ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ギフ恵みを得た者達よ…Game On!

お前たちにジャッジヲ…下ス!」

「善も悪もない…人類そのものが愚かだったのだ…」


演:ケイン・コスギ


変身する仮面ライダー

仮面ライダーダイモン


概要

劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア』に登場する人物。

仮面ライダーダイモンに変身する。


かつて、赤石英雄とともにギフと契約して不老不死となった男。人類をジャッジすべく赤石とは違う形で長年暗躍し、劇場版ではある目的から五十嵐家を狙い、仲間と共にハイジャック事件を起こす。


演者がかつて演じた役と同じように若干片言口調で話すが、おそらく後述のように世界各地を渡り歩いていたため、久しぶりの日本語に慣れていないと思われる。


過去

Birth of Chimera』で、3000年前に赤石と共にギフと契約し、ギフテクスになった後、道を誤った愚かな人間をジャッジする誓いに基づき行動。


中世日本や王政期のヨーロッパ、開拓期のアメリカなど様々な時代や国で暗殺者として活動していたが、いくら自分が人類の進むべき道を修正しても世界は良くならなかったこと、その過程で愛した人間を喪い続けたことで人類の愚かさに絶望し、山奥で世捨人として暮らしていた。


その後、ギフが五十嵐三兄妹の活躍で駆逐された影響により不老不死だった肉体が崩壊を始めていた。アヅマについての情報を得ていた門田ヒロミが連行しようと山奥へ向かった際に交戦し、長年の戦いで培った戦闘能力でヒロミを圧倒した。その後、シックの勧誘に応じて残されたギフの細胞を求め、とある街で行われていた仮面ライダーキマイラ変身適合者の実験を利用し、向井リュウからキメラドライバーを強奪、仮面ライダーダイモンへの変身能力を獲得し、手始めに副作用で向井が変貌した悪魔を撃破した。その後、五十嵐三兄妹の持つギフの細胞に狙いを定め、今回の事件を起こした。


動向

ギフを撃破するほどの力を持つ五十嵐三兄妹を危険視し、仮面ライダーダイモンに変身。圧倒的な力でリバイス、ライブ、ジャンヌを圧倒。ドライバーに内蔵されているギフの瞳の力を解放し、バイスカゲロウラブコフを強制的に実体化させて三人の変身能力を奪って暴走させる。自身は一輝の後を追って彼がバイスに襲われる様子を観察していたが、ドライバーの存在を勘づかれ、一度奪われてしまうもすぐさま奪還。

一輝の「巻き込まれた乗客を解放しろ!」という怒号も「大いなる目的の達成のためには多少の犠牲はつきものだ」と一蹴。自身の目的を語るも、一輝から「そんな奴に『守り神』を名乗る資格はない!」と反論され、若干ではあるが、迷いが生じる。それでもその迷いを振り払い圧倒的な力で一輝を気絶させた。


その後、外海雅人の研究所にて三兄妹からギフの細胞が吸収される様を目撃するが、大谷希望が乱入したことで外海に渡していたドライバーを奪われてしまう。

しかし、満身創痍でマンドリル・デッドマンを撃破した仮面ライダーキマイラの前に出現し、生身で応戦。キマイラを圧倒し、ドライバーを奪還した。しかし、仮面ライダーギーツが乱入したことに動揺し、「お前は何者なんだ?」と尋ねたが、名前を名乗っただけでギーツはその場を去っていった。

そして、研究所に戻り、外海から五十嵐兄弟の危険性を聴き、自分の体にも限界が来ていることを悟ると、一輝に「守り神を名乗る資格はない」と反論されたことが引っかかり、アヅマは消える前に自分の手で一輝を始末することを決断。

その後、一輝たちの脱出を妨害するために外海雅人と悪魔軍団とともに登場。ダイモンに変身し、プテラゲノムのリバイスを襲撃し、墜落させ戦闘に移行する。

その後、ギフの力を持つアルティメットリバイスと交戦し、互角以上に渡り合った。しかし、ジョージが持っていたもう1つのキメラドライバーを装着したオルテカによる生身での特攻によってバリアが相殺されたことで乗客の脱出ルートを確保された上、ギフの消滅によって不老不死だった身体が崩壊しかけており、変身解除してしまった。

その際に一輝から「悠久の時を生き続けていたことで『人生を楽しむ』ことを忘れてしまっていた」ことを指摘され動揺、自身の思いを吐露する。それを聞いた一輝からギファードレックスバイスタンプでギフの細胞を分け与えられたことに困惑、一輝に「最後は思いっきり戦いたいだろ?」と乗せられ、「お前はお節介だな」と笑みを浮かべながら了承。そして一輝と守護者やギフテクスも関係ないただひとりの武人として本気の勝負を始めた。


Game on!


そして、一輝と激しい格闘戦を繰り広げ、楽しむ気持ちを思い出して行きアヅマは一瞬だが微笑み、再びダイモンに変身。仮面ライダーリバイと1対1の決戦へと突入する。最終的に必殺技の撃ち合いで相打ちとなり、結果は引き分けに終わった。しかし、もう既に肉体の維持が不可能になったことを悟って「お前との戦いが人生で一番楽しかった」と満足したような笑顔を浮かべた。アヅマが行ってきた人類の守護を一輝達次の世代へと託し彼を「My Friend」と称え、役目を終えたキメラドライバーおよびトライキメラバイスタンプとともに消滅した。


余談



  • エスバハトに続き、令和ライダーの単独劇場版では3作連続で不死身(の経験がある)悪役ライダーが登場したことになる。

  • 外国人俳優が演じるキャラクターが作中で仮面ライダーに変身するのは、レオリオン=アークランドに引き続き3人目となる。

  • ケイン氏は上記にある通り正義のヒーローの変身が多く何気にヴィランサイドのヒーローに変身するのがこれが初。 坂本監督とは、彼がアメリカを拠点にしてた時からの付き合いで、共通の知り合いや当時「パワード」の撮影が行われていた際に近くのスタジオでアメリカの特撮作品にアクターとして参加していたが、ケイン氏を撮る機会がなかなか訪れず、今作にてプロデューサーの望月卓氏から「赤石とは別にギフの契約者がいる」という案を受け、「TVシリーズとはまた違った強キャラを出した上でお客さんに感情移入できるキャラにしたい」ということで、ケイン氏をキャスティングしたとパンフレットのインタビューにて語っている。

  • 映画で非常に迫力のある変身シーンだが、その変身シーンを撮影する際に気合いが入りすぎて2度もキメラドライバーのプロップを壊してしまっている。一応、美術スタッフは「力抜いていいから」とアドバイスしたらしいが、どちらにしても美術スタッフ涙目案件であるケインさん、あなた何者ですか…

  • 同じくギフと契約した赤石とは異なり、瞬間移動や衝撃波といった超常的な能力は一切披露しなかった。この件については明確な答えは作中で出なかったものの、「役割上、赤石の方にギフの力がより多く受け渡された為、アヅマは力を有していない」という説がファンの間では有力である(ギフ消滅の影響で超常の力を失った可能性も勿論あるが、過去のアメリカと思わしき土地でわざわざ拳銃を用いて有力者を射殺しているシーンがある為、ギフ消滅以前よりその手の力を持っていなかった可能性がやはり高い)。しかしその一方で、上述した通り生身且つ純粋な格闘戦で仮面ライダーキマイラを圧倒する等、身体能力の高さはずば抜けている事から、赤石とは異なりフィジカル面での強化を大きく受けているという説も上がっている。

  • また、アヅマが処刑した要人の1人を同じくカクレンジャーでニンジャブルーのスーツアクターを担当した宮崎剛氏が演じている。

  • 珍しく映画内で主人公と和解(?)でき、主人公を認めた悪役である(前作のバハトは本編に再登場し、一戦交えてから主人公の事を認めた)。

関連タグ

仮面ライダーリバイス ︎︎バトルファミリア ︎︎仮面ライダーダイモン ︎︎エリア666 ︎︎哀しき悪役 ︎︎ダークヒーロー



劇場版仮面ライダーボスキャラクター

バハトアヅマメラ

関連記事

親記事

バトルファミリア ばとるふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました