ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ぷよぷよ

162

ぷよぷよ

『ぷよぷよ』とは、コンパイルおよびセガから発売されている落ち物パズルゲームシリーズ。または、本シリーズに登場するスライム状のモンスターの名称のこと。主に本シリーズに登場するキャラクター関連に付けられるタグである。

かつてはコンパイルが開発し、現在はセガがシリーズ展開している落ち物パズルゲーム

この記事ではゲームとしてのぷよぷよシリーズについて説明する。

同シリーズに登場するモンスターの「ぷよぷよ」については別記事を参照。⇒ぷよ


2月4日は日本記念日協会制定によるぷよの日でもある。


シリーズの歴史

アーケード版以降のシリーズで有名になったためあまり知られていないが、作品の歴史は古く、元は80年代に徳間書店より発行されていたゲーム専門雑誌の最古参『ファミマガ』で立ち上がった読者参加型企画「ファミマガディスク」から生まれたゲームである。なお、ファミマガディスクシリーズ自体は『読者から募ったアイデアを実際にゲーム化する』という豪腕企画だったのだが、初代『ぷよぷよ』は読者のアイデアによるものではなく、コンパイルの開発・タイアップによって1991年10月25日にファミコンディスクシステムMSX2で発売された(後にファミコンのROM版が発売)。

(このため「元祖ぷよぷよは投稿作品」と勘違いされることがあるが、これは誤りである)

当時は一部の雑誌で対人戦プレイの熱さについて取り上げられたものの、時期的にディスクシステムの衰退期に発売されていたことと、書き換え専用で一般販売はされなかったこともあって、その時点ではさほど知名度が上がらなかった。

ちなみにファミコン版とMSX2版は灰色が加わった6色のぷよだった。オプションで「ぷよ」ではなく、「棒人間」みたいなキャラクターに変更できた。このモードだと繋がり方が手を繋いだり肩車する繋がり方になる。なお、これこそがぷよぷよとなる前の本来の仕様そのものであったとされる。


その後に1992年10月にアーケード版がセガから発売された際、一人プレイをエンドレス(とこぷよ)形式ではなくCPUとの対戦という当時としては珍しい仕様に変更したことや、『魔導物語』のゆるいキャラクターを使用したことによるキャラクター性の付加と、対戦要素を全面に打ち出したゲーム性により、一躍大ブームとなった。

そしてメガドライブなど様々な機種に移植され、特にスーパーファミコン版『す~ぱ~ぷよぷよ』は売上本数約170万本という大ヒットとなった。

それを受けてルールをさらに練り込んだ続編『ぷよぷよ通』が1994年9月に登場、こちらも絶大な人気を得て、勢いを加速させる。


しかし、1998年3月にコンパイルが経営破綻。

『ぷよぷよ』の版権はセガに売却されることになる。

セガへの売却後も、コンパイルはセガから版権の使用許可を頂く形でぷよぷよシリーズの制作を続けたものの経営再建には至らず、2000年12月21日発売の『ぷよぷよBOX』を最後にコンパイルはぷよぷよから撤退することとなった。


このような経緯から、平成以降に生まれた人の中にはコンパイルが開発したことを知らない人もいる。


なお、現在は『魔導物語』のキャラクターが導入されたアーケード版以降のシリーズと区別するため、ディスクシステムで発売された「初代ぷよ(無印)」は「旧世代ぷよ」と呼称されている。


セガ制作シリーズ以降

コンパイルが撤退してからはセガがぷよぷよシリーズの制作を行うようになる。以降の作品は一部で通称「セガぷよ」とも呼ばれている。

2001年4月のiモード版『ぷよぷよ』の配信を皮切りに、2001年10月18日には初コンシューマ版となる『みんなでぷよぷよ』を発売。

そして2003年11月26日にセガ初のナンバリングタイトル『ぷよぷよフィーバー』を発売。コンパイル最後のナンバリングタイトルである『ぷよぷよ~ん』から、物語の舞台を異なる世界「プリンプ」に移し、新システム「フィーバーモード」を導入。キャラクターのイラストやゲーム画面なども、太線ポップ調の独特なタッチとなった。世界観が変更されたため、主人公もアミティへと交代し、登場するキャラクターはほぼ全て新キャラクターとなり、「異世界からの来訪者」としてゲスト的な扱いでアルルとカーバンクルが登場。

