ピクシブ百科事典

ラビニア・ハーバート

らびにあはーばーと

ラビニア・ハーバートとは、『小公女セーラ』のキャラクター。

概要

CV:山田栄子
ラビニア・ハーバートとは、『小公女セーラ』のキャラクター。

アメリカ石油王という超お嬢様なポジションのそばかすの美少女
プライドが高くて悪女である。

代表生徒の座を奪われた恨みもあり、取り巻きを使ってセーラたちに酷いいじめを繰り返していた。だがセーラに対して愛憎の感情があって容赦ないいじめをしてきたのではないかという意見も多い。

キャラクター設定のマニアックさに惹かれるファンも少なくなく、pixivではラビニアのイラストが今でも投稿されるなどコアな人気を持つ。ファンからの愛称は『ラビニア様』。


両親は本編で登場している。ラビニアの母親は自分(と娘)本位で自分勝手な性格だが、ラビニアの父親は良識的な人物で、セーラの境遇を知ったラビニアの父親は彼女を専属メイドにしていじめようとするラビニアを叱って専属メイドの話を帳消しにさせるなどいわゆる人格者。性格が父親に似ていたらよかったのだが、それだと話にならないので、高慢な母親ゆずりの性格というのもいわゆるお約束。


最後はセーラに負けを認めたが、今まで意地悪したことに関しての謝罪はなく、ライバル視しているだけで反省はしていない模様。最終話でアメリカへ帰国すると言っていたため、復学したセーラとは学園生活は過ごしてないようで、セーラとの仲がどうなったのかは不明。


関連タグ

小公女セーラ 成金 お嬢様 金髪 いじめっこ 悪女

関連記事

親記事

小公女セーラ しょうこうじょせーら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラビニア・ハーバート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8030

コメント