ピクシブ百科事典

M-1グランプリ

えむわんぐらんぷり

日本で一番面白い漫才師を決めるイベント。
目次[非表示]

概要

2001年から開催されている、漫才日本一を決める企画。2010年に一旦終了したが、2015年から再び開催されている。基本年末開催。

島田紳助が「漫才への恩返し」を目標に企画・プロデュースを担当し、自らも大会実行委員長兼審査委員長として、番組に積極的に参加していた。
主催は吉本興業朝日放送の共催(第10回までは吉本興業の単独主催)。テレビ中継は朝日放送(2018年からはABCテレビ)の制作で年末のゴールデンタイムに全国ネットで放送される。2005年開催の第5回からはキー局であるテレビ朝日が制作協力に加わり、テレビ朝日第1スタジオから決勝戦の模様が生中継されている。
また大会スポンサーとして、第10回まではオートバックス、第11回からはCygamesサントリー(第11回のみユニクロ)、日清食品ファミリーマートが特別協賛している。

2001年にスタート。コンセプトは「単純におもろい奴を決めるコンテスト」であるが、もう一つのコンセプトは「漫才師を辞める切っ掛けを与える」である。島田の持論として「才能がないのにいつまでも芸能界にいる者が一番不幸」「10年たって決勝に上がれない奴は辞めなあかん」というものがあり、大会当初から、唯一の出場条件に「結成10年以内」(第2回までは結成10年未満、第11回からは結成15年以内)と付けたのもこの為である。
審査員もなかなか受けてもらえる相手がなく難航していたが、上沼恵美子には島田自らが頭を下げて依頼している。

終了と復活

2010年の第10回大会の準決勝終了後、「漫才が隅々まで広まった」ということから、10回目という区切りをもって発展的解消の形として終了することが決定。2011年以降は全国区の漫才賞レースとしては舞台をフジテレビに移し「THE MANZAI」が開催されていた。
ところが2014年、朝日放送はM-1を2015年冬に復活させることを発表(当初は「THE MANZAI」と並行する形で2015年夏に開催される予定だった)。大会が無い4年の間にラストイヤーを迎えてしまったコンビへの救済措置も兼ねて、出場資格が「結成10年以内」から「結成15年以内」に拡大される形となった。

出演者

司会進行

  • 今田耕司
    • 第3回から男性枠を担当。
  • 上戸彩
    • 第8回から女性枠を担当。何故かよく話題ワードランキングに出てくる。


過去の司会進行

  • 島田紳助
    • 第1期の大会実行委員長・審査委員長でもあり、第1回の司会も務めた。
    • 微妙だった漫才師に厳しい。
    • 不祥事により第4回・第11回以降は不出演。また、第2期の大会実行委員長・審査委員長は設定されていない。
  • 赤坂泰彦
    • 第1回の男性枠。コンビ名を間違えるなど円滑に進まなかったためか、以降の回では出演していない。
  • 西川きよし
    • 第2回と第3回では司会を、第1回と第4回では審査員を務めた。
  • 山寺宏一
    • 第2回のもう一人の男性枠。この回のナレーションも兼任。
  • 菊川怜 - 第1回の女性枠
  • 中山エミリ - 第2回の女性枠
  • 小池栄子 - 第3・5・7回の女性枠
  • 井上和香 - 第4回の女性枠
  • 眞鍋かをり - 第6回の女性枠


