ピクシブ百科事典

目次[非表示]

メンバー

  • シュウペイ:バカなボケ担当。
  • 松陰寺太勇:キザでツッコまない担当。最初は着物にローラスケートが特徴だったが、色んな人から着物やめろと言われたのでスーツになった。


概要

サンミュージック所属のお笑いコンビ。笑けずりのオーディションに合格したことで少し知名度が上がる。その後おもしろ荘で優勝したのになぜかブレイクせず。

2019年(結成11年目)にM-1グランプリ出場7回目で3位となりようやくブレイクした(決勝戦に出たコンビの中は、吉本興業が多い中、唯一サンミュージックプロダクション所属である)。
決勝ラウンドでは「ツッコミ方改革」のキャッチフレーズで最終組として登場。
上沼恵美子からは「10組も見ると疲れるが、新しいツッコミ好き」、
立川志らくからは「最初(コンビ)見た時、大嫌いな漫才かと思ったが、漫才見てどんどん好きになった」、
松本人志から「ノリ突っ込まないボケという新しいジャンルを切り開いた」と言わしめ、優勝候補の一角である和牛を退けた。

お笑いスタイル

笑けずり出演当時は松陰寺のキザなボケにシュウペイがつっこむ漫才だったが、シュウペイをボケにして松陰寺がそれにつっこむかと思いきや肯定するというスタイルに変更した。

事務所変更

当初の所属事務所はナイスデイ、2010年中にオスカープロモーションお笑い部門所属の芸人だった。
ところが2019年1月、おもしろ荘で優勝した直後、そのオスカーがお笑い部門を突如廃業となり、2人は所属先を探すはめになった。

数ヵ月後拾われたのがサンミュージックだったのである。
フリーランスとなった芸人達と開催した深夜配信のAbemaTV「カンニング竹山の土曜The NIGHT」に番組終盤には番組宛てに地方局ディレクターからぺこぱへの出演オファーが届いたが、ぺこぱの二人がフリーの為オファーの対応の仕方が分からず、どうしたらいいのか困惑していた。
そんな中、MCのカンニング竹山が「お前らサンミュージックに入りたいんでしょ? じゃあぺこぱ、ウチに入れ」と話し、サンミュージックがマネジメントの受付窓口になることが決まる。

更に2019年中に、ぺこぱはM1で決勝戦に出るほどの実力コンビになる。

関連イラスト

ぺこぱ


ぺこぱ
悪くないだろう


ぺこぱ!



関連項目

サンミュージック
お笑い芸人

関連記事

親記事

サンミュージック さんみゅーじっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぺこぱ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144121

コメント