ピクシブ百科事典

熱田充瑠

あつたじゅうる

『魔進戦隊キラメイジャー』の登場人物。(メイン画像右下の人物)
目次[非表示]

ひらめキーング!イメージ出たぁ!」
「変わる……変われる……!変わりたい!!」
「だから結果がオールライト!」

演:小宮璃央

概要

魔進戦隊キラメイジャー』の主人公。
創の戦士キラメイレッドに変身する。

光ヶ峰高等学校に通う、絵を描く事が好きな17歳の高校生。類稀なる想像力の持ち主で、ひらめキーング!と想像力が溢れてゾーンに入った時は、誰にも負けないキラメンタルの輝きを放つ。夢中になると周りの状況を考慮しない傾向にあり、敵が迫っていようが戦場の中に居ようがお構いなしに物事(主に絵を描く事)に打ち込む。
想像力のみならず、(絵に関して言えば)行動力もずば抜けており、イメージした物を短時間でスケッチブックに描き込んでいる(それもかなり上手い)他、自らは攻撃に巻き込まれながらも、スケッチブックは必死に死守している。
また、エピソード0ではクラスメイトの女子を描いた際、まるで彼女の胸中(=平凡な毎日への鬱屈した思い)を、全て読んでいたかのような洞察力で描き上げてもいた。
変身後には自身のイメージをスケッチブックが介す事なく、他者と共有するのが可能な様で、現在のキラメイ魔進達の姿も、彼が頭の中でデザインした物である。
彼が戦士に選ばれたのも、こうした能力に加えて、まだ特定の職業に就いていない、将来性のある高校生という時期故だったのだろう。

また、キラメイストーンと共鳴する事で、絵に描いた物を実体化させると言う特異な能力の持ち主であり、他にこの能力を持つ者は現時点ではクリスタリアの王オラディンと、その弟でヨドンヘイムに寝返った裏切り者のガルザしか確認されていない。

しかし、そのハイテンションさとは裏腹に自分に自信がある訳ではなく、その想像力を見込んだレッドキラメイストーンマブシーナに声を掛けられた時は、及び腰になってしまった。また、自らを「文化系」と称し、エピソード7での特訓中の様子などから、(変身前の)体力や腕っぷしも高くない事が伺える。
本人の弁では彼らに想像力を賞賛されるまでは、他人に褒められた事は無かった様で、実際エピソード1では、クラスメイトの獅子鷹宮健太から「落書き野郎」と、日頃から小馬鹿にされている事を示唆させる呼び方をされたりしていた。
他のメンバーが有名人だった事もあり、彼らがキラメイジャーと知った時は大興奮していたが、eスポーツへの興味は薄いらしく射水為朝だけは知らなかった。
メンバーに対しては、基本的に同じ若手の為朝と瀬奈にはタメ口&呼び捨て(為朝にはくん付け)。年長者の時雨小夜に対しては敬語&さん付けだが、変身すると呼び捨てにする事もある。

彼と幾度か相対し、様々な意味合いで苦汁を嘗めさせられたガルザからは、『考え方が兄と一緒で生理的に受け付けない』ジャメンタルを発現させる程の逆恨み混じりの敵意を抱かれ、エピソード8で宿敵として認識された。

煌き達を引き付けるリーダーの原石

加入が最後且つ最年少にもかかわらず、「レッドキラメイストーン(=魔進ファイヤ)に選ばれた者がリーダーになる」と言うルールの為にリーダーに任命される事になった。任命された当初こそ、自身には出来ないと弱気になっており、その後の戦闘では自分なりにメンバーを仕切ろうとしたり、纏めようと努力するも、他のメンバーが全員年上である事もあってか遠慮し過ぎてしまい、周囲の意見に流されがちになってしまったり、凄まれると及び腰になってしまう等、頼りない一面を見せて為朝や瀬奈から叱責されたり、ショベローから「リーダーとしては為朝の方が相応しい」と評されてしまった事もある。
それでも、瀬奈本人を陸上に出場させて代役ンの方を戦闘に参加させたり、痩せ我慢してる時雨に対し『溜めて最後にカッコつけさせる』事で彼の顔を立てる、あるアクシデントで記憶を失い精神退行した小夜に勇気を出した原点を思い出させて奮起させる等、仲間の良さや、やりたい事を否定せずにそのまま生かすと同時に、新しい一面を引き出していく事に長けており、そうした一面を見たマブシーナや無鈴からは「良いリーダー」と高く評価されている。

そもそも振り返ると、充瑠自身の素質は想像力以外の面でも並み以上の水準で

  • 閃いたイメージを正確かつ、素早く形に出来るデッサン力と速筆
  • 仲間の長所や信念、ポリシー等を見抜く鋭い洞察力に、それを損なわない方法を考え付く思考力と柔軟性
  • 思い付いた閃きを実現するべく発揮する大胆さと度胸に勇気と状況判断能力
等とレッドキラメイストーンことファイヤに見込まれる才能=リーダーの資質の片鱗を何度も見せている。

