ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アリナ・グレイ

ありなぐれい

アリナ・グレイ(Alina Gray)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次 [非表示]

「勝手に酔い痴れて勝手に評価してヨネ」


概要

魔女化のない世界を作ろうとしている魔法少女。

生と死というテーマに取り憑かれた天才芸術家で、スランプ時は自分を題材にしたこともある。

自身の目的こそが至上で努力を惜しまない彼女は、魔女を最高のアートにすることを夢見ている。

(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)


プロフィール


人物像

主人公環いろはらと対立する敵組織「マギウスの翼」をさらにその上から支配する「マギウス」の1人。


16歳にして様々な賞を受賞している天才芸術家。美術部に所属しているが、後輩の御園かりんいわく「はみ出し者」らしく、普段は一人で黙々と絵を描いている。

制服の時でも腰から画材と、絵の具で汚れた布を提げている。


部員がかりん一人しかおらず、部室も持っていない漫画研究部の活動に教室を共同で使用することを認め、絵の下手なかりんの指導も厳しく行っている。


一人称は「アリナ」。英語交じりで、「〜だカラ」「〜だケド」等と、文の最後がカタカナになる独特な口調。歯に衣着せぬ辛辣な口調で、かりんに対しては特に毒舌。

激しやすく、興奮しやすい性格の持ち主で、頭に血が昇りやすいのか、エキサイトした際やキレた際など、よく顔が上気する。


単なる芸術家というよりはマッド・アーティストという表現がしっくりくるようなエキセントリックな感性の持ち主であり、いろは、まどかほむらの三人をドッペルでいたぶった後、あえてトドメを刺さずに体力が残り少ない状態でウワサに挑んで自滅するよう仕向ける等、残忍な一面もある。また「名無し人工知能のウワサ」を利用し、その結界内に魔女を隠していた。


前述の通り「マギウス」の一人であり、いろはに「マギウスの翼」と呼ばれた時は「翼と一緒にするな」と怒っていたため、やはり明確に違う存在のようだ。

また、梓みふゆの身体に芸術的価値を見出している模様。立場上は彼女の上司にあたるが、お互いに対する口調は比較的友達っぽく、フランク。


アリナの作品

出身地は神浜市栄区。生家のギャラリーグレイの中で、2歳の頃から様々なアート作品に触れて育った。8歳の時、愛犬の死と祖父母の死を通して生物から物体への変化に気付き、これをきっかけに生と死の境の描写を試みるようになる。10歳の時*生前と死後の定点撮影による合成写真の作成や骨格の躍動的表現などあらゆる表現に挑戦する。


その内容はグロ表現が非常に多く、悪趣味なものも珍しくない。

魔法少女になってからからは魔女ですら作品としてみなすようになったり、鶴乃マミにウワサを着せて洗脳するなどマッドアーティストの本領を発揮した。


魔法少女として

アリナ先輩

黒い軍服にカラフルなスカート、アクセサリーがついた帽子をかぶった憲兵のような服装。

ソウルジェムの位置は胸元のリボンの中央。カラーは緑。


武器は手の中に浮かぶ緑色に発光するキューブ。キューブは3×3立方に分割することが可能で、固有魔法の起点になる他、ビームを放って攻撃することもできる。

アプリの戦闘ではもっぱらビームしか使わないため、見た目から某ジャンプ漫画のシューター呼ばわりされることもしばしば。


「誰にも邪魔されないアトリエが欲しい」という願いから、固有魔法は「結界の生成」。

単にバリアとして使うだけでなく、人間や魔女を封じ込めたりすることが可能。


アリナはこの魔法を使って気に入った魔女を閉じ込めて飼育しており、使い魔を育てて魔女を養殖したりしている。

キューブは他人に渡しておくこともでき、アニメでは天音姉妹がアリナから渡されたキューブに封じ込められた魔女を解き放ったり、逆に魔女を回収したりしている。


ゲーム上の性能

メインストーリー第5章では、バトルパートのボスとして立ちはだかる。

プレイアブル未実装だったが、2018年3月2日に実装する事が決定した。


バトルパートでは、攻撃時に「死ね〜!」「死んだら感謝してヨネ」など危ない発言を繰り返している。一方で興味がないことにはとことん冷淡で

(コネクトを受け取った時)「あんま乗り気じゃないんだヨネ」

(攻撃時)「サイッッッコ~~~!!!!!」

とか普通にある。

極めつけはHPがゼロになって倒れる際の「さぁ、録画してぇ~(※)」。

※音声が不鮮明なため推測。究極のアートとしての自死とその後の朽ちていく様子のことか(後述)。


ちなみに、★4のイラストのアリナはキョトンとした顔をしているが、★5に覚醒するとドッペル発動時のおなじみのあのポーズで不敵に笑っているイラストになる。


基本データ


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×1×1×1

最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8017,8257,7565,646
★5Lv.10022,3709,7847,106

コネクト「アリナの作品に溶けて」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ] & 必ず幻惑 & 必ず毒
★5攻撃力UP[Ⅷ] & 必ず幻惑 & 必ず毒 & 確率でスタン

相手を状態異常にするのが得意な木属性の特徴がえげつないまでによく出ており、覚醒後は状態異常の嵐で相手を混乱に陥れる。


マギア「Nine Phases」

レアリティ効果
★4敵全体にダメージ[Ⅴ] & 攻撃力UP(自/2T) & 確率でクリティカル(自/2T)
★5敵全体にダメージ[Ⅶ] & 攻撃力UP(自/2T) & 確率でクリティカル(自/2T)

「チョーエキサイティングでゾクゾクするぅ……フフッ、アハハハハ……!」


演出上は通常攻撃のビームを強化したもの。


技名は直訳すると「9つの段階」。恐らく仏教絵画九相図を意味した名前と考えられる。後述の専用メモリアにも「アリナの九相図」と名付けられている。


ドッペル熱病のドッペル

レアリティ効果
★5敵全体にダメージ[Ⅸ] & 必ず毒(敵全/3T) & 攻撃力UP(自/2T) & クリティカル(自/2T)

「キター…!美しいアリナのドッペル…!」


専用メモリア「最後の作品:アリナの九相図」

全てが色あせたなら、それは自分の色が失われたから このまま自分の色が無くなるのなら最後に全てを彩ろう 自らを捧げて

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能アリナ・グレイ
イラストレーター都筑禰己

ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14210503
Lv.206320755
Lv.401,05301,258

スキル「モノポライズドロー」

特殊能力効果発動ターン
通常自分のDiscドロー15T
限界突破自分のDiscドロー13T

活躍

メインストーリー/アナザーストーリー

第1部『幸福の魔女編

第5章『ひとりぼっちの最果て

「マギウスの3人」として最初に登場。二葉さなを救出するために名無し人工知能のウワサの結界に乗り込んできたいろはまどかほむらの前に立ちはだかる。その後結界内で飼育していた魔女を倒されると発狂し、フェリシアから「やべーやつ」と評された。


第7章『楽園行き覚醒前夜』/『みんなで分かち合えるなら

鶴乃にウワサを着せてマギウスの目的達成のために使うことを思いつく。


アナザーストーリーでは、見滝原でまどか&さやか&ほむらと対峙しているマミの元に現れ、自身の結界とマミのリボンで3人を閉じ込めた。


第8章『偽りに彩られ神浜

万年桜のウワサ内でいろは、さなを消そうとした灯花、ねむを阻止。いろはの記憶に興味を持ちマギウスの本拠地「フェントホープ」へと拉致した。


第9章『サラウンド・フェントホープ』/『この手を引いて、一緒に

いろはをイブの生贄にすべく、近衛の羽根に囚われのいろはを引っ立てさせる。さらに、みふゆや天音姉妹も生贄にしようとしており、他の羽根も全て生贄にしようとしていた。しかしさながいろはを救出し、チームみかづき荘、チームももこ、見滝原組もフェントホープに乗り込んで破壊に成功した


…と思われたがイブを解き放ってしまい、神浜を舞台にマギウスvs魔法少女たちの大決戦が幕を開けることとなる。


第10章『浅き夢の暁

回想でういが魔女化しそうになった時にその場に居合わせた事が判明。急激に進行してしまった魔女化からういを救おうとした副作用で記憶を喪失した灯花とねむを言いくるめ、「魔女を芸術品にする」という自らの狂った野望のために二人を扇動し続けることとなる。



ういが救出された後、正気に戻った灯花の「神浜の被膜を消して!」という頼みを「いーーーーやっ」と拒否。本来崩れるはずだったイブの体を被膜で収縮させてエネルギーを安定させ、『ベストアート』-神浜の滅び-を作るための『ペイントブラシ』として利用することを画策。毛皮神のウワサを着込んでイヴを乗っ取ろうとするが、ねむとの一騎打ちの後消息不明となる。


第2部『集結の百禍編

第1章『前書きは靴音と一緒に

行方不明になったあと里見メディカルセンターに入院していたことが判明する。プロミストブラッドとの戦いで重傷を負ったかりんが同じ病院に搬送され「アリナの作品が運ばれてきたんですケド」とつぶやく。


