ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. イザボー・ド・バヴィエール(Isabeau de Bavière, 1370年頃 - 1435年9月24日):フランス王妃。シャルル7世の母親で、伴侶であるシャルル6世が存命の頃から別の王族や貴族と姦計を企て(たと噂される)、パリ追放後後はフランスを捨ててイングランド側に転向、更に後年実子シャルル7世を「不義によって生まれた息子」と断じてフランス王の正当性を否定して完全にイングランド側に立った。後に「売国妃」「淫乱王妃」の別名で呼ばれる歴史的に有名な悪女である。
  2. 枡狐蛙空による漫画魔法少女たると☆マギカ The Legend of "Jeanne d'Arc"』に登場するキャラクター。1.をモデルにしている。現在のところpixiv上にはこちらのイラストしかない。本項で解説。


概要

CV:たかはし智秋(マギアレコード)

連合イングランド軍に所属する仮面の魔法少女三姉妹ラピヌコルボーミヌゥ)の母親であり、王太子シャルル(後のフランス国王シャルル7世)の実母。フランスを滅ぼそうとした張本人であり、本作の黒幕に当たる存在。

人物像

「死を(モール)━━━━━━━━」

何者かに操られているかのような虚ろな目をした女性。三姉妹が絶対的な忠誠を誓っている女主人で、フランスのどこかに潜伏しながら仮面の魔法少女に指示を出す。

非常に口数が少なく感情に乏しい部分があるが、侵攻の兵器として魔女を放ったり、グリーフシードを大量に独占していたり、侍女に無理やり自分のためになるような願いを叶えさせ魔法少女にしたりとかなり行いが外道である。ちなみに、侍女に願いを叶えさせるシーンにキューブ(キュゥべえ)の存在は確認できず、むしろイザボーが叶えているように見えることから、彼女自身も魔法少女に見えたのだが……。

以下、ネタバレ注意















キューブ「たしかにイザボーを魔法少女にしたのは僕だ」














「けど彼女はそこから僕の予想をも越える変貌をとげた」














「彼女は魔法少女であり、魔女であり、『僕』なんだ」

女王と黄昏


女王の黄昏。その性質は支配。
終わらぬ権勢を求める貪欲な魔女。
幼体状の脚部は魔女の本体ではなく、固い外殻に守られた本体が真の姿を見せることは滅多にない。
一国をまるごと覆うほどの巨大な結界を持ち、結界に取り込まれた人々はそのことに気づかない。
魔女はその闇に呑まれた人々の嘆きや恐怖といった負の感情を喰らい、より強大な魔女、より広大な結界へと、その力と領域を拡大していく。
(『マギアレコード』内の「魔女・ウワサアーカイブ」#162より)

プロフィール

出演作品魔法少女たると☆マギカ
分類女王の黄昏
真名Isabeau
性質支配
手下未登場
キャラクターデザイン枡狐/蛙空


その正体は、女王(ラ・レーヌ)の黄昏』と呼ばれる最強の魔法少女にして最悪の魔女

魔女となった際にフランス全域を自らの結界に取り込んだ規格外の存在。

真の姿は醜い芋虫の怪物を何匹も侍らせ、蛾のような醜悪な本体が隠された城塞にイザボーが鎮座しているという魔法少女でありながら「最悪の魔女」と呼ぶのにふさわしい姿をしている。


また、要塞の如く巨大で圧倒的な火力に加え、ミヌゥの「母をいかなる魔法少女からも脅かされぬように」という願いの加護を受けており、相手が魔法少女である限り、彼女の前ではいかなる攻撃も無力化され、彼女を倒すことはおろか傷一つつけることもできない。




キューブが明かしたところによると、かつて聡明で類いまれな才能を持っていたイザボーはキューブの目的(この時代、科学用語としての「エントロピー」はまだ無いので、別の表現で説明したのだろう)や出自まで根掘り葉掘り聞き出し、ついには「キューブそのもの」を手にすることが最善の願いと判断し、「あなたの全てが欲しい」という願いでキューブと契約し、魔法少女となった。

これによって、『キューブ』として新たな魔法少女を生み出す力と、何度倒されても身代わりで復活できる不滅の肉体を手に入れた彼女は、自分の手足となる魔法少女を好き勝手に作り始めたのである。権力で。つまり、彼女の配下の魔法少女達がキューブの存在を知らなかったのは、そもそもキューブではなく彼女と契約して作り出された存在だからである。

しかし、いかにキューブと同等の力を持とうとあくまでも彼女は一人の魔法少女。たとえ肉体が不滅でも、ソウルジェムそのものは他の魔法少女と変わりなかったため、魔女化する運命を逃れることはできなかった。
さらに、魔女化する刹那、ラピヌの「お母様をもとに戻して」という願いを中途半端な形で叶えたため、魔女と化しながらも人間(魔法少女)としての自我を保ち、より歪んだ形で野望に邁進するようになったのである。

イザボーは魔法少女の契約に際して、実の娘を除き意志も心も奪っている。そのため彼女の配下の魔法少女は皆、自我を持たない操り人形となっている。
これでは魔女化してもエネルギーを回収できないため、キューブにとって何よりも深刻な脅威と受け止められた。キューブがタルトたちを勧誘したのは、イザボーの打倒を急務と判断したためであった。

最期

終盤、魔女としての正体を現してフランス軍を襲撃。前述のミヌゥの願いで魔法少女の攻撃を全て無効化し、タルト達を圧倒していたが、魔法少女としての限界を超えて魔女に近い存在となったタルトによって完全に倒される。

イザボーの死後、彼女の力で魔法少女になったミヌゥはその魔法が切れ、死こそは免れたが力を失った。その後は抜け殻としてミヌゥに寄り添われたままその生涯を閉じたことが示唆されている。

マギアレコード


百年戦争のさなか、フランス王位をイングランドに売り渡し、「売国妃」と呼ばれたフランスの元王妃。
魔法少女に変身することなく魔女を思わせる規格外の魔法を行使し、タルト(ジャンヌ・ダルク)らの最後の敵として立ちはだかる。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

イベント「常夜の国の叛乱者」では、黒幕として顔出しせずに存在感を見せた。
続編の「伝説の終わり、光の果て」では魔女形態が出るだけでなく、回想シーンにて専用のLive 2Dが登場した。
ただしバトル画面で戦えるのは芋虫部分で、本体はイベントシーンで一枚絵で登場するに留まっている。
そして仮面生徒会の逆襲で「イザボー 魔女Ver.」がプレイアブル実装。
実質、魔女が初プレイアブル化したようなものであり、マギアは女王の黄昏の芋虫部分で、第二マギアは本体で攻撃する。

また、本作にはイザボーと同じ願いをした少女が登場する。ただし、機能としては3人揃って1人前で、新たな魔法少女を生み出す力を持っているのかどうかは不明である。

ゲーム上の性能

基本データ

属性ダーク
タイプバランス
イラストレーター枡狐・蛙空
実装日2021年5月24日

ディスク構成
AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×1×2×1×1

最大ステータス
レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8020,2327,6535,349
★5Lv.10037,0249,7266,740

コネクト「女王が命ずる…」
レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ]& 闇属性攻撃力UP[Ⅶ]& 防御力UP[Ⅶ]
★5攻撃力UP[Ⅸ]& 闇属性攻撃力UP[Ⅸ]& 防御力UP[Ⅸ]

マギア「女王の抱擁」
レアリティ効果
★4敵全体に属性強化ダメージ[Ⅴ]& 必ずマギア不可(敵全/3T)& BlastダメージUP & サヴァイヴ(自/3T)
★5敵全体に属性強化ダメージ[Ⅶ]& 必ずマギア不可(敵全/3T)& BlastダメージUP & サヴァイヴ(自/3T)

第二マギア「エクロジオン」
レアリティ効果
★5敵全体に属性強化ダメージ[Ⅸ]& 必ずマギア不可(敵全/3T)& BlastダメージUP(自/5T)& サヴァイヴ(自/3T)

専用メモリア「」
  • 基本データ
    レアリティ★3
    タイプ
    装備可能
    イラストレーター

  • ステータス
    レベルHPATKDEF
    Lv.40

  • 「」
    特殊能力効果発動ターン
    通常
    限界突破

女、イザベル、その生涯

イザボーとはイザベルの蔑称であり、フランス王室側が付けた悪評の結果定着したものである。
後世になっても悪評が拭えていないあたり相当な嫌われようだが、彼女は実際に存在した一人の人間であり、その生涯も100%が身から出た錆とは言いがたい波乱に満ちた人生だった。

おそらくミュンヘンの出身。バイエルン公(バイエルン=インゴルシュタット公)シュテファン3世の長女。
当のイザボー自体は僅か14歳でシャルル6世に娶られ、その後も結婚して間もなく跡継ぎの出産を強要される。その後も産んだ子供は殆どが取り上げられて別の者が育てるという中世王族らしい女は子を産むことだけが存在価値という生活が待っていた。
しかも相手をするのは発狂王の異名を持つシャルル6世(彼の血筋には精神疾患を併発する家系が混じっていた。後世の歴史家は、シャルル6世の症状は統合失調症と推測している)、そして周囲は王位継承権を巡って同国内で血の争いを繰り返す事しか頭にない貴族王族ばかりで、一部は自分との関係を利用しようと企んでいる。

何かにすがりたくなってもおかしくはなかろう。

とはいえ、出来るだけ子供のそばに居ようとしたし、当時の習慣に従って別居させられてからも、仕送りや手紙を欠かさず送り、子供が病気になった時には田舎で療養するよう手配したという、子煩悩な記録が残っている。

イザボーが病身の夫に代わって政治権力を握ったことは確かで、その過程でオルレアン公ルイと組んだ事から、二人の不倫が疑われた。ルイはブルゴーニュ公ジャン1世(彼の派閥をブルゴーニュ派と呼ぶ)との権力闘争で暗殺され、ルイの跡を継いだシャルルは舅のアルマニャック伯ベルナール7世の後見を得た(アルマニャック派)。
アルマニャック派とブルゴーニュ派はついに内戦を始め、互いに優位に立とうとそれぞれイングランドの力を借りようとした。その結果、イングランドはフランス征服の好機とみて百年戦争を再開したので、両派の自業自得の色合いが強い。

