ピクシブ百科事典

真島吾朗

まじまごろう

真島吾朗とは、SEGA発売のゲーム『龍が如く』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

身長:186cm
体重:80kg
生年月日:1964年5月14日
血液型:AB型
背中の刺青:般若と白蛇

CV:宇垣秀成 劇場版キャスト:岸谷五朗 吹き替え:マーク・ハミル

概要

SEGAより発売されているゲーム「龍が如く」シリーズの登場人物及び主人公。

関東最大の暴力団組織「東城会」の二次団体である「真島組」の組長。若き日には嶋野太率いる「嶋野組」に属し、その中で武闘派極道として高い評価を得ており「嶋野の狂犬」の異名で呼ばれていた。その異名は語り継がれ、現在も東城会一の武闘派極道として恐れられている。

非常に破天荒かつ男気溢れた性格の持ち主でユーザーからの人気も高く、第一作目『龍が如く』で初登場して以降、外伝含む多くの作品に登場している。

人物像

人物

蛇柄のジャケットとテクノカットと左目の眼帯がトレードマーク。独特の訛りの関西弁を喋る(「龍が如く4」での回想シーンの描写では標準語で喋る面もあった為、恐らく我流と思われる)。背中には般若、両肩には白蛇の刺青が施されている。本来、般若は嫉妬や憎悪といったネガティブ性の、白蛇は神の使いなど神聖なイメージの象徴だが、こうした相反する象徴物が混合され描かれることで彼の「クレイジーさ」を強調している。

非常にユーモラスで破天荒な性格の持ち主で、組織内外では良くも悪くも強烈な存在感を示している。部下である真島組の構成員たちも彼の読めない言動には振り回され、ときには理不尽な暴力を見舞うこともあり畏敬の念を抱かれている。一方、嘘が嫌いで正直者を好きだと公言し、女子供を気遣う一面もあるなど、狂気的ではあっても下種ではなく、時には極道としての侠気をみせる場面も。また陰謀入り乱れる極道業界を渡り歩いた観察眼は確かな物で、破天荒な行動もある程度理に添った行動であるなど、一筋縄ではいかない人間である。

主人公である桐生一馬のことを「桐生チャ~ン(”き”の発音は↑)」と呼んで大層気に入っており、彼を倒すことを生涯の目標にしている。そのため、事あるごとに彼の前に立ちはだかり勝負を挑む、所謂敵キャラボスキャラ)に位置するキャラクターであったが、その強烈なキャラクター性と男気のある性格からユーザー間で高い人気を得て、後続の作品では彼に視点を置いたストーリーが展開されるなどもう一人の主人公としての地位まで確立した。因みに桐生からは真島の兄さんと呼ばれており、ファンの間でもこの呼称が愛着されている。

龍が如く4』から登場する冴島大河とは若き日に盃を交わした代紋違いの兄弟分の仲であり強い絆で結ばれている。また彼の妹である「冴島靖子」とも親交があったが、25年前のとある事件を機に、彼ら兄妹への拭いきれない自責の念を抱えることになる。

バトルスタイル

ドスによる刺突と切断を軸に据えたスタイルで戦う。
ドスを持つ腕や持ち方の順手・逆手を目まぐるしく入れ替え、あらゆる角度からの攻撃で敵を翻弄する。
「0」以降の作品ではこのスタイルを『嶋野の狂犬』スタイルと命名し扱っている。

シリーズ中敵キャラクターとして登場した回数が最も多いためか、劇中で『正々堂々の勝負』を謳いつつドスを取り出しても、ファンの間では恒例らしく「ドスは真島さんの身体の一部だから」という声も上がる。
ちなみにこのドスには「鬼炎(きえん)のドス」という銘があり、模様を彫った彫師がこのドスで自害したとも伝えられるいわくつきのものである。

シリーズを重ねるごとに動作が機敏かつアクロバティックになり、5では分身技まで習得。しかし3以降は年齢のためか激しい動作の後に息を切らす姿も見せる事もある。

OF THE ENDではセミオート式ショットガン「Mark IV.EXP」を操り、ゾンビを狩る。
0や極ではその他にキレのある技と目潰しなどの容赦ない攻撃を巧みに操る『喧嘩師』スタイル、愛用のバット(ボコボコバット)による強力な一撃と堅い守りが特徴である『スラッガー』スタイル、ブレイクダンスを応用した回転攻撃で複数の敵を弾き飛ばす『ダンサー』スタイルを使用する。

