ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:山田栄子
ラビニア・ハーバートとは、『小公女セーラ』のキャラクター。

アメリカ石油王という超お嬢様なポジションのそばかすの美少女
プライドが高くて悪女である。
髪の毛の長さは、セミロング、髪の色は、金髪であり、瞳の色に関して、青紫色の瞳である。

代表生徒の座を奪われた恨みもあり、取り巻きを使ってセーラたちに酷いいじめを繰り返していた。だがセーラに対して愛憎の感情があって容赦ないいじめをしてきたのではないかとかヤンデレいう考察も多い。

キャラクター設定のマニアックさに惹かれるファンも少なくなく、pixivではラビニアのイラストが今でも投稿されるなどコアな人気を持つ。ファンからの愛称は『ラビニア様』。


両親も本編で登場している。ラビニアの母は自分(と娘)本位で自分勝手な性格だが、ラビニアの父は良識的な人物で、セーラの境遇を知った父は彼女を専属メイドにしていじめようとする娘を叱って専属メイドの話を帳消しにさせるなどいわゆる人格者。性格が父に似ていたらよかったのだが、それだと話にならないので、高慢な母ゆずりの性格というのもいわゆるお約束。

最後はセーラのダイヤモンドのような精神力を前に敗北を認めるものの、今まで意地悪したことに関しての謝罪はなかった。セーラをライバル視しているだけで、それまで自身がセーラにした仕打ちの数々についてはまったく反省していない模様。最終話でアメリカへ帰国すると言っていたため、復学したセーラとは学園生活は過ごしてないようで、セーラとの仲がどうなったのかは不明。

世界名作劇場に登場する敵役・悪役は概して最終話までに改心したり、その兆しが見られたり、改心しない場合はそれまでの悪行の報いを何らかの形(最悪の場合、自身の死を含め)で受けるものだが、(はっきりした形で)改心もせずそれまでの行為に対する何の報いも受けなかった(前述の父親に1回ひっぱたかれた程度。しかもそれで態度を変えることもなかった)のは世界名作劇場史上、この娘だけである。(同じくメインの敵役だったミンチンはしっかりと報いを受けて、手のひら返し感満載ではあるが改心もしている)

何故、小公女に対して執拗に嫌がらせをしていたのか?

アーメンガードから『ラビニアは、どうしてセーラに酷い事をするの? 代表生徒の座を奪われた怨み?』と問われたのだが『代表生徒の座を奪われたからなんてのは、もう怨んでないわ。』と回答すると『私があの子に酷い事をするのはね、あの子が落ちぶれて悔しい表情を浮かべないからよ!』自身が味わった出来事をセーラにも味あわせたかったということだった。

小話

山田栄子氏は、作中に登場する猫「シーザー」も演じている。【セーラを嫌うラビニア】とは対照的にシーザーは、セーラをとても好いていて共に暖炉で暖まったり一緒に行動したりしている場面がある。


※「小公女」の原作版、派生派アニメ・漫画版、映画版、ドラマ版では、世界名作劇場版「小公女セーラ」みたいにセーラに対する過度な苛めを行っていない(彼女のことを嫌ってはいるが皮肉っているだけである)。権力をあまり利用せず、和解はしない結末も多いが、きちんとした和解も行うなどの結末も少なくない。

関連タグ

小公女セーラ 成金 お嬢様 金髪 いじめっこ 悪女 そばかす
長髪 バイオレットヒロイン セミロング

安西愛海…主人公と主人公の親友の宿敵であり、金持ちであるということで権力を利用、親が過保護(但し、ラビニアの父親が人格者なので過保護ではない。)いじめっ子、狡猾、粗暴、プライド高い、傍若無人、姑息千万で悪女だが根は孤独を恐れている、一人だとパニックになる、最後は主人公と和解して、自立の道を進む、金髪セミロング、オシャレ、美人な面が非常に似ている。

関連記事

親記事

小公女セーラ しょうこうじょせーら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラビニア・ハーバート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14804

コメント