審査員

第14回以降は顔ぶれが固定されている。

  • 松本人志
    • 第1回から出演しているお笑い界のカリスマ。第4回のみ大会委員長の欠席又は裏で相方の番組の特番があったため不在。第11回は歴代王者が審査員だったため休演。
  • オール巨人
    • 第7回から出演しているお笑い界の鉄人。第10回のみC型肝炎により欠席。第11回は歴代王者が審査員だったため休演。
  • 上沼恵美子
    • 同じく第7回から出演している伝説の女天才漫才師で、審査員の紅一点。こちらも第10回のみ欠席。第11回は歴代王者が審査員だったため休演。
  • 中川家礼二
    • 兄弟漫才のトップランナーにして初代王者。第2期の審査員では唯一の皆勤賞。第12回以降では富澤や塙とは違い「・」付きが正式な表記。
  • 富澤たけしサンドウィッチマン
    • 敗者復活からの逆転優勝を果たした、今や国民的お笑い芸人となった男。その功績が評価されてか、第14回から再び審査員を務めている。
  • 塙宣之ナイツ
    • 史上最年少の漫才協会副会長で、現在の7名の中では最年少。優勝未経験だが、3年連続で決勝に進出した実力者。テレビに出たかったとのことで、第14回から審査員を務めている。
  • 立川志らく
    • 天才・立川談志のDNAを引き継ぐ落語界の風雲児。第14回から審査員を担当。談志とは違い普通に審査する。

過去の審査員

  • 鴻上尚史 - 第1回に出演した劇作家。
  • ラサール石井 - 第1~5・7回に出演したお笑いタレント。
  • 春風亭小朝 - 第1・4回に出演した落語家。第13回で14年ぶりの出演を果たした。
  • 青島幸男 - 第1回に出演した超マルチタレント。
  • 大竹まこと - 第2~8回に出演した日本のリチャード・ギア。
  • 島田洋七 - 第2~6回に出演した元B&Bの片割れ。
  • 中田カウス - 第2~10回に出演した大トリを務める大御所。
  • 立川談志 - 第2回に出演した落語家。下ネタと判断しただけで50点を付けたりした。しかし大会委員長と違ってアフターケアはしていた。
  • 南原清隆 - 第3・4・6・10回に出演したショートコントの創設者。
  • 渡辺正行 - 第5・6・8~10・13回に出演したリーダー。
  • 東国原英夫 - 第9回に出演したたけしの一番弟子。
  • 大竹一樹 - 第10回に出演した東のコント職人。
  • 宮迫博之 - 第10回に出演した第1期全大会視聴済みの真剣屋。
  • 博多大吉 - 第12・13回に出演した博多の漫才師。


第11回では、コンビ活動休止中兼スケジュールの都合だったアンタッチャブルを除いた過去の歴代チャンピオン9組から1人ずつが登場し審査員を務めた(後に片割れはその翌年以降、関西若手登竜門の賞レースで審査員を務めている)。このうち礼二と富澤は以降の回でも審査員を担当している。


その他、主な出演者

ほとんどの回では前回王者もゲスト出演する。


歴代M-1チャンピオン

  • 太文字は敗者復活からの優勝者。
  • 吉本グループは2008年~2018年までタレント所属部門が「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に移行していた。これらの回では便宜上「Y.C.A.」と記載する。


第1期

開催年優勝コンビ所属(優勝当時)結成年出場組数
2001年(第1回)中川家吉本興業大阪1992年1,603組
2002年(第2回)ますだおかだ松竹芸能1993年1,756組
2003年(第3回)フットボールアワー吉本興業大阪1999年1,906組
2004年(第4回)アンタッチャブルプロダクション人力舎1994年2,617組
2005年(第5回)ブラックマヨネーズ吉本興業大阪1998年3,378組
2006年(第6回)チュートリアル吉本興業大阪1998年3,922組
2007年(第7回)サンドウィッチマンフラットファイヴ1998年4,239組
2008年(第8回)NON STYLEY.C.A.大阪2000年4,489組
2009年(第9回)パンクブーブーY.C.A.東京2001年4,629組
2010年(第10回)笑い飯Y.C.A.大阪2000年4,835組


第2期

開催年優勝コンビ所属(優勝当時)結成年出場組数
2015年(第11回)トレンディエンジェルY.C.A.東京2004年3,472組
2016年(第12回)銀シャリY.C.A.大阪2005年3,503組
2017年(第13回)とろサーモンY.C.A.東京2002年4,094組
2018年(第14回)霜降り明星Y.C.A.大阪2013年4,640組
2019年(第15回)ミルクボーイ吉本興業大阪2007年5,040組
2020年(第16回)マヂカルラブリー吉本興業東京2007年5,081組


