ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

デッカー・アスミ

でっかーあすみ

デッカー・アスミとは、円谷プロダクション製作のテレビドラマ『ウルトラマンデッカー』の登場人物。
目次 [非表示]

※本記事は、テレビドラマ『ウルトラマンデッカー』の重大なネタバレを含むので、作品鑑賞後の閲覧をお勧めします。


概要
























プロフィール

年齢:不明(本人曰くおっさんと呼ばれるような歳ではないとのこと)
出身:未来の宇宙
家族構成:アスミ・カナタ(遠い祖先)
演:谷口賢志

主人公のアスミ・カナタウルトラDフラッシャーを与えた「謎の声」の主。

その正体は、数百年後の地球圏にてスフィアと戦うウルトラマンデッカーの本来の変身者(カナタから見てウルトラマンとしての先輩)。そして、名前からも分かるようにカナタの遠い子孫である。

OPクレジットでは「謎の男」(第14話)、「未来人デッカー」(第15話)と表記され、フルネームは第15話終盤で自ら明かしている。


バズド星人アガムスとは顔見知りらしく、第14話で登場した際には「レリア」の名を口にして彼を止めようとしていたが、アガムスからは「貴様がァ!!……その名を呼ぶなァ!」と激怒されており、浅からぬ因縁がある模様。


人物像

Untitled

長めの金髪と不精髭、茶色のレザージャケットが特徴で、見た目の印象は中年の無頼漢といったところ。

カナタからも終始「おっさん」と呼ばれている(この意趣返しも兼ねてか、彼は終盤のあるシーンまでカナタのことを「ガキ」呼ばわりしていた)。

飄々と振る舞い、登場した時には「悪りぃ。待たせちまったかな?」「俺がしつこいの知ってるだろ?」と軽口を交える場面もあったが、アガムスと前述のやり取りを交わした際にはどこか物悲しげな表情を見せ、

現在のデッカーの変身者であるカナタには今までの功を労い・彼が未来の問題に巻き込まれることをよしとしないなど、ウルトラマンに変身する人間らしく根は誠実で真面目であることが窺える。


好物は火星で売ってる宇宙煎餅とのことで、煎餅好きなのは先祖から受け継がれている。


経歴

数百年後の未来の地球は宇宙に進出を果たしていたが、それを阻むかのようにスフィアが襲来し、デッカーはユザレもう1人のウルトラマンと力を合わせてこれに立ち向かっていた。


しかし、知己であるバズド星人アガムスが故郷を滅亡へと追い込んだ遠因である地球への逆恨みから時間転移システムでスフィアを伴って過去に遡る事態となり、こちらに対処することになるが、システムはアガムスが転移時に破壊しており、修理は困難だった。

そんな中、第1話にてスフィアソルジャーに取り込まれたカナタの内から「光」をレーダーで感知することに成功し、かろうじて可能だった非生物のみの物質転送によってウルトラDフラッシャーとウルトラディメンションカードを転送して使うよう促し(このとき自分を「デッカー」と名乗った)、彼にウルトラマンの力を与えた。

それからしばらくの間は、戦いの中でカナタが求める力を理解し、対応するカードを与えてきたが、システム修復に不完全ながら成功し生物の転送が限定的に可能になったことから、自らアガムスを追って過去の地球へとやってきた。


戦闘スタイル

真デッカー

転送によって現代に現れた時点では、カナタよりも前にデッカーとして活動していたこともあってか、変身した直後には右手を前に出して挑発する相手の攻撃を見切った上できっちりと避けて反撃するなどかなり戦闘慣れしており、カナタよりも幾分か余裕を持ってテラフェイザーやスフィアザウルスを相手にしていた。その戦い振りをみたカナタも「すげぇ…」と驚嘆したほど。


他にも、ディメンションカード怪獣3体を一斉召喚してスフィアザウルスの相手を任せる、カラータイマーが鳴り始めると(両手を左右に広げてしらけた様子を見せつつも)すぐに光線を発射して決着へ踏み切ろうとするなど、判断力にも優れている。


タイプチェンジも、ミラクルタイプの瞬間移動能力を利用してテラフェイザーの背後を取る、分身してかく乱しながら相手を攻撃する、ストロングタイプの頑丈さを活かしてビームを弾き切って防御するといったように、敵の特性に対応して受動的に行っていたカナタとは異なり、その時々の局面に応じて臨機応変に使い分けており、相当な経験を積んでいることが窺える。


一方で、これが原因でリュウモンには自分達の知るデッカーとは違う事を早々に見抜かれたが、「変身者」というものが存在する事自体を知らないが故に「どういうことだ?」と大いに困惑される事となった。


