ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

龍が如く6

りゅうがごとくしっくす

『龍が如く6 命の詩。』は、SEGAより発売されたゲームソフト。
目次 [非表示]

-桐生一馬伝説、最終章-

概要

2016年12月8日にSEGAから発売されたPS4専用ソフト。

龍が如く』シリーズのナンバリング作品では、2012年12月に発売された前作の『5』以来4年ぶりである。2015年のTGSで『』のPVの最後に発表された。


上記のキャッチコピーの通り、これまでシリーズの看板キャラクターであった「桐生一馬」の最後の物語という位置付けとなっている。


楽曲担当は、シンガーソングライター「山下達郎」。


ストーリー

2012年、雪の降る夜。

日本最大規模のライブ会場で数万のファンが見守る中、一人の少女が告白する。


「私は、桐生一馬の家族です」


それは、一人のアイドルが一人の人間……

澤村遥として自身の本当の夢を宣言した瞬間だった。


時を同じくして、“堂島の龍”桐生一馬は

日本五大都市を巻き込んだ一大抗争の決着に辿りついていた。


降りしきる雪の中、再会を果たす桐生と遥。

その先には、小さく穏やかな日々が訪れるはずだった……


(公式HPから流用)


特色

舞台は広島県尾道をモデルとした「尾道仁涯町(おのみちじんがいちょう)」。

今までの神室町をはじめとするギラギラした歓楽街ではなく、瀬戸内海に面したのどかな田舎町となっている。勿論シリーズお馴染みの神室町も登場する。


なお、『4』から続いていた複数主人公制ではなく、ナンバリングとしては『3』以来となる桐生単独の物語で、作品の雰囲気もどこか『3』に近いものとなっている。


お馴染みの実在の人物を題材にしたモデリングも存在し、メインゲストとして藤原竜也小栗旬真木よう子大森南朋宮迫博之(雨上がり決死隊)、ビートたけしが出演。

さらにサブストーリーにおいては新日本プロレス所属の6名のプロレスラー(オカダ・カズチカ棚橋弘至小島聡天山広吉内藤哲也矢野通)やダーツプレイヤーのポール・リムが本人役で登場している。また、懐かしのポケサーファイターや曽田地などの顔ぶれも登場する。


その他、メニュー画面がスマートフォンになっていたりなど、時代の変化を感じさせる描写も多い。また、本作から使用されたゲームエンジンドラゴンエンジンによってバトルや店への入店も完全シームレスで進むため、画面切替時のロード時間が無くストレスを感じさせない環境に進化している。

また、初のオートセーブ対応ではあるが、バグが多く不評だったのか、本作の次に制作された『極2』では廃止された。


サブストーリーも「素潜り漁」「草野球」「クランクリエイター」など豊富。お馴染みのキャバクラやカラオケ、ダーツも実装。そして最後には因縁のあの男も…!?


登場人物

※一部人物のみ表記(主に本作のみ・からの登場人物)


主人公

CV:黒田崇矢

かつて堂島の龍の名で恐れられていた伝説の極道で、元東城会四代目会長。

本作では自らの罪を精算するため、人生二度目の刑務所に入り、その出所後、服役期間に失踪した澤村遥が生んだ子供ハルトを連れ、この子の父親が誰なのかを探るため、遥が失踪時に滞在していた尾道へ向かうこととなった。


東城会

CV:中尾隆聖

東城会本家相談役及び直系「菅井組」組長。

二代目の時代から在籍している古参幹部で、神室町の亜細亜街で発生した火事の責任を問われ逮捕された堂島大吾に代わり会長代行に就任したが…


CV:小栗旬

東城会直系「染谷一家」総長。若くして直系にのし上がった有望株。

ある理由から桐生を毛嫌いしており、作中で何度も対峙することになる。

モデリングされた一人。


陽銘連合会

東城会近江連合に次ぐ、日本ナンバー3に位置する極道組織。

広島を拠点とし、世界的な造船会社「巌見造船」を始めとする「巌見グループ」をフロント企業としている。


CV:津嘉山正種

巌見造船の創設者で会長を務める老紳士。しかし、それは表の顔に過ぎない。

その正体は「来栖猛(くるす たける)」という伝説の極道で、現陽銘連合会会長。


CV:大森南朋

巌見造船の社長で、会長・巌見兵三の息子。如何にもサラリーマン的な風貌だが…

モデリングされたキャラクターの一人。


CV:谷田歩

陽銘連合会若頭及び直系「小清水組」組長で、組織の実質的な指揮権を握っている。


CV:高木渉

陽銘連合会直系「舛添組」組長。

「広瀬一家」の親組織でもあり、ミカジメの徴収を行わない南雲に強く当たる。


CV:ビートたけし

陽銘連合会系四次団体「広瀬一家」総長。

若い頃は近江との抗争にて、最前線で爆弾を投げていたという武闘派だったが、現在は組の仕事を部下に全部任せ、自身は保険金詐欺を利用して、自由気ままに隠居生活をしている。

