ピクシブ百科事典

クルーク

くるーく

ぷよぷよフィーバーシリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

クルークとは

  1. ピクシブ株式会社の旧社名。2006年7月1日に「ウェブッテネット」から改名、2008年11月1日より「ピクシブ」に改名した。
  2. ぷよぷよフィーバーシリーズで登場するキャラクター。本稿で記述する。



「うひゃひゃひゃひゃー!
やはりボクの才能はホンモノみたいだね!」

「むにゃむにゃ…ハッ! レ、レムレスは…?」



概要

誕生日9月29日生まれ
星座てんびん座
血液型A型
好きなもの魔導研究
苦手なもの偉そうな奴
特技カードゲーム(おそらく遊○王などのTGCではなくトランプ系) ダンス
タイプ自力で大連鎖タイプ
CV園崎未恵
テーマ曲「ボクは誰よりもグレイトなのさ」(15th)「Nebura step」(20th)


魔導学校の生徒。初登場時はアミティラフィーナリデルと同じクラスで、「フィーバーチュー!」では唯一アミティと同じクラス。成績優秀で魔法が得意な模範的優等生。被っている帽子は前年度のプリンプ魔導学校最優秀成績者の証として授与されたもの。努力家な一方で性格に難があり、アコール先生からも将来を心配されている。

性格

知的好奇心や探究心が強い努力家。だが自信過剰になりやすく、同世代の人間を見下す傾向もあり、かなり嫌味な性格である。年相応にナイーブな一面もあり、逆境には弱い。同属嫌悪からか、ラフィーナルルーといった高慢な人物を苦手としている。レムレスとは昔馴染みで、魔導師の先輩として尊敬し、強い憧れを抱いている。そのためか、レムレスを恋い慕うフェーリからは敵視されており、険悪な関係である。ぷよぷよ!!公式サイトのおまけデモではアミティに宿題を教えており、また「ぷよぷよメダルリング」のシグ編において捕まえた虫の詳細を尋ねられるなど、優等生として頼られることもあるようだ。曰く「ダークな魔導師」を目指しているらしいが、何故か「闇の魔導師」であるシェゾには特に関心を示さず、普通に接している。


タイプ

シェゾやアコール先生と同じ「自力で大連鎖タイプ」。フィーバーに頼らず自力で大連鎖ができれば超強力な上級者向けキャラ。連鎖ボイスは天文に関するラテン語が多い。



詳細

※この項目ではネタバレがあります。ご注意ください。





ぷよぷよフィーバー

わくわく・はらはらで登場。
アミティにはぷよ勝負でアミティが勝利すること、ラフィーナには「おねがいします」と頭を下げることを要求し、自称グレイトな魔法で”飛翔の杖”のありかを探り、分かった場所を教えてもらえる。
※もちろん、プライドの高いラフィーナは頭を下げず勝負となる。
携帯アプリ版の『ぷよぷよフィーバー ハバネロ』では、ラフィーナの威圧に負けて泣きじゃくっている場面がある。

ぷよぷよフィーバー2

無題


アミティ編・ラフィーナ編のはらはらで登場。
レムレスに言われて持ち始めた魔導書(封印のきろく)であるが、さらにその能力を引き出すため、本に書かれていたアイテム・『太陽のしおり』、『月の石』、『星のランタン』の三種のアイテムを集めた。
が、アイテムを集めたため封印が解かれた魔物(紅いタマシイ)に肉体を奪われ、クルークの魂は本に捕らわれてしまう。(意識はあり、本の中で魂の姿で泣いていた)
この時のクルークは「あやしいクルーク」と呼ばれており、クルークとは別のキャラとして扱われている。はらはらラストバトルにて主人公たちがアイテムを回収し(クルークのためではなく、たまたま)、最後に来たアミティが太陽のしおりを回収したため、助けられる。
本の中で泣いていたことから、反省しているはずだが、同級生で唯一心配してくれたアミティにお礼を言えないなど、素直になれない性格である。
因みに、シグにはスルーされ、ラフィーナには普段の行いの悪さからか見捨てられた。
なお一度乗っ取られたにも関わらず、この後の会話、そしてぷよぷよ!以降の続編全てでもクルークはこの本を肌身離さず持ち歩いている。反省していないのだろうか?