本編での活躍

龍が如く / 龍が如く極 

東城会直系嶋野組若頭 兼 嶋野組内真島組組長。
極道社会で『嶋野の狂犬』とまでいわれた超武闘派極道として登場。
当時は些細な理由で部下に暴力を振るう等、狂犬の名に見劣りしない狂気じみたキャラだった。
物語開始当初から既に桐生とは知り合いだった模様。(後に0で2人の出会いが描かれる。)

1995年(当時31歳)、桐生が逮捕される少し前に彼と会っており、その時は部下を引き連れて現れ、彼の事を知らずに因縁を付けた部下の1人に制裁を加えた。
それから10年後の2005年(当時41歳)には桐生が出所した事を知り彼を誘き寄せる為に澤村遥を誘拐。そして吉田バッティングセンターで桐生と決闘するも敗北。その際、部下が独断で桐生をナイフで刺そうとしたため、それを庇い負傷。一時は意識不明の重体になる。
しかしそこから急激な復活を遂げ、事件の真相を追い高級ソープランド・桃源郷にいた桐生を狙いトラックで建物に突っ込む。その際ソープ嬢の1人を人質に取り、自分の女にならないかと問いかけるが、彼女が他に好きな男がいると拒否すると"正直者"という理由で解放する。その後、再び桐生と対決しパンチで床を抜くなど人間離れした強さを見せるが、傷が完治していなかったのもあり、またしても敗北する。

リメイクである『極』では「刑務所暮らしで弱体化した桐生を鍛える」という名目で、ありとあらゆる場面で真島が襲撃してくる「どこでも真島」システムにより大幅に出番が増加。様々な兄さんの姿が見れるも、本編での役回りは従来のままであるため多少なり違和感がある。

龍が如く2 / 龍が如く極2 

当時42歳。5代目会長・寺田への不信から東城会を抜けカタギに転向、真島組をまるごと建設会社に変え社長として登場する。黄色いヘルメットが特徴。
西公園跡地に神室町ヒルズの建設を行っているが、真の目的は公園地下にある「賽の河原」と地下闘技場の取得である。
カタギになり社長として部下達の面倒をみる様になったからか、本作では破天荒な所は変わらずとも前作の様な粗野で凶暴な面は影を潜め、頼れる兄貴分として描写されてる。

錦山組(旧嶋野組を吸収)が東城会から抜けると東城会の戦力が半減するため、真島組を率いて東城会に戻るよう桐生に要請されるが一度断り、トーナメントで優勝すれば戻ると約束する。
そして決勝である三回戦にて真島自らがリングに上がり1年ぶりに桐生と対決。桐生がいなかった間に地下闘技場のチャンピオンになっていた様だが、またしても桐生に敗北する。戦い終了後は前作とは異なり桐生に手を差し伸べられるも、それを取らず自らの力で立ち上がった。

その後、桐生との約束通り東城会に戻る事(正確には東城会のサポート)を呑み、それから数日後、寺田の葬儀の日に千石組が神室町に侵入してきた際には瀕死になりながらもたった一人で千石組全員を撃退する。そして前作の様に数日後には復活を遂げ、ジングウォン派が神室町に仕掛けた時限爆弾を解除する作戦に参加。部下の西田と共に勘で爆弾を1つ解除した

シリーズ中唯一地下闘技場の選手として出場し、ストーリーに関わらない対戦ができる。
リメイクである『極2』では真島組離脱にまつわる真相を始め彼にスポットが与えられた。