第2章『微笑みと火花

PROMISED BLOODの攻撃により突発に起こしたドッペルによって重傷を負った御園かりんに連れられて里見メディカルセンターに担ぎ込まれ損時偶然相部屋となってついに2人は再会する。しかし、この時の様子はいつものアリナではなかった…。


「はじめましてだヨネ?」


記憶喪失になっていた。


第4章『彼方の群青

失った記憶は果てなしのミラーズの奥深くに存在することが判明。今まで夢を頼りにミラーズの地図描いていたのはそのためだった。


第6章『薄氷のレゾンデートル

鏡の魔女が倒され、株分けのミラーズが消滅した際かりんと共に行方不明となる。


第8章『夢のなごりに芽吹く花

かりんと共にミラーズの探索を続けており、その最深部でアリナの記憶を隠蔽していた瀬奈みことの人格と対話。記憶を返されて『ベストアート』を思い出す。


第11章『喜びと悲しみの終幕流転

みことによって人類の滅びの歴史を見せられる。

「人類は無意識のうちに滅びを求めている」との持論ゆえにみことに賛同しそうになる。かりんからはアリナ改心計画を迫られるが、結局みことの「アリナ進化計画」に付き合うことにした。


第12章『結ぶ永久の彩り

鏡の魔女の目的をいろは達に告げる。その後は魔女の起こした滅びをかりんと共に眺める。

いろはがその滅びを回避した後は、鏡の魔女の攻撃からいろはを結界で守る。

その理由はいろはが生きて死に抗う姿にアートを見出したためだった。


全ての戦いが終わり、浄化システムが広がった後は苦しみに抗う命の輝きをアートにする活動を世界で行うべく学校を自主退学し、海外へ。

それは苦境の人々の希望となった。


魔法少女ストーリー

御園かりん

七海やちよが「魔法少女歴6年、単独で活動」していることから、時系列は1年前の「ある事件」の後である。この時点では、アリナは左手中指にソウルジェムの指輪をしておらず、まだ魔法少女にはなっていない様子。


アリナ・グレイ

1話「消えるモチベーション」

第三回神浜現代芸術賞で金賞を受賞するが、審査員から

「外へのテーマを持たない君の作品は、人を狂わせるかもしれない劇薬だ」

「15歳を過ぎて尚自覚がないならキミの輝きはそこで尽きるだろう」

などと書かれた手紙が届く。その後

「振り返っても訴えたいテーマはなにもない。ただ自分がインスピレーションを受けたものをエキサイトし形にしていただけ。」ということに気づき、もう作品作りを止めようかと考えてしまう。


2話「最後のアートワーク」

自分探しの旅に出るが何も変わらず、ラストワークとして自身の死を望むようになっていった。そこへキュゥべえが現れて契約を持ち掛けるが拒絶する。

その後美術館で自身の作品を手当たり次第に壊し、里見メディカルセンターの屋上に向かったところ、キュゥべえが再び現れる。アリナは「誰にも邪魔されないアトリエが欲しい」と願うがそのまま屋上から飛び降りてしまった。


3話「目覚めるセンス」

魔法少女の体を手に入れた彼女は死ぬことが叶わなかったものの、生死の狭間で自身の訴えたいテーマをついに見つける。アリナのテーマはただただ「アリナの美」。そして倒れていたところを里見灯花柊ねむに発見されてそのまま入院することに。

病室に現れたキュゥべえに魔法少女や魔女のことなど色々と話を聞き、早速魔女の結界に入ると最高にエキサイトしてしまった。

「こんなデザインの命が見えない世界で溢れているなんてチョーゾクゾクしちゃう」

「次の作品の素材はあなたたちできーめた」


天音月夜天音月咲

時系列はメインストーリー第5章の直後。同じストーリーを月夜・月咲それぞれの視点で描いているが、アリナが登場する場面はほぼ同じ。


天乃鈴音

鈴音と交戦するみふゆに加勢しみふゆを結界の中へ退避させた。

貴重なアートであるみふゆを傷つけようとした鈴音に対して激しい怒りを見せた。


ホーリーマミ

マミに美術の授業を行うが、エキサイトして授業にならなかった。里見灯花似た者同士


恵萌花

コレクションの中でも特別扱いしていた魔女に襲われ、その魔女を倒す。図らずともそれで萌花が救われたため、命を賭けて自分を救った恩人と誤解されている。


由良蛍

やる気を出した蛍が描いた絵画を絶賛する。


期間限定イベント

マジカルハロウィンシアター〜1日だけの魔法少女劇団〜

行き詰まるかりんに対しアドバイスを行う。

この時点では既にアリナはソウルジェムの指輪をしているため、魔法少女になっていることが断定出来る。


みかづき荘のMerry Christmas

エピローグにかりんと登場。


アリナが街にやってくる ~ホワイト・クリスマス・ラプソディ~

みかづき荘のMerry Christmasと同時期。


イチカレーと10辛級のクライシス

占いパートに登場。スパイスカレー THE チキベジをとても気に入っている様子。

特有の辛味もさることながら、その見た目も彼女の感性と合致したとのこと。


ドリームハロウィンフェスタ 〜アリナ先輩!いい子になるの!〜

メインストーリー第2部4章から6章の間の出来事。栄総合学園で毎年行われるオープンイベントの顔役になるが、みたまの調整で思いがけない力をつけてしまったかりんに振り回される。


テレビアニメ

1期9話で初登場。アイがひとりぼっちの最果てにいろはを呼んだ後、アイがさなに理由を説明している途中に乱入、ドッペルを用いて一同を始末しようとする。アイによって外部に転送されたが、アイに致命的なダメージを残していた。

続く10話では、魔女を保護していたひとりぼっちの最果てを破壊された事に激怒し、6体の振子の魔女をいろは達に差し向ける。しかしフェリシアによって魔女を倒されたことに更なる怒りを爆発させ、再びドッペルを行使するもマミの銃撃で制止され、「邪魔されたくない」と言い残しその場を去った。

13話では終盤の灯花の演説を遠くから傍聴し、夜にベランダで一人「早く来ないかなぁ…ワルプルギスの夜」と漏らしていた。


2期においてはマギウス本部にいたが、5話までは台詞無しなうえに1期やアプリ版に比べやけにテンションが低い様子を見せていた。

6話ではみふゆが灯花たちに異を唱えたために排除され、打ち捨てられていたところに現れる。彼女に対しグリーフシードを放り投げて、灯花たちの計画がクライマックスを迎えそうだったら知らせて欲しいと言い残しその場を去った。


センシティブな作品

3期では第1話にて入院中にイチゴミルクが売り切れて自販機を蹴っていた所で灯花、ねむ、ういの動向を目撃し、盗み聞きで魔法少女がいずれは魔女化すると言う真実を知ってキュゥべえに猛抗議した。その際にういが魔女化している所に神浜を皮膜で覆った過去が明らかに。そしてういの記憶が無くなった灯花に誘われる形でマギウスとなった。

3話ではイブが神浜中を破壊する様をキャンバスに描き、4話でようやくいろは達の下に姿を現し、原作同様に造反を起こしドッペルでイブを乗っ取り一般人をも魔法少女化及び魔女化させる「全人類魔法少女化計画」を発動。計画の完遂の為にワルプルギスの夜をも取り込みに向かう。

灯花、ねむによるドッペルを用いた捨て身の特攻で重傷を負いながらも侵攻を止めなかったが、最期は神浜中の魔法少女とコネクトしたいろはと仲間の希望を受け継いだやちよとの合体攻撃によりワルプルギスの夜と共に敗れ去り、爆死。消滅する刹那、いろはに抱き抱えられる自身の姿が浮かんだ。その後彼女が残した絵画はエピローグにてかりんに譲渡された。

実質アニメ版におけるラスボスを務めた形である。


余談

名前が判明するまでは、OPムービーでの様子から「敬礼ちゃん」と呼ばれていた。

マギアアーカイブ2によると、当初の武器はであり、それを元に蒼樹うめ氏が軍人風にデザインしたとのこと。


ドッペルのデザインは当初致死性のウイルスを元にしていたが、のちに修正された。


魔法少女たると☆マギカを担当成された枡狐先生のお気に入りキャラとか。

たしかに彼女と似てなくもないが…


関連するツイート

https://twitter.com/masugitune/status/930025058059161600

https://twitter.com/masugitune/status/942317460518080512


関連動画

15秒PV

30秒PV


関連イラスト

アリナ先輩まぎれこ

アリナパイセンアリナ・グレイ


関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ

マギウス里見灯花梓みふゆ

御園かりん

ホーリーアリナ ハロウィンかりアリ:派生形態

アリかり:学校の後輩とのコンビ・カップリング

アリみふ:組織の部下とのコンビ・カップリング

劇団イヌカレー:名状しがたき現代アートの作家繋がり。実は同一人物なんじゃないかというウワサが…

ルー大柴:口調が似ている。しかし、ルー大柴はギャグでやっているだけだが、アリナは日本語が不得手なので英語交じりになっている。

芸術家 狂気 残念な美少女 悪のカリスマ

関連記事

親記事

栄総合学園 さかえそうごうがくえん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10242599

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました