ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

護星天使……


それは、地球とすべての命を守ることを使命として生きる者たち。


強き力と清き心を持つ彼らは、遥か昔より人知れず邪悪な存在と戦ってきた……!


地球(ほし)を護るは天使の使命! 天装戦隊! ゴセイジャー!!


概要

2010年2月から放送されたスーパー戦隊シリーズ35周年記念作品。本作のモチーフ天使

その為、メンバーの五人はみな護星天使と呼ばれる特殊な種族であると設定されている。

また、仮面ライダーシリーズなどで好評を博したカードによる戦闘システムを、初採用した戦隊でもある。


物語構成は地球を襲う悪しき魂ゴセイジャーの攻防が主軸に置かれたシンプルなもの。

戦いを通し護星天使たちの成長や居候先の少年・望との交流、人間として生きる素晴らしさなどが描き出されている。一方で「力とは何か、何のために使うべきか」が通年のテーマとして潜められていた節があり、故か中盤を中心に人間の暗部(他者や地球を害する人の力)に触れることもあった。

また、通常熱血役や頼れるリーダー役を務める事が多い赤い戦士であるが、本作のゴセイレッド/アラタは飄々とした中に熱情を秘めるという、これまでにないキャラクターになっている。


その為か、本作は地球の存亡を懸けた戦いの中でも全体的にほのぼのとした雰囲気漂う異色の作品となった。非常にシリアスな展開が続いた前作『侍戦隊シンケンジャー』とは対照的である。


また、物語が進むにつれて敵組織が何度も交代するのも大きな特徴である。


尚、『電撃戦隊チェンジマン』より戦隊シリーズの監督を多く務めた長石多可男氏にとって生前最後の監督作品となった。


評価

序盤からの展開がスロースターター気味だった事と、上記した地球の存亡をかけた戦いを序盤から展開しつつも妙にほのぼのした緊張感の無い雰囲気で、それでいて特に序盤は割とメンバー同士がギスギスした空気になる事も多いその独特な作風から、当初からかなり賛否が分かれていた作品である。

加えて、主人公のレッドを初めとした独特なキャラクターとぶっちゃけかなり詰めの甘い文芸や脚本、全体的なテンポの悪さと盛り上がりの低さから、評価はあまり芳しくなかった。

さらにの戦隊作品や、同時期の仮面ライダー作品が非常に高い評価を得て、現在でも根強いファンを有する作品ばかりだった事も低評価に拍車をかけている(これに関しては2年後の『特命戦隊ゴーバスターズ』も同様である)。


キャラクター面については、ゴセイナイトブレドランは非常に高い人気を得たのだが、一方で特にゴセイナイトが人気を獲得し過ぎて、肝心のメインメンバー5人が食われてしまうという事態が発生。実際にアーツ化等のグッズ展開でも仮にも追加戦士であるゴセイナイトばかりが優遇されており、ゴセイナイトのソフビ等のグッズは入手困難なレベルなのに、メインの5人のグッズは投げ売りされるなどはっきりと明暗を付けられてしまっている。

最終的な各種売り上げも、玩具面で前述した通りライダーで人気だったカードを採用したシステムだったにもかかわらず92億と前作から落として100億のラインを切ってしまっていた(それでも後の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』以降の作品と比べればまだマシな方ではあるが)。


しかし、現在では主にその後の客演作品が評価された事や、上記の妙にほのぼのした幼い作風やのんびりおっとりした登場人物達を「癒される」「好きだ」という人や、具体的な内容面でも「深掘りや考察の余地も多い」など前向きな見方が増えてきた事、さらには千葉雄大が出演していたという話題性から再評価されてきている。これによってメインメンバー5人のファンも着実に増えてきている。

また、乃木坂46井上小百合が好きな男性のタイプとして、ゴセイナイトを挙げていた事でも一時話題となった。ここでもやっぱりゴセイナイトだとか言ってはいけない。


物語

太古の昔から天上の世界『護星界』に住み、地上を見守ってきた種族『護星天使』。

ところが、地球に侵攻した『宇宙虐滅集団ウォースター』の攻撃により護星界と地上を結ぶ『天の塔』が破壊されてしまう。

護星界との連絡を絶たれた地上に残されたアラタたち五人の見習い天使は、『天装戦隊ゴセイジャー』を結成しウォースター、そしてそれに続く悪しき魂たちに立ち向かっていく。


登場キャラクター

護星天使とその協力者たち

アラタ♥ゴセイレッド

演:千葉雄大

天空を司る種族≪スカイック族≫の青年。

「とにかく、やってみる」が口癖の明るく前向きな戦士で、どんな困難にも負けない強い心を持っている。


息吹の天使天装!!奇跡の息吹ゴセイピンク!!地球の涙を守護!祈りよ届け!!

演:さとう里香

≪スカイック族≫の女性で、アラタの幼馴染

「なんとかなるなる」が口癖の脳天気な性格で、気まぐれな行動で周囲を翻弄することもしばしば。


Gロッソサインゴセイブラック

演:浜尾京介

大地を司る≪ランディック族≫の青年で、ゴセイジャーで一番の力持ち。

やや直情径行型の性格だが努力家で、常に自分を鍛えることを怠らない。


ゴセイイエローさんゴセイイエロー

演:にわみきほ

≪ランディック族≫の少女で、アグリの

負けん気が強くて猪突猛進、プライドが高い仕切りたがり(通称ダンドリスキー)。


ゴセイブルーゴセイブルー

演:小野健斗

大海を司る≪シーイック族≫の男性。

冷静沈着かつ生真面目という典型的なシーイック族の性格をしているが、融通が利かないところもあり、とんでもないボケをかますこともある。


ゴセイナイト

声:小西克幸

ウォースター亡き後に出現した地球犠獄集団・幽魔獣の前に敢然と立ち塞がる謎の戦士。

その正体はかつて1万年前のゴセイジャーと共に幽魔獣と戦いこれを封印、氷の下で眠りながら地球のゴセイパワーを浴びて超進化した最強のヘッダー・グランディオンヘッダーである。


声:宮田幸季

マスターヘッドが地上に密かに送り込んでいたサポートロボット。


声:沢木郁也

護星界の指導者で、本作の司令官ポジション。データスやテンソウダーなどを通じてメッセージを送ってくる。


人間たち

演:中村咲哉

ある日アラタが出会った小学生。護星天使の存在を知る唯一の人間。

何事も諦めがちな冷めた性格だったが、護星天使との交流を通し自分を信じて進むことを学んでいく。


演:山田ルイ53世髭男爵

望の父親で、星空をこよなく愛するアマチュア天文学者。

「素晴らしき星空の会」「素晴らしき大喜利の会」などに所属し、日々研究に励んでいる。


  • 天知裕子

単身赴任中の望の母親。「裕子さん」の愛称で親しまれ、天知家に多くの伝説を残す。

劇中には電話越しの声のみが登場し、その姿は最後まで謎のままだった。


呼称表

が\にアラタエリアグリモネハイドゴセイナイトデータス天知博士
アラタエリアグリモネハイドゴセイナイトデータス天知博士
エリアラタアグリモネハイドゴセイナイトデータス天知博士
アグリアラタエリモネハイドゴセイナイトデータス天知博士
モネアラタエリお兄ちゃんあたしハイドゴセイナイトデータス天知博士
ハイドアラタエリアグリモネゴセイナイトデータス天知博士
ゴセイナイトゴセイレッドゴセイピンクゴセイブラックゴセイイエローゴセイブルーデータス天知博士
データスアラタさんエリさんアグリさんモネさんハイドさんゴセイナイトさん僕(データスハイパー時は俺)望くん天知博士
アラタエリアグリモネハイドゴセイナイトデータスお父さん
天知博士アラタ君エリさんアグリ君モネさんハイド君ゴセイナイトデータス

悪しき魂

己の欲望のために力を行使し、他者を傷つけ害する者たちの総称。ゴセイジャーは彼らの魔手から地球の平和を護るべく戦い続けた。

また、各組織を正体不明の策士・ブレドランが渡り歩いていた。

敵組織の内部構造の大幅変化は戦隊ではお馴染み、改名や複数組織の登場も前例はあった。しかしゴセイジャーでは敵組織自体一つ滅ぶ度に前の敵とは出自&目的の全く異なる存在が現れ新たな敵として立ち塞がるという戦隊では初の(ほぼ)完全なる敵組織交代制が採られ、ストーリー進行に伴うそれと共にゴセイジャーが戦う理由も少しづつ変化していった。


出自が徐々にゴセイジャー達に近しくなり、またゴセイジャー達のゴセイパワーを逆手に利用する展開も何度か発生するなど、正義と悪の差が力を行使する目的に絞られていくのも特徴。


宇宙虐滅集団 ウォースター

惑星のモンス・ドレイクを首領とした地球侵略を目論む宇宙人軍団。

幹部は流星のデレプタ彗星のブレドラン

劇中唯一の外敵で、主に破壊と蹂躙のために力を行使する。ゴセイジャーは地球在来種を守る為に戦った。

地球犠獄集団 幽魔獣

長い封印から復活を果たした奇怪生命体群。

構成員はブロブの膜インビッグフットの筋グゴン、そして、チュパカブラの武レドラン

戦いの本質は在来種同士の生存競争であり、主にテラフォーミング(と精神面での人間嬲り)のために力を行使する。ゴセイジャーは地球環境を守る為に戦った。

機械禦鏖帝国 マトリンティス

首領の10サイのロボゴーグが築く、機械による人類支配を掲げるロボット帝国。

幹部は、エージェントのメタルAサイボーグのブレドRUN

人外ではあるものの、劇中唯一の人類由来の敵で、人類の殲滅ではなく主に支配(と自己顕示,ある種の鬱憤晴らし)のために力を行使する。ゴセイジャーはヒトの自由と平等の為に戦った。

地球救星計画

ブレドランの正体である救星主のブラジラが行おうとする、地球破壊と新世界創造を目標とした計画。

ブラジラとの戦いが始まる!

ゴセイジャーの(元)同族で、地球の為の正義を自称。

現地球の破壊己が望む世界への作り直し、そしてその新世界の頂点に立とうとするために三組織で得た力を己の本来の力と合わせて行使する。

ゴセイジャーは全ての命を守る為に戦い、その果てに自分達の力の理由を見つけた。


用語

護星天使

遥か昔に、地球人の一部で特殊能力を持った者達が異世界「護星界」に移り住み、その中で鍛錬を積み地球を守る任務を負った者のことを指す。つまり地球人の亜種のような存在である。姿は地球人とそっくりで食べるものも同じ。最終回以降は羽根を背中から出して飛んでいる(着地後など使わない時は消えている)。