龍が如く3

当時44歳。桐生の頼みで東城会に復帰、東城会若頭補佐として登場する。
堂島大吾を支えていたが、大吾銃撃事件以降は事態を静観している。

一連の騒動に深く関係する沖縄のリゾート開発計画に真島も関わっていたため、沖縄から帰って来た桐生が真相を知るべく自身の下に訪れる。そこで大吾に少しでも楽をさせるためにその計画に乗っていた事を語るが、同時にある人物に嵌めれていた事も明らかになり、桐生がその人物の名を聞こうとすると、極道としての筋を通すため嵌めれていたとしてもタダで口を割る事は出来ないとし、地下闘技場で桐生に勝負を挑む。そしてまたしても敗れるが、今回は桐生から差し伸べられた手を取って立ち上がった。

終盤では国会議事堂にて事件の黒幕の1人である政治家・鈴木善伸の詳細を知った為に、大量のSPに取り囲まれ窮地に陥っていた桐生の前にトラックで駆けつけ彼を救った。しかしその時の様子がニュースで大きく取り上げられ真島は自由に行動出来なくなり、桐生の沖縄の人間達と戦いたいという意向も汲み取って、それからは神室町の守備に徹した。

龍が如く4 伝説を継ぐもの

当時45歳。前作で組長・柏木修が死亡した風間組を吸収し事務所も風間組が使用していたミレニアムタワーに移転した。今作では組織若返りのため東条会舎弟衆となる。傾いた東城会を立て直すために神室町ヒルズの建設企業を再開させる。

回想シーンにおいては20歳の若かりし頃の真島が登場。1985年に兄弟分の冴島大河と共に上野誠和会を襲撃しようとしたが、柴田組に拉致、監禁される。抵抗しようとするが、柴田組の構成員によって左目を失った。

それから25年後の2010年、刑務所を脱獄し神室町に戻ってきた冴島を出迎え、バッティングセンターで拳を交えたのち上記の襲撃事件の真実を冴島に伝える。その後、大吾が事件の黒幕との取引に応じてしまったため、警察に逮捕・勾留されてしまう。事件の終結後は釈放され、冴島の直系冴島組襲名を見守った。

龍が如く5 夢、叶えしもの

当時48歳。東城会舎弟頭として登場。弱体化した東城会の強化のため全国各地の極道組織と同盟を結ぶ方針により北海道の極道組織、『北方組』組長、北方大蔵の会談に臨むもそこで行方をくらまし死亡が報道される。

中盤には真島の生死が物語の鍵となり、澤村遥と秋山駿の章では大阪の芸能プロダクション社長・朴麗美と結婚していた過去や同じく芸能プロダクションの社長であり近江連合の幹部でもある勝屋直樹との意外な関係が明らかになる。朴や勝屋とは左目を失ってから8年後の1992年に知り合い、当時アクション俳優を務めていたが怪我で俳優人生を絶たれた勝矢のその後をサポートしたり、当時アイドルだった朴と交際するなど芸能界との繋がりなどが発覚。

朴との間には子供を儲けるが、朴がアイドルを続ける為に独断で子供を堕ろした事で離婚し、以降彼女の下から姿を消す。だが近年、朴の下に真島から手紙が届き、遥のドームコンサート後に再開する事が決まる。しかし、この手紙が出されたタイミングが真島吾朗死亡のニュースより後だった為、真島の生存説が囁かれその手紙を持つ朴は極道達から狙われる様になる。

その後も真島の生死が不明なまま物語は進むが、これは一連の黒幕である黒澤翼を欺く為の真島の策略であり、終盤、遂に黒澤を倒すため姿を現す。だがしかし黒澤はそこまで見透かしており、遥を人質に取られ、冴島と戦わされることになる。そして冴島と互角の戦いを繰り広げ、その間に遥を命を狙っていたスナイパーは品田によって倒され、黒澤も駆けつけた大吾と勝矢に対処され騒動の幕は閉じた。

龍が如く6 命の詩。

5での事件終結後、仲間達と共に桐生が運び込まれた病院まで駆けつけ、そこで再び冴島が逮捕されるのを見届ける。それから4年後の2016年(当時52歳)、大吾達と共に東城会の復興に力をいれていたが菅井らの陰謀により大吾共々序盤に逮捕されてしまう。

そして終盤まで収監されていたため桐生と直接会うことはなく、出所後に桐生の死を知り彼を殺した広島の陽銘連合会に戦争を仕掛けるかどうか大吾や冴島と話し合うが、桐生の遺言書に従い杯を交わす事で事件の決着をつける。
ミニゲームのクランクリーターではパスコードを入力するかDLCを購入すると使用可能になる。

