ピクシブ百科事典

ツエツエ

つえつえ

ツエツエとは、『百獣戦隊ガオレンジャー』のキャラクター(画像左)。
目次[非表示]

「いつかはオバサンなんて言ってくれたわね…許さん、小娘!!」

演:斉藤レイ

概要


ツエツエとは、『百獣戦隊ガオレンジャー』のキャラクター。
21世紀初の顔出し女幹部でもある。

ヤバイバと共にハイネスデュークサポートしている女性デュークオルグでオルグの幹部。
ガオレンジャーを倒しうる高い能力とは裏腹に、何をやってもうまくいかず失敗ばかりという苦労人であり、ヤバイバとの夫婦漫才のようなやりとりで視聴者を和ませている。
人間の世界を乱す存在ではあるが、なんだかんだで人間界を楽しんでいる節があり、例えば人間用の上司に好かれる為のコツを記した指南書を読んで大真面目に実践しようとしてみるといった一コマも。

また、容姿が人間に近い関係上、変装も得意(『杖野杖子』というバスガイドに変装したこともある)。お化け屋敷のピエロ、ダンサーなど昭和の女戦士以上の変装を披露しているが、オルグである関係上、角はそのままである事が多く、帽子などで隠している事が多い。
しかし、一応は角のない姿にも変装する事が出来るようで、例えば売店のおばちゃんやセクシーな水着姿に変装している。この他、ガオシルバー/大神月麿に化けてテトムを欺いたこともあった。

戦闘では、ガオホワイトこと大河冴と「小娘」「オバサン」と粘り合うことが多い。

一度ラセツとドロドロの陰謀の煽りを受けて命を落とし、鬼地獄に堕ちたが、ヤバイバによって復活、さらに同時にこれまで倒されたハイネス3体も蘇ると、何故か彼女がその功績を讃えられてオルグの巫女に認められ、彼らからも一目置かれる扱いを受けるようになった。

最終的にはヤバイバと共に生死不明となったが『忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー』で生存が判明。ガオレンジャーにリベンジを図ったが、最終的には敗れて死亡し、ここにオルグは完全に滅びることになる。その後、『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』では1人で復活を果たす(登場の際に「ヤバイバ?」と呼び掛けていた)。

オニヒメ

ウラがガオシルバーに倒れたと思われていた頃に現れた女のハイネス。
その正体はウラの宝石の力で、一時的にハイネスと化していたツエツエ。
モチーフは爪。

だが、すぐにウラが復活したため、彼女がこの形態でいる期間は短かった。

余談

演じた斉藤レイ氏は、戦隊の顔出し女性幹部の中では35歳と例年よりかなり年上になってからの出演であり、上記の通り16歳のガオホワイトにオバサン呼ばわりされるという酷い仕打ちを受けた
なお年齢の割に、喋り方は若かったりする。鬼はーうちー、福はーそとー♪

「ガオレンジャー」と同じ年に放送された「タイムショック21」ではガオレンジャーチームの一員として出演。ヤバイバ応援のもとクイズに挑戦し好成績を収めた。

ちなみに斉藤氏は1994年から1998年まで、現在のニチアサ枠に相当する「美少女戦士セーラームーン」のミュージカル版でツエツエと同じ杖使いである冥王せつなセーラープルートを演じており、キャラクター像としてもオバサンと気にしている、上司に恵まれている代わりに恋愛が報われないというツエツエとは対極的な正義の味方になっていた。
1999年のセラミュの公演にはテトム役の岳美氏もセーラーギャラクシアとして出演しており、「ガオレンジャー」当時はセーラー戦士対決と話題にされた。

関連イラスト

ヤバイバとツエツエ



関連タグ

ヤバイバ ハイネスデューク 節分

シェリンダ:戦隊メンバーに何かと傷つけられた女幹部繋がり。

関連記事

親記事

デュークオルグ でゅーくおるぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ツエツエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2628

コメント