記念作品『ぷよぷよ!』以降の作品では、コンパイル時代のぷよぷよシリーズに登場していた旧キャラクターも異世界からプリンプに転送されてきた(あるいは自ら出向いた)という設定で、フィーバーに準じた絵柄でプレイヤーキャラとして登場するようになった。


しかしこれらの中身の問題で一部の旧世代ぷよ魔導ファンから強い批判を招くことがある。

特に『ぷよぷよ7』の内容は賛否両論になったが、これはアンチの影響を受けていると言われている。


『ぷよぷよ7』ではさらに異なる世界である現代風の「チキュウ(地球)」へ舞台を移し、主人公もあんどうりんごに交代。ただし、こちらは完全に一新ではなく魔導キャラやフィーバーキャラもそのまま混ざっており、プリンプも引き続き登場、旧主人公であるアルルやアミティも話のメインに関わってくる。

その後の記念作品『ぷよぷよ!!』以降ではアルル・アミティ・りんごの歴代主人公をメインに据え、複数の世界観を混ぜたままでの展開が行われるようになった。

ソーシャルゲーム『ぷよぷよ!!クエスト』ではさらに異なる世界観で新旧キャラの復活が行われている。


登場キャラクター

コンパイル時代に販売されていたぷよぷよシリーズに登場するキャラクターは、そのほとんどが『魔導物語』に登場するキャラクターを原型としている。また、販売元がセガに引き継がれた『ぷよぷよフィーバー』以降では、多くの新キャラクターに加え、後に旧キャラクターも登場している。詳しくは、ぷよぷよ・魔導物語・フィーバーキャラクター一覧参照。


主要キャラクター

シリーズに登場する主要キャラクターを列挙する。


コンパイル時代

アルル・ナジャ

カーバンクル

シェゾ・ウィグィィ

ルルー

サタン


ぷよぷよフィーバー以降

アミティ

ラフィーナ

シグ

あんどうりんご

ティ

アリィ

あたり


シリーズタイトル

詳しくはこちら⇒魔導物語・ぷよぷよ・フィーバー他シリーズ一覧

ナンバリングシリーズ

コンパイル制作

ぷよぷよ:便宜上、詳細はす~ぱ~ぷよぷよ(※SFC移植時のタイトル)の項目を参照。各機種版もまとめている。

ぷよぷよ通

ぷよぷよSUN

ぷよぷよ~ん


セガ制作

ぷよぷよフィーバー

ぷよぷよフィーバー2

ぷよぷよ7


ナンバリングに含まれていないぷよぷよ関連シリーズ

わくわくぷよぷよダンジョン

ぷよぷよ外伝ぷよウォーズ

ぷよぷよDA!

ぷよぷよBOX


ぷよカード

ぷよりん

ぱちぷよ

す~ぱ~ぷよぷよびんご

白熱!ぷよりんぴっく!


みんなでぷよぷよ

ぷよぷよ!(15周年記念作品)

ぷよぷよ!!(20周年記念作品)

ぷよぷよクロニクル(25周年記念作品)

ぷよぷよフィーバーハバネロ

みんなで対戦!ぷよぷよフィーバー

ぷよぷよ!!クエスト

ぷよぷよ!!クエストArcade(アーケード)

ぷよぷよテトリス

ぷよぷよ!!タッチ

ぷよぷよeスポーツ

ぷよぷよテトリス2

ぷよぷよパズルポップ


海外版

海外では、ゲーム内で登場するキャラが差し替えられたバージョンが発売されている。

Dr.ロボトニックのミーンビーンマシーン (Dr.Robotnik's Mean Bean Machine)…メガドラ版の海外版、ソニックシリーズDr.エッグマンのメカに差し替え

