ピクシブ百科事典

天地魔闘の構え

てんちまとうのかまえ

大魔王バーンの究極技
目次[非表示]

天地魔闘の構え(てんちまとうのかまえ)は、漫画ダイの大冒険』のラスボス「大魔王バーン」の奥義である。

概要

「天」は攻撃、「地」は防御、「魔」は魔力の使用を意味する。

相手の攻撃を静かに待ちながら、全てを切り裂く手刀カラミティエンド、全ての呪文を弾き返すフェニックスウイング、そして最強な炎呪文カイザーフェニックスの三必殺技を「連続して同時に」繰り出すカウンター技。作中で使用されなかったが、本人の言動からカラミティウォールなど、他のバーンの必殺技を組み合わせるヴァージョンも可能らしい。

ただし、超必殺技の三連発ぶちかます為にある程度力を蓄積させ、連続技を出した後、数秒は動けないという弱点もある。だが、その弱点を露呈したのはこの技を3発以上放ち、弱点を見出されたダイたちとの戦いのみであり、ほとんどは1撃で終わっているので、それを差し引いたとしてもほぼ無敵である。

カウンター技ゆえ「攻めなきゃいいじゃん」とも言えるが、その場合は勿論、バーンの方から攻撃される訳で、それはそれで迎撃が難しいのは周知な事実。「攻撃して返り討ちに遭う」のか「一方的に攻められて死ぬ」のかを選べ!…とも言える状態である(どうあがいても絶望)。

この技はゲームで言う「1ターン複数回攻撃」を漫画で再現したもの。それにしても最強な奥義が「カウンター」というラスボスも珍しいが、最強の必殺技を出させた上で迎撃してフルボッコされる訳だから、肉体だけでなく精神的にもダメージが大きい。

タグとしては、他作品も含めた他キャラが似たポーズを取っているにも付くことがある。最近は某魔法乙女がこのポーズを取った事で、時々ネタにされている。

後に「ドラゴンクエストⅨ」において「天地のかまえ」が登場。
相手の攻撃を防御した後カウンターする技となっている。

なお、空手の技に「天地上下の構え」というものが実在する。

関連イラスト

天地魔闘の構え


関連タグ

ダイの大冒険 大魔王バーン 必殺技 ポーズ カウンター
カラミティエンド フェニックスウイング カイザーフェニックス

pixivに投稿された作品 pixivで「天地魔闘の構え」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1469276

コメント