ピクシブ百科事典

アリナ・グレイ

ありなぐれい

アリナ・グレイ(Alina Gray)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「勝手に酔い痴れて勝手に評価してヨネ」

概要

魔女化のない世界を作ろうとしている魔法少女。
生と死というテーマに取り憑かれた天才芸術家で、スランプ時は自分を題材にしたこともある。
自身の目的こそが至上で努力を惜しまない彼女は、魔女を最高のアートにすることを夢見ている。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市栄区
学校栄総合学園
年齢学年16歳高校1年生
肩書き魔法少女マギウス
願い事誰にも邪魔されないアトリエが欲しい
固有魔法結界生成
キャラクターデザイン蒼樹うめ
声優竹達彩奈


人物像

主人公環いろはらと対立する敵組織「マギウスの翼」をさらにその上から支配する「マギウス」の1人。

16歳にして様々な賞を受賞している天才芸術家。美術部に所属しているが、後輩の御園かりんいわく「はみ出し者」らしく、普段は一人で黙々と絵を描いている。
制服の時でも腰から画材と、絵の具で汚れた布を提げている。

部員がかりん一人しかおらず、部室も持っていない漫画研究部の活動に教室を共同で使用することを認め、絵の下手なかりんの指導も厳しく行っている。

一人称は「アリナ」。英語交じりで、「〜だカラ」「〜だケド」等と、文の最後がカタカナになる独特な口調。歯に衣着せぬ辛辣な口調で、かりんに対しては特に毒舌。
激しやすく、興奮しやすい性格の持ち主で、頭に血が昇りやすいのか、エキサイトした際やキレた際など、よく顔が上気する。

単なる芸術家というよりはマッド・アーティストという表現がしっくりくるようなエキセントリックな感性の持ち主であり、いろは、まどかほむらの三人をドッペルでいたぶった後、あえてトドメを刺さずに体力が残り少ない状態でウワサに挑んで自滅するよう仕向ける等、残忍な一面もある。また、アイこと「名無し人工知能のウワサ」を利用し、その結界内に魔女を隠していた。

メインストーリーに登場する直前の期間限定イベント『マジカルハロウィンシアター〜1日だけの魔法少女劇団〜』では甘ったれた考えのかりんを叱りつける「いい先輩」的なポジションでの出演だったため、その嗜虐的な振る舞いは特に衝撃的だった。

前述の通り「マギウス」の一人であり、いろはに「マギウスの翼」と呼ばれた時は「翼と一緒にするな」と怒っていたため、やはり明確に違う存在のようだ。
また、梓みふゆの身体に芸術的価値を見出している模様。立場上は彼女の上司にあたるが、お互いに対する口調は比較的友達っぽく、フランク。
暴走してたしなめられた時などは、まるで彼女の妹のようだった。

アリナの作品

出身地は神浜市栄区。生家のギャラリーグレイの中で、2歳の頃から様々なアート作品に触れて育った。8歳の時、愛犬の死と祖父母の死を通して生物から物体への変化に気付き、これをきっかけに生と死の境の描写を試みるようになる。10歳の時に生前と死後の定点撮影による合成写真の作成や骨格の躍動的表現などあらゆる表現に挑戦する。

  • 『立体:生きるモノクロ』
    • 11歳の時の作品。死の象徴であるモノクロの骨格に生の象徴である色を乗せた。ビビット&サイケを取り入れる。

  • 『絵画:絶叫羅漢』
    • 12歳の時の作品。痛みによる叫びは本能と感情と理性が最大値になって共存した生の頂点と感じ、その強い刺激から作成された。印象と直感の表現に挑戦する。

  • 『インスタレーション:ひとりの群』
    • 13歳の時の作品。群れない個の生命を強調的に描くため動的な群衆と静的な個を映像で表現。また、それを元にしたコンテンポラリーダンス。生に対する表現がテーマになる。

  • 『絵画:死者蘇生シリーズ』
    • 14歳の時の作品。遺体の燃焼による灰を使った絵画。そこに新たな生命ではなくあった生命を蘇らせる取り組みをした作品集。生に対する表現のひとつが完成。

  • 『立体:輪廻とH2Oの証明的機関』
  • 『写真:デジタルデッドライフ』
  • 「絵画:無血族の顔」
  • 『インスタレーション:兵士の足元』
  • 『絵画:虚無は全てを得ているのか』