モデリングされた一人。


CV:宮迫博之

広瀬一家の若頭。よそ者である桐生を快く思っておらず、彼に度々決闘を挑んでくる。

モデリングされた一人。


CV:藤原竜也

広瀬一家の若衆。南雲に付き合わされる形で桐生と対峙している。

モデリングされた一人。


CV:ドロンズ石本

広瀬一家の若衆。


CV:細谷佳正

広瀬一家の若衆。


その他

CV:森田順平

亜細亜街を拠点とする香港マフィア「祭汪会」の総帥。

組織の幹部を血縁者のみで構成する「血の掟」を遵守し、掟を破った者を容赦なく粛清する。


CV:間宮康弘

ビッグ・ロウの従兄弟で「祭汪会」の幹部。

人を痛めつけて殺すことを好むサディスティックな人物。


CV:中村悠一

2』にも登場していた韓国マフィア「ジングォン派」の当代頭目を務める銀髪の男。

過去シリーズで桐生とも馴染みのあったホストクラブ「スターダスト」を買収し、東城会や祭汪会と渡り合って神室町内で勢力を広げている。


CV:真木よう子

尾道仁涯町にて、「スナック清美」を経営する女性。

南雲に惚れられており「キヨちゃん」と呼ばれている。

モデリングされた一人。


  • 飯野和明(いいの かずあき)

CV:檜山修之

桐生が尾道で滞在することになる「水軍アパート」の管理人。

南雲や清美とは幼馴染みである。


尾道をPRするためのご当地ゆるキャラで、八朔(はっさく)を模した巨大な頭が特徴的。

後のシリーズにも度々登場することになる。


各章

サブタイトル
1自由の代償
2新たな芽
3異邦人
4
5覆面
6足跡
7黒孩子
8共謀
9失踪
10血の掟
11親父と息子
12眠れる巨人
13許されざる者

評価

当時の炎上

シナリオ

発売前情報では大物芸能人であるビートたけしの出演や、キャッチコピーにも書かれてる通り桐生の最後の物語ということもあってか、シリーズのファン達から「大団円」を期待する声や「桐生の最後」に別れを惜しむ声があるなどSNSで話題になっていた。

しかし発売後いざプレイしてみると


  • 全ての元凶の一人の浅はかで短絡的な問題行動
  • 浅はかな気持ちで妊娠させた身勝手な事件の元凶
  • 桐生をさんざん甚振っておき、最後の最後で(一応、敗北を認め)自害して勝ち逃げした小物
  • 桐生が今まで積み上げて来たもの全てをぶち壊したヘタレなラスボス
  • 物語序盤、児童相談所に何の許可もなく誘拐に近い形で赤子を無断で連れ出す計画性皆無な主人公(その後一応伊達真から諭されて反省はする)

といったシリーズで類を見ないほど自分勝手に行動し、または自己中心的な考えを持つ人物が多く登場し、その殆んどがプレイヤーが納得できるような相応の罰や責任を負わないままフェードアウト。代わりに事件解決に奔走していた桐生が最後まで報われないまま後味の悪い結末を迎えるという、大団円とは程遠いシナリオに強い不快感や怒りを覚えるプレイヤーが続出し、SNSで大炎上するという事態に発展する。

その荒れ具合は凄まじく、果てには制作会社や公式SNSに直接抗議するどころか、怨嗟の声が問題の人物を演じた演者にまで向けられてしまうほど大きく荒れていた。

言うまでもないが、双方は役者/声優としての仕事をこなしただけであり、彼らを批判するのは筋違いである。


またキャッチコピーで「最後の物語」と謳っていながら真島冴島など東城会のメインである彼らを「逮捕」という形で出番を大幅に削る、東城会の行く末を曖昧なままフェードアウトさせる、代わりに陽銘連合会や広瀬一家といった広島の極道達をメインに活躍させるという、最終作なのにも拘わらずシリーズの看板的存在である東城会の影の薄さや雑な扱いにシリーズファンたちからは難色を示されている。


それらの批判について脚本を担当した横山昌義「シナリオへの賛否両論はあくまで狙ったもので、真摯に作品に向き合ってくれる人が多いという事がとても嬉しい」と配慮を誤った回答を返してしまい、返ってファンの怒りを買ってしまい、横山本人のみならずシリーズ総合監督・名越稔洋を初めとした開発スタッフの責任を問う声が上がるようになった。

元々『6』以前から「桐生を主人公に据えた龍が如くの物語」を構成していくことに、横山氏を始めとした開発スタッフも頭を抱えており、その悩みを時折のインタビューなどの際にセガの内外に零していたほど既に限界に達しており、期待を高まりすぎた桐生の人気に引っ張られてそのまま主人公に据え続けてしまったことが前作の『5』や今作における悲劇の一因も挙げられる。

そして、作品を重ねることに桐生の主人公としての魅力が高まり続けた一方で、作品の衰えとマンネリ化の意見も多少なりとも増え、龍が如くという作品から離れていった声も出てしまい、作品制作の上でプレイヤーに対してシリーズの期待が大きすぎるあまり限界を超え、期待に応えられず遠回しに言えば開発スタッフたちにとっても不幸だったと言える。


上述の激烈な抗議によって、セガ社内の他の部署はおろか一部の販売サイトや、批判の原因の大部分を占めるキャラクターの演者である大森南朋氏を始め芸能界側にまで多大な迷惑をかけてしまった深い反省からか、続編の『龍が如く7』やスピンオフ作品『ジャッジアイズシリーズ』のラスボス達(リンク先ネタバレ注意)はそれぞれ、同情されるべき一面を持っていたり、外道であればきちんとそれに相応するだけのケジメを与えたり、本作のラスボス程見苦しい小物っぷりは晒さない等と、極力(特にモーションも兼任している)演者のイメージに悪影響が及ぶ事がない様にキャラ設定の配慮がなされている。

それでもシナリオ構成上から恒雄のような憎まれ役がどうしても必要だったり、見ようによっては質の悪いと取られかねない劇中の行いが上記のような過剰な非難に晒されかねない場合は本業の声優を起用して演者を用いない完全造形したキャラクターに担わせている。


もう一つに長期続いた喧嘩アクションのマンネリ化を脱却するために『7』以降ジャンルはRPGへ路線変更。リメイク版及びジャッジアイズシリーズは従来のアクション路線へ方針を固めるようになった。


システム面

ほかにもシナリオ以外では「0」から好評で続いていた自由にバトルスタイルを切り替えられる戦闘システムを削除して旧作を意識したアクション、ヒートアクションの種類減少、従来からあった銃火器などのストックが出来なくなり桐生が弱体化されるなど従来の爽快感とアクションの自由度が大幅に下がる、神室町の公園前通りとチャンピオン街に行けない、本編に負けず劣らずのクオリティであったミニゲームやサブクエストの量がかなり削られるなどやり込み要素が従来よりも少なくシリーズをやり込み続けてきたプレイヤーからは物足りなさと不満の声が上がっている。



最近だと…?

残念ながら相変わらず賛否両論のままではあるが、主人公を交代した続編の『7』で桐生が登場した事や、最近では『7外伝』や『8』にて桐生が主人公としてカムバックしたことで、今作が彼の「最後の物語」ではなくなった上、『7』にて今作や東城会自体の結末に対するある一つの答えも描かれたり、『7外伝』や『8』のラストで多少なりとも桐生が救われたことで、流石に当時より論調も落ち着いていき、『6』の反省が生かされた『ジャッジアイズ』等から他のシリーズ作品に触れてくれる人が増えていったのにつれて、「言うほど酷い物語ではない」「良い部分もちゃんとある」という声も徐々に増えてきていたりする。


確かに「桐生一馬の最後の物語」「今までの龍が如くを締める作品」にしては人気キャラの扱いが悪く、ラスボスがショボく、何よりずっと応援してきた桐生が幸せになるどころか、一人大損を背負わされて終わっており、結末に納得できないプレイヤーが多いのも仕方がないと言える。

しかし、登場人物や彼らのやり取りを通す事で過去作を思い出させる描写があって感慨深かった、色々言われる物語自体も「桐生と遥を中心とした色んな親子の話」という根幹はちゃんと伝わるようになっていた等、きちんと最後まで遊んだ上でそう評価するプレイヤーも確かに存在する。特に広瀬一家とのやり取りと一部のサブストーリーの評価は非常に高い


総じて問題点の多い本作だが、結局のところ実際にプレイしてどのような感想を抱くのかは人それぞれのため、あくまでこれらの評価は買うかどうか迷った時の参考程度にするといいだろう。


関連動画

ティザートレーラー


ストーリートレーラー


ゲームトレーラー


作品の前後

作品制作上の前後

龍が如く極

龍が如く6 命の詩。

龍が如く極2


物語時系列上の前後

龍が如く5 夢、叶えし者

龍が如く6 命の詩。

JUDGE EYES:死神の遺言

龍が如くONLINE / 龍が如く7 光と闇の行方 / 龍が如く7 外伝 名を消した男



関連タグ

龍が如く 尾道 尾道市 完結編


細谷佳正檜山修之新谷真弓…広島出身者として本作に出演している。


XPERIA…主人公の桐生をはじめ様々な登場人物が持っているスマートフォン。

メール、メッセージ着信音には「VOICES」が流れ、スタンプによる返信や、カメラの自撮りも行える。


ライザップ…「結果にコミットする」でおなじみの健康管理を始め、様々な業種にも手を伸ばす会社。

ゲーム中はトレーニングと食事アドバイスに従ったメニューを食べることで「筋力」「俊敏」「根性」の経験値が得られる。

その後は例のCMと同じくBeforeとAfterが表示。元からムキムキなため、違いがよくわからない。

ここで販売されるサプリメントは経験値、体力回復、胃袋ゲージの面で非常に役に立つので、買っておくと便利。


ぷよぷよ(セガぷよ)…COMを相手にエンドレス対戦をしてスコアを競う。序盤から終盤まで登場するささきまぐろりすくませんぱいは難易度の調整を間違えていると思う程に手加減がない。ニューセレナのママ役である園崎未恵アルルクルーク役も担当。

関連記事

親記事

龍が如く りゅうがごとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 884372

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました