ピクシブ百科事典

アルティメットまどか

あるてぃめっとまどか

『魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物「鹿目まどか」関連タグ。
目次[非表示]

概要

アニメ魔法少女まどか☆マギカ』の主人公鹿目まどかの個別タグ

本編最終回のネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい



















































































































































希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、
私 そんなのは違うって 何度でもそう言い返せます
きっといつまでも言い張れます

インキュベーター魔法少女の全ての真実を知ったまどか最終回12話でついにキュゥべえと契約し魔法少女に変身する。
その契約のための願い事は「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で。」。

無題


まどかは宇宙の法則をも変え、永遠に魔女を消し去るという概念、魔法少女達を救済する「」に等しき存在へ進化した。まさしく一姫当神・超因果。その願いと神々しく変身したまどかを表したタグである。
神々しいまどかの姿はそれまでの魔法少女と違い、を持ち、桃色を基調としたドレスロングヘアツーサイドアップへ変わっている。また、瞳は金色になっている。

時空を越えて、絶望し魔女に堕する今際の際の魔法少女達を、魔女化させることなく安らかな眠りへと誘うまどか。
そしてその宇宙全体を再構成するほどの巨大な祈りの対価として、彼女を魔女に変えるべく莫大な呪いと絶望がまどかを襲うが、「魔女を生まれる前に自ら消す」という願いどおりに己自身もろとも抹消。すべての魔女と共に、鹿目まどかはこの宇宙から消滅した。あと、一度だけであるが、なんと全宇宙全次元を崩壊して、構築しなおすと言うとんでもないことをしている。後、干渉されないと言う能力までもっている。

再構成された宇宙では、皆を見守る存在のまどかが、力を使い果たし消滅する魔法少女を迎えに来るシステムに変わった。マミはこれを円環の理と呼んだ。
マミや杏子をはじめ、人々の記憶から彼女の存在は消えたが、タツヤ詢子などには「まどか」という名前が懐かしく感じられる程度には残された。
キュゥべえ達も、そして彼らが仕掛ける宇宙救済のための魔法少女システムも依然健在だが、敵は魔女ではなく「魔獣」というものに代わり、キュゥべえが狙うエネルギーも魔法少女が魔女に変わる瞬間に発生するのではなく、魔獣を倒すことで得られるグリーフシードに似た黒い欠片を集め少しづつ稼ぐという仕組みに変わった。
そして、まどかから別れを告げられリボンを託されたほむらだけが、唯一まどかと、彼女のいた旧世界のことを記憶している存在となった。

ちなみに「過去と未来の全宇宙の魔女と戦う」「元人間の神」「最も新しい神」などは、ニトロプラス制作の「斬魔大聖デモンベイン」に登場する「旧神」と共通する部分が多い。

後にキャスト座談会を収録した特典CD「魔法少女たちのお茶会」にて、まどかのCVを担当した悠木碧が語ったところによると、最終回の脚本のト書にはこの状態のまどかを指して「ハイパーアルティメットまどか」と書いてあったとのこと。

BD/DVD第6巻の特典ブックレットにて「アルティメットまどか」と正式に名前が付けられたことで公式名称が確定。
以降、公式設定として設定資料や商品名など全てこの名称で統一された。
通称アルまど様。

ちなみに、テレビ版全12話ではアルティメットまどかは「概念」「円環の理」といった表現をされており、「神」という言葉は用いられなかった。新編【叛逆の物語】で初めてキュゥべえにより一回、ほむらにより一回「神」という言葉で表現された、

魔法少女まどか☆マギカポータブルではほむらルート(原作準拠ED)にはカットされているため姿を確認できないが、まどかの使用魔法の一つ「シューティングスター」を使用するとこの姿のカットインが入る。

意外と知られていないが、魔法少女まどか☆マギカ PRODUCTION NOTEにて、理由は不明だが"カミの毛の先は必ずフレーム外"という設定が記載されている(おかげで引きの絵だと無茶苦茶長くなる。さすがにフィギュアなど一部の関連作品には途中で途切れているのもあるが)。
実際、本編や劇場版においてもこの設定は守られているので、アルティメットまどかの絵を描く際はこのことを考慮した方がいいだろう。

