ピクシブ百科事典

龍が如く0

りゅうがごとくぜろ

日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説は、ここから始まった。
目次[非表示]

概要

龍が如くシリーズにおけるナンバリング作品。2015年3月12日発売。
時系列的には1より以前となる、いわゆるエピソード0のくくりになる。
「金、女、暴力」をコンセプトとして、バブル景気真っ盛りの1988年の日本を舞台に激闘が繰り広げられる。
今作では、主人公として桐生一馬だけでなく、人気キャラクターである真島吾朗も主人公としたダブル主人公制を採用している。

ストーリー

「龍が如く」より17年前の1988年。

バブル景気の影響を受ける東京の歓楽街・神室町。
桐生一馬は恩師の後を追って関東最大の暴力団「東城会」でもトップクラスの傘下組織である「堂島組」に入ったものの、とりわけ夢や希望はなく、借金取りのアルバイトで食いつなぐ生活をしていた。

大阪の歓楽街・蒼天堀。
東城会の「嶋野組」に属していた真島吾朗は組織に逆らった罰として極道社会から追放され、関西最大の暴力団「近江連合」の「佐川組」に一般人として監視されて生きる事になり、赤字続きのキャバレー「グランド」の支配人を任される事になる。グランドを黒字経営に戻した事で「夜の帝王」と社会的承認を受けるも、刑務所に入った兄弟分の帰る場所を作る為に極道への復帰を望んでいた。

神室町では堂島組が「神室町21世紀再開発計画」で行われる巨大商業施設「ミレニアムタワー」建設の利権獲得の為に100億円以上をかけて周辺の土地買収を行っていたが、その中に「カラの一坪」という土地が発見され、その土地の所有者から所有権を手に入れなければ計画を実行できないという問題を抱えていた。

桐生と真島はカラの一坪を巡る抗争に巻き込まれ、同じく巻き込まれた一人の盲目の女性を守る事になる。

東城会に「堂島の龍」「嶋野の狂犬」という二つの伝説が生まれる物語が始まる。

評価

龍が如くの中でも特に評価が高く、龍が如くシリーズ最高傑作と呼ばれている。
特にシナリオ面での評価が高く、作品の主人公として従来の主人公であった桐生一馬に加え、シリーズ中でも最高の人気を誇る真島吾朗の二人を据えており、二人の視点を交互に重ねることでストーリーを進める構成となっている。

1の過去を描いていることから、作品中では死亡していたキャラクターの生きている姿や、彼らの活躍も描かれており、桐生一馬のストーリーにおいては錦山彰との友情がクローズアップされている。
真島吾朗のストーリーにおいては、「4で描かれた真島の過去」から「1(極)」までの空白期間に何があったのか、個性の塊のような現在の真島がどのようにして形成されたのかが明かされる。またその過程で、真島の悲恋も描かれる。

システム

バトルアクションに加えて、経営シミュレーションが重要な要素として取り入れられている。
バトルにおいては、金を支払うことで能力を買うという仕組みを取り入れているため、シミュレーションに金を稼ぐことで、バトルを有利に進めることができる仕組みになっている。
シミュレーションにおいては、真島吾朗はキャバクラを経営することで、桐生一馬は不動産屋を経営することになる。


ゲーム情報

プレイヤー人数一人(オンラインは最大四人)
ジャンルアクションアドベンチャー
プラットフォームPS4/PS3


作品の前後

作品制作上の前後

龍が如く維新!
龍が如く0 誓いの場所
龍が如く極

物語時系列上の前後

←なし
龍が如く0 誓いの場所
龍が如く龍が如く極)→

関連タグ

龍が如く

関連記事

親記事

龍が如くシリーズ りゅうがごとくしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「龍が如く0」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1377238

コメント