ピクシブ百科事典

梓みふゆ

あずさみふゆ

梓 みふゆ(あずさ みふゆ)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「それに、ワタシには責任があります。黒羽根や白羽根の子たちを巻き込んでしまったしまった責任が…。だから、果たさなくちゃいけない。みんなの夢を叶えるという目的を…」

概要

7年間、やちよのパートナーとして魔女と戦ってきたベテランの魔法少女。
自身の魔力が衰えている事を実感してから、ひとりの女性としての幸福を得るために、マギウスの翼の幹部になった。
優しいが心は弱く、判断を誤ることが間々ある
(『マギアレコード』内アーカイブより)

黄昏時みふゆさん
梓みふゆさん


左:通常 右:魔法少女姿

七海やちよの幼馴染で、7年間魔法少女として共に活動していた少女。やちよのことを「やっちゃん」と呼び「お互いを捨てられない幼馴染」と自認するほどの仲である。また、作中の会話から由比鶴乃とも親交があった模様。

1年前のとある事件をきっかけに、現在は「魔法少女の救済」を目的とする「マギウスの翼」の一員になり、やちよや鶴乃、いろはを仲間に引き入れようと勧誘することになり、その結果対立することになる。

なお、オープニングムービーには1シーンのみ魔法少女姿の彼女が登場している。

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市
学校不明(水名女学園出身)
年齢学年19歳/浪人生
肩書き魔法少女マギウスの翼
願い事夢の中で自由になりたい
固有魔法幻覚
キャラクターデザイン蒼樹うめ
声優中原麻衣


人物像


白髪のショートカットで、頭頂部の毛が動物の耳か昆虫の触角のようにはねている。私服時には黒薔薇のような花を髪につけている。
一人称は片仮名で「ワタシ」。基本的に誰に対しても丁寧語で話す。アリナ・グレイは彼女の身体に芸術的価値を見いだしているらしく、デッサンのモデルになったりするらしい。
これは想像にすぎないが、幼馴染みのやちよがずっとモデルをしており、やちよと7年の付き合いのあるみふゆも、もしかしたらモデルをやっていた(もしくは今も続けている?)のかもしれない。それならば身体のライン等が一般人より美しいので、アリナがみふゆの身体をデッサンのモデルにするのも頷ける。

ベテランらしく振る舞いは落ち着いているが、やちよに比べると少々情緒不安定。やちよに精神的に頼り切っており、彼女が絡むと取り乱したり、大人げない面が顔を出す。
実家は水名の呉服屋で、お嬢様育ちのせいか家事全般が苦手。年長者として気張ってはいるが、本人曰く本来の性格は「甘えたがり」

魔力解放時のボイスや「ユメミルサクラ」イベントストーリーによれば薬学部志望で現在は浪人中の身だと判明している。

魔法少女として

みふゆさん


ファーで出来た黒い衣装に変身。花の髪飾りはなくなってかわりに両側頭部から長いリボンがつく。ソウルジェムはチョーカーについている。

バレリーナのような優雅な動きで戦う。武器は巨大なチャクラムで、バックスピンをかけて投げることで地面を転がって手元に帰ってくる。また、固有魔法の「幻覚」と合わせることで分身させることも可能。
マギアアーカイブ2の蒼樹うめ氏のデザイン図によると、非常に短いあの衣装はレオタードにフリルがついている構造。つまりパンツじゃないから略

ゲーム上の性能

2018年6月8日に実装された。
属性は闇。
このほか、上述の固有魔法設定を反映してか、こちらを幻惑の状態異常にしてくる。
また、踏破型イベント、「呼び水となりて綻び」では主役の一人として登場。

基本データ

全体的にマギア・敵への妨害特化型。攻撃タイプの親友のやちよとは真逆である。
相手のペースを乱す幻惑に加え、「幻惑」と「バフ解除」という凶悪な二つの付加効果が乗った対全体マギアを持つ上、アクセルを一人で三枚持っているためMPも溜めやすい。
高いレベルまで育てれば魔力の衰えを全く感じさせないほどのパワーを発揮する。

属性
タイプサポート
イラストレーター蒼樹うめ
実装日2018年6月8日(★4〜5)

ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×3×1×0×1


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8021,8086,2966,182
★5Lv.10027,4527,9337,785


