ピクシブ百科事典

マックスビクトリーロボ

まっくすびくとりーろぼ

マックスビクトリーロボとは、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場するロボット。
目次[非表示]

スペック

全高60m
全幅45m
重量11500t
出力6500万馬力


概要

ビクトリーロボライナーボーイがマックスフォーメーションで合体した姿。
ビクトリーロボがマックスシャトルに捕まり、Vモードブレスに「3・5・6・V」のコードを入力するとマックスシャトルが分離を開始。各パーツがビクトリーロボに合体し、合体完了となる。

Vモードブレスに「9・4・0・V」を入力すると全身にあるエネルギーパネルから敵の攻撃や爆発によるエネルギー、太陽光を吸収して自らのエネルギーに変えることができる。
グランドライナーに迫るほどの高出力機だが、ビクトリーロボと同じく暗黒サイマゾーンでは出力が低下するため、その場合はビクトリーマーズが使用される。

武器・技

  • マキシマムキャノン

腰の部分にあるライナーボーイの腕部分が変形したキャノン砲。

  • マックスキャノン
ビクトリーロボのラダーキャノンがライナーボーイのパーツで強化されたもの。

  • インパクトガン
グリーンホバーとビクトリーロボの装備。そのまま使用可能。

  • マックスノバ
全身のエネルギーパネルで吸収したエネルギーを使用し、展開したマキシマムキャノンと全身の火器と共に一斉発射する。
太陽の光をエネルギーとして発射することもできるが、その場合は爆発エネルギー吸収時よりも長いチャージ時間が必要。

マックスビクトリーロボブラックバージョン

最終回にて全戦力を失ったゴーゴーファイブに巽世界博士が残していたマックスビクトリーロボの黒い同型機。
ビクトリーロボのコックピットを流用していた通常機とは異なり専用の集合コックピットを持っており、世界博士が巽兄弟全員の生体ウェーブに合わせたシステムが備わっておりコックピット内にあるコードを首に接続して伝達した彼らの精神波によって操縦される。

敵の攻撃による爆発エネルギーのみならずパイロットの精神を動力とする「究極のマックスシステム」の完成を目指してモンドが極秘裏に開発していたが、ベイエリア55崩壊の寸前、モンドがデータファイルを早瀬京子に託し、巽防災研究所に戻っていたダイモンとマツリに渡したことでゴーゴーファイブの手に渡った。

武器はマックスビクトリーロボの物と同じなほか、ビクトリーロボのブレイバーソードの使用も可能で、「剣よ、光を呼べ」の掛け声の後にブレイバーソードですれ違いざまに切りつけ、バツ字を描くように切り裂くマックスビクトリープロミネンスが必殺技。

関連タグ

救急戦隊ゴーゴーファイブ

pixivに投稿された作品 pixivで「マックスビクトリーロボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント