ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

他人の生活に必要以上に干渉する行為。
主に毒親が自分の子供に行う。

過干渉の例

  • 食事・風呂・睡眠・起床など日常生活の時間を細かくコントロールする。
  • 交友関係を必要以上に詳細に探りたがる。
  • 些細なことを質問攻めにする。
  • 外出の際に行先・用事・帰宅時間を管理したがる。
  • 訊いてもいない人生訓や理想論(特にエリート志向)を、時間を割いて語ってくる。
  • 進学や就職活動(前者は偏差値が高い進学校、後者は弁護士医者プロスポーツ選手と大方に渇望されるような職業が殆どを占める)、子供の人生に対して、子供の希望より自分の意思を押し付ける。
  • 社会に出るまでは部活動を含めた習い事は言わずもがな裕福な家庭では英才教育を強引に受けさせるところも多く、当然ながら子供の最終学歴にも過度に拘る(少なくとも大卒以上)。
  • 視野が狭く自分の子供が学業やスポーツ、芸術だけができれば良いと本気で思い込んでおり、これらの失敗以外では殆ど叱らず、むしろ無関心である。
  • 子供が高校生以上の年齢でもアルバイトを禁止にし、いつまで経っても学業や進学を矯正する等、社会に関心が殆どない。
  • 基本的に実力主義で必要以上に自分が思ったよりも成績が低い子供(そのレベルでも同世代の中では優れた方)を罵倒するか他人の失敗例を挙げてたり、子供より能力の低い人物を見下して反面教師にする。



このような親は殆どが高学歴だが自身が過干渉であるという意識が無いため、嫌がってもただの反抗と捉えられてしまい、反省を促すことは非常に困難である。

詳しくは「毒親」の項目も参照。

問題点

子供をほったらかしにしても問題だが、干渉のし過ぎも問題である。
基本的に文武両道なため、目上の人からの信頼は厚いが、同世代及び年齢が近い世代からは妬みによるいじめの対象にされやすい。
コミュニケーション能力が低く、更に他人を信用しなくなり、ストレスによるうつ病パニック障害のきっかけになる事もある。
実家と絶縁され、将来的に親が寂しい思いをする事態にも陥りかねないが、この場合は自業自得としか言いようがない。
学業やスポーツに関しては極めて優秀なのは間違いないが、教師のように対人も重視する職業やメジャーリーガー等のようにチームプレーを重視するスポーツ選手はコミュニケーション能力の低さという意味では適正がなく、それ以外でも頭脳労働が中心の仕事で高い地位についたり、、格闘家として目覚ましい功績を残しても社会人になる為の教養を親に教わっておらず、独学でそれを習得した訳でもないので結局は人間関係でつまずき、本来の能力を生かせないまま、生涯を終えることも多い。
また、子供の反発を招き、家出非行家庭内暴力ニートなどに走る原因となり、気付いたときには詐欺不倫といった犯罪を繰り返したりと社会復帰が不可能に陥ることも少なくなく、地頭の良さから知的犯罪を犯したり、周囲から「優等生」という認識されているのを利用して簡単に誤魔化してしまうこともあり、それに加えて護身術を強引に習得された経験から喧嘩慣れもしやすく、かなり厄介な犯罪者に育つ危険性もある。

本来、子供に対しては社会を困らせないため、子供が進路に困らないためのしつけと愛情だけで十分である。
それ以上にあれこれ干渉するのはもはや親ではなく血の繋がった他人である。
基本的に親と子供は血の繋がりがあるといっても他人であるということを忘れてはならない。

過干渉で子も将来的に毒親に育ち、性格にも歪みが生じやすい。
総じて子供を過干渉させる親も大方は自分の親に過干渉されて育ったのである。

関連タグ

毒親 親バカ 過保護 英才教育 高学歴

デザイナーベビー…子供を理想の形に近づける為に育てられた点が似ているがこちらは遺伝子操作によるもので先天的である。

関連記事

親記事

親バカ おやばか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「過干渉」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「過干渉」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190504

コメント