ピクシブ百科事典

概要

不審者の山ちゃんとぬりかべ女のしずちゃんからなるお笑いコンビ。吉本興業所属。
 
2003年結成。その年の『M-1グランプリ』に結成一年ながら準決勝に進出し、知名度を上げる。
翌年には同大会の決勝進出、レギュラー番組の獲得、東京進出と躍進を続ける。
しかし、山崎のキャラクターが注目される形での売れ方だったため、コンビ内格差が発生。
嫉妬と山崎に捨てられるのではないかという恐怖心を持った山里が山崎に対して必要以上に厳しくあたったためにコンビ仲が激烈に悪くなる。

2009年以降は、山里単独の仕事の増加、年々深まっていったコンビ仲の悪さと共に、しずちゃんが映画ドラマに出て女優になっちゃったり
ボクシングオリンピックを目指す(結果は失敗)様になってしまったので、コンビでの活動は比較的少なくなってしまった。
ただこのボクシングで山里が山崎を見つめ直すようになり、山崎もボクシングに本気に打ち込む中で山里の厳しさの理由を理解し、コンビ仲の改善のキッカケとなった。

2015年末、山崎がボクサーを引退した翌月に山里がレギュラーを勤めるラジオ番組、『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)に山崎が電話出演し、来年の『M-1グランプリ』への出場を表明。長年抱え続けていたコンビの不仲という問題を解決する。
2016年の同大会に出場するも、準決勝敗退に終わった。
その後『不毛な議論』に山崎がスタジオ出演、M-1決勝で披露する予定であった漫才を披露した。
2017年も続けて出場したが、前年同様準決勝敗退に終わる。
2018年にコンビ仲の悪さを理由に長年避け続けていた単独ライブを初めて開催した。
現在はコンビでの活躍の場も増やしている。

関連タグ

南海ホークス キャンディーズ:コンビ名の由来

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「南海キャンディーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「南海キャンディーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43787

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました