ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

感動詞。「やれ」を重ねて使う言葉。以下『デジタル大辞泉』より抜粋、編集。

1. 困難や不安が解決したとき、大きな感動を覚えたときなどに発する語。「―、これで安心」「―、たいへんな人もいたものだ」
2. 予期しない困難に出あったとき、疲労・落胆したときなどに発する語。「―、困ったことになったぞ」「―、いやになってしまった」
3. 他人の不幸などに同情して発する語。「―、かわいそうに」
4. 呼びかけるときに発する語。おいおい。

pixivでは、キョン涼宮ハルヒシリーズ)の表情や、空条承太郎ジョジョの奇妙な冒険)の「やれやれだぜ」を主題にしたイラストが多く目立つ。
余談で、光戦隊マスクマンのオケランパの口癖でもある。

やれやれ系主人公

昔の主人公像といえば、見るからに屈強そうな男気溢れるマッチョマンであったが、いつ頃からか、その反対をいく「やれやれ系主人公」という属性が目立つようになった。「小説家になろう」出身であったり、異世界転生もののライトノベルに多い。
その特徴として見受けられるのが以下である。

  • ストーリー開始前は特に喧嘩に強いわけでもなく、かといって頭や顔が良いわけでもない、どこにでもいる普通少年
  • ひょんなことから苦労なく圧倒的な力(多くは魔法超能力、ストーリー開始後に授かった力など)で敵を翻弄し実績を上げる(俺TUEEE
  • やたらと女子に好かれ、作中に登場する多数のヒロインから思いを寄せられる(ハーレム
  • なのに、本人にはその気がなく仕方なく巻き込まれたからやっているだけ、モテることにもうんざり気味(「やれやれ」)である
  • むしろモテていることすら自覚がない。ヒロインが顔を赤らめて好意を伝えても「ん、何か言ったか?」などと返し、「な、なんでもないわよバカ!」と怒らせてしまうのもお約束難聴系)。ツンデレヒロイン理不尽暴力ヒロインとも親和性が高い。

その辺にいそうな凡人の主人公が非日常に巻き込まれるといった手法は読者が共感しやすく、そんな主人公が立派に活躍する様はカタルシスを感じやすい。しかし、やりすぎると逆に読者から「やれやれ」と思われてしまうこともあるので注意されたし。

「やれやれ」を口癖として持つキャラだからといって「やれやれ系主人公」扱いされるかは別問題である
概要に挙げた承太郎は「女子(ただしモブキャラ)にモテるがうんざりしている」「圧倒的なパワーで敵を倒す」という特徴には当てはまるが、やれやれ系扱いされづらい。どう見ても喧嘩には強く美形であり、その実績を納得させるだけの凄みがあるのが理由だろう。

関連タグ

台詞 決め台詞

主人公 主人公補正
熱血主人公(やれやれ系とは反対)

関連記事

親記事

台詞 せりふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「やれやれ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244854

コメント