ピクシブ百科事典

ティアナ・ランスター

てぃあならんすたー

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」以降の登場人物にして、フォワードのリーダーである。
目次[非表示]

CV. 中原麻衣

概要

スバル・ナカジマの幼馴染で、ティアと呼ばれる。年齢16歳(StrikerS時点)。
StrikerSの設定資料では身長156cm。
デバイスは拳銃型のクロスミラージュで、射撃と幻術魔法を駆使する。
バリアジャケットは機動六課配属前の物はノースリーブの夏服の上に半袖のジャケットミニスカートブーツ
機動六課配属後はデザインが高町なのはのバリアジャケットのデザインが取り入れられブーツも短くなる。
名前の「ティアナ」は、日産自動車が生産・販売しているセダンが由来。

経歴

『StrikerS』~『StrikerS サウンドステージX』期

兄の夢だった執務官に自分が代わりになることを目指しているが、空戦適性がなく士官学校の入学試験にも落第という挫折の過去を持ち、弱気な面が顔を見せることもある。 六課に配属された当初は、周囲の才能への劣等感や兄への想い、日々の訓練で自分が強くなっている実感が湧いて来ない焦燥感から、任務や訓練で無茶を続けていた。そして遂に模擬戦においてまで教導無視の捨て身の攻撃を実行した結果、戒めとしてなのはに撃墜される。その後もなのはに対する反発を強めていくが、状況を見かねたシャリオからなのはが過去に重傷を負って苦しんだこと、教え子達には自分と同じ思いをさせないように教導していることを教えられる。そして彼女との対話で、身の安全だけでなく自分の将来も気にかけ深慮してくれていたことを知り和解した。
この苦い経験を経て、各人とより強い絆と信頼で結ばれるようになった。

最終決戦では戦闘機人のノーヴェウェンディディードと3対1で対峙。数的不利に加え足を負傷するという窮地に陥るが、完璧なコンビネーションを逆手に取ることで戦局を逆転させ勝利した。元より機動六課隊長陣は、ティアナを単純な兵士ではなく、情報分析・戦術立案・戦闘行為の並行処理(マルチタスク)に秀でた「チームの核」として育成する方針であり、なのはの教導もそれに基づいて構成されていた。いわば「単純な戦闘力のレベルで敵に劣るような状況でも、戦術レベルで凌駕することで戦場を制すること」が彼女の役割であった(ティアナ自身は戦闘レベルの能力で自分と仲間達を比較して劣等感を覚え、自らを「凡人」と評していた)。最終決戦において、数的不利の状況下で「敵性戦闘機人3機捕縛」という戦果を挙げるほどに成長しており、なのはも最強の切り札・スターライトブレイカーを伝授できるほどの成長と認めている。

後に執務官補佐試験に満点で合格し、六課解散後は次元航行部隊に配属、髪も下ろした。フェイトの第二補佐官として執務官実務研修に入り執務官になるための第一歩を踏み出した。また、軍勢の用兵戦術に関しても天才と言える才能があり、将来の大都督として大きく将来を嘱望されている。補佐官であるため、エピローグでは明確な描写はなかったが、スバルと同様に(事実上の)一等陸士に昇進している。 『StrikerS』の3年後を描いたCDドラマ『StrikerS サウンドステージX』では念願の執務官に昇進しており、本人曰く「未完成」ながらもスターライトブレイカーを実戦使用するなど、更なる成長を遂げている。

『Vivid』期

主にスバルとセットで出てくる。執務官になって事務仕事が多かった事で身体が鈍っており、皆で参加したオフトレーニングでは同様なフェイトと共にへばっていた(毎日を猛訓練に割けるスバル達と比べるのは酷ではある)。その後の模擬戦では青組と赤組に分かれてなのはと対戦。第1回戦ではスターライトブレイカーを撃ち合い、なのはの「SLB-MR(マルチレイド)」を「SLB-PS(ファントムストライク)」でギリギリ相殺し、なのはを撃墜して勝利した。だが、ボロボロになっていたところへヴィヴィオの襲撃を受け、ティアナも撃墜されている。

『Force』期

本局警防部に所属する執務官として、フェイトらと共にエクリプス関連事件に協力している。スバルを通じてトーマと面識があり、彼からは『ティアさん』、あるいは『ティア姉』と呼ばれている。
(以上、Wikipediaより抜粋・編集)

力量について

前述のように『StrikerS』期において『戦闘レベルの能力』で同僚たちに劣っている事にコンプレックスを持ち、自らを『凡人』と卑下していた彼女ではあるが、最終決戦では数的不利の状況下で「敵性戦闘機人3機捕縛」という戦果を挙げ、なおかつ沈み行く『聖王のゆりかご』に取り残されたなのはヴィヴィオを、スバルと共に救助して見せるなど基本的な能力は決して低くはなく、後年の執務官補佐試験における満点合格の快挙と合わせて考えれば、機動六課フォワード陣の面々では最も優秀であると言えよう。
そんな彼女を讃える意味でも『史上最強の凡人』との称号を進呈したい。

「パンツめくれ」の真相

『StrikerS』第8話において「少し頭冷やそうか」と共に有名になったのが「パンツめくれぇ!!!」とティアナが叫んだ、とされる案件である。
だがティアの名誉のために言っておかなければならないのは、本当は「ファントムブレイザー」と言おうとしたのだが、高町なのはの放った射撃魔法が途中で遮った為(大多数の視聴者が)「パンツめくれ」にしか聞こえなかったというのが真相である。
しかしいずれにせよ、めくるものはスカートでありパンツでは無い事は断言しておく。

関連イラスト

ティアナ
三年後のティアナ



関連タグ

リリカルなのは ティアナ ランスター
高町なのは スバル・ナカジマ 風のランスター
スバティア

少し頭冷やそうか

pixivに投稿された作品 pixivで「ティアナ・ランスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1656102

コメント