しかしそれ故に、充瑠本人の自己肯定感が弱く不安定な事や周りへの自己主張が苦手な事が、より難点になっており、エピソード7では仲間4人の過度な特訓に対し、彼らの好意を無碍にはできないと断らずに無理しようとした結果、みるみる間に疲労が蓄積。最終的に戦いの最中で強引に閃きを得ようとするが、それによって遂に心身へ限界が来て戦闘中に気絶してしまった。

しかし、エピソード8ではそれをきっかけにオラディンと夢の世界で対話したことにより、相手に遠慮する事なく自分の思いを素直に伝える事の大切さと、苦労を経た先で良い結果を得た過程の全てを受け入れる寛容さを身に着け、一方的な特訓で充瑠を振り回してしまった事を詫びる4人に対して自身の本当の思いを打ち明けた上で、王様に会えたこと、新しい魔進を作れたことを話す。
更に戦いが終わったあとには今までのやり返しなのか、充瑠は、小夜をモデルに仲間達へお絵描きの特訓を課すのだった。


余談

名字はレッドを連想させる愛知県名古屋市熱田区から。
名前の由来は熱量の単位『ジュール』の元となった物理学者『ジェームズ・プレスコット・ジュール』。

上記の通り、他者から称賛された経験が乏しい、自分を過小評価する傾向が強いと、戦隊レッドでは珍しいキャラクター付けがされているが、見方によっては最も等身大=最も共感し易い人物とも言える。
但し、それ故に少数の視聴者からは、天涯孤独の身なのでは?」と心配されている。

演じる小宮璃央氏は5人の中で唯一の2000年代生まれかつ、本作参加時は17歳と最年少であり、レッドとしては歴代最年少記録を更新(それまではマジレッド/小津魁役の橋本淳氏とルパンレッド/夜野魁利役の伊藤あさひ氏が最年少で共に18歳)。

戦隊レッドが名実共にチーム最年少且つ高校生と言う設定は、上記の魁以来である。

関連動画



関連タグ

魔進戦隊キラメイジャー 戦隊レッド 高校生戦隊
ひらめキーング!:口癖にして彼のキラメンタルその物。

獅子走:メンバーの中で最後に加入したが、レッドがリーダーと言う掟の為半ば強制的にリーダーになった繋がり(それまでのリーダー格がイエローだったのも共通)。

志葉丈瑠:特に共通点は無いが、下の名前の字面と一話のレッドが余る展開にデジャヴを感じたファン多数。また、二番目のメンバーリーダーすげ替えされる案件も発生していた。

常磐ソウゴ:「光ヶ森高等学校」と言うよく似た校名の高校に通う高校生(だった)の主人公(その為か、『エピソードZERO』では「日直:時和 妙高」という小ネタあり)。作中で言及される「王様」との共通点を持つ辺りも同様で(ただしソウゴの場合は当の本人)、彼も思い描いた事を現実にする力を持っている模様

星奈ひかる:昨年度のプリキュアに登場する彼と同じく絵を描く事が好きで類稀なる想像力を持っている主人公。また独特の口癖があるのも特徴。劇場版で共演している。

広野健太:「絵に描いた物が戦力として実装される」という事で連想した人も少なからずいた。こちらは特殊なノートの力が必要。

遠松エイジ:「発想力・創造力のセンスは天才的。」繋がり。「ピッカちーん!ピーラーめいたぁ!」等、独特の口癖があるのも特徴。

天知望画材眼魔:絵を描くのが大好きな東映特撮キャラ繋がり。

浅草みどり:漫画・アニメ・ドラマ『映像研には手を出すな!』の主人公で、類稀な想像力を持ち、絵が得意。そして想像した物に実際に触れる描写がある(妄想だが)。

ラプター283:若干癖がある想像の赴くまま物書きをするのが大好き。こちらも想像を肯定された事で初期メンバー最後の戦士に覚醒している。因みに中身の人はキラメイジャーでキラメイグリーンを演じている。

ラッキー:上のラプターの想像を肯定した人物で、困難に直面しても諦めない超絶ポジティブシンカー。その為目的達成の途中で散々苦労を味わっても、結果オーライならその過程を肯定出来る寛容さも持ち合わせている。またある星の王の息子(王子)でもあり、作中で父の後を継いで新たな王になっている。

アスナ:チームの紅一点だが行動は結構大雑把で、アクシデントを起こしても予想外のミラクルを導いて結果オーライになる事がある。
 
コウ熱田充瑠 → ???

烈車戦隊トッキュウジャー:イマジネーションで戦う戦隊。時期が近ければ仲良くなっていただろう。戦う相手が闇から来る組織と言うのも共通する。

関連記事

親記事

キラメイジャー きらめいじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「熱田充瑠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132665

コメント