ピクシブ百科事典

魔法少女(魔法少女まどか☆マギカ)

まほうしょうじょ

ここでは、テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』とその関連作品・派生作品における魔法少女について記述する。
目次[非表示]

概要

本作における魔法少女とは、どんな願いでも1つ叶えることと引き換えに地球外生命体「キュゥべえ」と契約を結び、魔女と戦う使命を課せられた存在である。

魔法少女まどか☆マギカ』の世界には、魔法少女と魔女が存在しているが、いずれも一般には存在を知られておらず、主人公の鹿目まどかも第1話の時点では魔法少女のことなどは知らない。

ただし、第11話におけるキュゥべえの発言によると、有史以前から世界中に多くの魔法少女が人知れず存在し、歴史を動かしてきたとされている。劇中の歴史では、史実上の人物であるクレオパトラ卑弥呼ジャンヌ・ダルクも契約を交わした魔法少女であったと設定されている(第11話、最終話の劇中ではそれらしい容姿の人物が登場するものの、明言はされていない。ただし、脚本ではこれらの人物が実名で「クレオパトラ、卑弥呼、ジャンヌ・ダルク」であると明記されている)。

素質

魔法少女の素質を示す魔法係数は、その人物が抱える「因果」の大きさによって決まり、主に国を束ねる者や、救世主と呼ばれる者などが高い資質を持つ傾向にある。ただし、主人公のまどかは平凡な中学2年生でありながら、とある理由によって例外的に高い素質を持っている。

変身方法

魔法少女の契約の際には、ソウルジェムと呼ばれる宝石状のアイテムが生み出される。これは魔法少女の霊力をエネルギーに変換する魔法の力の源であると同時に、魔女やそれに類する存在の感知や、変身アイテムとしての役割も担うものである。基本的な形状は卵の形で統一されているが、普段は指輪の形状として左手の中指に付けられている(指輪形態のソウルジェムには契約者の人名が魔女文字で刻まれている)。変身時はそれぞれ異なるアクセサリーの形状に変形する。

魔法少女の持つソウルジェムは魔法を使用するたびに穢れが貯まり輝きが失われ、全く魔法を使わずにいたとしても肉体の維持のため少しずつ濁って行く。このような場合は、ソウルジェムに溜まった穢れをグリーフシード(魔女が孕んでいる黒い宝石状の物質)に移し替えることで魔法少女は再び魔法を使えるようになる。魔法少女は濁りを回避するために、定期的に魔女を倒さなければならないという仕組みになっており、グリーフシードは魔法少女が魔女を倒すことで得られる見返りともいえる。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女おりこ☆マギカ 魔法少女かずみ☆マギカ 魔法少女すずね☆マギカ 魔法少女たると☆マギカ
キュゥべえ ソウルジェム グリーフシード
魔女 使い魔

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法少女(魔法少女まどか☆マギカ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284

コメント