ピクシブ百科事典

吉良てまり

きらてまり

吉良てまりとは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の登場キャラクター(魔法少女)である。 トップ画像左。
目次[非表示]

「おあとがよろしいようで」
「今のフレーズ、もう一度言ってもらえます?」

概要

変わり者の魔法少女。
周囲からは何を考えているのかよく分からないと言われている。
だが、文学的素養に優れ、自らも筆を取って感情を表現することがある。
幼なじみの古町みくらとはウマが合い、彼女につきあって歴史研究部に所属している。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地不明
学校工匠学舎
年齢学年不明/高校2年生
肩書き魔法少女/歴史研究部
願い事私の紡ぐ言葉が誰かの心に届いてほしい
固有魔法言葉を操り人を操る「言霊」
キャラクターデザインなかじまゆか
声優安齋由香里


人物像

イベント『忘却の輪舞曲は久遠に睡る』で初登場と同時に実装された魔法少女。古町みくら三穂野せいらと共に工匠学舎の歴史研究部に所属している。部長のみくらとは幼馴染。

なお、歴史研究部の3人(みくら・てまり・せいら)は天音月咲千秋理子と同じ学校であり、みくら・てまりと月咲に至っては同じクラスで以前から面識もあったのだが、歴史研究部の3人はキュゥべえと契約してから日が浅いため、『忘却の輪舞曲は久遠に睡る』において3人と月咲・理子が魔女の結界内で偶然鉢合わせるまで、お互いが魔法少女であることを知らなかった。

柊ねむとは、てまりが彼女の作品の感想を送ったことがきっかけで以前からネットで交流(メール交換)を持っており、てまりはねむを「匿名の作家」として認識していた。その後、『忘却の輪舞曲は久遠に睡る』の一件で直接出会うことになり、お互いが魔法少女であることを知った。

魔法少女として

武器は筆。騎士を想起させる姿になり、巴マミの衣装に胸の谷間を露出させ、マントを付けた感じである。
固有魔法「言霊」は、暗示や洗脳ほどの強制力は無く、ねむの具現ほど勝手が効くものでも無いものの、一度受け入れると極めて強く影響を受けてしまう。その力は音声だけでなく書いた文章にも宿る。『忘却~』では脚本に宿った言霊が事態をとんでもない方向に進ませてしまう。

ゲーム上の性能

基本データ

属性
タイプサポート
イラストレーターなかじまゆか(★3〜4)
実装日2019年11月29日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×0×1×2


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★3Lv6021,4486,3896,908
★4Lv802216761565904


コネクト「ともに新章へ」

レアリティ効果
★3攻撃力UP[Ⅴ]& Accel MPUP[Ⅴ]
★4攻撃力UP[Ⅶ]& Accel MPUP[Ⅶ]


マギア「兵どもが夢の跡」

レアリティ効果
★3敵単体にダメージ[Ⅲ]& 確率で暗闇(敵単/2T) & Accele MPUP(自/3T)
★4敵単体にダメージ[Ⅴ]& 確率で暗闇(敵単/2T) & Accele MPUP(自/3T)


ドッペル

未実装

専用メモリア「いつものきまぐれ」

筆記用具が変わっても、紡がれる言葉は変わらない?
私はそうは思わない
その仮設を検証したくて、ペンでの創作に凝り始めた
…親友に言わせると、いつものきまぐれ

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能吉良てまり
イラストレーターmepo


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14660466
Lv.20
Lv.40116501165


スキル「リムーブスペル」

特殊能力効果発動ターン
通常バフ解除(敵単/アビリティは解除不可)
限界突破バフ解除(敵単/アビリティは解除不可)


経歴

魔法少女ストーリー

12月4日から公開。

吉良てまり

  • 1話「新たな日常」

図書館で話し合うみくらとてまり、せいらの魔法の性質は判明してるのに二人のものは分からない。
てまりは世の中には才能を持ちながらも世間に評価されず、埋もれてしまった作家達がいる事を知ったため上記の願い事を叶えた事を明かした。
せいらを加えた魔女退治でてまりの武器は筆であることが判明し、みくらは筆の達人、和歌のアイデアが無限に湧くのではと推測するも、いずれも的外れ。
その後調整屋を訪れるとみたまから果てなしのミラーズの話を聞かされ、3人のチームワークを鍛えるために次の日の放課後、鏡の魔女の結界に行くことにした。

  • 2話「3人の成果」
見事な連携で使い魔を倒した3人、その勝因は普段慎重なてまりのまさかの思いつきの行動だった。
この戦いでみくらが敵の観察、せいらが作戦を考え、てまりが臨機応変に突破口を開くというそれぞれの役割を確認できたものの、相変わらず二人の魔法の性質は分からずじまい。
  • 3話「取り戻すべき日々」
そしていつもの図書館での会話。てまりもみくらも魔女とどう戦うのか気になり、本を読み進める気にすらならなかった。
せいらも疲れから教室で居眠りしてしまい、てまりはいつもの生活を取り戻すべく自分達の「憩いの場」を探すことを提案。話を聞いたせいらはみくらの名を借り、お互い自由に好きな事ができる「歴史研究部」を設立した。
それでも尚てまりの魔法の性質は分からない…と思いきや、みくらは最近てまりの言葉通りに動いている事に感づく…

期間限定イベント

忘却の輪舞曲は久遠に睡る


余談

グラフィックを見ると分かるが巨乳であり、魔法少女姿の衣装は遊佐葉月の如く胸元が強調されている。
元ネタは歴史研究部所属とのことで、苗字は「吉良上野介」に依るのかもしれない。
ただし文学少女かつ小説書きであることと、攻撃ボイスで「春はあけぼの」「冬はつとめて」など枕草子の一節を口にすることから「清少納言」の方が元ネタとしては近い。

関連イラスト

吉良てまりちゃん



関連タグ

マギアレコード 工匠学舎 古町みくら 三穂野せいら

関連記事

親記事

工匠学舎 こうしょうがくしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吉良てまり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31477

コメント