また、おじゃばぶるせっけんが有効な唯一の男性キャラである
(クルーク、リデル、アコール先生、おしゃれコウベ、ラフィーナ)
この5人でボーカルグループを結成してCMソングを歌ったらしい。

ぷよぷよ!

ぷよぷよ!ではフェーリと初対面しており、早速犬猿の仲になっていたり、ルルーとの対戦時にはどう見ても真性にしか見えないやり取りがある。

ちなみにクルークが常に所持している前述の本があくまストーリーにて、
返却日になったらきちんと図書館へ返しているが、その日のうちに再び借りて、ずっと一人だけで借り続けている」ことが判明している。
クルークの他に誰も借りる人が居ないとは言え、あくまはそれを好ましくないと思っているようだが、
クルーク自身は「この本とボクは一心同体」と本を絶対に手放す気はない模様。

ぷよぷよ7


すずらん中学校の制服を着用している。
「だいへんしん」の「でかぷよへんしん」は通常はそのキャラの成長した姿になるのだが、クルークはなぜかあやしいクルークとなっている。
おそらくファンサービスと思われるが、「クルークは将来あやクルに乗っ取られるのでは」などという憶測も呼んでしまった。

ぷよぷよ!!

まいどながら遅れる誕生日...[クルークおめでとう!]


衣装は立て襟のシャツ(ウィングカラー)ではなくなっている。 ちなみにウィングカラーとは社交ダンスの競技やパーティなどに用いられるシャツある。
性格はどちらかというと初期のぷよぷよフィーバー時代の頃に沿っており、困ったことがあるとすぐに泣きだしてしまう。

ぷよぷよ!!ネタバレあり


彼のストーリーではウィッチが作った『ヒ・ミ・ツのドリンク』(お酒)の影響でかなりおかしなテンションで先に進むこととなる。
ラフィーナとの対戦でいつも以上に高笑いし、アミティとの対戦で自分を自慢しながら号泣し、シグとの対戦でやたらぐちぐちとめんどくさいしかもやたら長い説教をし、フェーリとの対戦の時はズボンを脱ぎだしたり(上のイラスト参照。なおゲーム本編ではCERO対策の為か脱いだ後のカットなし)、レムレスとの対戦の時は彼に喧嘩を売ったり、普通の彼からは想像もできない行動をとっているが、どうやらその時の記憶は残っていないようである。
最後にはアコール先生により杖でくすぐられまくった。
きっと彼が魔導物語のキャラだったらやっていけなかっただろう・・・。(魔導物語では酒が回復アイテムだからである。)

レムレスストーリーではレムレスが禁断症状を起こした原因を何故か把握しており、砂糖を差し入れに持ってきた。しかし、「どうぞ!!この手から、ぺろぺろと!!!」とまるでペットの餌付けのようだった。しかも塩と間違えていてレムレスを気絶させてしまった。
シェゾストーリーではシェゾのいついた洞窟に現れ、呪文の威力を高める水晶を取りに来た。「ガッツリと独り占めするから」と言っていたのに、追い返そうとしたシェゾに「独り占めするきだな!!ずるい!!ひとでなし!!おたんこなす!!!」と幼稚園児のように非難し、負けたら腹いせに洞窟を散らかしていった。(シェゾ曰く『地味に困る』)
すけとうだらストーリーでは自己中な理由で靴を盗んだ犯人と決めつけられ、ズボンに手を突っ込まれてまさぐられるというセクハラ被害に遭った。
Web漫才デモでは主人公のモデルが自分自身である小説「ダークヒーローでんせつ!」を執筆している。内容は主人公のクルゥ~ク(クルーク)が師匠のレスレム(レムレス)との旅の途中に遭遇した魔女のラピーナ(ラフィーナ)とリーフェ(フェーリ)と戦い勝利するというものである。当然ながら後で悪役のモデルにされたラフィーナとフェーリの怒りを買ってしまう。

