ピクシブ百科事典

ウィッチ(ぷよぷよ)

ぷよぷよのうぃっち

『ぷよぷよ』・『魔導物語』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

おいっス!

プロフィール

性別
誕生日10月31日
年齢
  • 13歳(ぷよ通~SUN)
  • 15歳(SS魔導以降)
身長
  • 155cm(ぷよ通~SUN)
  • 158cm(SS魔導以降)
体重45kg
サイズ
  • B78 W58 H81(ぷよ通~SUN)
  • B81 W58 H81(SS魔導以降)
目の色
髪の色
服の色
性格プライドが高く、自分に正直でちょっとおせっかいな見習い魔女
備考身長より長いホウキを持つ


概要

初登場はMSX2版『魔導物語1-2-3』のエピソードの1つである『魔導物語3』。初出時は「ウッチ」(イが大きい)表記だった。
しかし、当初はダンジョン内で遭遇するだけの単なる量産型の雑魚敵であり、しかも黄ぷよと並ぶ最低ランクのザコ敵であった。
また雑魚敵の方のウィッチは作品によってデザインが様々で、リアル志向のPC98版『魔導物語1-2-3』では現在のウィッチとは全く異なる姿である。

パズルゲーム『ぷよぷよ』ではステージ8の対戦相手として登場し、可愛い姿ながらも漫才デモでは高飛車な性格を見せ、ぷよの実力もかなり手強い強敵として立ちはだかった。
続編『ぷよぷよ通』でも塔の4階の「四天王」の一人として登場し、こちらも同階層の他3人と比べてなかなかの手強さを見せつけた。
それ以降もシリーズを重ねるうちに人気がぐんぐん上昇し、『ぷよぷよSUN』でも当然のように出場したうえ、「とことんなぞぷよ」でも中盤の強敵という立ち位置を維持。『ぷよぷよ~ん』では衣装が緑色にリニューアルされ、道中で仲間になるキャラクターの一人にもなった。特技「フォーリンサンダー」は最も高い1列を消滅させるため、遺跡ステージでは猛威を振るう。
キャラクター設定自体も初出時は雑魚だったとは思えないほど個人と呼べるレベルまで昇華していき、『魔導物語 魔導師の塔』ではヒロイン、さらにはアクションゲーム『コメットサマナー』で主役までも務めた。『コメサマ』ではボスとして自身のもうひとつの可能性とも言えるダークウィッチが登場している。

セガ版では『ぷよぷよ7』にて久々の登場をするもこの時はNPC扱いで台詞も無し、ウィッチの登場を待ちに望んだファンを落胆させた。

しかし、20周年記念作品『ぷよぷよ!!』では遂にプレイアブルキャラとして正式に復活した。プリンプで薬の材料探しや薬品の販売をしているが恐ろしい薬が多く、売れない模様。

ぷよクエ始めました


ぷよ魔導キャラの中でも非常に人気が高いキャラクターの一人で、『ぷよぷよ!!』で10年振りに復活して以降は再びレギュラーとなる。
ドラマCD版ではウィッチのみ前期シリーズ5巻全てに出演しており、後期シリーズでも登場率が高い。

人物

前述の通り当初はただの雑魚敵だったが、『ぷよぷよ』シリーズ以降は個人としてのプロフィールが設定された。
年齢は13歳もしくは15歳で誕生日は10月31日。金髪碧眼で服は比較的ぶかぶか寄りのものを着ている。
由緒正しい魔女族長家の一人娘であり、祖母にはウィッシュというキャラクターがいる。

プライドが高く、ちょっとタカビーで、おせっかいで、ひねくれやでもある。
「~ですわ、~ますの」など見た目高貴な口調で、「おいッス!」「行ってみよぉ」「ダメだこりゃ!」などドリフめいたセリフが特徴。一人称はわたくしもしくはわたし。相手の名前を呼ぶときは大概基本的には「さん」付けをする。稀に一人で暴走することがある。(ぷよぷよSUN白熱!ぷよりんぴっく

ウィッチ


いかりやリスペクト

多彩な属性の魔法を操る。特にメテオなどの天体魔法は、ウィッチを含め、祖母のウィッシュとダークマターとサタンくらいしか使用が確認されない。ファイヤー、アイス、サンダーのアレンジ技が一番多いのもウィッチ。しかし魔力自体は、シェゾやウィッシュによれば、まだ高いわけではないらしい。その覚えている魔法を使いこなせず失敗したりする場面も多い。
魔法用のホウキを用途に合わせて何本も持つホウキマニアであり、薬品作りもしている。『セリリのはっぴーばーすでぃ』では石造りの搭の中に住んでおり、豊富な蔵書と高い知識を元に薬品を魔導学校に卸す商売をしているという設定。『アルルの冒険 まほうのジュエル』では木の家を構えている。

『ぷよぷよSUN』や『魔導師の塔』以降、に対してはしばしば執着(?)がみられる。

魔法使い

「魔導師」達とは異なる過程で修行を積み、魔法を習得する「魔法使い」の一族。彼らは西の大陸に住んでいて、言霊」を非常に重んじている。
ウィッチの名は彼女の本名ではない。元々大量にいるザコ敵から個人キャラクターとして昇格・派生したという経緯のため、こじつけもとい、補足の為の後付け設定として「修行中の魔法使いの一族の女性は「ウィッチ」、男性は「ウィザード」と呼ばれ個人名がなく、一人前になると親あるいは師から真の名が与えられる」という設定が『SS魔導』以降、『真・魔導物語』等で追加された。
(ただし他のシリーズでは特に説明もなく、以降のゲームでも『ぷよぷよ!!』くらいにしか反映されていない。賛否両論な真魔導絡みの設定な為、この「真の名」設定については否定的なファンも居る。)

彼らは一人前になった際に「仮の名」と「真名」の二つ名が与えられる。
彼らの一族では真の名を他人に明かすことがタブーとなっており一生隠すという者もいるという。

主要な使用魔法・必殺技の一覧

使用作品数が多い魔法をまとめる。実戦で用いたエフェクトがある場合は、作品名と共に記載する。この他にも実に多彩な魔法を用い、光魔法、闇魔法とも使用例があるのも特徴。ただし初期作品ではモブキャラであり、全作品が同一人物のウィッチかは不明なところもある。

  • ファイアー/フレイム・・・ファイアー(『魔導物語ARS』ほか)はアルルと同じ魔法。やや威力が高く帯状に炎が伸びるフレイムもよく用いる(『はめきん』『魔導師の塔』など)。
  • アイス・・・氷の棘あるいはかたまりを飛ばす(『魔導物語』ほか)。
  • サンダー・・・雷光を放つ(『はめきん』『魔導師の塔』など)。
  • 旋風陣・・・ほうきを目の前で回転させてファイアー等相手の魔法をかき消す防御技(『はめきん』『魔導師の塔』)。
  • どんえ~ん・・・アルルが『魔導物語』で使用した時は魔法を遮断する障壁で互いの攻撃を封じる防御魔法であった。ウィッチは『ぷよぷよ』シリーズでのみ使用する(『セガぷよ』では反撃ボイス)…のだが、楽しそうに箒に横座りして飛んでいるモーションであり、何か違う魔法なのかも知れない。
  • ミルキーウェイ・・・ほうきを振って星のかけらをぶつける(『SS魔導』)。光属性なので、シェゾ等闇属性の敵に有効。
  • ブラックホール・・・ウィッチは『ぷよぷよ』シリーズでしか使っていない。フィニッシュ3のボイス。戦闘での使用例は魔導師の塔でウィッシュが用いた“あらゆるものを吸い込む暗黒の渦”。ウィッシュ版のエフェクトは魔法陣から生まれた暗黒が敵に命中して吸い込もうとする。
  • メテオ・・・隕石を落下させて敵に命中させる。作品によって威力は違うが、『魔導師の塔』や『SS魔導』ではウィッチの必殺技。エフェクトは、掲げた指に星屑が集い、敵の頭上から次々降り注ぐ(『魔導師の塔』)、ほうきを掲げて周囲が宇宙空間になり隕石が敵に命中(『SS魔導』)。『セガぷよ』ではフィニッシュ1。
  • ビッグバン・・・ウィッチは『ぷよぷよ』シリーズでしか使っていない。『セガぷよ』ではフィニッシュ5のボイス。戦闘での使用例は魔導師の塔でウィッシュが用いた必殺技“全てを破滅に導く宇宙の怒り”。ウィッシュ版のエフェクトは魔法陣から集中した光が敵に命中して大爆発を起こす。
  • タキオン・・・『セガぷよ』でのフィニッシュ2。
  • クエーサー・・・『セガぷよ』でのフィニッシュ4。
  • ティンクルダスト・・・『セガぷよ』での増幅ボイス(いわゆるダイアキュートに相当)。

歴代衣装

  • ぷよぷよ・ぷよぷよ通
空中散歩
ウィッチ(ぷよぷよ通)


  • よ~ん・SS魔導物語

ビリビリー
SS魔導のウィッチさん


  • ぷよぷよ7・ぷよぷよ!!

ウィッチ
ウィッチさん


  • 魔導師の塔・魔導RUN

夜空メテオ!
おいっす



中の人(CV)

※初期の作品(『魔導物語1-2-3』『ぷよぷよ』『ぷよぷよ通』等)はノンクレジットのコンパイル社員のため不明。

榎本明美PCエンジンCD-ROM2版『ぷよぷよCD』
岩男潤子カセットドラマ『ぷよぷよ の〜てんSPECIAL』
高山理衣SS版『ぷよぷよ通』実写テレビCM
吉田古奈美PCE版『ぷよぷよCD通』
野田純子(のだすみ)(コンパイル社員)『ぷよぷよSUN』以降多くのコンパイル作品
水谷優子『ぷよぷよ~ん』
佐倉薫『ぷよぷよ!!』以降のセガぷよ

関連タグ

ぷよぷよ 魔導物語 魔導師の塔
ウィッチ ウイッチ

関連記事

親記事

ぷよぷよ・魔導物語・フィーバーキャラクター一覧 ぷよぷよまどうものがたりふぃーばーきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィッチ(ぷよぷよ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403919

コメント