ピクシブ百科事典

キラフルゴーアロー

きらふるごーあろー

特撮番組『魔進戦隊キラメイジャー』に登場する強化ウェポン。
目次[非表示]

概要

ヨドンナに敗北した充瑠キラメンタルの想像力で描き出した、攻撃ウェポン兼強化変身用アイテム。アローの名称通り小型アーチェリーの形状をとる。
また意思を持っており、呼び出されると鳥のようにその場へと飛んでくる。

ヨドンナによって強化されたバクダン邪面とハイパーベチャットはあまりに手ごわかったものの、突破口と思われたカナエマストーン:エネルギアの力を使うと爆発的なパワーアップを起こせる代わりに自壊のリスクが発生することが判明。
八方塞がりとなる中、充留はオラディンと嘗て交流があった神主から「矢を射るために必要な弓と、その限界」についてのエピソードを聞いたことで「限界を超えることなく強くなる」という結論に到達。
CARATにとんぼ返りし、マブシーナの涙が変化したブルーダイヤを媒体に、カナエマストーン:エネルギアの力で実体化した。

機能

空中に向けて撃つことで五色の矢をキラメイジャー五人に命中させる事で、スーツの上に更にアーマーを装着し、ゴーキラメイジャーへと強化変身させる。

ただし先述された通り、パワーアップには自爆のリスクがある為、それを抑える為に強化変身には100秒のみの時間制限を持つ。
また、カナエマストーンのエネルギーの都合上なのか、この手のパワーアップには珍しくアイテム自体は一つだけ。
その為、強化変身後は、切り札であるシルバーが取りこぼした邪面師やべチャットの撃破をカバーするという形でフォローに回っており、全員が同時に強化される訳では無く、それにもきちんと意味があると言う、単純な強化アイテムという訳では無い。

グレイトフルフェニックスを運用する際にも用いられ、操縦する際にはゴーキラメイジャーとして機体を操るが、制限時間については不明。

エピソード30にて博多南無鈴によって聖地アタマルドに常駐している魔進オラディンへの通信機能を持つ様に改造された。
エピソード33にてオラディン王の魂を宿すことで、キラフルゴーアロー自体を巨大化させることができるようになった。

余談

武器としてはもちろん射撃武器なのだが、初登場時には射撃のエキスパートである為朝の手に渡ったとたんにヨドンナの妨害を受け、彼のみ使えなかった。

関連タグ

魔進戦隊キラメイジャー  強化フォーム
不死鳥

ヒーリングっどアロー1時間前のプリキュアに登場する弓アイテム繋がり。

関連記事

親記事

ゴーキラメイジャー ごーきらめいじゃー

pixivに投稿された作品 pixivで「キラフルゴーアロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1480

コメント