ピクシブ百科事典

百獣戦隊ガオレンジャー

ひゃくじゅうせんたい

百獣戦隊ガオレンジャーとはスーパー戦隊シリーズの作品であり、劇中に登場するヒーローである。
目次[非表示]

「命ある所、正義の雄叫びあり!百獣戦隊、ガオレンジャー!」

概要

スーパー戦隊シリーズ第25作目の作品で、文字通り百獣をパートナーとしている。
ロゴモチーフには百獣の王であるライオンが使われている。
前作『未来戦隊タイムレンジャー』とは対照的に子供向けを重視した作風になっていて、ほのぼのした描写やコミカルなシーンが多い。
メンバーは名前ではなく変身カラーで呼び合い、最終話のみ個人名で呼んだ。
また、名乗りの際には牙吠(がお)などの文字が、攻撃の際にはなどのエフェクトが飛び出すなどどこか『忍者戦隊カクレンジャー』を思わせる演出が取られている。

和洋折衷で百獣と癒しわびさびの対比が印象的な世界観も特徴で、ナレーションが殆どマスオさん口調なのもこの現れ。まさに五感第六感が研ぎ澄まされる世界観である(各章のボスも、五感がモチーフ)。
鬼の角(尖ったもの)との対比なのか、ガオレンジャーサイドによく『丸い』モチーフが使われている。

21世紀初のスーパー戦隊ということや王道的な内容もあってか、人気はかなり高く、特捜戦隊デカレンジャー/仮面ライダー剣放送中の2005年1月2日にはテレビシリーズ1話と劇場版が正月TVSPとして再放送された。
地方局を除いた地上波で旧作が放送されるのはかなり珍しい事である。このTVSP終盤ではオルグが再び現れ、ガオの戦士もまた現れる事が示唆されている。
また、現在、俳優として人気の高い金子昇玉山鉄二や純烈のリーダーである酒井一圭などの有名人が出演していた事も人気を後押ししているのだろう。この作品のファンを公言している有名人には西川貴教藤井隆がおり、西川兄貴は後に仮面ライダーゼロワンのOPに参加している。

また、主に東京で活躍する歴代戦隊と比べて登場する場所の範囲が広く、東京は勿論、それ以外の関東圏や、ギャグ回では佐渡島にまで出動した。

このほか、モーニング娘。の曲が使用された(或いは、ロケで使われた場所のBGMで使われていた)エピソードが3回もある(派生ユニットである「タンポポ」も含めると4回になる)。

上述の人気具合から続編企画を打診されたこともあったようだが、新規層を取り込めないと判断したのか、続編は作られずじまいとなっている。仮面ライダーウルトラマンには第2シーズンがある作品が存在しているのにも関わらず、戦隊に第2シーズンが存在しないのもこうした理由からである(後に海外で直系の続編が作られた作品も登場するが)。

あらすじ

21世紀を迎えた地球。
度重なる環境破壊や人身荒廃により蓄積された邪悪な意志の集合体が地球を蝕む『鬼』オルグとなって実体化し、暴れ始めた。大地の精霊パワーアニマルの導きにより選ばれた五人の若者たちは、ネオ・シャーマンの戦士となり『百獣戦隊ガオレンジャー』を結成。
自らの名と過去を捨て、オルグを滅する戦いへと果敢に身を投じていく。

登場人物

ガオレンジャー

獅子走/ガオレッド
ガオライオンに選ばれた獣医。
ガオゴリラ、ガオファルコンの宝珠を持つ。
鷲尾岳/ガオイエロー
ガオイーグルに選ばれたパイロット。
ガオベアー、ガオポーラーの宝珠を持つ。
鮫津海/ガオブルー
ガオシャークに選ばれたフリーター。
ガオジュラフの宝珠を持つ。
牛込草太郎/ガオブラック
ガオバイソンに選ばれた元力士。
ガオマジロ、ガオライノスの宝珠を持つ。
大河冴/ガオホワイト
ガオタイガーに選ばれたJKで紅一点。
ガオエレファント、ガオディアスの宝珠を持つ。
大神月麿/ガオシルバー
千年前シロガネという名でオルグと戦っていたが、狼鬼の面を被ったことで仲間により千年間封印され続ける。ウラにより封印が解かれ、デュークオルグ「狼鬼」として立ちはだかるも、激闘の末、呪縛から解放された。ガオウルフ、ガオリゲーター、ガオハンマーヘッドの宝珠を持つ。
設定上年齢は1062歳実質最年長になる。


オルグ

シュテン
最初に登場したハイネスデューク。体中にが無数についている赤鬼。名前の由来は酒呑童子

ウラ
2番目に登場したハイネスデューク。のような体をしている緑鬼。狼鬼を復活させた。名前の由来は桃太郎の話に出てくる鬼のモデルになった鬼・温羅

ラセツ
3番目に登場したハイネスデューク。巨大なを持つ青鬼。頭部と胴部に二つの人格を持っており、頭部の口は女声、胴部の口は男声で喋る。名前の由来は羅刹

センキ
ツエツエが巨大オルグシードに倒された3人のハイネスデュークの亡骸を融合して生まれた、至高にして究極のハイネス・唯一絶対のオルグの王。この作品のラスボス

ツエツエ
女性デュークオルグ。
オルグ魔人を巨大化させる。
ご存知の通りガオホワイトと
よく「オバサン」「小娘」と粘り合いながら交戦する。

ヤバイバ
デュークオルグで、ピエロの様な容姿をしている。劇中では度々ガオイエローと交戦する。

狼鬼
千年前の月麿が狼鬼の面をつけて成り果てた姿。ウラが復活させた。

オルグ魔人
器物に邪気が宿って具現化する邪悪な鬼達。

オルゲット兵
オルグの戦闘員を担当する下級鬼。1000年前は赤かったが現代では青い。

デュークオルグ

何処に在りや?



ガオレンジャーの支援者

テトム
ガオの巫女でパワーアニマルたちの意思を伝える、本作の司令官的存在。
また、ガオの巫女故に自然のエネルギーを操れるのか、テレビのプラグを掴む事でテレビの電源を付けていた。
設定上年齢は1022歳とガオシルバーに次ぐ年長者になる。


パワーアニマル
地球の生命力そのものが、地球上のさまざまな物質や元素を吸収し地上の動物の姿を取って実体化した大自然の精霊。鉄などの金属系の元素を多数取り込んだため金属質な体表となっている。コックピットは存在しない。その生命エネルギー・ガオソウルをビーム状に放つ技「アニマルハート」は全パワーアニマル共通の技だが、これは彼らの体力を著しく消耗させる。

音楽

主題歌

  • ガオレンジャー吼えろ!!(OPテーマ)

作詞:桑原永江/作曲・編曲:中川幸太郎/歌:山形ユキオ/コーラス:高尾直樹・佐々木久美・斉藤妙子

  • ヒーリン'ユー(EDテーマ)
作詞:桑原永江/作曲・編曲:奥慶一/歌:Salia

  • ガオレンジャー吼えろ!!オールキャスト・スペシャル・ヴァージョン(劇場版主題歌)
作詞:桑原永江/作曲・編曲:中川幸太郎/歌:ガオレンジャー&山形ユキオ

  • 大空への階段(最終回ED)
作詞:洲崎千恵子/作曲・編曲:亀山耕一郎/歌:ガオレンジャー(金子・堀江・柴木・酒井・竹内)/コーラス:佐々木久美・斉藤妙子

挿入歌

作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:中川幸太郎 / 歌:水木一郎 / コーラス:石原慎一・佐々木久美
劇中ではアレンジBGM「百獣合体!」も使用された。

  • Dynamic Soul!!(ガオレンジャー戦闘テーマ)
作詞:吉野麻希/作曲・編曲:中川幸太郎/歌:影山ヒロノブ/コーラス:佐々木久美

  • white light 〜ガオホワイト 冴のテーマ〜(ガオホワイトテーマソング)
作詞:桑原永江/作曲・編曲:亀山耕一郎/歌:堀江美都子/コーラス:高尾直樹・佐々木久美・斉藤妙子

  • サンバ de ガオレン
作詞:八手三郎/作曲・編曲:中川幸太郎/歌:水木一郎 with ガオレンジャーズ(金子、堀江、柴木、酒井、竹内)

作詞:吉野麻希 / 作曲・編曲:中川幸太郎 / 歌:ツエツエ(斉藤レイ)

作詞:桑原永江/作曲・編曲:中川幸太郎/歌:山形ユキオ

作詞:磯谷佳江 / 作曲・編曲:中川幸太郎 / 歌:串田アキラ

作詞:磯谷佳江/作曲:柘植由秀/編曲:掛橋誠一/歌:テトム(岳美)

作詞:相澤玲摩/作曲・編曲:中川幸太郎/歌:今井清隆

  • その翼で…
作詞:吉野麻希 / 作曲・編曲:中川幸太郎 / 歌:山形ユキオ / コーラス:広谷順子

  • 絆 〜Spirit of Gao Ranger〜
作詞:磯谷佳江 / 作曲・編曲:中川幸太郎 / 歌:Salia・山形ユキオ / コーラス:佐々木久美・高尾直樹

作詞:加藤清美/作曲・編曲:中川幸太郎/歌:MoJo


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 動物
オルグ  丸いもの 出汁巻き卵
星獣戦隊ギンガマン:同じく獣戦隊。別番組の存在から没になったが、名称案の一つが実は「ガオレンジャー」だったとか。

未来戦隊タイムレンジャー→ 本作 →忍風戦隊ハリケンジャー

ニチアサ同期:仮面ライダーアギト(30分後)、も~っと!おジャ魔女どれみ(1時間後)

電撃アイドル戦隊ガオレンジャー
知る人ぞ知る、先代ガオレンジャー。
電撃コミックガオ!で連載されたため、ガオレンジャーの名を冠したのも自然の流れと思われる。

海賊戦隊ゴーカイジャー:第9話で獅子走とガオライオンが登場。走は獣医に、ガオライオンは『大いなる力』となってゴーカイジャーと戦う。

ヒーリングっど♥プリキュア:癒しと動物繋がりのプリキュア作品。

主なゲスト出演者
寺門仁美 山形ユキオ:主題歌を担当した他、第6話で顔出し、劇場版でオルグ役として2回出演。 
八武﨑碧

関連記事

親記事

動物スーパー戦隊 どうぶつすーぱーせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「百獣戦隊ガオレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 761013

コメント