ピクシブ百科事典

毒親

どくおや

子供に悪影響を及ぼす親の事。
目次[非表示]

概要

親という権限を悪用して虐待過干渉などで子供を支配し、子供の将来に悪影響を及ぼす親の事。
呼称の由来は1989年にアメリカで発売された著書「TOXIC PARENTS」の邦題「毒になる親 一生苦しむ子供」から来ている。
近年様々なメディアでも大きく取り上げられている深刻な社会問題の一つ。

特徴

  • 子供に対し重い責任を負わせようとする。
  • 子供を脅迫・恫喝し、恐怖で意のままに操ろうとする。
  • 子供を自分の利益のための道具や踏み台と思っている節があり、私物化している。
  • 非常に嫉妬深く、子供が自分より恵まれた環境にいる事を認めない。また子供を徹底的に監視し子供が幸せになりそうな時や良い方向に物事が進みそうな時を見計らっては妨害し握り潰そうとする。
  • 子供が失敗など自分の不利益に繋がるような結果を出すと侮辱的な罵りや、卑下する言葉、馬鹿にした言葉などの暴言を吐き子供に精神的に深い傷を負わせる。もちろん肉体的暴力を振るう者も。
  • 自身の身勝手な思想を正しいものだと子供に刷り込み、親の完全なる言いなりにする。また、稀有な例ではあるが自分の意見を子供に正論で論破されると逆ギレを起こし、暴力がないと解決できない次元にまで発狂、大ケガをさせたり最悪殺すといったことも十分にあり得る。
  • 自分の趣味や興味を子供に押し付け、それ以外は真っ向から否定する。
  • 親の義務を完全放棄し、子供にやらせようとする。
  • 自分のやり方に心酔している。
  • これらを止める者あれば「お前には聞いていない」という道徳が欠如した発言をする。
  • 全ては「お前(子供)のためを思っての事」「お前に期待している」と上記行為を正当化する。場合によっては「養育」を恩着せがましく対価を要求する(形で自分の意のままにする)。

これらの暴虐とも言える行為を受けた子供は適応障害(アダルトチルドレン)や脅迫性障害人間不信対人恐怖症パニック障害ソシオパス化、回避性パーソナリティ障害などを引き起こしやすい。
さらにあまりに支配がひどいようだと子供が社会人としても適応できない人間に育ってしまいニートひきこもりになってしまう例もある。こちらは過干渉した毒親の自業自得である。
しかし、サイコキラーシリアルキラー(所謂キレる17歳等も含む)の親にも上記の特徴を持っていることが少なくなく、そういった親に育てられたことが犯人を凶行に走らせた遠因になっているという意見もある。ここまで行くと「毒親の自業自得」などと言ってられない問題である。

なお親としての義務を果たそうとしないどころか、いざ動くとなれば子供の傷口を広げる事しかしないという「的確に最悪の選択肢を選んでは周りの人間を不幸にさせる」特徴からまさにゼークトの組織論で言う無能な働き者の条件に該当する存在である。
最近では会社の上司にも似た様な傾向が見られるため、毒上司という派生語までもが誕生している。

毒親が生まれる原因

毒親になりやすい人間の傾向の一つに、サイコパス(ソシオパス)やエナジーバンパイアのような無自覚に他人を正論攻めにして傷付ける傾向の強いタイプの精神疾患を抱えている人が多いようである。上述の「お前のためを思って〜」「お前に期待している」の常套句はまさに正論を逆手に取った精神異常者の悪しき象徴とも言えよう。
また、過去の学生時代の陰湿ないじめトラウマなどから生じる過度の人間不信(このため社会との関わりが薄い上に人間関係が狭く、同等の人間に対してもコミュ障であるケースが多い)、毒親とまではいかなくても厳しい家元で育った影響で歪んだ方向に目覚めてしまった正義(所謂「真面目系クズ」)からも生じやすいらしい。

そして、最も多いとされるのが毒親自身の親も毒親だったという例。つまり毒親が毒親たる原因も別の毒親によるものであり、そのツケを子供が受けているという事である。
さらに毒親に育てられた子供も将来毒親になりやすく、毒親が毒親を産み毒親が増え続けるという最悪の負の連鎖を生んでしまっている。

対策

これは毒親と絶縁する以上の越した方法はない。
毒親は子供を自身の部下という認識で教育しているため子供は共依存に陥りやすいが、外部からの様々な経験を経て毒親の言動が間違っている事を自覚する事から始めないといけない。
毒親に支配された子供自身のみでは抜け出すのが困難な事が多いため、心ある知り合いなどが力を貸して脱出に協力してあげるのも手である。

しかし毒親の中には住所を教えてもいないのに引っ越し先を特定してまで干渉してくる者もいる。この事から毒親の本質はストーカー気質だという見解を示す人も多く、毒親がしつこく追い回した結果、実子に殺害されたというニュースすらある。
このため、一人暮らしをする際は住民票閲覧制限をかけておくのも手である。

注意点

「毒親に育てられた子供も毒親になりやすい」というのは、傾向としては言えるとしても、当然ながら誰もがそうなるわけではない。この言葉や発想は毒親の悪影響と闘っている人、あるいはそれを乗り越えた人に対してもあらぬ偏見や侮辱につながるので、決めつけのように言うのは避けることが望ましい。人の人生は、家庭環境だけで決まるような単純なものではないのである。

関連タグ

家族  子供 モンスターペアレント 社会問題 ブラック企業
人間のクズ

pixivに投稿された作品 pixivで「毒親」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1494314

コメント