イザボーは当初はアルマニャック派と結びつつ、両派の和解を仲介していた。しかし相次ぐ兄の死去で3人目のシャルル(シャルル7世)が王太子となると、アルマニャック派はイザボーの身柄を拘束して私財を奪い取った。ブルゴーニュ派がイザボーの釈放に尽力したことから、以降はブルゴーニュ派に鞍替えし、シャルル7世と敵対することになった。
1420年、イングランドとブルゴーニュ派はトロワ条約を結び、シャルル6世の後継にイングランド王ヘンリー5世を指名した。イザボーの娘がヘンリー5世に嫁いでいたので、いずれは二人の子(イザボーにとっては孫)がフランス王になるはずだった。イザボーはフランス側の一人として条約に署名し、後世非難される大きな原因の一つになった。

百年戦争においては、フランスの不利を招いた一人といえるが、イザボー一人が野望を持っていたという訳では無く、その行動は権力闘争と妥協の産物といえそうである。
ただしヴァロワ条約をはじめ様々な権謀術数を用いて、「どちらが勝っても自分の血筋がフランスの王になる」方向に持っていったとはいえる。

後世のフランス人に言わせればフランスは女(イザボー)によって破滅し、少女(ジャンヌ)によって救われたらしいが、百年戦争はイザボーが生まれる前から断続的に続いていたし、ジャンヌ・ダルクが英仏の戦争を終結させたわけでもないので、歴史学者たちが単に語呂好く並べただけに過ぎない。

ただ一つ言えることは、彼女は大波荒れ狂う大海の中で、自らの手足でもがき泳ぎ切ろうとした。
たとえ他者を蹴落とし伴侶を欺き、我が子すら切り捨ててでも……

こども達

最終的に、シャルル6世との間に6男6女を儲けた。何だかんだといって夫婦仲は悪くなかったようだが、夫は発作からしばしばイザボーを認識できなくなったので、その間別居を余儀なくされた。「イザボーが魔法で発狂させた」と生前から非難されていたが、たぶん間違いだろう。……たぶんね。
娘にジャンヌが2人、息子にシャルルが3人いるので紛らわしい。夭折した上の子の名前を名乗らせたためだが。なお、シャルル7世となったのは3人目のシャルル(五男)である。
『たると☆マギカ』の年代に存命していた娘は三女のジャンヌ、四女のマリー、六女のカトリーヌの3人である。ラピヌ、コルボー、ミヌゥのモデルはこの3人なのか、『たると☆マギカ』オリジナルの娘なのかは不明である。

長男:シャルル(1386年) 最初の王太子。生後間もなく死去
長女:ジャンヌ(1388年 - 90年)
次女:イザベル(1389年 - 1409年)
三女:ジャンヌ(1391年 - 1433年)
次男:シャルル(1392年 - 1398年) 2人目の王太子
四女:マリー(1393年 - 1438年)
五女:ミシェル(1393年 - 1422年) ブルゴーニュ公フィリップ(フィリップ善良公)と結婚
三男:ルイ(1397年 - 1415年) 3人目の王太子
四男:ジャン(1398年 - 1417年) 4人目の王太子
六女:カトリーヌ(1401年 - 1437年) イングランド王ヘンリー5世妃。ヘンリー6世の母
五男:シャルル(1403年 - 1461年) 5人目の王太子。のちのフランス王シャルル7世
六男:フィリップ(1407年) 生後1日で死去

当時は今よりも名前のバリエーションが乏しく、ジャンヌという名前すらありとあらゆる所に散らばっていた。イザボーの娘に何人ものジャンヌやカトリーヌが溢れているのも全く不思議なことではない。

ジャンヌ・ダルクの母親もイザベルだしね!!

余談

実在の人物がモデルで、途中で魔女になったとはいえ、一般的な感覚で(※)言えば彼女は歴代のマギカシリーズの中でも史上最年長の魔法少女ということになる。

(※概念化した彼女とか賢者の石所持疑惑のある彼女とか)

関連イラスト

イザボー・ド・バヴィエール
黄昏の魔法少女



関連タグ

魔法少女たると☆マギカ
タルト リズ・ホークウッド メリッサ・ド・ヴィニョル エリザ・ツェリスカ ペレネル・フラメル

仮面の魔法少女三姉妹ラピヌ コルボー ミヌゥ

ラム フレシュ

魔法少女まどか☆マギカ 先代魔法少女
マギアレコード 常夜の国の叛乱者

暁美ほむら:マギレコにおいて★4、期間限定、闇属性ブラストゴリラ繋がり。
雪野かなえ:上記に加え、外伝作品出身、バランスタイプである点も共通。

ジャンヌ・ダルク 百年戦争 欧州史

関連記事

親記事

魔法少女たると☆マギカ まほうしょうじょたるとまぎか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イザボー・ド・バヴィエール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「イザボー・ド・バヴィエール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13092

コメント