ピクシブ百科事典

柊ねむ

ひいらぎねむ

柊 ねむ(ひいらぎ ねむ)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「紡がれた物語は、ここでひとつの形に…!!」
「また灯花が荒ぶってるみたいだね…」

概要

魔女化のない世界を作ろうとしている魔法少女。
自己承認欲求を満たすために物語を書き始め、ネット上で掲載すると天才作家と呼ばれるようになった。
だが、今まで誰も彼女には接触できていない。
夢は世界中に自分の物語を具現化させること。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市以外の某所
学校参京院教育学園(※1)
年齢学年11歳/小学5年生(※2)
肩書き魔法少女マギウス
願い事あなたが持つ機能が欲しい
固有魔法具現化
キャラクターデザイン蒼樹うめ
声優諸星すみれ

(※1):入院時は里見メディカルセンターの院内学校に通っていた。
(※2):灯花共々、期間限定イベント「ユメミルサクラ」にて「今年で」12歳であることが判明。併せて小学生であることも改めて明言された。当初は進級後の可能性も考えられていたが、マギアアーカイブvol.2にて進級前であることが判明した。

人物像

環うい里見灯花と同じ里見メディカルセンターに入院していた少女。

当初はういの姉・いろはの回想シーンやアリナ・グレイの魔法少女ストーリーに登場していたが、メインストーリー第7章終盤にて本格的に登場する。

一人称は「僕」。家族は弟「まーくん」と両親がいるが、皆自分の事に夢中。ういの姉・いろはの記憶によれば、「お話を書くのが大好きで、ネットに載せた物語が本になるような子」である。小説家志望の文学少女で、様々なお話を書いていろは達に読ませていた。現実主義者の灯花とは些細なことでしょっちゅう喧嘩し、そのたびにういが仲裁していた。2人の才能は、ういに「想像する小説家のねむちゃんと想像を叶える科学者の灯花ちゃん、ふたりがいればこの世界は何でもできる」と評されるほどだった。

三つ編み眼鏡をかけている。「むふっ」や「むふふっ」といった特徴的な笑い方をする。
小説家だけあってボキャブラリーがかなり豊富で、自然と難しい言葉ばかりが並んだ子供らしからぬ堅苦しい口調になる。眠たげにゆっくりと喋るので、ボイス付きだと台詞にかかる時間が一人だけ異常に長い。

やはりいろはと再会した際には彼女とういに関する記憶が無く、マギウスの一人になっていた。二人のキャラが強烈なので隠れがちではあるが、浮世離れした言動の端々から周りの出来事をまるで物語の展開のように他人事として傍観する冷酷さが強調されている。

魔法少女として

アカデミックドレスのような衣装だが、足には足かせがついている。変身前は眼鏡をかけているが、変身後は外す。
角帽の紐の一部にソウルジェムがついている。武器は本で、ページを花吹雪のように飛ばして攻撃する。

固有魔法は「具現」。これにより幾多ものウワサを創造してきた。

ゲーム上の性能

2019年3月15日にプレイアブル実装。

敵キャラとしては灯花とペアか、マギウスの三人組で登場するが、灯花はバフとデバフ、アリナは状態異常を使って来るのに対し、彼女のみ9章12話のMP回復を除いてアビリティがない。はっきり言って先に倒してもさほど戦況は変わらないため、灯花かアリナから攻略していくのをおすすめしたい。

基本データ

属性
タイプサポート
イラストレーター蒼樹うめ(★4)、一十九二(★5)
実装日2019年3月15日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×3×1 - ×1


アクセル偏重型で、木属性の偏重型ディスク持ちはブラスト偏重型ホーリーアリナに続いて2人目。

最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8023,0076,3856,129
★5Lv.10029,0168,0557,725


コネクト「僕と連作を完成させよう」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[VII] & MP回復[IV] & 確率で幻惑
★5攻撃力UP[IX] & MP回復[VI] & 必ず幻惑