劇場版

TV版では最終盤で登場する形態であり、劇場版でも本来は後編に登場するはずである。
しかし、予告編に登場していたり、前編のオープニングにいきなり登場したり、前編のエンディングにもダメ押しで登場したりと、全く隠す気がない。

以下、『叛逆の物語』のネタバレを含みます
















































































「叛逆の物語」においては、美樹さやか百江なぎさといった、救済した魔法少女達を、魔女にとっての使い魔のように、眷属とすることが可能であることが明らかになった。
上記の2名は、まどかがキュゥべえの妨害を受けた時に、魔女の力を携えて、救援に駆けつけている。
本作ではソウルジェムが限界を迎えたほむらを彼女が迎え入れることによって、物語が完結するはずだったのだが……
余談だが、その瞬間に発したまどかのセリフが、妙に嫌らしく聞こえる物だったということで、一部の視聴者の間で物議を醸している。

神さまレイプ!悪魔と化したほむら



マギアレコード

過去と未来と現在から宇宙の向こうまで、魔法少女たちを見守り続ける女神様。
全ての魔法少女たちを知り尽くして祝福を授ける彼女には、知らない事は何もない。
しかし彼女は、生まれてはじめて知らない魔法少女を見つけてしまった。
(『マギアレコード』内のプロフィールページより)

この状態の彼女が実装されることは一種のビッグニュースとして扱われており、その内容を当てるイベントがネット上で開催された。
マギレコ一周年記念サービスの一環として期間限定で実装されたものの、そのあまりの強力さや、原作やマギレコのメインキャラがまだ全員仲間入りしていないことから賛否両論ある模様……

CMでは日本全国に薔薇園の魔女薔薇園の魔女の手下???魔女の手下が大量発生して人々に絶望を振りまいているところに現れてこれを一掃、光を取り戻した。かっこいいけど出来れば魔女になる前に救済してあげた方が……

引き当てると「びっくりした」「また誰かとお話できるなんて思ってなかった」と、人間だった頃を思わせる少女らしいリアクションを見せてくれる。心のどこかにはやっぱり寂しさがあるのかもしれない。

基本データ

属性
タイプアルティメット
キャラクターデザイン蒼樹うめ
イラストレーター蒼樹うめ(★4)ササギコウシ(★5)
実装日2018年8月21日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×1×1×1


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.802311372276265
★5Lv.1002914391147,906


コネクト「待たせてごめんね」

レアリティ効果
★4与えるダメージUP〔Ⅶ〕 状態異常耐性UP 確率でサヴァイブ 状態異常解除
★5与えるダメージUP〔Ⅸ〕 状態異常耐性UP 確率でサヴァイブ 状態異常解除


マギア1「もう絶望する必要なんて無い!」

レアリティ効果
★4敵全体にダメージ〔Ⅴ〕攻撃力アップ(全体/3T)全ディスク効果UP(全体/3T)ダメージカット(全体/3T)
★5敵全体にダメージ〔Ⅶ〕攻撃力アップ(全体/3T)全ディスク効果UP(全体/3T)ダメージカット(全体/3T)


その威力もさることながら、まさに「神のご加護」と言うべき凄まじいバフを味方に与え、マギアを受けて生き残っている相手も一気に片付けてしまう。

マギア2「みんな、いつまでも私と一緒だよ」

レアリティ効果
★5敵全体にダメージ〔Ⅸ〕攻撃力アップ(全体/3T)全ディスク効果UP(全体/3T)ダメージカット(全体/3T)

キャラクターの性格上ドッペルを持たない代わりに☆5かつマギアLV5まで育成させるとドッペルに相当するマギアの解放が可能となる。

EXスキル「救済の祈り」

魔力開放効果
HP自動回復(Ⅰ)状態異常耐性(Ⅰ)
最大HP自動回復(Ⅱ)状態異常耐性(Ⅲ)

開幕時にメンバー全体に付与される。

魔法少女ストーリー

以下、『マギアレコード』メインストーリーに関わる重大なネタバレを含みます




















第1話「さよならの先に」

  • 話はテレビアニメ本編最終話に遡る。上述の通りまどかは自らの願いを叶え、概念だけの存在、女神と化した。
  • そうしたある時、まどかは何故か違和感を感じ始める。それは自らが干渉できない宇宙の一点があること、そしてその起点にあるのが神浜市であった。


第2話「逆転する生死」

  • まどかはその世界の神浜市を注意深く観察する。ほむらは何度も周回を繰り返す中で神浜市にある強い因果に引きつけられた、それが違和感の一つだった。そしてそのきっかけとなったのが謎の少女とほむらとの接触だった。
  • これがきっかけとなってほむらを始め、この世界のまどかなど多数の魔法少女が神浜市を訪れては運命を交錯させることとなる。他の世界ではあり得なかったことが起きてしまっているのである。
  • そしてそれ以上に重大な問題として柊ねむ里見灯花の存在だった。本来ならば2人は魔法少女にならない運命だった。それどころか、環うい、ねむ、灯花と立て続けに病院で死んでいたはずだった。そんな2人がこの特異点の神浜市で魔法少女となり、マギウスの翼を率いて魔法少女を宿命から解き放つ、神となったまどかと同じ事をやろうとしていたのである。
  • しかしマギウス達の未来は何度視ても分からないまま。そうした中でもう一人運命が変わった少女を見つける。環いろは、彼女も本来なら魔法少女になっていないはずだった。


第3話「ささやかな大事」

  • まどかはいろはを起点にこの世界を調べることにする。重要なキーマンである七海やちよを探るが、彼女に関してはその後の雪野かなえ安名メルの運命も含めて基本は変わらなかった。そして他の人々も変わりなかったため、いろは本人について調べることにした。
  • しかし魔法少女になるまでの過程もそれほど変わりは無い。まどかは最終的にいろはの一挙手一投足を他の世界のいろはと比較しながら注意深く確認すると、ある一つの行動を見つける。
  • ある日のこと。いろははある路地が学校への近道になるのかと確認しようとする。ここまでは他の世界でも同じなのだが、この世界においてはある些細な出来事が起こった。いろはは足に何かがあたり、蹴った感じを受ける。小さな石を蹴ったのだった。これだけでは些細な感じではあるが、これが枝葉のように広がって運命を変える、いわばバタフライ・エフェクトを発生させ、いろはたちの、そしてこの世界の運命を大転換させた、こう結論づけた。もちろんこれはほむらが周回を重ねた事による因果の蓄積も作用している。
  • こうした改変によってまどかはこの世界に干渉することも未来を視ることもできない。しかし、無理に干渉してしまったら力の衝突でこの世界どころか宇宙まで消滅しかねない。まどかはひとまず見守り続けることにした。
  • 「…それでも…未来の結果次第では干渉しなくてはならないかも…それがたとえ、あなたの祈りだったとしても…」


関連イラスト

・゚✿。゚。❀゚・
アルティメットまどか
希望の光
女神



要は彼らの仲間入りです。

彼女の至った場所は



君の存在が、いつか世界の全て変えるだろう。

まどかエボリューション



関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか 暁美ほむら
カリスまどか まどかさん アルティメットまどかわいい まどか教 リボンほむら
わたしの、最高の友達 因果を越えて絶望を断つ希望 ひかりふる
円環の理 まどかさまマジ女神 ほむら、うしろうしろ
女神 無限シルエット

カップやきそば現象:プリンセスハッピー ウルトラキュアハッピー アルティメットキュアハッピー アルティメットみゆき アルティメットはーちゃん 大満開友奈
彼女の男性版ウルトラマンノア孤門一輝/ウルトラマンネクサス):神殺しのペガサスペガサス光牙/サジタリアス光牙/オメガ光牙):始まりの男葛葉紘汰/仮面ライダーガイム/極アームズ
中の人繋がり:アルティメットアイリス

二次創作で生まれた概念:アルティメットマミ アルティメット杏子 アルティメットさやか アルティメットほむら

パロディ:アルティメットさつき

pixivに投稿された作品 pixivで「アルティメットまどか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23901119

コメント