ピクシブ百科事典

ソウルジェム

そうるじぇむ

ソウルジェムとは魔法少女まどか☆マギカに登場するアイテムの一つ。魔力の源。魂の宝石。
目次[非表示]

概要

少女とキュゥべえとの契約によって生み出される宝石
魔法少女はこれを使って変身する。
魔法少女によって、それぞれや変身後に装着される位置や形状が違っている。
平常時には指輪の形を取りそれぞれの指にはまっていて、普段着けている左中には、変身後のソウルジェムの形が紋様となって表れている。
指輪状態では魔女文字で名前が書かれた側は甲側で、宝石ある側が掌側だが、卵形のジェムを取り出す際など、向きが変わることもある。

ソウルジェムっぽいもの・樹脂ver完成
【まどマギ】ソウルジェム描き直し


魔法少女が魔法少女たる証であり、魔力の源でもある。
そのため魔法を使うたびに少しずつ穢れてしまうのだが、魔女が落とすグリーフシードに穢れを移すことで浄化できる。

その正体

第6話にてキュゥべえの口から恐ろしい事実が告げられる。
それは、魔法少女になるための契約とは体からを抜き取って、ソウルジェムにすることであり、その後の肉体は抜け殻と化すということであった。ソウルジェムという名前に相違ないわけである。
その他、肉体を動かせるのはジェムから精々100メートルの距離までであること(それ以上離れると肉体は動かせなくなるが、有効圏内に戻してやれば問題ない)や、ジェムと魔力さえあれば肉体を復活させることが可能であること、これが破壊されることが魔法少女のであること、さらにはジェムが濁りきった時、魔法少女が魔女に変化することが明かされる。
キュゥべえ曰く『訊かれなかった』ため、ベテランの巴マミにすらこの事実は知らされていなかった。「ただの変身用アイテムだと思っていたら、実は自身の生死を含め、存在そのものを左右する、極めて重大な代物」であり、その事実を一片も聞かされていなかった魔法少女たちのショックは大きかった。まどかは恐怖し、杏子は激怒し、さやかは抗議するも打ちのめされ、やがて人間でなくなった自分に絶望していく。
魔法少女の実態が暴露される他、彼女たちにとって詐欺同然のこの仕打ちを、「説明が遅れただけなのにわけがわからないよ」と宣う、キュゥべえの異常性が浮き彫りになる重要な場面である。

だからこんなことしちゃいけません
まどかまぎか6話微バレらくがき
ソウルジェムは魔法以外にも恨みや妬み、怒りや絶望などの負の感情を抱くことでも少しずつ穢れていく。
また肉体維持にもわずかながら魔力を消費するため、魔力を使わなくとも穢れは溜まっていく。
そして穢れが溜まりきってしまうとソウルジェムはグリーフシードへと変質し、その魔法少女は魔女になってしまう
つまりキュウベえは魔女を討伐する魔法少女を量産していたわけではなく、いずれ魔女に成長するだろう魔法少女を量産していたことになる。
何故キュゥべえがこんなことをするのか、その真の目的とは……
また魔女が元々魔法少女だとすると、今まで敵キャラとして登場してきた魔女にも悲惨な過去が存在することが伺える。なんとも救われない話だ。

略称はSoul Gemからとって「SG」。ちなみにグリーフシード(Grief Seed)の略称「GS」と対を成すようになっている。

新世界へ

再編後の世界では、ソウルジェムの性質が若干変わっている。
ソウルジェムは濁りきると消滅し、魔法少女も円環の理に導かれて消え去ることになった。
また、魔女が落とすグリーフシードではなく魔獣の落とす小さな黒い直方体状のグリーフシードを用いて浄化を行う。
従来のソウルジェムは非装着時卵型になっていたが、再編後は枠を残してそのままの形状で取り外す事も出来る。
卵型にする事も出来るようで、叛逆の物語の劇中ではたびたび卵形のソウルジェムを見る事が出来る。


「外付けハードウェア化」という概念と二次創作での応用


前述のようにソウルジェムとは「肉体を外付けハード化する」(コミック版でのキュゥべえの解説)という魔法少女システムの非道性を表すものだが、これを逆手に取った二次創作のネタ、ifストーリーも存在する。

中でももっともポピュラーなのが、第3話におけるマミの死の逆転である。公式では「死を確信した魔法少女のソウルジェムは瞬時に濁りきってしまう」とされているのだが、実際問題として、マミのソウルジェムが砕けたり、中からグリーフシードが生まれたりという現象はTV版では描写されなかった。そこで、二次創作において、マミは死亡に至っていない、たかがメインカメラをやられただけだ! というネタ、ifストーリーが登場する子と繋がったのである。また、もしそれでマミが健在ならば、第6話〜第7話の段階では、さやかやまどかはソウルジェムシステムについて批判しにくくなる。結果として、さやかの魔女化が遅らせられる、という考え方もなされる。なお、劇場版ではマミのソウルジェムが破壊されるカットが追加されたため、これらの可能性は消えた。詳細はマミるマミさんを救い隊も参照のこと。

もうひとつの定番ネタは、肉体スワップである。つまり、ソウルジェムでコントロールする肉体を別の魔法少女のものと交換する、というもの。こちらは特に杏さやの定番ネタで、魂を入れ替えた2人がお互いの身体に狼藉しまくったり、上条恭介志筑仁美に絡んで大混乱に陥れたりと、2人の悪ガキぶりを表現するのに美味しいネタとしてよく使われる。


ちなみにソウルジェムの穢れについては、本来は上記の様にグリーフシードに吸収させるのが定番である………が…………







一説によると、何と重曹で穢れを落としたという話もあるらしい(但しギャグ時空『巴マミの平凡な日常』での話。魔法少女の皆さんは決して真似しないように)



ソウルジェム一覧

本編

インフィニティ・ジェム
ソウルジェム


所有者形状装着時の位置
鹿目まどか
ソウルジェム
雫型
☆
暁美ほむら
ソウルジェム描いてみた
菱形(※1)左手の甲(※1)
ほむら☆マギカ
巴マミオレンジ
橙色の
花形右頭部の髪飾り
マミさん
美樹さやか
ソウルジェム
C字形へそ(※2)
サヤカチャン
佐倉杏子
ソウルジェム
楕円胸部または髪飾り
杏子
百江なぎさ薄紫キャンディ(※3)ベルトのバックル
なぎなぎ
最終話のモブ魔法少女については先代魔法少女を参照。
  • ※1蒼樹うめによる原画ではブレスレットで形状は楕円。ハノカゲによるコミカライズ版でも同様。
  • ※2蒼樹うめによる原画ではベルトのバックル。ハノカゲによるコミカライズ版でも同様。
  • ※3枠はキャンディ形だが、石自体は丸形となっている。

魔法少女おりこ☆マギカ

所有者形状装着時の位置
千歳ゆまライムグリーン(※1)球形背中側、首もと(※2)
美国織莉子白(※1)楕円胸部
呉キリカ青紫(※1)上下に偏ったダイヤ形背中側、腰元
優木沙々不明球状(ポンポン玉)帽子


  • ※1:作者談、イラストはなし。
  • ※2:前側のチョーカーにも球形の宝玉がついているがこれはSGではない。1巻巻末の資料では彼女のSGは髪の下に隠れている

魔法少女かずみ☆マギカ

所有者形状装着時の位置
かずみ球形の鈴左右の耳のイヤリング(※1)
御崎海香青(※2)菱形眉間(※3)
牧カオル五角形右足
宇佐木里美薄紫左胸
浅海サキ左手の甲
若葉みらいピンクハート
神那ニコ水色六角形首の後ろ
杏里あいり(ユウリ様)楕円胸の谷間の下
飛鳥ユウリ(真ユウリ)楕円左上腕
茜すみれティアラ状へそ
椎名レミ不明六花弁肩甲骨の間
双樹あやせ赤(※6)8の字状(※4)左胸
双樹ルカ薄いピンク(※6)8の字状(※5)右胸
聖カンナ不明上下に2つ繋がった六角型胸元
和紗ミチル不明渦巻き胸元
???薄紫S字型のうずまき胸元


現在まだ設定資料が公開されていない上、全ての魔法少女がカラーページに登場しているわけではない。
したがって、色などは不明な魔法少女も多い。
また、まどか世界のソウルジェムは変身後の形状・頂点のエンブレム・前面のメダルがほぼ同じ意匠となっているが、かずみ世界のソウルジェムは必ずしもそうとは限らない。

  • ※1:既出の魔法少女の中でかずみのみ変身前・変身後ともソウルジェムが2つに分かれており記憶喪失の彼女自身の出自とともに本作の最大の謎のひとつになっている。
  • ※2:単行本一巻表紙より。
  • ※3:変身時に発光している描写がある。
  • ※4:上半分が小さい「8」の下部を)(で挟んだような形
  • ※5:上半分が小さい「8」の下端に三叉の出っ張りをつけたような形
  • ※6:2巻のとらのあな特典より

魔法少女すずね☆マギカ

天乃鈴音十字の上の菱形ペンダント
詩音千里しずく型胸の下
成見亜里紗不明ハート背中
奏遥香オレンジ下向きの五角型胸元
日向茉莉黄緑円型髪飾り
カナミ楕円胸元
日向カガリ胸元
美琴椿紅梅色楕円左手の甲


他作品でのパロディ

TRPGナイトウィザードではソウルシード(ソースブックREDMOON)というアイテムがあり、魔王と契約した落とし子が所有することが出来る。破壊されたりすればPCは死亡する。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ グリーフシード キュゥべえ
ゴーストアイコン
命は投げ捨てるもの ジェム姦

pixivに投稿された作品 pixivで「ソウルジェム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3078552

コメント