優勝コンビのうち、

  • 優勝回時点でラストイヤーだったのは5組(中川家、ますだおかだ、アンタッチャブル、笑い飯、とろサーモン)
  • 関東勢は4組(アンタッチャブル、サンドウィッチマン、トレンディエンジェル、マヂカルラブリー)
  • 当時吉本以外に所属していたのは3組(ますだおかだ、アンタッチャブル、サンドウィッチマン)
  • 最終決戦での満票は2組(チュートリアルとパンクブーブー)
  • ファーストラウンド3位通過からの優勝はとろサーモンのみ
  • 票数が過半数に満たずに優勝したのはマヂカルラブリーのみ
となっている。

ルール

上記にあげたように、結成から出場資格の許す限りならプロ・アマ関係なし。
年齢・国籍・男女・人数・経歴等なんでもOKな大会である。
それこそベテラン芸人が即興で組んだコンビだろうが条件を満たすので出場可能。
またギター中敷きなど持ち込みがたまにあるがあまりいい顔されない。

予選

8月上旬(初期は9月上旬)から12月上旬(復活初期は11月下旬)にかけて全国各地で行われる。

1回戦

ネタ時間は2分。全国の主要都市で開催される、事実上のふるいがけ。
1回戦に限り複数回受けることが可能である。

なお、過去に準決勝以上を経験した者(第15回までは前年度の準決勝以上進出者)には翌年度のシード権が与えられ、1回戦を免除される。
また、歴代の王者は出場資格の許す限り免除される。

2回戦

ネタ時間は3分。ここから東京と大阪に絞られ、負けたら終わりのサバイバルが開始する。
第8回からネタ順等の理由で敗退したコンビから協議で数組復活の追加合格制度が存在する。

3回戦

ネタ時間は3分。2回戦とほぼ同じだが、追加合格制度は3回戦が第5回と早かったりする。ここまで進出できれば一人前の芸人として認められ、世間の注目度も上がる。
時勢の都合により第16回では開催されず。

準々決勝

第10回から導入。ネタ時間は4分。東京と大阪による2日間の戦い。
初めて導入された第10回のみ、ここでの敗退者が準決勝敗退者と共に敗者復活戦に戦いの場を移した。

準決勝

ネタ時間は4分。決勝の2週間前(第4回まで4週間前)に行う、数少ない切符を奪い合う激戦。ここまで進出できれば決勝進出を逃しても知名度は急上昇し、TV出演も大幅に増える。
また次回大会のシード権も獲得することができる。
切符の数は、第1回は10枚・第2回~12回は8枚・第13回以降は9枚である。
この激戦に敗れた者は、敗者復活戦に戦いの場を移す(第1回を除く)。

敗者復活戦

第2回から導入。ネタ時間は4分(第11回~第14回は3分)。
それまでとは違い極寒の野外で行われる、準決勝敗退者による地獄の戦い
この戦いを制した者の多くは決勝で台風の目になり、敗者復活から優勝した者やブレイクした者もいる。

第10回まではかなりの大人数の上に、第5回からは大井競馬場などテレ朝本社からかなり離れた場所でネタを行っていたが、第11回以降は六本木ヒルズアリーナに移り、出場組数も20組→16組に絞られるようになった他、視聴者投票が新たに導入されている。

スケジュールの都合、新型コロナウイルスへの感染など、何かしらの理由で辞退するコンビも多い。以下の出場組数はそれらを除いた数を記載している。

なお、敗者復活戦の出場を辞退しても翌年のシード権は与えられる。

開催年復活コンビ所属(参加当時)結成年出場組数
2002年(第2回)スピードワゴンM2カンパニー1998年45組
2003年(第3回)アンタッチャブルプロダクション人力舎1994年59組
2004年(第4回)麒麟吉本興業大阪1998年53組
2005年(第5回)千鳥吉本興業大阪2000年57組
2006年(第6回)ライセンス吉本興業東京1996年55組
2007年(第7回)サンドウィッチマンフラットファイヴ1998年57組
2008年(第8回)オードリーケイダッシュステージ2000年58組
2009年(第9回)NON STYLEY.C.A.東京2000年59組
2010年(第10回)パンクブーブーY.C.A.東京2001年67組
2015年(第11回)トレンディエンジェルY.C.A.東京2004年20組
2016年(第12回)和牛Y.C.A.大阪2006年18組
2017年(第13回)スーパーマラドーナY.C.A.大阪2003年20組
2018年(第14回)ミキY.C.A.大阪2012年16組
2019年(第15回)和牛吉本興業大阪2006年16組
2020年(第16回)インディアンス吉本興業大阪2009年15組

