ピクシブ百科事典

イザボー・ド・バヴィエール

いざぼーどばうぃえーる

イザボー・ド・バヴィエール(Isabeau de Bavière)
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. イザボー・ド・バヴィエール(Isabeau de Bavière, 1370年頃 - 1435年9月24日):フランス王妃。シャルル7世の母親で、「売国妃」の別名で呼ばれる歴史的に有名な悪女である。
  2. 枡狐蛙空による漫画魔法少女たると☆マギカ The Legend of "Jeanne d'Arc"』に登場するキャラクター。1.をモデルにしている。現在のところpixiv上にはこちらのイラストしかない。本項で解説。


概要

連合イングランド軍に所属する仮面の魔法少女三姉妹ラピヌコルボーミヌゥ)の母親であり、王太子シャルル(後のフランス国王シャルル7世)の実母。フランスを滅ぼそうとした張本人であり、本作の黒幕に当たる存在。

人物像

何者かに操られているかのような虚ろな目をした女性。三姉妹が絶対的な忠誠を誓っている女主人で、フランスのどこかに潜伏しながら仮面の魔法少女に指示を出す。

魔女を放ったり、グリーフシードを大量に所持していたり、侍女に無理やり自分のためになるような願いを叶えさせ魔法少女にしたりとかなり行いが外道である。ちなみに、侍女に願いを叶えさせるシーンにキューブ(キュゥべえ)の存在は確認できず、むしろバヴィエールが叶えているように見えることから、彼女自身も魔法少女に見えたのだが……。

以下、ネタバレ注意



































その正体は、最悪の魔女『女王(ラ・レーヌ)の黄昏』

キューブが明かしたところによると、イザボーはキューブの目的(この時代、科学用語としての「エントロピー」はまだ無いので、別の表現で説明したのだろう)や出自まで根掘り葉掘り聞き出し、ついには「あなた(キューブ)の全て」を手にすることが最善の願いと判断し、「自身がキューブとなる」という願いでキューブと契約し、魔法少女となった。

これによって、新たな魔法少女を生み出す力と、何度倒されても身代わりで復活できる不滅の肉体を手に入れた彼女は、自分の手足となる魔法少女を好き勝手に作り始めたのである。権力で。つまり、彼女の配下の魔法少女達がキューブの存在を知らなかったのは、そもそもキューブではなく実母であるイザボーと契約して作り出された存在だからである。

しかし、たとえ肉体が不滅でも、ソウルジェムは他の魔法少女と変わりなかったため、魔女化を逃れることはできなかった。
さらに、魔女化する刹那、娘(ラピヌ)の「お母様をもとに戻してっ!!」という願いを中途半端な形で叶えたため、魔女と化しながらも人間(魔法少女)としての自我を保ち、より歪んだ形で野望に邁進するようになったのである。

イザボーは魔法少女の契約に際して、実の娘を除き意志も心も奪った。これでは魔女化しても絶望エネルギーを回収できないため、キューブにとって深刻な脅威と受け止められた。キューブがタルトたちを勧誘したのは、イザボーの打倒を急務と判断したためであった。

最期

終盤、魔女としての正体を現してフランス軍を襲撃。前述のミヌゥの願いで魔法少女の攻撃を全て無効化していたが、魔女に近い存在となったタルトによって完全に倒される。

イザボーの死後、彼女の力で魔法少女になったミヌゥはその魔法が切れ、力を失った。その後は抜け殻としてミヌゥに寄り添われたままその生涯を閉じたことが示唆されている。

関連タグ

魔法少女たると☆マギカ
タルト リズ・ホークウッド メリッサ・ド・ヴィニョル エリザ・ツェリスカ ペレネル・フラメル

仮面の魔法少女三姉妹ラピヌ コルボー ミヌゥ

ラム フレシュ

魔法少女まどか☆マギカ 先代魔法少女

ジャンヌ・ダルク 百年戦争 欧州史

pixivに投稿された作品 pixivで「イザボー・ド・バヴィエール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 334

コメント