コネクト「甘えたなんですから」

レアリティ効果
★4Accele MPUP[Ⅶ] & 必ず幻惑
★5Accele MPUP[Ⅸ] & 必ず幻惑


「甘えた」とは、妻や恋人など女性に甘える男性のこと。元々は関西圏の俗語。

マギア「アサルトパラノイア」

レアリティ効果
★4敵全体にダメージ[Ⅴ] & 確率で幻惑(敵全/1T) & バフ解除(敵全)
★5敵全体にダメージ[Ⅶ] & 確率で幻惑(敵全/1T) & バフ解除(敵全)


ドッペル生業のドッペル

レアリティ効果
★5敵全体にダメージ[Ⅸ] & 必ず幻惑(敵全/2T) & バフ解除(敵全)


専用メモリア「交される遺志」

吹けば消えるような命…自分に課せられた宿命に気付いたとき
心を委ねられる相手がいることに安らぎを感じた
1枚1枚に綴られた気持ちは、その証
今の本音、誰にも伝えていないこの遺志を、あなたに託します

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能梓みふゆ
イラストレーターかにぱんだ


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14200501
Lv.206300751
Lv.401,05001,252


スキル「ディスクシャッフル」

特殊能力効果発動ターン
通常再度Discを引く10T
限界突破再度Discを引く8T


活躍

メインストーリー/アナザーストーリー

第1部『幸福の魔女編

第3章『神浜うわさファイル
やちよの回想シーンの他、マチビト馬のウワサが作りだした幻が登場。

第4章『ウワサの守り人
本人が初登場。ミザリーリュトンのウワサが倒された直後、いろは達の前に姿を現し、マギウスの翼の一員であることを明かした。戦闘はせず、天音月夜月咲姉妹を回収して引き上げた。

第5章『ひとりぼっちの最果て
第6話終盤に登場。名無し人工知能のウワサの結界内に隠していた魔女を倒されて怒り狂うアリナ・グレイを制止した。

第6章『真実を語る記憶
やちよに普段の感謝を伝えるべく、サプライズを計画していたいろはたち。
やちよが家に帰ってきたら外にいる他のメンバーに伝えるという役割を担って家にいたいろはの前に突如登場、なぜかいろはとお茶を飲むことに。
いろはたちに「講義をするから記憶ミュージアムに来い」と伝え、帰ってきたやちよに「このままでは前と同じ事になる」と忠告して帰って行った。





【警告】ネタバレ注意




















やちよがいろはたちと行動を共にするようになる前にいっしょに行動していた5人のうちの1人。やちよ達がまだ魔法少女の真実などを知らずにおり、鶴乃ももこも同じチームにいた。

しかし、共に行動していたメンバーのうち、1人はソウルジェムが砕けて死亡し、1人は魔女化するという凄惨な結末を迎えた。

それにより、情緒不安定となっていたみふゆはソウルジェムが濁りきり、「自分も魔女になるのだ」と悟るも魔女化せず、ドッペルを出現させた

その直後、目の前に現れた里見灯花により「自分がドッペルを出せるようにした」と伝えられ、みふゆはマギウスの翼へと加わるが……。


第7章『楽園行き覚醒前夜
マギウス上層部の苛烈なやり口を一線を越える(それ以前も充分ひどいものだったが)として、フェリシアとさなの洗脳を解いた上で、彼女たちの脱走の手引きをする。
脱出の際、フェリシアからいっしょにマギウスを抜けることを提案されるも、解放を望む気持ちは強く、そこを譲る様子はなく、彼女たちを見送った。

第8章『偽りに彩られ神浜』/『ここからもう一度』
終盤に登場。マギウスのやり方に刃向かいすぎた事でソウルジェムを取り上げられ、天音姉妹同様に幽閉された。

アナザーストーリーでは幽閉される前、マギウスの本拠地で杏子と出会っていた事が語られる。
本拠地に潜入した杏子をマミの元へ案内。杏子がマミを説得しようとした所で灯花とねむがやって来たため、杏子と話を合わせて難を逃れる。杏子に対し、魔法少女の洗脳がマギウスのやり方だと告げると、杏子からはマギウスの翼に入らない事を告げられる。
そしてマギウスがイブの孵化のために神浜にワルプルギスの夜を呼ぼうとしている事と、自分はもうマギウスのやり方に賛同してない事を杏子に伝えた。

第9章『サラウンド・フェントホープ
いろは達の助けでソウルジェムを取り戻し、天音姉妹共々マギウスの翼を離反した後ホテルフェントホープの元締めである女王グマのウワサと対峙。多数の魔法少女が束になっても敵わないこのウワサに対しみふゆは自身に幻覚及び暗示をかけ、全ての魔力を一度に放出する事でウワサを消滅させるも、ソウルジェムに亀裂が入ってしまい天音姉妹によってみたまの元へと運ばれた。

第10章『浅き夢の暁
エピローグにて、いろはの固有魔法によってソウルジェムはあっさり修復された。

第2部『集結の百禍編

第1章『前書きは靴音と一緒に
相変わらず灯花とねむの補習を受けており、二人に頭が上がらない。
一方で、「ネオマギウス」を名乗る、マギウスの翼の残党に警戒し、元マギウスの翼組の仲間と対策を話し合っている。

魔法少女ストーリー

梓みふゆ

  • 1話「あなたに会いたい」
    • マギウスの翼の中間管理職的存在のみふゆは、こんなにマギウスに魔法少女が集まるとは思っていなかった。みふゆは心の中で問う。「やっちゃん、たくさんの魔法少女を巻き込んだワタシは間違っていますか……?
    • 魔法少女になってから、みふゆはタッグ相手であるやちよと毎年手紙を交換していた。それはいつ死んでしまうかわからないいざというときの自分達の遺書のようなもの。みふゆはやちよと敵対するようになってもその内容を覚えていた。
    • その手紙を思い出しながら、マギウスに救いを求めたのは正しかったのか自分に問うみふゆ。もういっそやちよのところに戻ろうかと考えていると天音月夜から電話が入る。それはマギウスのお三方である灯花ねむアリナと口論しているとのことだった。
    • どうにか三人をいい収めることに成功したみふゆ。そこに月夜が労いの言葉と共にグリーフシードを渡してきた。月夜をマギウスに入れたのは自分。他にも多くの羽根たちがみふゆを信頼してマギウスに入ってしまった。今ここで自分が抜け出せば、月夜や羽根たちが裏切られたと二度目の絶望を味わってしまう。自分は逃げ出すべきではない。やちよのところには戻れないと再確認してしまうみふゆだった……
    • ワタシはマギウスの翼を抜けられないほど、背負ってしまった………

  • 2話「あなたは変わらない」
    • やちよがウワサを消して回っている。そしてみふゆを探している事を知ったねむは、やちよを篭略して仲間にしろと言う。明日まで考えさせて欲しいとその場はそう返答するみふゆ。やちよがマギウスに来てくれるのか否か……そんなことを考えていると来訪者が現れる。それは後輩の月夜と双子の妹の月咲であった。
    • 天音姉妹の作った夕飯で心が楽になったみふゆに、月夜はどうして魔法少女になったのか聞く。みふゆは語る。自分が魔法少女になった経緯を。
    • みふゆは水名の旧家の出身で、幼い頃から自由が無かった。そこに現れたキュウベエに自由に生きたいと願おうとした。……が当時のみふゆには自由を活かせるだけの意思はなく、親の言うとおりに生きてきたみふゆには自由をどうしていいかわからなく、そう願う事は無かった。代わりに願ったのが、“夢の中だけでも自由でありたい”というものだった。その結果、自分自身に幻覚をかける力を手に入れたみふゆ。
    • 16歳のときに貰ったやちよの手紙を思い出す。そこには仲間を死なせてしまった事への後悔と自身への戒め、そして互いに道理を違えたときは敵になってでも止めてみせると書かれてあった。やちよは昔から正しい。そんなやちよがこちら側に来てくれるはずはない、敵として自分の前に立ち塞がるだろうと。だがそれでも構わない。多くの羽根達を巻き込んだものとして、彼女達の夢を守らなくてはならない。みふゆはやちよと敵対する覚悟を決める。
    • やっちゃんが来ることも望めないのなら、ワタシは……

  • 3話「あなたも救うため」
    • そしてみふゆはねむに、やちよを止めるようなウワサを沢山作って欲しいと頼む。そしてそのウワサは、“マギウスの翼の計画が完遂するまで出てこれない”ものをリクエストする。アリナにはやちよが立ち塞がるのなら自分が排除すると宣言。みふゆはウワサの場所に水名神社を選ぶ。こうして口寄せ神社のうわさが出来上がることになる。
    • ここにやちよを閉じ込める………救済が終わるその日まで………これでみふゆの普通の女性に戻るために解放という目的も達成できる。うわさのなかで全てが終わるまで眠って貰う…………
    • お願い………全てが終わればふたりとも救われているから……

天音月夜
母校の水名女学園に芸術文化祭の準備の為呼ばれていた。先輩として、月夜のハードスケジュールな日々を心配する。

天音月咲

ホーリーマミ
アリナ・グレイ里見灯花らと一緒に食事をしないかとマミを誘う。

天乃鈴音
黒羽根たちを手にかけようとする鈴音の前に現れ、彼女たちを守るために交戦。
死角からの攻撃を避けた上でのカウンターを繰り出すなど、衰えたとされていながらも、一線を張る現在の彼女の実力が、初めて語られた。

篠目ヨヅル
時系列は第2部辺り。
神浜に現れたピュエラケアを怪しんでピュエラケアの偵察に向かう。

レナ・かえで 水着ver.
海で遊ぶみかづき荘とかもレの元にみたま、なぎたんと共に訪れる。
灯花に海に行くことがばれた為こってり絞られたようで、話す言葉が数式ばかりになってしまう。その後みたま特製おむすびを食べたことで我に返った。

イベント

ユメミルサクラ
第10章の後日談。マギウスの翼から離反したとは言え、前歴の責任を問われることに。
最終的に処分は執行猶予となった。

また、かつてマギウスの翼に入る際に灯花に奨学金と家を借りていた。薬学部に合格する約束は生きているということで、灯花に勉強を教えてもらうことになった。「倫理道徳はワタシが教えます」と見得を切ったものの……

ガールズ・イン・ザ・フッド
過去の話である当イベント。あした屋の店主の話の中に幼少期のみふゆのLive2Dが登場した。当時はロングヘアだった。

彼方に届いて希望の一編
まだ魔法少女になったばかりの頃が描かれる。

テレビアニメ

第4話にマチビト馬のウワサが作りだした偽物が登場し、口寄せ神社に参拝したやちよの目の前に姿を現す。第5話で偽物はやちよを異世界に閉じ込めるために彼女を誘惑するが、自分を妨害しようとするいろはと死闘を繰り広げ、やちよの投げた槍が胸を貫通し消滅する。
本物は第5話に回想シーンで登場。みふゆはやちよにマギウスの翼に加わるよう説得するが断られる。
第7話ではフクロウ幸運水のウワサが倒された後に姿を現し、やちよと鶴乃の再会を喜ぶも互いの話は平行線のまま終わり、霧を撒いて撤退した。
10話では振子の魔女が回収された後に駆けつけ、マミと天音姉妹を共にその場を去り、その後はフェントホープの聖堂でマミと二人で灯花とねむにひとりぼっちの最果てを消された事を報告し、一人「今の自分をやっちゃんは許してくれない」と思い悩む。
そこに天音姉妹が現れ、二人が夕食を作る姿にメルとやちよを重ねて姉妹のために改めて魔法少女の解放への想いを強める。
11話ではねむに会いたいいろはに弱みを握られた月夜に相談され、みかづき荘を訪れる。そこでいろは達を記憶ミュージアムへと誘いやちよが帰ってきたところでその場を去る。
12話では灯花とともに、記憶ミュージアムで魔法少女の真実をいろは達に話す。そして彼らをマギウスの翼に加わるよう勧誘する。

関連動画



関連イラスト

みふゆちゃん
マギレコまとめ6


みふゆさん
みふゆさん



関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
七海やちよ
マギウスの翼
保澄雫…同作品のチャクラム繋がり
鈴鹿さくや…上司に一線を越えさせない為、敵に手引きをする魔法少女繋がり。

関連記事

親記事

マギウスの翼 まぎうすのつばさ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「梓みふゆ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2044864

コメント