ピクシブ百科事典

八百長

やおちょう

自分の意思で「わざと負ける」行為を指す。
目次[非表示]

概要

八百長とは真剣勝負をせず、片方がわざと負ける行為(故意の敗退行為)を指す。またそうした敗退行為による試合(ゲーム)や、その結果のこと。
無気力試合。

双方の合意(または暗黙の了解)のうえで行われることも多いが、負ける側のほうが賭博あっせん者などから予めを受け取る約束などを交わしているパターンが殆どである。
サポーターが納得のいかない敗北試合を勝手に「八百長」と決め付けるといったケースは多々あるが、本当に八百長行為が行われたことが明らかであった場合は、殆どの競技では法律違反する犯罪行為として、永久除名・永久処分という厳しい処罰が行われる。

語源

八百屋の長さんという人物が、相撲の親方と囲碁勝負をしたが、いつも負けてばかりだった。ところがこの長さんは囲碁名人と勝負して勝ったこともあり、親方相手にはわざと手を抜いていたことが明らかになった。
ここから故意に敗退することを「八百長」と呼ぶようになった。

歴史

勝負ごとをで売り買いする行為は大昔より存在する。
相手に金を支払うだけなら、お互い合意の上での経済行為だが、身分制度の厳しい時代や、マフィア暴力団が絡むと、権力や暴力による脅迫で負けを強要することもあった。「八百長」は日本語だが、古来より世界中で存在する敗退行為である。というか、何らかの八百長行為が全く存在しない国などないと言える。
権力は、いつの時代にも存在するからである。

本来の意味あいとは異なるが、審判などを買収し、自軍に有利な判定に導く行為なども八百長と呼ばれることがある。
特にサッカーテニスのように、賭博で大金が動くプロスポーツにはつきものというか、競技人口が多いとプロとしての収入だけでは生活していけないケースのほうが多くなることもあり、現実問題として切り離せない行為である。

合法的八百長

には問われない、ある種の合法的な八百長行為もある。
リーグ戦における消化試合や、のちの試合で勝つための戦略としての敗退行為である。
ワールドカップなどの予選リーグで、すでに決勝トーナメント進出が決まっている場合など。
最終戦で勝つと、決勝トーナメントの1回戦で、強豪国や対戦成績の分の悪い苦手国と当たりそうな場合には、手を抜いて負ける引き分けるという行為は、戦略として普通に行われている。また予選での無駄な疲労を避けたり、けが人を出さないために手を抜いて負けるなどのパターンもある。
道義的にはともかく、これらの行為は処罰の対象にはならないため、合法的八百長と言える。
また引退試合などで、引退する選手をねぎらう演出としての八百長なども、何ら問題なく見過ごされている。
しかしながら、消化試合での八百長で退任となったスペインのビジャレアル監督のような例もあり、時と場合により責任を取ることになるケースも存在する。

テニスにおいて

2017年に三橋淳(元世界ランク296位)がが永久追放という処分を受けたことで、日本人の八百長という不祥事が明るみに出たが、ノバク・ジョコビッチなどもかつて「負ければ11万ポンド(約1870万円)払うと持ちかけられ断った」ことがあると明かしている。
不正監視団体「テニス・インテグリティ・ユニット(TIU)」が存在し、八百長の審査を行っているが、複数の賭博シンジケートが絡み大金が動く競技であることから、八百長の撲滅は困難をきわめる。なお、テニスプレイヤーとしての収入だけで食べていける選手は現在わずか10%にとどまる。

野球において

メジャーリーグでは、ホワイトソックスの主力8選手が賄賂を受け取ってわざとレッズに負け「ワールドシリーズを金で売った」とアメリカに衝撃を与えた「ブラックソックス事件」などが有名である。
韓国では2012年に明るみになったKBO八百長事件で2名が永久除名処分となった。

日本プロ野球では「黒い霧事件」が有名である。複数の球団の主力投手に金銭を渡し八百長をもちかけ、敗退させたとされる。裏には暴力団の関与があり、野球の違法賭博が資金源となっていた。賭博に参加したものは逮捕され、八百長に絡んだ選手も逮捕こそされなかったが、球界からの永久追放処分となっている。