決勝

上記の予選を勝ち抜いたコンビに敗者復活組を加えた戦いが、7名(第11回では9名、第12回では5名)のレジェンドによる厳しい審査で行われる。

ファーストラウンド

持ち時間4分の間で漫才を行う。
審査員が100点満点で審査し、上位3組(第1回のみ2組)が最終決戦に進出する。

現時点でファーストラウンドで最も高い平均点を獲得しているのは、第15回のミルクボーイ(平均97.3点、合計681点)。
逆に最も低いのは第1回の中川家(特別審査員限定で平均85.1点、合計596点)だが、当時は評点の仕方がバラバラだったため、単純に比較することは不可能である。

偏差値の平均が最も高いのも同じく第15回のミルクボーイ(68.58)。
一方で最も低いのは、1位通過コンビとしては第8回のオードリー(60.17)、優勝コンビとしては第11回のトレンディエンジェル(56.94)、決勝進出コンビ全体では第8回のザ・パンチ(33.63)となっている。
格差が最も大きいのは第15回の34.58、最も小さいのは第11回の20.87。

最終決戦

ファーストラウンドとは違う新たな漫才ネタを披露する。
全ネタ披露後、審査員全員の記名式投票で優勝者を決定する。
なお、同点票が出た場合はファーストラウンド上位のコンビを上とする。

余談

決勝関連
第1回のみ一般審査員の審査もあった。
公平性に欠けていたため、以降は廃止されている。

第13回からは「笑御籤(えみくじ)」が導入。くじはネタ開始前にやるため、いつ呼ばれるかわからない。まさに運試し。
さらに「アンカー固定=敗者復活組有利説」の状況を是正するため、敗者復活組もくじに含まれる。実際にこのシステムが導入されてから、敗者復活組が最終決戦に進出した例は一度もない

アマチュア関連
アマチュアでも出場可能なM-1だが、そのアマチュアが決勝に進出した例が一度だけある(第6回(2006年)の変ホ長調)。
これがきっかけでアマチュアの出場が増え、第12回(2016年)からはアマチュアを応援するべく、特別賞として「ベストアマチュア賞」が設けられた。

ベストアマチュア賞

開催年受賞コンビ最終成績備考その後
2016年(第12回)晴天サンティ準々決勝大学お笑いサークルの女子大生コンビ。2017年2月に解散
2017年(第13回)完熟フレッシュ準々決勝元芸人の父親と小学生の娘の親子コンビ。2018年1月にワタナベエンターテインメント入り。
2018年(第14回)漫画家準々決勝森田まさのり長田悠幸の現役漫画家コンビ。
2019年(第15回)ラランド準決勝10年ぶりにアマチュアが準決勝に進出した。2020年にプロに転向(フリー)

賞品

優勝商品はトロフィーに賞金1000万円
並びに副賞として、第10回まではオートバックスセブンのカー用品100万円分と向こう1年間のCM出演権、第11回以降はファミリーマートのプレミアムチキン1,000本などが贈られる。

だがそれ以上に、複数のコンビに翌年の大ブレイクが約束されるという事が最大の優勝賞品であろう。たとえ優勝・最終決戦進出できずとも、決勝進出で注目を浴び翌年以降仕事が急増する芸人も多い。それらの事は「M-1バブル」「M-1効果」と言われている。
中には優勝者以上にブレイクした芸人もおり(南海キャンディーズしずちゃん山里亮太、オードリーの春日俊彰若林正恭ハライチ澤部佑メイプル超合金ぺこぱなど)、第16回のオープニング内「M-1グランプリ 激闘の歴史」でもNON STYLEやパンクブーブーが映った時間が極端に短く、オードリーや2009年に100点満点を出した時の笑い飯の方が遥かに長かったほど(一方で全く映らなかった王者もいたが…)。