マギア「創造の子どもたち」

レアリティ効果
★4敵単体にダメージ[V] & 必ず魅了・呪い・暗闇(敵単/1T) & 攻撃力UP(全/3T)
★5敵単体にダメージ[VII] & 必ず魅了・呪い・暗闇(敵単/1T) & 状態強化解除(敵単/1T) & 攻撃力UP(全/3T)


「僕の脳髄に宿りし創造の子どもたち、今が広大な世界に足跡を残す機会だよ。盛大に暴れて堪能しておいで」

本からこれまでに登場したウワサ(手下クラス)を放ち、竜巻を発生させる。ウワサの創造主たるねむらしいある意味豪華な技だが、ウワサを作る度に倒れていたことを考えるとちょっと心配にもなる。

英語表記は「My Des, Ones」。

ドッペル遺言のドッペル

レアリティ効果
★5敵単体にダメージ[IX] & 必ず魅了・呪い・暗闇(敵単/1T) & 状態強化解除(敵単/1T) & 攻撃力UP(全/3T)


2019年3月15日実装。ストーリー上では10章3話から登場している。
真名は「Pennen・Nenem」で、沈黙白昼夢のドッペルに似た容姿。

専用メモリア


活躍

メインストーリー/アナザーストーリー

第1部『幸福の魔女編

第2章〜第4章

  • いろはの回想シーンでうい・灯花と共に登場。第2章における水波レナの調査によると、ういの退院から少し後に灯花と共に退院している様子。また、由比鶴乃の実家に柊という姓の常連客がおり、いろははそれを頼りにねむの行方を探したが、手掛かりは掴めずじまいだった。

第5章『ひとりぼっちの最果て
  • 二葉さなの話から、マギウスの翼がねむの存在を認識していることと、その動向が警戒されていることが判明する。

第6章『真実を語る記憶
  • 灯花がマギウスの1人として登場。彼女は「(いろはとは)初対面だし、環ういは知らない」と語っているが、ねむのことは覚えており、それによると2人は退院以来会ったことはないらしい(のちに嘘だと判明する)。

第7章『楽園行き覚醒前夜
  • 彼女達の入院していた里見メディカルセンターの所在地が新西区であることが判明する。
  • 本章終盤にて本格的に登場。アリナ・灯花に次ぐ3人目のマギウスであること、ウワサを作り出した創造主であることが判明した。

第8章『偽りに彩られ神浜』/『ここからもう一度』
後半、万年桜のウワサの元に駆けつけたいろは、さなの元に姿を表す。
ここでもいろはと自分達の記憶の食い違いの件は平行線のままで終わり、ウワサを発見したいろは、さなを消そうとするも二人をイブの餌にしたいアリナから止められる。
イブの孵化直前、灯花の提案で新たなうわさの創造を試みるも、既に命を使いすぎたためか失敗し、休息をとる事にした。

アナザーストーリーでは杏子の説得に心を揺さぶられたマミの洗脳を強化した。

第9章『サラウンド・フェントホープ』/『この手を引いて、一緒に』

第10章『浅き夢の暁
万年桜のウワサから渡された桜が咲いたことをいろはから聞かされる。




















以下、第1部の核心に迫るネタバレ注意。

























いろはがイブの弱点である宝石を破壊し、その中にいたういと小さいキュゥべえが接触したことによって本来の記憶を取り戻す。

まだ入院していた頃、うい・灯花と共に魔女の結界に迷い込んでいたところを、魔法少女となったいろはに救われ、初めてキュゥべえと対面する。

その後、苦しんでいるいろはを助けたいと考えるういに対して、灯花がういとねむにある提案を持ちかける。

それは自分たち3人が契約して、キュゥべえが保有する機能を奪うことによって「自動浄化システム」を作り出すことだった。
「自動浄化システム」とは、灯花・ねむに溜まった穢れをういが「回収」の力で集め、次にその穢れを灯花が魔法少女が自在に使うことができる魔力に「変換」し、最後にそのエネルギーをねむが「具現」の力で実体化させ宇宙に送り出すというものだった。

