ピクシブ百科事典

悪役令嬢

あくやくれいじょう

悪役令嬢とは、文字通りの「悪役」である「令嬢」の事
目次[非表示]

概要

メイン概要の通り、悪役の令嬢を意味している。
昔に童話少女漫画などで目撃例のあったキャラクターの一種で、その名の通り主人公をいじめる敵役及びライバルキャラであることが多い。
近年では小説家になろうに代表される小説サイトで多く見かけるジャンルとなった。

その中でもジャンルとして有名になったのが、謙虚、堅実をモットーに生きております!だろうか。こちらは異世界転生との複合ジャンルだが、「謙虚」がブレイクした事によりなろうでの悪役令嬢物が増え始めた。他なろう作品として乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!等がある。

基本的な世界観は、中世ヨーロッパの文明レベルを基準としたファンタジー世界の封建貴族社会が中心だが、異なる時代背景や非ファンタジータイプの作品も散見される。
また、悪役令嬢物は同時に「婚約破棄」物であるパターンも多く、「婚約破棄を言い渡された悪役令嬢を主人公に据えた逆転劇」という展開が人気パターンの一つとなっている。

一方で、ヘイト創作モノの要素も強いジャンルである。「悪役令嬢を邪険にした王侯貴族」や「悪役令嬢を追い落として幸せになった正ヒロイン」を邪悪もしくは愚かに描き、それを追い落として主人公がいい気になる、と言うパターンが多く見られ、こういった要素は非常に好き嫌いが分かれる(そうでない作品も当然存在するが)。
特に二次創作でこのジャンルを取り扱う場合は、原作ファンを不快にさせないよう注意が必要だろう。

テンプレートとしては
・現代日本の女学生やOLが好きな乙女ゲーや少女マンガの世界に転生。ただしヒロインではなくヒロインを虐めた挙げ句最後に悪事が露見して破滅する意地悪お嬢様に。
・ヒロイン虐めを理由に婚約者とその取り巻きから断罪され、婚約破棄される。
・婚約者のお目当てはもちろんヒロイン。
・だが実はヒロインこそが頭お花畑なバカだったり真の腹黒だったりで、婚約者とその取り巻き達も顔だけが取り柄のバカ揃い。そうでなくとも主人公補正か脇役の補正が働いて、不当ながら客観的には自身が疑われるに足る間の悪さを発揮されるなか、むしろ泥臭く困難に立ち向かうことも。
・断罪を華麗に(あるいは泥臭く)かわした後は実家の権力財力と現代日本の知識を生かして大活躍。あるいはその回避に注力した結果、隠居やスローライフに方向転換したがることもある。
・当初の婚約者より上の恋人をゲット!あるいは悪役令嬢としてのマイナス面が消えたことで関係は改善して婚約破棄に至らずにハッピーエンド!
・逆にヒロインやその取り巻き達は破滅してpgr

もちろん、作品毎に細部は異なる。以下は一例だが、もちろんこれ以外のパターンも存在する。
<開始時期>
・原作開始の数年前。この場合は破滅の未来を回避しようと周囲との人間関係改善に行動する。
・原作の舞台である学園入学時。
・婚約者から婚約破棄されて破滅した時。

<悪役令嬢自身>
・前世の記憶を取り戻すまでは本当に性格の悪い意地悪お嬢様だったが、性格が固まる前の幼い頃に前世の記憶を取り戻したため原作と違い周囲の環境を改善しまともに。
・ヒロインに嵌められただけで実際は善良(特権階級の役割を果たすよう口うるさく礼儀にこだわる様が婚約者から疎まれているだけなど)

<正ヒロイン>
・実は腹黒で逆ハーレムや正ヒーローを狙って悪役令嬢を排除しようと策謀を巡らせる。
・原作通りの良い娘。原作と違い主人公を慕って無二の親友になる場合も。
(ただし、「人間として」と言う意味で、元平民ながら貴族社会に貴族の常識や考え方も知らずに放り込まれた結果、自分の「今までの」常識に基づいてしまい、意図せず結果として場に背き、周囲から浮いたりいじめの標的になるケースもある)。
・悪役令嬢と同じ転生者で原作知識を利用して逆ハーレムを狙おうとする(が、原作と違う性格の悪役令嬢に困惑する)。

<悪役令嬢の能力>
・現代日本の知識(ゲームの設定等の知識も含む)と令嬢教育のみ。
・神や魔王と張り合えるチート能力保有(課金が可能なゲームの場合、前世で重課金や廃課金の結果が多い)。


<攻略対象>
・実は腹黒だったりバカだったりで正ヒロインと共に悪役令嬢を糾弾する。
・原作通りの性格だが悪役令嬢の立場が変わったことで正ヒロインではなく悪役令嬢に好意を持つ。
・原作通りの性格だが正ヒロインが転生者だったために振り回される。
・原作では過去に悪役令嬢に虐げられるなどで恨みを抱いていたが、悪役令嬢がそのフラグを折ったことで逆に好かれる。
・実は彼も転生者で悪役令嬢と共にこの世界で生きるためのサポートに回る。

また、先述した作品の影響もあり、なろうの定番ジャンルの一つ「ゲームの世界に異世界転生」と複合した「乙女ゲームの悪役令嬢に転生した」と言うパターンは非常に多い。が、実際には悪役令嬢の登場する乙女ゲームなるものは存在しないと言われている。
ゲーム以外の少女漫画においても、おおよそ一昔から二昔ほど前の作品のみで見られるキャラクターであり、敢えて媒体を選ばずわかりやすいのはシンデレラの継母や義理の姉たちくらいで、昨今の作品においてこのようなテンプレ悪役令嬢はほぼ見られない。
悪役令嬢とは、現在はなろう系のみで見られる、独自の存在なのである。
小説家になろうの「悪役令嬢」概念と「乙女ゲーム」(togetterまとめ)

pixivでは、イラストよりも小説で使用されるタグであり、小説家になろうではpixiv以上に該当タグの付いている小説を発見する事が出来るだろう。

関連タグ

ダークヒロイン アンチヒロイン 必要悪
チャゴス…性別は異なるが、横暴を傘に着せた典型的な嫌われ役の代表例としてわかりやすい

外部リンク

ニコニコ大百科(一部参考にいたしました)

関連記事

親記事

令嬢 れいじょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「悪役令嬢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130847

コメント