  • 『争いのない完成品』
    • 第3回神浜現代美術賞で金賞を受賞した作品。自分の写真を油絵にしたもので、賞に向けての作品が思い浮かばず、腹が立って準備室の木材をすべてバキバキに破壊し、最後にキャンバスを折ろうとして無理だと思った時に閃いた。体中が絵の具だらけで木材が散らばっているというエキセントリックな作品。

魔法少女として

帽子をかぶった深緑色の憲兵のような服装。ソウルジェムの位置は胸元のリボンの中央。カラーは緑。
手の中に浮かんだ緑色の発光するキューブが武器で、ここからビームを放って攻撃する。
天音姉妹によると、結界を作り出すことが固有の魔法であるらしい。

アリナ先輩



ゲーム上の性能

メインストーリー第5章では、バトルパートのボスとして立ちはだかる。
プレイアブル未実装だったが、2018年3月2日に実装する事が決定した。

バトルパートでは、攻撃時に「死ね〜!」だの「死んだら感謝してヨネ」だの危ない発言を繰り返している。というか、興奮した台詞冷めた台詞で全て構成されているため、テンションが非常に乱高下に聞こえる。
(コネクトを受け取った時)「あんま乗り気じゃないんだヨネ……」

(攻撃時)「サイッッッコ~~~!!!!!」
とか普通にある。
極めつけはHPがゼロになって倒れる際の※「さぁ、録画してぇ~」
どうかしている、だがそこがいい
※筆者にはこういう風に聞こえました。修正あればよろしくお願いいたします。

ちなみに、★4のイラストのアリナはキョトンとした顔をしているが、★5に覚醒するとドッペル発動時のおなじみのあのポーズで不敵に笑っているイラストになる。

基本データ

属性
タイプアタック
イラストレーター蒼樹うめ(★4〜5)
実装日2018年3月2日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×1×1×1


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8017,8257,7565,646
★5Lv.10022,3709,7847,106


コネクト「アリナの作品に溶けて」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ] & 必ず幻惑 & 必ず毒
★5攻撃力UP[Ⅷ] & 必ず幻惑 & 必ず毒 & 確率でスタン


相手を状態異常にするのが得意な木属性の特徴がえげつないまでによく出ており、特に覚醒後はあたかも彼女のアートのように多彩なバッドステータスの嵐で相手を混乱に陥れる。
プレイアブル版では相手を妨害する効果がなくなった天音姉妹とは逆のパターンだと言える。

マギア「Nine Phases」

レアリティ効果
★4敵全体にダメージ[Ⅴ] & 攻撃力UP(自/2T) & 確率でクリティカル(自/2T)
★5敵全体にダメージ[Ⅶ] & 攻撃力UP(自/2T) & 確率でクリティカル(自/2T)


「チョーエキサイティングでゾクゾクするぅ……フフッ、アハハハハ……!」

演出上は通常攻撃のビームを強化したもの。

技名は直訳すると「9つの段階」。恐らく仏教絵画九相図を意味した名前と考えられる。後述の専用メモリアにも「アリナの九相図」と名付けられている。

ドッペル熱病のドッペル

レアリティ効果
★5敵全体にダメージ[Ⅸ] & 必ず毒(敵全/3T) & 攻撃力UP(自/2T) & クリティカル(自/2T)


「キター…!美しいアリナのドッペル…!」

専用メモリア「最後の作品:アリナの九相図」

全てが色あせたなら、それは自分の色が失われたから このまま自分の色が無くなるのなら最後に全てを彩ろう 自らを捧げて

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能アリナ・グレイ
イラストレーター都筑禰己

ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14210503
Lv.206320755
Lv.401,05301,258

スキル「モノポライズドロー」

特殊能力効果発動ターン
通常自分のDiscドロー15T
限界突破自分のDiscドロー13T


経歴

メインストーリー/アナザーストーリー

第5章

  • 第5話「ウワサの結界に潜む者」
    • 「マギウスのお三方」の中では最初に登場。二葉さなを救出すべくアイこと名無し人工知能のウワサの結界に乗り込んできたいろはまどかほむらの前に立ちはだかる。
    • ドッペルを召喚して3人に大ダメージを与え、そのまま放置して結界内に置き去りにするが、予想に反していろは達が奮闘した結果、ウワサは倒され、アリナがウワサの結界内に隠していた振子の魔女が外へ出てきてしまう。