カービィズアバランチ (Kirby's Avalanche)…『す~ぱ~ぷよぷよ』の海外版、『星のカービィ』に差し替え

Qwirks…Windows/Macintosh用海外版、オリジナルのSF世界観、『テトリス』の作者アレクセイ・パジトノフがプロデュース


関連動画


関連タグ

個別

魔導物語 コンパイル セガ

パズルゲーム 落ちゲー

ぷよぷよカップリングタグ一覧 ぷよぷよボイスチェンジ一覧

メガドライブミニ:国民投票で選ばれた3本のうちの一つが『ぷよぷよ通』。それに加えて、『魔導物語Ⅰ』も収録されている

users入りタグ

ぷよぷよ50users入りぷよぷよ100users入りぷよぷよ500users入りぷよぷよ1000users入り


関連企画

魔導物語・ぷよぷよ・フィーバー他企画一覧

ぷよぷよアニメ ぷよぷよでギャルゲ企画 ぴくぷよ ぷよけも!! ぷよぷよオールスター ぷよ主義 ぷよポケット

にょきにょき ポチッとにゃ~ たころん ぷにっきぃず


他の記事言語

Puyo Puyo

かつてはコンパイルが開発し、現在はセガがシリーズ展開している落ち物パズルゲーム

この記事ではゲームとしてのぷよぷよシリーズについて説明する。

同シリーズに登場するモンスターの「ぷよぷよ」については別記事を参照。⇒ぷよ


2月4日は日本記念日協会制定によるぷよの日でもある。


シリーズの歴史

アーケード版以降のシリーズで有名になったためあまり知られていないが、作品の歴史は古く、元は80年代に徳間書店より発行されていたゲーム専門雑誌の最古参『ファミマガ』で立ち上がった読者参加型企画「ファミマガディスク」から生まれたゲームである。なお、ファミマガディスクシリーズ自体は『読者から募ったアイデアを実際にゲーム化する』という豪腕企画だったのだが、初代『ぷよぷよ』は読者のアイデアによるものではなく、コンパイルの開発・タイアップによって1991年10月25日にファミコンディスクシステムMSX2で発売された(後にファミコンのROM版が発売)。

(このため「元祖ぷよぷよは投稿作品」と勘違いされることがあるが、これは誤りである)

当時は一部の雑誌で対人戦プレイの熱さについて取り上げられたものの、時期的にディスクシステムの衰退期に発売されていたことと、書き換え専用で一般販売はされなかったこともあって、その時点ではさほど知名度が上がらなかった。

ちなみにファミコン版とMSX2版は灰色が加わった6色のぷよだった。オプションで「ぷよ」ではなく、「棒人間」みたいなキャラクターに変更できた。このモードだと繋がり方が手を繋いだり肩車する繋がり方になる。なお、これこそがぷよぷよとなる前の本来の仕様そのものであったとされる。


その後に1992年10月にアーケード版がセガから発売された際、一人プレイをエンドレス(とこぷよ)形式ではなくCPUとの対戦という当時としては珍しい仕様に変更したことや、『魔導物語』のゆるいキャラクターを使用したことによるキャラクター性の付加と、対戦要素を全面に打ち出したゲーム性により、一躍大ブームとなった。

そしてメガドライブなど様々な機種に移植され、特にスーパーファミコン版『す~ぱ~ぷよぷよ』は売上本数約170万本という大ヒットとなった。

それを受けてルールをさらに練り込んだ続編『ぷよぷよ通』が1994年9月に登場、こちらも絶大な人気を得て、勢いを加速させる。


しかし、1998年3月にコンパイルが経営破綻。

『ぷよぷよ』の版権はセガに売却されることになる。

セガへの売却後も、コンパイルはセガから版権の使用許可を頂く形でぷよぷよシリーズの制作を続けたものの経営再建には至らず、2000年12月21日発売の『ぷよぷよBOX』を最後にコンパイルはぷよぷよから撤退することとなった。