ちなみに、最初にミラクルタイプにチェンジした際に少し驚くような様子を見せていたことから、彼がデッカーに変身していた時はまだミラクルタイプにはチェンジできなかった可能性が考えられていたが、第22話のアガムスの回想から推察する限りミラクルタイプへのチェンジは可能だったと思われる。


作中での動向

  • 第14話

「今までよく頑張ってくれたな。……だが、ここからは俺の仕事だ。ヤツとのケリは俺がつける」


アガムスがカナタを始末しようとした際、光に包まれて地球に降着。

アガムスと何やら因縁めいたやり取りを交わすが、激怒したアガムスがテラフェイザーに搭乗したことを受けて突如ウルトラDフラッシャーを出現させる。それと同時にカナタの腰にあるカードホルダーも転送され、その中のカードを用いて変身した。

ウルトラマン…デッカー…


上記のようにこれまでの豊富な戦闘経験も生かした立ち回りでテラフェイザーとスフィアザウルスの2体を相手に奮戦するが、最後はセルジェンド光線とTRメガバスターの撃ち合いの末、生じた爆発に巻き込まれてしまい…。


  • 第15話

「大人にはな!責任ってモンがあんだよ……俺の命に代えても、この手でヤツを……」


爆発の衝撃でそのまま変身解除され、それでもアガムスを止めるために立ち向かおうとするが、身体に不調をきたして倒れこんでしまう。


その後意識を取り戻してカナタの名前を知ると、「アスミ」という名前から何かに気づいたかのようにハッとした表情を見せて笑みを浮かべていた。


そして自分がスフィアと戦っている未来から来たこと、スフィアの目的は惑星を自分の一部とすること、アサカゲの正体がアガムスであること、上述のように不完全な時空移動システムを用いてDフラッシャーをカナタの元へ送り込み、それを託したことを語る。


アガムスに対しても「地球人がバズド星人と遭遇しなかったもう一つの未来が生まれるだけだ」と説得を試みるが、それを承知の上で復讐に身を焦がす彼に思いは通じず、カナタを庇う形で銃弾をその身に受けてしまう。


その状態でなおもテラフェイザーを止めるために変身しようとするが、カナタに逆に生きるように諭される。

巻き込まれたからじゃない、俺は今、俺の世界を守りたいんだ!!

「ガキが……でけぇ口叩きやがって……!!」


再び変身したカナタであったが、テラフェイザーの圧倒的な戦闘力を前に苦戦を強いられ、遂にはTRメガバスターを撃ち込まれ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまう。

その様子を見るや、自身に残された僅かな力でインナースペースへ介入し、精神体の状態でカナタの元に駆け付ける。

我が家の家訓でな!!今できることを全力でやれって!!

仲間が欲しかったら腹を割って話せ!!

負けた理由を探すより勝てなかった自分を超える努力をしろ!!

「負けるな!!ウルトラマンなら……立ち上がれ!!」

2人でTRメガバスターを押し返した。


そしてその直後、光り輝く盾がカナタの前に現れ、それを掴み取ったデッカーは新たなる姿に覚醒。

それを見て「それがお前だけの……この時代の地球を護る、ウルトラマンの姿か」と呟いた。


デッカーはそのダイナミックな戦いぶりでテラフェイザーとスフィアを圧倒し、遂にこれを撃破することに成功する。


そしてアガムスを退けたカナタに、まだアガムスが生きており、戦いが終わっていないことを告げるが、カナタから「 こっちの時代は俺と、俺の仲間たちで守ってみせる。だからアンタは、アンタの時代を守ってくれ 」と言われたことで、カナタにウルトラマンの力とこの時代の平和を託すことを決意。