  • 第6話「アリナの作品」
    • アリナは自分の結界に魔女を収納して逃走しようとするが、そこへフェリシアが追いついてくる。アリナは自分の結界にフェリシアを閉じ込め、内部の魔女に食わせてしまおうと考えるが、フェリシアの実力を見誤り、逆に魔女を倒されてしまう。
    • 可愛がっていた魔女を倒されたアリナはヴァァァアアアッッッ‼という乙女にあるまじき奇声をあげながらフェリシアから「壊れてる」と言われるほどの逆ギレぶりを見せ、その負の感情を利用して再度ドッペルを呼び出し、「すりつぶして赤い絵の具にしてやる!」とまどかやほむらもろとも殺そうとする。魔女との戦いで力を使い果たしていたため、さしものフェリシアも追い込まれるが、そこへ鶴乃が合流したことで形勢が逆転し、鶴乃の猛攻の前に敗れる。
    • しかし、勝ち負けなどどうでもいいアリナは、とうとう「倒された魔女の見返りとしてフェリシアをこちらへ引き渡せ」と要求したことで鶴乃を激怒させ、「あんた魔女よりもひどいやつだよ!」とまで言われる。怒りの収まらないアリナだったが、直後に現れたみふゆにたしなめられて渋々撤退していった。

第6章


第7章

アナザーストーリーでは見滝原でまどか&さやか&ほむらと対峙しているマミの元に現れ、自身の結界とマミのリボンで3人を閉じ込めた。

第8章

終盤、万年桜のウワサ内でいろは、さなを消そうとした灯花、ねむを阻止。エンブリオ・イブのエサにする事と、いろはの記憶に興味を持った為、いろはをマギウスの本拠地「フェントホープ」へと拉致した。

魔法少女ストーリー

御園かりん

  • 七海やちよが「魔法少女歴6年、単独で活動」していることから、時系列は1年前の「ある事件」の後である。この時点では、アリナは左手中指にソウルジェムの指輪をしておらず、まだ魔法少女にはなっていない様子。


アリナ・グレイ

  • 第1話「消えるモチベーション」
    • 第三回神浜現代芸術賞金賞に、アリナの作品が受賞した。それはスランプになっていた自分自身の写真を油絵で描いたものだった。しかし自分の部分に砂を塗っているという奇っ怪な作品である。学校ではそれら作品の総評のみならず作品が出来るまでのアリナの変人ぷりまで噂されていた。
    • それら噂の発端となったのは後輩の御園かりん。かりんは自分が取った写真が作品に使われて嬉しかったのでみんなに喋ったのだ。しかしアリナは浮かない。いつもはこんなシリアスな気持ちで賞に出していない。自分が作りたいものを自分の感性で気に入るものを自分の手で作る。そのはずだったのに……。
    • そんな時、アリナにかりんが審査員の人から受け取ったという手紙を渡す。その手紙には「恐らく君は見る人が死ぬまで考えてしまうような美しく難解な作品を作ることが出来るだろう」「しかし外へのテーマを持たない君の作品は、人を狂わせるかもしれない劇薬だ」「15歳を過ぎて尚自覚がないならキミの輝きはそこで尽きるだろう」「世界を変える気がなければ作るのを止めろ」と書かれていた。この手紙を読んだアリナは酷く不機嫌になる。
    • あの手紙はアリナの訴えたいことへの価値を問うていた。そうアリナは解釈する。自分が作品を作る理由は自分にもわからない。アリナは思う。一度チェックしてみよう。自分が辿ってきた道を……
    • そしてある美術館で梢麻友と出会う。彼女から渡された略歴のスチレンボードを見て愕然とするアリナ。アリナは差し替えを希望する。振り返っても訴えたいテーマはなにもない。ただ自分がインスピレーションを受けたものをエキサイトし形にしていただけ。「15歳で輝きが失せる」との言葉にアリナはもう作品作りを止めようか考えてしまう。
    • 学校へ行き、自分の作品を改めて見て怒りがこみ上げてくるアリナ。「全然エキサイトしない」「センセーショナルじゃない」と言い、作品を壊してしまう。そしてそれらを写真に収める。何故アリナの作品がゴミになったのか、それはアリナにはなにもないから……アリナは空っぽだって気づいたから……
    • アリナの作品は、もっとブリリアントだったはずなんですケド……
    第2話「最後のアートワーク」
    • アリナは一ヶ月旅をしていた。しかしアリナは変わることが出来なかった。アリナは劇薬……15歳で輝きを失う芸術家……そう考えるとアリナはゾクゾクしてくる。もう全てを捨てて壊して終わらしてしまおう……アリナはラストワークとして自身の死を望んでいた。が、そこに「本当に君はそれでいいのかい?」との声が。それはおなじみ白いあいつの声だった。
    • 魔法少女への契約を迫るキュゥべえに、「アリナの願いは獣には理解できないんですケド」と言いキュゥべえに一撃を食らわすアリナ。そして最後の作品を作ると言い「バイバイ」と言い残しアリナは姿を消す。
    • ラストアートワークを残すため。作品を終わらせ完成させる!と意気込むアリナはいつの間にか美術館に来ていた。自身の作品を手当たり次第に壊していくアリナは、最後の仕上げとして屋上に向かう。自身の死でアートを完成させようとしているときに昨日の白いオコジョが現れる。
    • 尚も契約を食い下がるキュゥべえに、アリナは「誰にも邪魔されないアトリエが欲しい」と願う。願いは叶えられたが、自死についての考えを改める気はアリナにはない。
    • 屋上から飛び降り、意識がもうろうとする中、アリナはラストアートワークを決められることへ喜びを感じていた。しかし、彼女は死ななかった……
    第3話「目覚めるセンス」
    • 生死の狭間でアリナはやっと自身の訴えたいテーマを見つける。それは最初からあった。アリナのテーマはただただ「アリナの美」。アリナが目が覚めると、そこは病室。アリナは生き残ったのだ。
    • かりんは泣きながらアリナの無事を喜ぶ。泣きながら「アリナ先輩は、また自分を作品にするの?」と問うかりんに、アリナは否と答える。アリナは見つけたのだ。自分のテーマを。
    • 文句を言いながらかりんに押しつけられた怪盗少女マジカルきりんを読むアリナ。そこへ里見灯花柊ねむが現れる。彼女達はアリナを見つけた第一発見者だという。灯花らはアリナのことを知っているらしく、アリナの「サイケデリック青春賛歌」展のチラシにはアリナが作品を壊している写真が載っていた。
    • 変な子供だったと言いつつまたも現れた白だぬきに、魔法少女や魔女のことなど色々と話を聞く。と、そこに魔女の反応が。魔法少女の役目を果たすため魔女の元へ向かうアリナ。
    • 魔女の結界に入ったアリナは最高にエキサイトしていた。なぜかとキュゥべえが聞くと、「こんなデザインの命が見えない世界で溢れているなんてチョーゾクゾクしちゃう」らしい。「次の作品の素材はあなたたちできーめた」となんと魔女達を作品にすることを口にする。
    • アーハッハッハッハッ……はぁ、ぞくぞくする


天音月夜天音月咲

  • 時系列はメインストーリー第5章の直後。同じストーリーを月夜・月咲それぞれの視点で描いているが、アリナが登場する場面はほぼ同じ。


ホーリーマミ

マミに美術の授業を行うが、エキサイトして授業にならなかった。里見灯花似た者同士

期間限定イベント

マジカルハロウィンシアター〜1日だけの魔法少女劇団〜

行き詰まるかりんに対しアドバイスを行う。
この時点では既にアリナはソウルジェムの指輪をしているため、魔法少女になっていることが断定出来る。

みかづき荘のMerry Christmas

エピローグにかりんと登場。

その他

名前が判明するまでは、OPムービーでの様子から「敬礼ちゃん」と呼ばれていた。
性格は魔法少女としての姿から鉄道オタクなどが予想されていたが、実際の彼女はもっと危険な女だった。
OPムービーでの彼女の振る舞いが誰に対しての態度なのかは不明。最も、単なるイメージに過ぎない可能性もあるが。

余談

魔法少女たると☆マギカを担当成された枡狐先生のお気に入りキャラとか。
たしかに彼女と似てなくもないが…

関連するツィート
https://twitter.com/masugitune/status/930025058059161600
https://twitter.com/masugitune/status/942317460518080512

関連動画

15秒PV


30秒PV



関連イラスト

アリナぱいせん
魔法少女マジカルかりん


アリナ先輩
アリナ・グレイ



関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
マギウスの翼里見灯花梓みふゆ
御園かりん 梢麻友
アリかり:学校の後輩とのコンビ・カップリング
アリみふ:組織の部下とのコンビ・カップリング

スカンジナビア・ペペロンチーノ/クリプター:仏教とその起源の一端を担うインド神話に詳しい人物。
松屋町散春/ヒダリキッキー:「アート」の名目で犠牲者が出かねない行動をとる者つながり。「木」にまつわる能力を持つ点も共通。
劇団イヌカレー実は同一人物なんじゃないかというウワサが

ゴーシュ・ル・メドゥ:声優が同じ悪役キャラ
吐き気を催す邪悪

外部リンク

Twitter:アリナのドッペルに関する考察 - 2017年11月19日

pixivに投稿された作品 pixivで「アリナ・グレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 503438

コメント