このような経緯から、平成以降に生まれた人の中にはコンパイルが開発したことを知らない人もいる。


なお、現在は『魔導物語』のキャラクターが導入されたアーケード版以降のシリーズと区別するため、ディスクシステムで発売された「初代ぷよ(無印)」は「旧世代ぷよ」と呼称されている。


セガ制作シリーズ以降

コンパイルが撤退してからはセガがぷよぷよシリーズの制作を行うようになる。以降の作品は一部で通称「セガぷよ」とも呼ばれている。

2001年4月のiモード版『ぷよぷよ』の配信を皮切りに、2001年10月18日には初コンシューマ版となる『みんなでぷよぷよ』を発売。

そして2003年11月26日にセガ初のナンバリングタイトル『ぷよぷよフィーバー』を発売。コンパイル最後のナンバリングタイトルである『ぷよぷよ~ん』から、物語の舞台を異なる世界「プリンプ」に移し、新システム「フィーバーモード」を導入。キャラクターのイラストやゲーム画面なども、太線ポップ調の独特なタッチとなった。世界観が変更されたため、主人公もアミティへと交代し、登場するキャラクターはほぼ全て新キャラクターとなり、「異世界からの来訪者」としてゲスト的な扱いでアルルとカーバンクルが登場。

記念作品『ぷよぷよ!』以降の作品では、コンパイル時代のぷよぷよシリーズに登場していた旧キャラクターも異世界からプリンプに転送されてきた(あるいは自ら出向いた)という設定で、フィーバーに準じた絵柄でプレイヤーキャラとして登場するようになった。


しかしこれらの中身の問題で一部の旧世代ぷよ魔導ファンから強い批判を招くことがある。

特に『ぷよぷよ7』の内容は賛否両論になったが、これはアンチの影響を受けていると言われている。


『ぷよぷよ7』ではさらに異なる世界である現代風の「チキュウ(地球)」へ舞台を移し、主人公もあんどうりんごに交代。ただし、こちらは完全に一新ではなく魔導キャラやフィーバーキャラもそのまま混ざっており、プリンプも引き続き登場、旧主人公であるアルルやアミティも話のメインに関わってくる。

その後の記念作品『ぷよぷよ!!』以降ではアルル・アミティ・りんごの歴代主人公をメインに据え、複数の世界観を混ぜたままでの展開が行われるようになった。

ソーシャルゲーム『ぷよぷよ!!クエスト』ではさらに異なる世界観で新旧キャラの復活が行われている。


登場キャラクター

コンパイル時代に販売されていたぷよぷよシリーズに登場するキャラクターは、そのほとんどが『魔導物語』に登場するキャラクターを原型としている。また、販売元がセガに引き継がれた『ぷよぷよフィーバー』以降では、多くの新キャラクターに加え、後に旧キャラクターも登場している。詳しくは、ぷよぷよ・魔導物語・フィーバーキャラクター一覧参照。


主要キャラクター

シリーズに登場する主要キャラクターを列挙する。


シリーズタイトル

詳しくはこちら⇒魔導物語・ぷよぷよ・フィーバー他シリーズ一覧

ナンバリングシリーズ

コンパイル制作

ぷよぷよ:便宜上、詳細はす~ぱ~ぷよぷよ(※SFC移植時のタイトル)の項目を参照。各機種版もまとめている。

ぷよぷよ通

ぷよぷよSUN

ぷよぷよ~ん


海外版

海外では、ゲーム内で登場するキャラが差し替えられたバージョンが発売されている。

Dr.ロボトニックのミーンビーンマシーン (Dr.Robotnik's Mean Bean Machine)…メガドラ版の海外版、ソニックシリーズDr.エッグマンのメカに差し替え

カービィズアバランチ (Kirby's Avalanche)…『す~ぱ~ぷよぷよ』の海外版、『星のカービィ』に差し替え

Qwirks…Windows/Macintosh用海外版、オリジナルのSF世界観、『テトリス』の作者アレクセイ・パジトノフがプロデュース


関連動画


他の記事言語

Puyo Puyo

コメント

コメントはまだありません

pixivisionの関連記事

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 星のカービィ ぷよぷよジェネレーションズ

    LEVEL22 いざ!決戦の地へ!