新・龍が如くシリーズ

かつて新主人公・春日一番も属した『荒川組』の裏切りにより東城会は壊滅し、神室町は近江連合と警察に乗っ取られてしまう。真島組もその際に散り散りになり、真島含め多くの組員が行方不明になる。
散り散りになる前に真島は組員達に「田舎に帰れ」と避難を促していたが、現在、西田や南など一部の組員は真島が神室町に戻ってくるまで街を守ろうと奮闘している。

龍が如く0 誓いの場所

当時24歳。ナンバリングの主人公としてまさかの再登場(初回は『龍が如く OF THE END』)。
4で描かれた上野吉春襲撃の件で組織に逆らった罰として嶋野により「穴蔵」と呼ばれる拷問施設に送られ、
さらに一年後極道社会から追放、蒼天堀にて嶋野の代紋違いの兄弟、佐川司の監視下に置かれることとなる。
蒼天堀では佐川がオーナーを務めるキャバレー「グランド」の支配人として日々を過ごし、やがて「夜の帝王」と呼ばれるまでになるが、冴島を迎え入れるために極道社会への復帰を渇望している。
ある日佐川が「マキムラマコト」なる人物の殺害を持ちかけたことが発端となり、「マキムラマコト」や東城会のカラの一坪をめぐる騒動に巻き込まれていく。
騒動の中で出会ったマコトとの出会いと別れ、佐川や西谷、嶋野といった人物のパーソナリティに触れたことにより「誰よりも楽しく狂った生き方」を志す様になり、これが後々の真島の個性として形成されてくこととなる。
因みに0の次点では桐生との面識はまだ無く、エンディングの最後でようやく会合を果たし、彼との長きに渡る因縁が始まる。

外伝・その他の活躍

龍が如く OF THE END

当時46歳。主人公の一人として登場。事務所でゾンビ映画を鑑賞している間にゾンビが襲撃。ゾンビと戦えることに興奮し、事務所から出てゾンビ狩りを始める。
ミレニアムタワー前庭で実験体オンラキと戦って倒すが、その際にオンラキの体に人によって造られた形跡があることを見つける(この時彼は「こりゃあどないな設定やねん?」と、ある種のメタ発言をしている)。その後急いで神室町ヒルズのセレモニー会場に向かい、ゾンビの襲撃に耐えていた大吾たちと合流する。

しかし、会長らを助けようとした組員たちのミスでヒルズ内にゾンビの侵入を許してしまった。
バリケードが出来るまで囮になって阻止し続けたが、隙を突かれ左腕をゾンビに咬まれてしまう。大吾たちにはこの傷のことを隠して賽の河原で花屋や秋山と再会。秋山からストレス発散のためにバッティングセンターに行かないかと持ちかけられる。

バッティングセンターで二階堂と遭遇するも、二階堂が放った実験体ツチグモと戦い、苦戦しつつ撃退。しかし二階堂は行方をくらまし、直後に大量のゾンビに襲撃されるが、そこを郷田龍司に救われる。その後は秋山とともに再び神室町ヒルズへ戻り生存者たちを賽の河原へ避難させる。
数日後、神室町ヒルズで桐生と再会し、ヒルズ内のゾンビを彼と共に一掃するが、この時点で目も充血し始めたため己がゾンビになってしまうであろうことは悟っていた。
自身がゾンビに咬まれすでに手遅れであること、ゾンビになった自分にとどめをさしてほしいことを桐生に伝え別れる。

その後は酒を片手にゾンビを狩りながら隔離エリアを彷徨っていたが、通りかかったサウナ店を見て体内のゾンビ毒を代謝を利用して排泄する方法(いわゆるデトックス)を閃き、一世一代の賭けを行う。事件収拾後、自衛隊に保護されるが結果的にゾンビの毒には感染していなかったことが判明する(実は彼に咬みついたゾンビは運良く入れ歯をしていたのでキャリアーとして機能しなかった為であり、目の充血も花粉症によるものだった)。

