ピクシブ百科事典

ドロドロ(百獣戦隊ガオレンジャー)

がおれんじゃーのどろどろ

ここでは『百獣戦隊ガオレンジャー』に登場するラセツの配下のデュークオルグたるドロドロについて記述する。
目次[非表示]

「如何にも。拙者、デュークオルグ・ドロドロ」
CV:増谷康紀

概要

ラセツの腹心となるデュークオルグ。本編最後に登場したデュークオルグであり、オルグ忍法を得意とするオルグ忍者である。
外見も忍者らしく黒い忍装束に身を包んだ外見をしており、顔は手裏剣其の物で中央に目がある。

戦闘では刀や大筒を武器に戦い、ガオレンジャーに酷似した「影レンジャー」を生み出す「影分身」の術や「死霊オルグ」を召喚する「死霊傀儡」巨大化した自身の幻を投影する「巨大変化」、そして生涯に1度しか使えない奥義である「鬼霊界封じ」等のオルグ忍法を劇中では披露した。

性格も目的の為には手段を選ばず、仲間を犠牲にする事も厭わない卑劣漢である。

活躍

テトムを拉致すべく、装束を纏ったヤバイバ達と共にガオズロックへ侵入するが、ツエツエの不注意で気付かれ失敗。

その後、ツエツエを騙して彼女の角を切り落とし、邪気を消す作戦を実行する。
「オルグ忍法・死霊傀儡」で生み出したツリガネオルグタイヤオルグ時計オルグ魔笛オルグ猛獣使いオルグの5体の幻影オルグ軍団を嗾けてガオレンジャーの注意を引き付け、自身は身を隠していたが、シルバーに発見され逃走した。

テトムの拉致に成功すると、「オルグ忍法・巨大変化」によって巨大化。
巨大戦ではガオイカロスの究極天技・イカロスダイナマイトを物ともせず圧倒するが、実は巨大な幻影を密かに操っていただけに過ぎず、シルバーに再び発見されて撤退した。

その後、テトムを取り戻そうとするガオレンジャーに「オルグ忍法奥義・影分身」で生み出した影レンジャーを差し向ける。
6人が自身の偽者と戦っている間、ヤバイバの失態でテトムの料理を食べ損なったラセツにヤバイバの処刑を命じられた為、彼の影を実体化させようとするが、ウラの遺品の鏡で術を反射されて失敗。

そこで誕生した自身の影にレッドのファルコンサモナーの射撃が命中し、本体の自身も同様に喰らって敗北。今わの際にレッドを「見事だ…」と称えた。

直後に汚名返上を図るヤバイバの放ったオルグシードによって再生巨大化
巨大戦では生涯に一度しか使用できない「オルグ忍法究極奥義・鬼霊界封じ」でガオレンジャーを鬼霊界に閉じ込め、幻影オルグ軍団にガオレンジャーを襲わせるが、次元を超えて駆け付けたガオケンタウロスに軍団を一掃される。

自身もガオケンタウロスに刀で立ち向かうも圧倒され、そのまま止めの究極奥義・獣王の舞を喰らい「無念…!」と言い遺して爆散。それと同時にガオレンジャーも人間界に戻った。

余談

モチーフは忍者

今回の一件にて角を切り落とした事が原因で、ツエツエはテトムとの戦闘の末に著しく衰弱。さらにラセツによって破邪百獣剣の盾にされ、一度は命を散らす事となる。なお、ドロドロを再生巨大化させた功績によってかヤバイバは結果的に粛清を免れており、終盤までしぶとく立ち回ることとなる。

声を演じる増谷氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となった。次の出演は7年後の『獣拳戦隊ゲキレンジャーvsボウケンジャー』のパチャカマック12世役である。

関連タグ

百獣戦隊ガオレンジャー オルグ(百獣戦隊ガオレンジャー) デュークオルグ
忍者

ドロドロ(カクレンジャー):『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した同名の戦闘員
ブロッケン妖怪のセマッタ霊:『天装戦隊ゴセイジャー』に登場する怪人で、同じく巨大化した自身の幻や過去に倒された怪人の幻影を嗾けている。

コピーオルグチュウボウズ:同じく、ガオレンジャーの悪の戦隊を生み出した怪人たち。

関連記事

親記事

デュークオルグ でゅーくおるぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドロドロ(百獣戦隊ガオレンジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75

コメント