ぷよぷよテトリス

第4章にて登場。豹変したフェーリに追いかけられているところを、アミティ達に助けられる。その後は第6章にてアミティの回想に登場する。また第9章では、シグとすれ違った際に常に持ち歩いている「本」が勝手に動き出し、困っているところをシェゾに(成り行きで)助けられる。
このためメインシナリオ本編ではクルークと戦う機会が一度もない(DLC追加シナリオではある)。
ダウンロードにて購入できる彼の追加ボイスは、前述の性格とは一変した、大人びた好青年を感じさせる声となっている。非常にイケメンボイスである。

ドラマCD

彼の愚痴の内容から、ラフィーナとの喧嘩は殆どクルークが負けていることがわかる。とは言え、実はそこまででもないようだ。

小説版

第一弾『アミティとふしぎなタマゴ』では、アミティが連れてきたタマ(小鳥)のことを、素直に可愛いと言えず、挙げ句タマを指差し、頬を染め、
「そ、そーんな小鳥!!ホントはすんっごく可愛いとか、ちっとも思ってないんだからな!!!」
「べ、別に、これはタマのおやつに持ってきたものじゃないんだからな!!」
と、最早これとしか思えない台詞を言ってくれた。

また、第2弾 『みんなの夢、かなえるよ⁉』では、ラフィーナを悪夢から覚ます人物として(ラフィーナの作り出した幻であるが)登場している。

他キャラクターとの関連

アミティ当初から友人らしく接しており、『チュー!』でも嫌味ではあるが普通に友人らしく接している。さらに『20th』のWeb漫才デモではアミティに宿題を教えたりしている。
ラフィーナ当初から犬猿の仲。会うたびに互いに喧嘩腰となるのがお約束となっている。しかし『ぷよぷよフィーバーハバネロ』等一部の漫才デモではラフィーナに怯える描写も存在する。ただ仲が悪いだけに見えるが、ドラマCDや『20th』でペアを組んだ時では実はそこまででもないようだ。むしろ、公式の小説ではケンカップルとして描かれている。
シグよくシグから「メガネ」「ほんのムシ」と呼ばれているが、仲はそれほど悪くはない様である。小説版では教科書を全部忘れたシグにあきれていたが、ちゃんと教科書を貸してあげている。
リデル『20th』ではお互い酔っ払った状態で登場。酔っ払ったあまりふざけているリデルを見てクルークが怒る漫才チックな会話が見られた。
レムレス前述の通り尊敬しているが、『20th』では砂糖と間違えて塩を舐めさせてうっかりレムレスを気絶させてしまったり、酔っ払っている時はレムレスに喧嘩を売ったりしている。またレムレスの実家は闇属性の家系でクルークもダークな魔導に憧れているが、レムレス自身は実家を嫌いそれと反対の光の属性を目指している。
フェーリ『チュー』では直接会うシーンが無かったが、『15th』のクルーク戦7回戦で対戦相手のフェーリに「ボクのあこがれのレムレスのように」と発言して以降敵視されるようなり、『20th』ではペアを組むとお互い文句を言う等犬猿度が加速している。
シェゾシェゾは闇の魔導師であるが何故かクルークは彼に興味を示していない。それどころか『テトリス』では「へんたいだ~」と呼んでいる。また、メダリンクでは、「魔道品のに剣を使うのはおかしい」と言っている。
ルルー『ぷよぷよ!』のクルーク編最終戦で対戦するが、ルルーとの会話はどう見ても真性である。
サタンサタン編5回戦で対戦。クルークがサタンを「このおじさんかなりアブナイひとなのかも」と発言した事から、サタンを怒らせてしまう。


関連イラスト

落書きクルーク
休憩中のクルーク



関連タグ

ぷよぷよフィーバー ぷよぷよフィーバー2 ぷよぷよ! ぷよぷよ7 ぷよぷよ!! ぷよぷよ!!クエスト
あやしいクルーク レムレス ツンデレ

カップリング関連タグ

クルラフィ クルアミ クルリデ クルフェリ クルりん

クルシグシグクル
あやクルクルクルクルクルあや
レムクル
まぐクルクルまぐ

関連記事

親記事

ぷよぷよ・魔導物語・フィーバーキャラクター一覧 ぷよぷよまどうものがたりふぃーばーきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クルーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5062720

コメント