混乱を避けるためにゴセイジャーは戦闘のたびに地上の人々から自分達に関する記憶を消去している。


ゴセイカード

護星界の住人のパワー、ゴセイパワーを刻んだカード。

比較的近年できたもののようで、ゴセイパワーを精度よく使えるようにするアイテム。


各話リスト

話数のカウントは「epic○」で統一されている。

話数サブタイトル悪しき魂放送日程
1護星天使、降臨塊のミゾーグ2010年2月14日
2ファンタスティック・ゴセイジャーUFOのザルワック2月21日
3ランディックパワー、分裂氷雪のユウゼイクス2月28日
4響け、天使の歌ミューズィックのマズアータ3月7日
5マジカル・ハイド流感のウチュセルゾー3月14日
6ブレイクアウト・ゴセイジャー韋駄天のヒドウ3月21日
7大地を護れ!研究のアバウタ3月28日
8ゴセイパワー、暴走出鱈目のファンダホー4月4日
9ガッチャ☆ゴセイガールズ女王蜂のイリアン4月11日
10ハイドの相棒5000℃のクラスニーゴ4月18日
11スパーク・ランディックパワー電撃のヨークババンガー4月25日
12ミラクル・ゴセイヘッダー大集合流星のデレプタ5月2日
13走れ!ミスティックランナー変わり種のパワードダーク5月9日
14最強タッグ誕生!衛星のターゲイト5月16日
15カウントダウン! 地球の命惑星のモンス・ドレイク彗星のブレドラン5月23日
16ダイナミックアラタ流星のデレプタ5月30日
17新たな敵!幽魔獣ツチノコのト稀ヅ6月6日
18地球を浄める宿命の騎士ミイラのゼイ腐6月13日
19ゴセイナイトは許さない河童のギエム郎6月20日
20フォーリンラブ・ゴセイジャーケサランパサランのペサラン挫6月27日
21エレガント・エリグレムリンのワライコ僧7月4日
22オーバー・ザ・レインボーネッシーのウオボ渦7月18日
23燃えろ!ゴセイジャースカイフィッシュのザイ粉7月25日
24ミラクルアタック・ゴセイジャーブロッケン妖怪のセマッタ霊8月1日
25ノスタルジック・モネ妖精のサラワレテ居8月8日
26護星天使、爆笑!天狗のヒッ斗8月15日
27目覚めろ、アグリ!人魚のジョ言8月22日
28おとうさんの宝物遮光器土偶のピカリ眼8月29日
29ゴセイジャーを封印せよ!チュパカブラの武レドラン9月5日
30ロマンティック・エリ獏のエルムガイ夢9月12日
31ネバーギブアップ!ゴセイジャーブロブの膜イン9月19日
32究極の奇跡を起こせ!ビッグフットの筋グゴン9月26日
33恐怖のマトリンティス帝国シールドのザンKT10月3日
34ゴセイナイト・ジャスティスシュートのザンKT210月10日
35パーフェクトリーダーを探せ!マッハのズテルS10月17日
36走れ、アグリ!スキャンのバザルソLJ10月24日
37エキサイト・モネバイタルのアドボルテG10月31日
38アリスVSゴセイナイトエージェントのメタルA11月7日
39エピック・ゼロタイマーのバクトフージER11月14日
40ストロング・アラタ11月21日
41爆発!仲間の絆ニュートラルのアインI11月28日
42情熱的ハイドイミテイションのサロゲDT12月5日
43帝国総攻撃ショートのザンKT310サイのロボゴーグ12月12日
44究極の最終決戦10サイのロボゴーグ、エージェントのメタルA12月19日
45救星主、誕生サイボーグのブレドRUN12月26日
46狙われたゴセイナイトオルトウロスヘッダーのナモノ・ガタリ2011年1月9日
47地球救星計画の罠ユニベロスヘッダーのバリ・ボル・ダラヒドラパーンヘッダーのロー・オ・ザー・リグランディオンヘッダーのダーク・ゴセイナイト1月16日
48闘うゴセイパワーヒドラパーンヘッダーのロー・オ・ザー・リ、グランディオンヘッダーのダーク・ゴセイナイト1月23日
49未来への闘い救星主のブラジラ1月30日
50地球を護るは天使の使命2月6日

主なゲスト出演者

沖佳苗(第5話・アナウンサー役)

伊藤陽佑 (第10話・マジス役)

さかなクン (第10話)

小川輝晃 (第19話)

広瀬仁美 (第19話)

いとうまい子 (25話・モネの母親役)

馬場徹 (第36話)


音楽

主題歌

作詩:吉元由美/作曲:YOFFY/編曲:Project.R(籠島裕昌)/歌:NoB (Project.R)

OPテーマ。


作詩:藤林聖子/作曲:岩崎貴文/編曲:Project.R(大石憲一郎)/歌:高橋秀幸 (Project.R)、ヤング・フレッシュ

EDテーマ。「TYPE 2 REMIX」(リミックス版)、「護星天使ヴァージョン」(メインキャスト歌唱版)など様々なバージョンが存在する。


作詞・作曲:NoB/編曲:河野陽吾/歌:MAKE-UP

劇場版主題歌。


挿入歌

  • 降臨!ゴセイグレート

作詞:八手三郎/作曲、編曲:三宅一徳/歌:NoB(Project.R)


  • 闘え!そして糧を得よ!

