ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:中西妙子
ミンチン学院の経営者。同学院の教師の一人に妹のアメリア・ミンチンがいる。
幼少時代に貧困生活を送っていたためか金銭への執着心が強く強欲かつ頑固な性格で、支援目当てでセーラを特別扱いしていた頃からセーラに好意を持っていなかった。セーラの父ラルフがインドのダイヤモンド鉱山で病死し、更にその鉱山にはダイヤモンドが見つからず事業が失敗してセーラが無一文になったと知るや否や途端に手のひらを返してセーラを使用人の身に落とし、食事すらろくに与えず奴隷さながらに無給でこき使うようになった(妹のアメリアはセーラを使用人として扱き使うのをあまりよく思わなかったが、姉に逆らえずにいた)。

セーラに対する仕打ちは次第にエスカレートしていくが、物語終盤においてセーラの父の友人トム・クリスフォードによってダイヤモンドが見つかり、セーラにその半分を譲ろうとした(クリスフォードは独身だったため、彼が亡くなった後は残りの資産をセーラに譲る考えもしていた)ため再びセーラは裕福となり、それを知った彼女はショックを受ける。更に学院に戻った後に全てを知ったアメリアから自らの非道な行いが全てを台無しにした事を罵倒され号泣した。

原作の『小公女』においてはその後学院は廃校となり、路頭に迷う、派生派映画版や漫画版、他のアニメ版などの小公女では、追放、小間使いなどの結末、を迎えるがアニメの方では彼女を許したセーラから学院に10万ポンドの寄付を受け廃校の危機は免れた。そして最後はインドに旅立つセーラを見送ったのだった。

姉よ、どうしてそこまで経営に拘るのか?

過去、両親に先立たれ 妹を守る為に必死に労働に打ち込み、資金を得ながら妹を大学に進学させて姉妹で教職を手にし、苦労の末ミンチン寄宿女子学院を設立したという苦労人だった。
(多くの苦労をしながら自分を育ててくれた姉のため、副院長のアメリアは強く出ることができなかったという)

小話

セーラに対する苛烈ないじめをした一人であったことから、演じた中西妙子氏は視聴者から批判や嫌がらせを受けた。剃刀入りの手紙を送りつけられるという事件が発生したため、中西氏は『もう、ミンチン院長のような役は演じたくないなぁ』と語ったという(ラビニアを演じた山田栄子氏も同じような被害を受けたらしい)

関連タグ

小公女セーラ 吐き気を催す邪悪

関連記事

親記事

小公女セーラ しょうこうじょせーら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マリア・ミンチン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1861

コメント