    今回、カービィ達が遂に敵の本拠地へ! カービィ「本編へGO!」
  • エピソード・ジ・オリジナルキャラクターズ

    華の女騎士 2

    今回は過去に投稿した小説をリメイクしたものを投稿します。 あらためて見ると、ツァイトの性格が全然違うなぁ。 そして、レセフの設定も……これはただのミスですが。
  • ミルクセーキ

    シェレム前提のシグ→レムで腐向けなような腐向けじゃないような/書きかけ
  • 【ぷよ主義16】蜂蜜色の夜の後【サンプル】

    ぷよ主義16で発行するレムラフィ小説本のサンプルです。 蜂蜜色の夜の後/A5/72ページ/800円 既刊「蜂蜜色の夜の中」の後日譚にあたるお話を纏めた短編集。 とはいえ、既刊を読んでなくても読めます。 短編6本とプロローグ+エピローグの構成。 サンプルはその中の1本です。 レムレス23~24歳、ラフィーナ19~20歳の世界線。 サンプル程度のいかがわしい描写があるので、R-15表記させていただいております。 逆にこれ以上を期待されても、なにも出ません。 ぷよ主義16 【A-18 キンギョオビ】にて頒布 BOOTHでも通販予定です。
  • ぷよぷよテトリス2

    ぷよぷよテトリス2 Spiral 22 ~少年のまま~

    スクエアスの秘密が完全に明らかになる話ですね。 人間じゃないなら、こういうのも可能ということでしょう
  • アルルがボクと言う理由

    pixivフォロワー500人到達記念第一弾!! Twitterに投稿したネタの使い回しで御免なさい; 漫才でも許されるかどうかっての在ると思う。
  • シグアミウィーク編

    シグアミウィーク2024まとめ

    今回も大豊作! 以外自語り 1ページ目「dream」 夢の中だから玩具箱をひっくり返した感じで 3ページ目まで同じ世界観のはず 2ページ目「Quest or Adventure!」 シグもアミティと二人だけのものが欲しい その思いは3ページ目で結集する… 3ページ目「hot & cold」 私の中で黒シグは「シグの中にいつの間にか居着いた異物(魔物由来でないまた別の力)」が開放された状態だと捉えています 4ページ目「date」 シグの「男の子」としてのガツガツさを表したようなもの 5ページ目「Butterfly」 みんなの夢、叶えるよ!?をみんな見よう! 古本屋で割と転がってるよ! 6ページ目「hydrangea/MoonsunFlower」 ここでは「勇気を与えてくれるもの」として書きましたが私の解釈では「あやクルを最も連想するもの」です 常に自分と対比することで闘争心を沸かせるためです。 7ページ目「freeDay」 彼にもS或の血は流れているということでひとつ…
  • ぷよ単品まとめ

    ぷよぷよつめつめ!

    おしながき 双子ユーレイのごはん大作戦!1p~ Amitie in wonderland 3p~ ぷよ遊記 6p アルデレラ 7p ゴゴット漂流記8p~ ぷよ太郎10p あやクルをとことん主人公にしてみよう!11p ぷよ7トンデモ世界旅行考察12p おまけのショート劇場(13p) Notまぐりんでポッキーゲーム ホウ・レン・ソウ テトリス王者 相棒 ※以前GREE、エブリスタに載せた小説を文字数ギリギリまでつめこみました。 ※と思ったら全然ギリギリじゃなかった。3万じゃなくて30万だった……でも編集が辛いのでもう増やしません。 ※多少書き直してあります。 ※おまけは新規で書きました。
    29,429文字pixiv小説作品
  • 【ぷよぷよ】じょしかい!

    プリンプタウンの女の子達が女子会を開いたようです。※CP色かなり強め ※男子会あり                                                                                         こんな感じでやってると思ったらほのぼのするよね、みたいな。                                                              アルルの強さとか、リデルの強い気持ちとか、男子と女子の違いとか、ツンデレクルークくんとかがちゃんと書けてたら幸いです。
  • 曇りのち雨

    ぷよクエBBSにて雑談していたところ、たまたまできあがったまぐりん小説。なかなか好評だったので……。 ちなみに続かない★
  • 夏の夕暮れ

    【ぷよぷよ】夏の夕暮れ [3]

    ここまで読んでくれた方、ありがうございますっっっ!!!! それに、[2]の小説に、最高評価をつけてくださった方も、本当にありがとうございます! こんな、どしろーとの作品でも、楽しんでいただけてるなら、私も嬉しいし、書きがいがあります! ぷよぷよキャラのかわいらしさを、私なりに最大限引き出せたらなーと思って書いています…! あーもうシグかわいい 今後も、不定期に、でもなるべく一日ひとつのペースで投稿したいと思いますので、今後もよろしくお願いします!
  • ぷよぷよ‼シリーズが幻想入り

    ぷよぷよ‼シリーズが幻想入り 第七十七話

    こんにちはpaskalです、真面目な話をしますとこのシリーズはこの話を入れて後三話で終わります。あらかじめ予告しておく理由は、そういう流れだろうなということを改めて感じてもらうということにあるのでよろしくお願いします。 この作品は東方とぷよぷよの二次創作及びクロスオーバーです。 前回ブックマーク登録ありがとうございます。 評価点もいただきありがとうございます。 その他ご意見ご感想お待ちしております。 プロローグに行けるドン→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5816806
  • 刹那の再会

    諸事情でサタンは魔界から人間界に行けなくなって半年。 お互い直接会えないことで寂しさを募らせていたある日の事。 シェゾはとある思い付きを提案する。
  • ぷよぷよ・魔導物語

    (ぷよぷよ・魔導物語プロット)激突!雪合戦

    主にシェゾとルルー様が雪合戦で激突するギャグ&バトルです。途中少々シェウィな場面があります。
  • つきなきよるの

    遅刻したし誕生日のたの字も出てこないけどアルルさんの誕生日のために書いたんだよーと言ってみる。 そして健全。 ☆おしらせ 最後の投稿が4月だったので宣伝してみる。 Twitter始めました。シェアル3割日常3割ほも4割ですが良かったら覗いてやってください。 ☆ぎゃああああああああああああタグ追加ありがとうございます!!!!!!!!!!!うれしぬ!!!!!
  • プヨプヨロンパ

    Chapter.5 ③

    前回の続き 前https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18232380 後https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18927494
    17,209文字pixiv小説作品
  • シグアミ詰め

    キミと、幸せな日々。

    シグアミ結婚して毎日イチャラブしてくれという強い願望が詰まった新婚大人シグアミの小話詰め。 ※小説版(角川つばさ文庫本)のネタがところどころにあります。直接的な描写は無いですがR15くらいの雰囲気です。また、二人に子供ができる描写がありますのでそれを踏まえて大丈夫な方はどうぞ。
  • どんなお菓子より甘い~サタシェ~

    ブログの方で書いたサタシェの小説ですd=(^o^)=bシェゾたんコーヒー飲めなかったら良いよね!ミルクとか入れないと苦くて無理だったら良いよね!なんていう妄想の塊です。ちなみに私はミルク入れようが砂糖入れようがコーヒー飲めないです☆少しでも苦味があるとキツいんよなぁ…あとこう…しょうがとかみょうがとかがりとかからしとかわさびとか大人の食べ物全般食べれませんオワタ
  • World Saver Team

    4:WSTに所属するぷよぷよチーム

    『ぷよぷよチーム』人気パズルゲームのキャラ達が所属するチーム。魔法に特化したキャラが集い、頭の回転をフルにさせて相手よりも早く倒すぞ!人数は少ないものの、バックアップが多く控えているのとチーム戦で戦うのが特徴。リーダーはシェゾ・ウィグィィ、副リーダーはアルル・ナジャ、参謀はあんどうりんご「追記」さっき、データのミスがあって修正しようとしたら削除しちまった・・・OTL

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    参号ミツル

    読む

pixivision

カテゴリー