ピクシブ百科事典

プロボクサー

ぷろぼくさー

プロボクサーはプロボクシングの選手。プロフェッショナルスポーツとしてボクシングをしているボクサーのこと。
目次[非表示]

概要

ボクシングにおいて、日本法律では職業としてボクシングを行うのは資格はいらないが試合を行う団体(所謂ボクシングジムなど)に選手登録しライセンス(選手登録証)を受けることが必要になる。
基本、同門対決は禁止。

日本の場合は日本ボクシングコミッション(JBC)の「ボクサーライセンス」を試験(以下、プロテスト)で受け、筆記と実技によって行われる。
プロテストで合格したらC級(4回戦)からスタートするが、アマチュアで一定以上の実績のある選手(全日本選手権優勝経験者など)や他の格闘技で顕著な実績のある選手(元K-1ヘビー級王者だった藤本京太郎など)は、別枠のプロテストに合格することでデビュー時からB級ライセンスやA級ライセンスを取得できる。(A級はオリンピック出場者が多い。)
JBCは現在東洋太平洋ボクシング連盟(OPBF)に所属し、上組織のWBCルールに従っている。コミッションは日本の他、韓国モンゴル中国香港台湾ハワイタイインドネシアフィリピンパプアニューギニアインドオーストラリアニュージーランドフィジートンガサモアが該当し、アメリカは加盟していない。

1990年代には女子のプロボクシングも行われ、日本女子ボクシング協会(JWBC)が管轄・管理していたが2008年にJBCが女子の参加を決めたため移行、今に至る。(JWBCは発展的解消。)

海外ではプロモーターとの契約が成立した時点でプロ活動が可能になる場合が多い。
アメリカではコミッションが州ごとで仕組みが異なり、多くのコミッションではプロテスト制度は採用していないがアマチュアで一定の成績を収める必要がある。

階級

名称(旧/新)境界架空のキャラ
アトム級(※1)[女子のみ]46.266kg以下
ストロー/ミニマム(※2)47.627 kg以下
ジュニアフライ/ライトフライ48.98 kg以下
フライ50.80 kg以下
ジュニアバンタム/スーパーフライ52.16 kg以下
バンタム53.52 kg以下矢吹丈高嶺竜児鴨川源二
ジュニアフェザー/スーパーバンタム55.34 kg以下真田一機
フェザー57.15 kg以下堀口元気幕之内一歩
ジュニアライト/スーパーフェザー58.97 kg以下高嶺豪木村達也
ライト63.50 kg以下青木勝
ジュニアウェルター/スーパーライト63.50 kgゲロ道ユリー・チャコフスキー
ウェルター66.68 kg以下力石徹
ジュニアミドル/スーパーウェルター69.85 kg以下ブライアン・ホーク麻仁アキオ
ミドル72.57 kg以下マンモス西(※3)、鷹村守(※3)
スーパーミドル76.20 kg以下
ライトヘビー79.38 kg以下
クルーザー90.71 kg以下
ヘビー90.719 kg以上マイク・バイソンタイガー・Mアイアン・マイケル他多数


※1 アトム級は団体によって呼称が異なる。(ミニマム級、ストロー級、ライトミニマム級とも。)
※2 ミニマム級は団体によって呼称が異なる。(ミニマム級、ストロー級、ミニフライ級とも。女子でもミニフライ級と呼ぶこともある。)
※3 当時はミドル級がJBCの上限だったので、本来ヘビー級の体重から試合前は減量している

実在選手

※現役は太字

世界チャンピオン

男性

具志堅用高 ガッツ石松 長谷川穂積 内藤大助 西岡利晃 
亀田三兄弟亀田興毅亀田大毅亀田和毅) 輪島功一 鬼塚勝也 辰吉丈一郎 竹原慎二
山中慎介 小國以載 井上尚弥 内山高志 村田諒太
モハメド・アリ マイク・タイソン フロイド・メイウェザー・ジュニア
シュガー・レイ・レナード オスカー・デラホーヤ ナジーム・ハメド
マルコ・フック マニー・パッキャオ ギレルモ・リゴンドウ ローマン・ゴンサレス

女性

レイラ・アリ

その他

赤井英和 伊丸岡篤 小番一騎 島木譲二 山本博


関連項目

格闘技

pixivに投稿された作品 pixivで「プロボクサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1302

コメント