ピクシブ百科事典

龍が如く6

りゅうがごとくしっくす

『龍が如く6 命の詩。』は、SEGAより発売されたゲームソフト。
目次[非表示]

概要

2016年12月8日にSEGAから発売されたプレイステーション4専用ソフト。
龍が如く』シリーズのナンバリング作品では2012年12月に発売された『龍が如く5』以来4年ぶりである。2015年のTGSで『龍が如く極』のPVの最後に発表された。

キャッチコピーは桐生一馬伝説、最終章」。これまでシリーズの看板キャラクターであった桐生一馬の最後の物語という位置付けとなっている。

ストーリー

2012年、雪の降る夜。
日本最大規模のライブ会場で数万のファンが見守る中、一人の少女が告白する。

「私は、桐生一馬の家族です」

それは、一人のアイドルが一人の人間…… 
澤村遥として自身の本当の夢を宣言した瞬間だった。

時を同じくして、“堂島の龍”桐生一馬は
日本五大都市を巻き込んだ一大抗争の決着に辿りついていた。

降りしきる雪の中、再会を果たす桐生と遥。
その先には、小さく穏やかな日々が訪れるはずだった……

(公式HPから流用)

特色

舞台は広島県尾道市をモデルとした「尾道仁涯町(おのみちじんがいちょう)」。
桐生は、遥の子供である「ハルト」を抱き、その父親の消息を辿るために広島は尾道仁涯町に降り立つことになる。

お馴染みの実在の人物を題材にしたモデリングも存在し、メインゲストとして藤原竜也小栗旬真木よう子大森南朋宮迫博之(雨上がり決死隊)、ビートたけしが出演。
さらにサブストーリーにおいては新日本プロレス所属の6名のプロレスラー(オカダ・カズチカ棚橋弘至小島聡天山広吉内藤哲也矢野通)やダーツプレイヤーのポール・リムが本人役で登場している。その他、懐かしのポケサーファイターや曽田地などの顔ぶれも登場する。

その他、メニュー画面がスマートフォンになっていたりなど、時代の変化を感じさせる描写も多い。また、専用ゲームエンジン『ドラゴンエンジン』によってバトルや店への入店もシームレスで進むため、画面切替時のロード時間が無くストレスを感じさせない環境に進化している。

サブストーリーも『素潜り漁』『草野球』『クランクリエイター』など豊富。お馴染みのキャバクラやカラオケ、ダーツも実装。そして最後には因縁のあの男も・・・!?

しかし評価は…

グラフィックや過去作のファンサービス。バトルアクションは評価は良かったものの…個人差ではあるが黒歴史と言われるほどの酷評が多く、とくにシナリオは過去作と比べると6が酷いとレビューなどで言われていた。既存キャラクターの脇役扱い、一部の新キャラクターの設定、ラスボスにはがっかり、矛盾する内容と納得いかないラストで桐生一馬の最後の物語としては後味の悪い最後の作品となってしまった。
おまけに声優を演じた一部の俳優などの直接批判するなどの風評被害が多発していたため、よほどのファンの怒りが抑えられなかったのだろう。

関連タグ

龍が如く

pixivに投稿された作品 pixivで「龍が如く6」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51842

コメント