別れの間際に、自分の本名が“デッカー・アスミ”であることを告げるとともに、


「任せたぞご先祖様! アイツを……アガムスを、救ってやってくれ。」


と言い残し、どこか物悲し気な笑顔を浮かべながら元の時代へと去っていった。



余談

  • 本編への登場は放送当日まで一切伏せられており(雑誌媒体も同様)、視聴者にとって強烈なサプライズとなった。また、玩具情報等からテラフェイザーおよびアサカゲの裏切りまでは予想していたものの、デッカーの登場には面くらったファンも多く、その衝撃度の高さから「先代デッカー」「デッカー・アスミ」のワードがTwitterの検索ワードでトレンド入りを果たしたほど。
    • 雑誌媒体での情報遮断を含めた本編放送当日での完全サプライズという意味では、こちらの系譜を受け継いでいると言える。
  • 「主人公よりも前の変身者」という彼の立場は、『ダイナ』に例えると小説版『未来へのゼロドライブ』で判明したダイナの真の正体であるアスカ・カズマに相当すると思われる。ただし、「主人公の子孫が同じウルトラマンに変身する」という点では『ダイナ』の後日談でもある『ティガ外伝 古代に蘇る巨人』におけるマドカ・ツバサに近い。
    • 他にも、余裕を持った戦闘スタイルや姿は同じでも自分たちの知るウルトラマンとは違うことに気付かれる点から、『ダイナ』に登場したグレゴール人が変身するニセウルトラマンダイナもオマージュしていると思われる(もっとも、こっちは正真正銘の本物なのだが)。実際、Twitterなどではニセダイナを連想した視聴者も少なくなかった模様。
    • そして、カズマと彼を比較すると、「息子(未来)に光を授けた」カズマと、「先祖(過去)に光を授けた」デッカーとで対になっている。
  • 演者の谷口氏は、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』で巽流水/ゴーブルー役、『仮面ライダーアマゾンズ』で鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファ役、劇場短編『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』及び『セイバー』本編でバハト/仮面ライダーファルシオン役を務めており、本作で三大特撮のヒーロー変身者制覇となった。これはケイン・コスギ氏に続く特撮史上二人目の快挙であると同時に、テレビ本編への登場に限れば史上初にあたる(ケイン・コスギ氏が演じたアヅマ/仮面ライダーダイモンが劇場版限定キャラクターであるため)。また、ライダー→ウルトラマンの順に演じるのはセリザワ・カズヤ/ウルトラマンヒカリ役の石川真氏以来2人目、昭和生まれの俳優がテレビシリーズの主役ウルトラマンに変身するのはヒビノ・ミライ/ウルトラマンメビウス役の五十嵐隼士氏以来で、令和ウルトラマンシリーズでは初めてである。
    • そのため、ファンの間では「アマゾンデッカー」「デッカーアルファ」「ヒモデッカー」など、ほぼこちらの作品関連でネタにされている。
    • なお、円谷の公式YouTubeでは谷口氏が演じた鷹山仁に良く似ていると言われているレッドマンが配信された。
    • 演者の谷口氏も、三大特撮ヒーローすべてに変身したことについて、自身のTwitter上にて「夢が叶いました。」と万感の思いを綴っている。
    • その一方、ここまでしたのにTwitterの公式認証バッジの申請が通らないこと、外出直後に警察官から職務質問されたことなどをボヤいている。
  • 谷口氏がデッカーに変身したのを見たカナタ役の松本大輝氏は自身のSNSやYouTubeのインタビュー動画で、「ものすごい嫉妬しましたね…」とコメントしており、インタビューに同席していたアガムス役の小柳友氏もその思いに共感し、「自分が変身したウルトラマンゼロ他のが変身してるのを見ると、なんかもやもやして、元カノの結婚式を見てるかのような気持ちになる」と表現していた。

デッカー14話感想

谷口氏は今年の1月に公開された文豪ストレイドッグスの実写映画に出演しており、その初日舞台挨拶に同映画の監督を務めた、坂本監督も登壇しており、挨拶も終わりに近づいた時、司会の人が演者に監督に質問して起きたいことありませんか?と出演者に降ると、谷口氏は坂本監督どうやったらウルトラマンに出られますか?と直球で質問して、坂本監督は少し困惑していたが、分かりました!と返している。最終回後にYouTubeに公開されたインタビューにて舞台挨拶でのウルトラマンに出れるますかという坂本監督へのフリは、文ストの実写はアニメファンが見に来るもので、坂本監督は人前で話すのが苦手で自分のことを知ってもらうために監督が話しやすいように話のネタとしてしたつもりが、まさかほんとに来るとは思わなかったようだ。また出演回を担当した武居監督からは、あまり言及されておらず、監督からは一度作品をぶっ壊して話を加速させて欲しいというディレクションがされている。

その後デッカー・アスミがインナースペース内でセルジェント光線を撃つシーンの撮影の際、カメラを動かすレールが敷かれてくのを見てる時にカナタ役の松本氏が凄い目で見てきたため、どうしたんだろ?と疑問に思ってると、監督がボソッとやってきて実はあいつにまだ光線を撃たせたことがないと言われ、松本氏からすごい嫉妬の目線を向けられたことに気づいた。武居監督の自分以外にも同じアイテムで変身出来た人が居るから嫉妬もするし怖いかもしれないけど後半もっと背負えよ!という松本氏に向けたメッセージであると谷口氏は捉えている。



関連タグ

ウルトラマンデッカー デッカー(ウルトラマン) 令和ウルトラマン 未来のウルトラマン


ヒルマ・ゲント:中の人が仮面ライダーとウルトラマンを演じたキャラ。

関連記事

親記事

デッカー(ウルトラマン) うるとらまんでっかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74510

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました