ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:谷口賢志

人物像

巽家の次男(第2子)で23歳。1976年4月5日生まれ。
身長は182cm。体重は69kg。血液型はAB型。
名称にはすべて漢字表記の巽流水というものもある。

ゴーゴーファイブになる前は首都消防局の化学消防班に所属していた。
モンドの遺伝を強く受け継いでおり、明晰な頭脳のみならず趣味や癖、嗜好までもそっくりである。劇中ではコンピュータウィルスを消去するアンチウイルスガンや相手をバリヤーに閉じ込めるバリアシステムを開発している。
また、頭脳のみならずパワーも優れており、災魔獣やインプスにジャイアントスイングバックドロップを喰らわせる。

性格は冷静沈着で、やや横暴なきらいがある兄マトイと弟妹を取り持つ、兄弟の調整役を担う。
その一方で怒ると怖い一面もあり、妹・マツリを弄んだと勘違いしてマツリの知り合いの男をいきなりぶん殴ったり(直情的なきらいのあるマトイやショウですらさすがに止めていた)、発表会の資料データを消してしまったマトイに対して凄むなどといった面も見受けられる。

余談

彼を演じた谷口氏は、後に『仮面ライダーアマゾンズ』にて鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファを演じ、ショウ役の原田篤氏共々スーパー戦隊メンバー仮面ライダーを両方演じた俳優の1人になった。
なお、その関係でニコニコ動画での配信の際にはOPで出るたび「仁さん!またそうやって出場するんですか!」だのゴムしろ」だの毎度コメントされる羽目に。彼は鷹山ではない
(なお、後者は次回作のイエローに受け継がれることに
他にも『爆竜戦隊アバレンジャー』ではトリノイド1号ドラゴンドランを演じている。

なお、本作では家族愛溢れる人物を演じていた谷口氏はゴーゴーファイブ以降の作品でヒーロー役を演じる際には皮肉にも家族を失う/失った役所で出演している。尤も先程述べた仁の場合は家族を自ら殺しているのだが(ただし、season2の事件は妻子が元凶となってしまった為、彼女らを殺さざるを得なかったというのが正しい)。各ヒーローのメインカラーもゴーブルーのような寒色ではなくとなっている。

関連イラスト

青い救急



関連タグ

救急戦隊ゴーゴーファイブ ゴーブルー 巽流水(漢字名)

戦隊ブルー
ゴウキ巽ナガレアヤセ

関連記事

親記事

救急戦隊ゴーゴーファイブ きゅうきゅうせんたいごーごーふぁいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「巽ナガレ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「巽ナガレ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10721

コメント