作詞:八手三郎/作曲:高取ヒデアキ/編曲:Project.R(高木洋)/歌:高取ヒデアキ(Project.R)


  • ☆Fight☆

作詞:マイクスギヤマ/作曲、編曲:岩崎貴文/歌:五條真由美 (Project.R)


  • 撃て!その殻を打ち破れ!

作詞:八手三郎/作曲:谷本貴義/編曲:Project.R(大石憲一郎)/歌:谷本貴義 (Project.R)


  • データスハイパー 天使と共に

作詞:藤林聖子/作曲、編曲:渡辺宙明/歌:MoJo


  • フェスティバル

作詞:八手三郎/作曲、編曲:池毅/歌:串田アキラ


  • ゴセイナイトは許さない

作詞:八手三郎/作曲:三宅一徳/編曲:Project.R/歌:宮内タカユキ


  • ドラスティック・グランディオン

作詞:八手三郎/作曲:菊池俊輔/編曲:亀山耕一郎/歌:水木一郎


  • スーパーゴセイジャー

作詞:YOFFY / 作曲、編曲:IMAJO/編曲:Project.R(大石憲一郎)/歌:サイキックラバー(Project.R)


  • 夢 Dream

作詞:八手三郎/作曲・演奏:IMAJO/歌:和田慎太郎


  • ゴセイアルティメット〜希望の樹の華

作詞:八手三郎/作曲:NoB/編曲:Project.R(籠島裕昌)/歌:NoB (Project.R)


  • Over The Rainbow

作詞:八手三郎/作曲:鈴木盛広/編曲:Project.R/歌:ゴセイジャー(千葉雄大、さとう里香、浜尾京介、にわみきほ、小野健斗)


関連映像作品

スーパー戦隊VSシリーズ劇場

epic.15(ウォースター壊滅回)からepic.45(年末総集編&ブレドランが正体を現す回)の放送回にかけて、本放送の1時間前である日曜朝6:30~7:00に関東ローカル圏で放送されていたTV番組。

ゴセイジャーの5人をナビゲーターに、『超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー』から獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャーまでの劇場未公開であった戦隊VSシリーズ作品OVAを2~3回に分けて再編集して流していた。

ナビゲーションのパートでは歴代衣装のコスプレや、1時間後の本編に関する話題などの茶番劇が繰り広げられる。Vシネマ宣伝のために前作の提灯が乱入したことも。

なおepic.24と43の放送日は前者が夏映画、後者が仮面ライダー映画の特番のためVS劇場は放送休止となっている。

劇場版

2010年8月7日公開。本作の単独作品。


2011年1月22日公開。本作と前作『侍戦隊シンケンジャー』のクロスオーバー作品。


2011年6月11日公開。本作と次作『海賊戦隊ゴーカイジャー』をメインとしたスーパー戦隊35作記念作品。


Vシネマ

2011年6月発売。本作の最終回からレジェンド大戦までの間の出来事として描かれている。


余談

次作アニバーサリー作品になること自体は当初から決まっていたのか、その前座と言わんばかりにこれまでの歴代戦隊のセルフオマージュとおぼしき部分がとりわけ散見されることが一部視聴者から指摘されている。

ただあくまで

といった表層的な細かい要素においてであり、本作にオリジナリティが無いという意味では勿論ない。

また、ネットに流出していた「初期設定稿」とされる画像やEpic10のゴセイグリーンの存在から、当初は赤青緑黄桃の王道カラーになる予定だったのではとの噂もあった。(その場合、ゴセイブラックがゴセイグリーンになり、ランディックのゴセイスネークは緑になったかも知れない。)


エンジェルロードとのコラボ

2023/08/25に47戦隊47都道府県の影響か香川県のエンジェルロードとのコラボが発表された。

「天装戦隊ゴセイジャー」が香川県小豆島のエンジェルロードとコラボ!


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ

ゴセイジャー


侍戦隊シンケンジャー→本作→海賊戦隊ゴーカイジャー

関連記事

親記事

21世紀平成戦隊 にじゅういっせいきへいせいせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2256686

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました