ピクシブ百科事典

俺TUEEE

おれつえええ

俺TUEEEとは、ネットゲームのスラングの一つである。
目次[非表示]

概要

格下の敵を蹴散らして勝ち誇る様子。

対戦ゲームにおいて

格闘ゲームFPS等の主に対人戦において、初心者が集まる場所や初心者と対戦しやすい場に出現し、圧倒的なレベル差・技能差で初心者を圧倒することで自分は強いんだと錯覚すること。または、そうして悦に入った状態を表す。

自分と同じレベル帯で勝利することが難しくなり、行き詰まりを感じたプレイヤーがこの状態に陥ることが多い。

そのような対戦プレイでは、本人は爽快感を得ることができても、練習中の初心者から見ればたまったものではなく、迷惑プレイ以外の何物でもない。

リズムゲームのオンラインマッチングに関しては、ランダムで対戦相手が選ばれる関係上であまり言及される事はない。ただし、最初からマッチングルームを作る事が可能な作品であれば、その限りではないのだが。

シングルゲームにおいて

FF等のRPGでまれに見られる「強くてニューゲーム」といったレベルやステータスを引き継いでそのまま最初からプレイできるモードでは、今まで苦戦させられた強敵を圧倒的な力で蹴散らすという、爽快なプレイが楽しめる。

このモードによる爽快感と万能感はまさに"俺TUEEE!"の原点ともいえるだろう。誰も傷つけずに俺TUEEEが出来るという点では理想的である。

pixivにおいて

pixivの企画交流においては全く持って欠点のない最強設定、一方的に力を誇示して戦うキャラクターの行為などを指す(いわゆるメアリー・スー)。
他参加者に引き立て役を押し付ける形になるので、周囲が白け交流してもらえなくなると思ったほうが良い。

小説家になろうにおいて

異世界転生もの」や「VRMMOもの」で圧倒的に強い主人公が特にピンチに陥ることもなく並み居る敵を蹴散らし続け、周囲からも手放しに賞賛され、複数の異性から好意を寄せられるという作品が時たま見られる。
このような作品を揶揄して「俺TUEEE系小説」とジャンル付けをすることがある。

カクヨム等の小説投稿サイトでも同様事例があるが、なろう程に多い訳ではない。

類語

創作における使われ方としてはメアリー・スーとほぼ同じと考えてよい。
その他にも厨設定主人公補正ご都合主義など類語が多数存在し、どれも「最強な主人公」や「主人公が活躍する展開」に対する揶揄として使われる。

その他

誤解されることが多いが、ただ「主人公が最強」であるだけでは俺TUEEEにはならない。
主人公が非常に強い作品はごまんと存在し、主人公の最強性が作品の核になっていることもある。
安易に俺TUEEEのレッテルを貼ることは、単なる誹謗中傷になってしまう。
しかし、ネット上のネタが独り歩きした結果、俺TUEEE系とは呼べないのに俺TUEEE系扱いされてしまっている作品もある。
もちろんネタとしか思えないような俺TUEEE系作品が存在することも事実だが、俺TUEEE認定する場合は十分な注意が必要だろう。
少なくとも原作を視聴・読了し、「この作品は俺TUEEE系なのか?」を客観的に判断することが望まれる。

また俺TUEEEEを始めとした「最強主人公、都合のいい主人公」は皮肉アンチヘイトの対象になることも珍しくない。
傍観夢悪役令嬢ものにおける夢主や正ヒロインへの断罪展開は代表的な例だろう。
メアリー・スーが登場した1973年の「A Trekkie's Tale」も本来は二次創作に対する皮肉であり、類語が多数あることからもわかるように、そういった「俺TUEEEE主人公へのアンチヘイト」はジャンルとして古くから根強い人気があると言える。

もっとも、そういった風刺やヘイトに出てくるキャラは往々にして極度に無能として扱われたり露悪的に制裁され、批判者が自己投影しているキャラの正しさを知らしめるためだけの情けないかませ犬にされることが多く(キャラヘイトの項目も参照)、「俺TUEEEEの批判者こそが、実際は格下を得意げにボコって一番俺TUEEEEしている」という皮肉な状況になることも珍しくない。


まとめ


まあ、ちょっとくらい欠点があるほうがキャラクターとして魅力があると思うよ!

関連タグ

メアリー・スー 中二病 厨設定 慢心
チートキャラ カンスト 最強
やれやれ 私モテ

pixivに投稿された作品 pixivで「俺TUEEE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50455

コメント