その後はゾンビの襲撃を受けた神室町ヒルズの再建設に尽力をする。
なお、サウナの温度を限界まで上げていたらしく発見された時には設備が爆発、崩壊していた。

龍が如く劇場版

演じるのは岸谷五朗。ドスのほか、金属バット、散弾銃を用いる。俳優の利き目の都合から、ゲームとは眼帯が逆(利き腕同様、目や脚も人によって左右差があり、利き目でないと片目で見た場合の遠近感の掴みにくさが増してしまう)。

ベースが第一作であるため、兄貴分としてよりは狂犬としての描写が多い。
高さのある後ろ回し蹴りや、ドスを器用に操るゲームを思わせるアクションは一見の価値あり。

龍が如く 見参!

近江出身の剣士・真島五六八として登場。
「最強の剣豪」を志し各地で武者修行を行うも、その都度相手を殺してばかりいるため人々から「人斬り」として悪名を囁かれるようになってしまった。かつて殺したとある剣士の娘である浮世を罪滅ぼしから引き取った。

関ヶ原の合戦の際に東軍大将・徳川家康の次男・結城秀康暗殺のために主人公・宮本武蔵と共闘することになり、多少のいさかいを経て気を許せる友人となる。暗殺隠蔽のため、指導者の丸目長恵により武蔵ともども口封じのため殺害されそうになり、その逃亡の際、佐々木小次郎の攻撃から武蔵を守ろうとして左目を負傷する。武蔵に自分の刀を託し、その直後に橋を切断して追手を道連れにして激流に転落し消息を絶った。

その後は盗賊に拾われ一命を取り留めていたことが判明。転落の際の影響か記憶を失うが、結果的に人斬り時代の苛烈さが若干抑えられ、シリーズでおなじみの変人としての面が強く出てくるようになっている。盗賊団では、恩人である盗賊の頭から鎖鎌術を習得しメキメキとその才能を開花させ、頭の没後は自らがその盗賊団を率いるようになり、宍戸梅軒を名乗る。

とある一件で盗賊対峙を請け負った武蔵(偽名として桐生一馬之介を名乗る)と再会。当時の記憶が無いため彼を「桐生ちゃん」と呼ぶ。その後、遊郭にて浮世の面影を持つ吉野を見たことで完全に記憶を取り戻し、同時に真島は彼女を浮世と勘違いし、武蔵が彼女を守るどころか遊郭に売り飛ばし働かせていると勘違いし激昂。武蔵の保護する少女・遥を誘拐して清水寺にて武蔵に戦いを挑む。

駆け付けた吉野の言葉で誤解が解けるも、任務で遥を殺しに来た小次郎に脇差の一撃を受け清水寺から転落し再び生死不明となった。しかしエピローグに登場し、生きていたことが判明。

龍が如く 維新!

新撰組一番隊隊長・沖田総司として登場。
世間では「美少年」と噂されてはいるものの、その実は眼帯に口髭、刈り上げ風の髷に狂気じみた立ち振舞いと、いつもの真島の兄さんである。好戦的な性格をした人斬りで、隊内では「狂犬」と呼ぶものもいる。浅葱色の羽織は返り血で染まり、他の隊士の服と比較すると明らかにくすんだ色味をしている。そうした危険な面こそ強いものの、腹を割った仲間への信頼は篤く、ときには茶目っ気を見せることもあり不思議と憎めない人物である。

二番隊隊長の永倉新八は相方的存在で、彼のことは「新八っちゃん」と呼んでいる。同時に六番隊隊長の井上源三郎には強い敬意を示している。新人隊士である斎藤一(坂本龍馬)のことは、永倉との入隊試験での彼の剣の腕前を見てから何かにつけて勝負をしたがり、幾度と真剣による死闘と共闘を重ねる内に打ち解ける。斎藤のことは「一(はじめ)ちゃん」と呼び、斎藤も彼を「沖田の兄さん」と返している。

実は「新撰組最大の秘密」の一端であり、前述の永倉や井上と合わせ、とある人物が沖田の名を騙っていることが後に判明する。「ごろう」という名前や眼帯など、モデルである実際の人物を知るプレイヤーの中にはその関連付けに納得した者も多かった…かもしれない。

クロヒョウ-龍が如く新章-

外伝なので本人は登場しない。
代わり(?)に、真島と同じく「狂犬」の異名を持つ狂気じみた男・真壁隼人が主人公の対戦相手として登場。相手の肩に連続で噛み付くという奇抜な必殺技を披露するも、龍程ではないにしろ狂犬の名はやはり高価過ぎたのか、主人公等からは始終呼ばわりされる羽目に。

なお、クロヒョウ2の購入特典に「真島のマジROCK」(映像DVD)が付属。主人公を差し置いて兄さんの熱唱が楽しめる。

プロジェクトクロスゾーン2

神室町でウイルステロを巻き起こしたシャドルーに落とし前をつけさせるべく桐生と共に一向に加わる。
CEROの関係からか狂気成分は控え目で、その分明るくフレンドリーな側面が全面にでている。

以前東城会を巡る裁判の際、弁護士の成歩堂龍一に助けられた縁で彼の事を「センセ」と呼んで慕っている...それがじわじわくるという意見も多数。

スタイル

ノーマルスタイル

一服


基本的な平時の衣装。蛇柄のジャケットに金のネックレス、黒革の手袋とズボンを着用。

ヘルメットスタイル

真島吾朗


ノーマルスタイルに黄色のヘルメットドカヘル)を被った姿。

スーツスタイル

組長はぴばが如く


真島組が東城会直系となり幹部会へ出頭する際の正装として登場。
赤いYシャツと黒いスーツ、黒いネクタイと、威厳とダンディズム溢れる姿となっている。また、この頃から眼帯のデザインが若干変更され、白蛇の模様が施されている。

若衆時代の真島

髪型や服装は現在とほぼ共通しているが。この頃はまだ左目を潰しておらず、髭もほとんどなかった(無精髭程度は生えていた)。また、冴島に襲撃計画の覚悟を確認する際に標準語口調で喋っており、冴島からも標準語に“戻っている”と指摘されていることから、元から関西弁であったわけではない模様。

「グランド」支配人時代の真島

お帰りなさい~お嬢様


組から追放され一時カタギとなっていた頃の真島。
「穴倉」での拷問後であるため既に眼帯をしており、髪型は総髪(ポニーテールに似てるが、結う位置が低い)。客商売ということもあり髭はなく、心なしか以前よりも血色が良くなっている。黒のタキシードに身を包み、お客様の前では支配人として紳士然とした立ち振舞で対応する。物腰柔らかなその応対は、現在の狂人じみた姿からは考えられないほど精錬されており、プレイヤーからは「真面目吾朗」と呼ばれている。因みに接客の際は丁寧な標準語を、オフの際や仕事仲間との会話では関西弁を用いる。

真島JINGI

カラオケで「24時間シンデレラ」を歌った際に出現するアイドルファッションの真島。
ラメ色の白やピンクを基調とした衣装に羽根付きのバンド、足にはローラースケートという、名前も合わせて明らかにあのグループを意識したようなド派手なファンションとなり、歌唱の間スケートによる華麗な妙技を披露する。

龍が如く・極での兄さん

とにかく多彩なコスプレ?で桐生を襲撃してくる。

  • 警察官(真島巡査)
  • ギンギラギンなアイドル(みんなのアイドル吾朗)※ 前述の真島JINGIのコスチューム
  • ゾンビ(ゾンビ真島)
  • タクシードライバー(真島交通)
  • 般若面+タキシード(ハンニャマン)

龍が如くログ8


そして極めつけは…

兄さん…

(詳細はゴロ美へ)

余談

外伝タイトルを含め、真島の声はいずれも宇垣秀成が務め、氏の代表格のキャラクターとなっている。

宇垣は生粋の江戸っ子でありうまく関西弁が話せないようで、真島の関西弁には毎度悪戦苦闘しているとのこと。しかし、その微妙なイントネーションが結果的に真島のコミカルなキャラクターを引き出す要因となり、製作陣から『真島弁』と愛称されている。

関連タグ

龍が如く
ヤクザ 組長 もう一人の主人公
東城会 真島組 真島の兄さん

関連記事

親記事

龍が如く りゅうがごとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真島吾朗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8634348

コメント