バスケットボールにおいて

アメリカでは大学バスケの名門セント・ジョセフズ・ホークスの3選手が3試合で八百長に加担した事件で、22大学37選手が逮捕されている。
NBAでは審判が仲間2名と共謀して八百長に関与した罪で逮捕された。

韓国バスケットボールリーグ(KBL)の試合において、わざとシュートミスをするなど、11人の選手がインターネットの違法賭博サイトを通じ八百長を行ったとして出場停止処分を受けた。賭け金は31億ウォン(約3億1000万円)にも上る。

サッカーにおいて

殆どの国では合法的賭博の対象となっており、欧州サッカーなどにおいては多数存在する。
韓国では上述の野球八百長と関連した事件で、2011年にKリーグ選手が関わった八百長事件が発覚し、関与した41名がFIFAから永久追放処分を受けている。
中国では2013年に、スーパーリーグで大規模な八百長事件が摘発され、33人が永久追放となった。
日本のJリーグにおいては歴史も浅いこともあって、八百長の発覚は現時点では無い。

漫画「キャプテン翼」の中などでも上述のような合法的八百長行為が描かれている。
小学生時代の全国大会の予選で既に決勝進出を決めた明和FCは、南葛SCの決勝進出を妨害するため、同じく決勝進出を争う花輪小相手にわざと引き分けさせ、南葛は最終戦花輪を勝たなければいけなくなった(引き分けだと決勝進出不可能だった)。

大相撲において

相撲は八百長の語源ともなっているが、本来は神事行為であり、プロレスのように興行的な側面が大きかったことから、昔はあまり八百長を問われることはなかった。
相撲の八百長問題が問われるようになったのは、スポーツとして扱われるようになった近年で、週刊誌等で元力士が「八百長がある」と告発したからである。
また外国人力士が「わざと負けるように言われた」と涙ながらにメディアに訴えたことで話題になった。
それを抜きにしても、15日制の本場所で、千秋楽に7勝7敗で迎えた力士が高確率で勝つ(相手も7勝7敗時は除く)などは、いわばお約束的な側面があり、観客も7勝7敗力士が勝つことについては、あまり問題視していなかったとされる面もあった。

2007年の大麻問題や2010年の野球賭博関与問題を経て、2011年にはついに八百長問題が大きく取り上げられることになった。これまでも週刊誌の告発などで騒がれたが(相撲協会も名誉毀損で裁判で訴えて勝利してきている)、今回は野球賭博問題での警視庁の捜査から明るみになったことで、物的証拠を伴うものである。これを受けて相撲協会がついに本場所中止を決定する事態にまでなった。

なお相撲の取組で八百長行為をすること自体は、日本の法律には違反しない。
これは競馬などと違い、合法的ギャンブルの対象になっていないからである。ただし相撲協会内部の規則で八百長行為は固く禁じられている。

その他

日本において、八百長行為が日本の法律で罰せられるのは、競馬競艇などの合法的賭博行為においてである。わざと負けた上で自身の負けに賭けをしたり、その情報を第三者に流せば、賭博罪適用となる。
このため、たとえば競馬騎手など関係者が馬券を購入すること(競馬騎手が競艇の舟券を購入するのはOK)は禁じられている。

また企業による懸賞でも、その企業の社員や家族が応募することは八百長防止の観念から禁止されている。

プロレスや、プロ野球、黒い霧事件で逮捕者が出たのは、あくまで違法賭博関与に関してである。なお競馬での八百長行為は懲役3年、300万円以下の罰金とされている。

pixivにおいて

pixiv内ではそこまで上手くない・・・もとい下手な絵の点数が100点越えしていた際、その点数は何らかの方法で投稿者が点数を入れたと思った時に付けられている。

似たような言葉

出来レース 但し、こちらは主に主催者側が使用する。

pixivに投稿された作品 pixivで「八百長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197356

コメント