関連用語

麒麟枠
2001年から出場した麒麟が由来の、俗に言うダークホース。近年ではノーシードから決勝初出場となったコンビが麒麟枠に挙げられる傾向にある。

ラストイヤー
第3回目の時は結成10年未満、第10回までは結成10年目、第11回以降は結成15年目が優勝ラストチャンスのこと。

返り咲き
1度決勝進出し、その後予選落ち又は欠場し、その後の大会で再度決勝戦に勝ちあがること。

正面突破
敗者復活戦を制し、その次の大会で正規の決勝進出者になること。逆に前回の決勝進出組が敗者復活戦を勝ち上がることもあり、近年の大会では前年の決勝出場組が敗者復活戦を勝ち抜いている。

笑神籤
第13回から始まったファーストラウンドのネタ披露順番を決めるもの。
それまで入場時や大会が始まる前にやったりしていた。
基本ゲストアスリートの手で引くが、第16回の時はMCの手で引いた。

上沼怒られ枠
2016年から自然発生的に生まれた。
カミナリはツッコミの仕方で指摘され、マヂカルラブリーシュールなネタですべって酷評され、ギャロップは自虐の仕方がダメだと怒られ、和牛は貪欲に笑いを取りに行こうとする姿勢が感じられないとして怒られた。
その前にも前チャンピオンが二冠を狙いにいった際もトークが苦手とこのパイロット版があった。
もちろん番組内でそのようなコーナーがあるわけでもない。

出囃子
本放送版でステージで入るとき流れている曲。表記は「ギフィギャンギャン」又は「ガンガンガ~ン」。
元はファットボーイ・スリムの「Because We Can」の一節。
ほかの番組で出囃子代わりに使われることも。DVDでは下記の通り変えられている。

余談

テレビ朝日が制作に加わる以前は東京ビッグサイトの目と鼻の先にあるパナソニックセンター有明スタジオから生放送されていた。また放送当日の昼にスタジオ外の特設会場で敗者復活戦が行われていたため冬コミ帰りの見物客もちらほら見受けられ、自身もアニメオタクである司会のはりけ~んず・前田がそのことをイジっていたと言う。

DVD化もされているが、音源変更されたり一部ネタ(版権系等)やCM前の下りなどのネタがカットされる。

第2回から第4回まである番組の床が使用されていたが、第5回からセットが豪華になった。
トロフィーは第2回まで一人像、第3回は角張った顔のあるコンビ像、第4回以降は丸みのある顔がないコンビ像。最近はマスコット化して動き出した。

日清食品は副賞として変わったものを出している。その中でも2018年は「キニアーナ牛とどん兵衛1食」だったのだが、出演者が誰もいじらなかったので結果的にすべってしまった。それがきっかけで2019年に至っては「考え中」だった。

pixivでは

基本的に決勝に進出した芸人のイラストにこのタグが付くことが多い。
2009年には物凄く印象に残ったネタのイラストにもこのタグが付くようになった。
なお、別の意味として、「魔法少女のグランプリ」にこのタグをつけているイラストも見受けられる(漫才の大会としてのM-1とは無関係と思われる)。

リンク

「M-1グランプリ」公式サイト
wikipedia-M-1グランプリ

関連タグ

お笑い 漫才

THE_MANZAI…M-1休止期間中、漫才日本一を決めるコンテストとして復活していた。
R-1ぐらんぷりピン芸人日本一を決めるコンテスト。
キングオブコントコント日本一を決めるコンテスト。
女芸人No.1決定戦THEW…女芸人日本一を決めるコンテスト。
歌ネタ王決定戦

関連記事

親記事

お笑い おわらい

子記事

  • M-1 えむわん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「M-1グランプリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228287

コメント