2人はその提案に乗り、3人は予定通り契約してキュゥべえの機能を奪う。

しかし、その望みを叶えた代償として、「回収」の力が暴走。灯花の「変換」・ねむの「具現」が間に合わないほど急速にういが穢れを溜め込み始める。魔女化しかけたういを救うために、灯花とねむは様子を見に来たアリナに協力を仰ぐ。アリナが作った被膜の中で、ねむは「ストーリーの具現化」という形でういの魂を世界から切り離し、機能を奪われたキュゥべえの中にその魂を封印する。

ういのことを忘れた結果、ねむの目的は「ういを救う」ための手段でしかなかった「この世界を隔離し自分の物語を刻む原稿にする」というものに記憶が改竄され、マギウスが誕生することとなった。

思い出した後はういの救出に協力し、これでようやく仲良し3人組がそろった。
しかし、仲間の一人だったアリナが自身の作り出したドッペルを使ってイブを操りだしたのを見て、ドッペルを作ったものの責務として命と魂を限界まですり減らしアリナと一騎打ち、アリナを打ち倒すが、ねむは魔法少女の変身が解け目を覚まさなかった。

エピローグにて魂をすり減らしすぎた結果、足が動かなくなり車椅子生活を送らなくてはならなくなったが無事生存していることが判明する(第2部で明かされた本当の原因は魔法少女の事を世間に知らせる「風の伝道師のウワサ」を作ったため)。
そしてユメミルサクラにて今回の事件を起こした罰として灯花同様に今後一切魔法少女に変身する事を禁じられた。

第2部『集結の百禍編

第1章『前書きは靴音と一緒に

魔法少女ストーリー

柊ねむ

  • 1話「創造の肝心要は…」
    • ホテルフェントホープができるまでの話。

  • 2話「空虚にするものは…」
    • 時系列は第4章より後。

  • 3話「最も欲しいものは…」
    • 時系列は第1章より前。

テレビアニメ

第3話と8話の回想で登場し、10話のCパートで灯花と共にフェントホープの聖堂でマミ、みふゆの話を聞いていた。

その他

配信開始当初は本作のシナリオに一部を除いてキャラクターの声が充てられていなかったため、ねむの声は不明となっていた。しかし、2018年2月28日からメインストーリー第2章がフルボイス化されたため、ようやくねむの声がお披露目となった(当時、担当声優の名前は非公開であり、公開はプレイアブル実装まで待つ必要があった)。

鶴乃の店には「柊さん」という常連がいる。なお電話帳で調べて尋ねた所ねむとは無関係だった。

関連動画



関連イラスト

センシティブな作品
柊ねむ


ねむ
ねむちゃん



関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
環うい マギウスアリナ・グレイ里見灯花柊ねむ

御崎海香(魔法少女かずみ☆マギカ):人気小説家の魔法少女
志伸あきら宮尾時雨:同作品のボクっ娘魔法少女
香春ゆうな:木属性アクセルゴリラ繋がり。




















以下、『マギアレコード』の核心に迫るネタバレ注意。




















どうして彼女たちは生きているの?

概念となったまどかの魔法少女ストーリーにて明かされた真実。

実は、環うい・柊ねむ・里見灯花の3人は本来魔法少女になる運命ではない、それどころか、病気で死亡するはずの人間なのである。死ぬ順番は彼女が二番目。彼女が生存し、キュゥべえと契約して魔法少女となっているのはマギレコの時間軸のみであり、他の時間軸(まどか☆マギカ本編も含む)ではいずれも魔法少女にはなっていない。まどかの推測によれば、何らかのバタフライ・エフェクトが発生したことで、彼女達の運命が大きく変わり、まどかがマギレコの時間軸に干渉することができなくなっているとのことであるが……。

関連記事

親記事

参京院教育学園 さんきょういんきょういくがくえん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「柊ねむ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1090644

コメント