ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カーバンクル(ぷよぷよ)

まどうものがたりのかーばんくる

ここでは魔導物語およびその派生作品「ぷよぷよシリーズ」に登場するカーバンクルについて説明する。
目次 [非表示]

「ググー!」


概要

CV

榎本明美:PCエンジン『ぷよぷよCD』

三石琴乃:『ぷよぷよ の~てんSPECIAL』

MOO仁井谷(コンパイル社長):セガサターン版『ぷよぷよ通

姫月あやめ(コンパイル社員):『ぷよぷよSUN』~『みんなでぷよぷよ』(DCN64PS版『ぷよぷよ~ん』を除く)

間宮くるみ:『ぷよぷよ~ん』(GBC版を除く)

仲西環:『ぷよぷよフィーバー』~『ぷよぷよクロニクル

金田朋子:『ぷよぷよテトリス2』・『ぷよぷよ!!クエスト』(2020年12月10日以降に搭載のカード)

※『ぷよぷよeスポーツ』はクレジットは無いが、時期から仲西環と思われる。


RPG『魔導物語』とその派生作品『ぷよぷよ』のキャラクターとして登場する黄色い動物。ウサギ耳のような物があり一頭身。カレーらっきょが好物。体はとても柔らかく、舌もよく伸びる。

 額に「ルベルクラク」という宝石を付けており、そこからビームを出すことができる。ルベルクラクには六角形という設定があるが、公式イラストとしての制約にはなっていない模様。

 かつてはコンパイル社のマスコットキャラクターであり、カーバンクル饅頭も販売されていた。

 「ぐー」としか喋らないが、どうやらアルルには何故かちゃんと伝わってる模様。アルルからは「カーくん」と、サタンからは「カーバンクルちゃん」(一部の作品では「カーくん」)と呼ばれている。元々サタンのペットだったが、アルルが連れていってしまってから彼女と共に居る。

 ぷよぷよのマスコット的な存在として対戦フィールドの中央などでダンスをしながら出演する事が多いが対戦キャラクターの一人として登場する事もある。


 フィーバールール(7ルール)では他のキャラクターと比べてぷよが3つや4つの組合せの割合が多いため、手数が非常に多い。更にCPUとして登場する場合は全キャラ中でも一二を争う強さを誇っている。

 特にフィーバーでは難易度を「やさしい」にしたとしても6,7連鎖を当たり前のように放ってくるため、かなりの強敵である。


 なお、セガぷよ版のカーバンクルには口の中に星マーク(たまにハートマークになる)があるのがコンパイル版との最も特徴的な違いである。



 北米版のキャラ差し替え作品である『Dr.ロボトニックのミーンビーンマシーン』でも同じ姿で登場するが、Dr.エッグマンがロボットに改造したビーン「ハズビーン」としてストーリー中の主人公枠に据えられている。一方で『Qwirks』では研究者たちが飼いならし味方にしたクワーク「コスモ」として登場している。『カービィズアバランチ』では主人公のカービィにフィールドで踊るポジションを奪われている。


関連イラスト

カーくんカー君


関連項目

カーバンクル 魔導物語 ぷよぷよ

関連記事

親記事

初代メンバー しょだいめんばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88721

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました