切り離され正義の心を取り戻すことに。そしてマイトガインを守るためにコントローラーもろとも自爆。停止寸前に苦手だった早口言葉を言おうとするも事切れてしまった。


体は失ったが超AIは無事だったらしく、最終回のEDで復活。勇者特急隊の新メンバーに加わった。



余談

  • ガインさえ使わなかったガインバスターを多用する。これは戦闘スタイルの違いから来ているようだ。
  • 1話限りの登場であるためなのか当時品玩具はないものの、造形上の流用が利く都合からか後年の立体化には恵まれている。スタジオハーフアイの「最小変形」を皮切りに、バンダイの「スーパーロボット超合金」、SMP(バンダイの商品は共にプレミアムバンダイでの販売)で商品化されている。尚、単純な黒色成型ではなく、一部のパーツに差異がある。
  • ブラックガインはガイン同様左腕に変形するのだが、合体バンクはマイトガインのものを反転したものをベースにしているため、この時のみ右腕に合体している。そのため、マイトガインとは左右の腕を担当する機体が逆と誤解されることがある。
  • 演じている松本保典氏は、太陽の勇者ファイバードの主人公火鳥勇太郎/ファイバードを演じていた。そのため中の人的な意味でも「勇者ロボvs勇者ロボ」という構図となった。

外部出演関連

ブレイブサーガ』シリーズ

原作での悲劇的な結末を回避する救済処置がなされており、マイトガインのサブシナリオを条件を満たしてクリアすることで仲間に出来る。

正義に目覚めると名乗り口上が上記の「黒い力を正義に変えて、灯せ悪への赤信号! 勇者特急ブラックマイトガイン、声援受けて只今見参!」になる。

マイトガインとの夢の合体技『十文字斬り』を披露している。

この他にも、『勇者警察ジェイデッカー』登場のカゲロウとの関連が強い為に、二者を共に仲間に入れる事が成功している場合、両ユニットの協力技を使える様になっている。


ブレイブサーガ2では前作のセーブデータをコンバートすると仲間に出来るようになる。

新世紀勇者大戦

序盤に敵として登場し、条件を満たすことで仲間に出来る。

スーパーロボット大戦』シリーズ

マイトガイン初参戦の『』では特定の条件達成で進めるシークレットシナリオ「黒い勇者特急」で登場し、クリアするとしばらく後の通常シナリオにて参戦する。上記ブレイブサーガ同様、ファンからの期待が高かったがゆえか寺田Pが公式ブログにて条件を(シークレットなのに)モロバラシている

こちらでの正義の名乗り口上は「黒い翼に希望(のぞみ)を乗せて、灯せ平和の青信号! 勇者特急ブラックマイトガイン、定刻通りにただいま到着!」となっている(シグナル部分が赤なのはご愛敬)。またこれに続いて原作よりも長く難しくなった早口言葉も言っている。

なお、ブラック動輪剣・縦一文字斬りを使う際のセリフのひとつに「ブラック動輪剣! チャージ、アァァップ!」という声優ネタがある。


続く『』では発売前PVの時点から普通に登場し、本編でも無条件で加入。原作では実現することのなかった勇者特急隊による合体攻撃ジョイントドラゴンファイヤー」にも参加している。


T』では再び隠し要素となり、シークレットシナリオ『正義と勇気を友にして』を発生させると仲間になる。

X同様「ジョイントドラゴンファイヤー」に参加するため、実質的に加入=ジョイントドラゴンファイヤーの追加である。今回、マイトガインには十文字斬りが追加されていること、シグナルビームと動輪剣の攻撃力がマイトガインより下げられたことで見劣りが目立つ。

今作ではエルドラメンバー預かりとなっており、彼らの弟子として正義の心を学び、影響を受けている様子が見られる。


いずれの作品でも武装がブラックシグナルビーム、ブラック動輪剣、縦一文字斬りのみと少なめ。性能はマイトガインと同等のため、グレートへの強化があるマイトガインと比べるとやや見劣りする。精神コマンドもブラックガインのものしか使えない。その代わり、マイトガインよりも燃費が良いので、強化次第で終盤でも通用する。ただし、足が遅いことと空が飛べないことについては強化パーツでテコ入れしてやる必要があるが。


関連イラスト

途中経過~


関連タグ

勇者特急マイトガイン 偽物 アンチヒーロー イミテーション

ブレイブサーガ

カゲロウ

井上敏樹...登場した第16話の脚本を担当した。


サタンジェイデッカーデッカードガイゾナイトに憑依された悪の勇者

暗黒剣士ワルドランワルターが制作した悪の勇者

ダークゴルドラン…上述のワルドランとゴルゴンが合体した悪の勇者

ゴルソドラン EI-15 …勇者シリーズにおける主人公ロボの偽物。

レプリガオガイガー …『勇者王ガオガイガーFINAL』に登場した偽勇者だが、オリジナルをも上回る性能を持つ。しかも本家のヘル・アンド・ヘヴンを超える必殺技も持った『本物以上の偽物』であり、ガオファイガーを窮地に陥らせた。


ミネルバXマジンガーZ):ルーツとも言うべき存在。ただし、こちらはヒロイン扱い。

グリッドナイトSSSS.GRIDMAN):同じく主人公の黒い偽物であるが、こちらは最初はただの悪役だったのが徐々に正義の心を取り戻していく、とBMGの逆の設定。

ウルトラマンジードベリアルの息子だが彼のクローンであるため、ある意味ベリアルの偽物と言えなくない。しかし正義の心を持つ点はBMGやグリッドナイト同様。特にグリッドナイトは同じ円谷ヒーローということもあり、共通点が多い。

マックスビクトリーロボ ブラックバージョン:スーパー戦隊において、テレビ本編に登場したブラックバージョンの巨大ロボ。こちらは最終回のみの登場だが、ラスボスを倒す活躍を見せている。因みにこちらの開発者は味方側の父親である。


???:修復された後に所属することになった組織。

関連記事

親記事

勇者特急マイトガイン ゆうしゃとっきゅうまいとがいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59441

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました