ピクシブ百科事典

時女一族

ときめいちぞく

ソーシャルゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場する魔法少女グループの一つ。
目次[非表示]

概要

広江ちはる時女静香土岐すなおの3人からなる魔法少女グループ。
メインストーリー第2部『集結の百禍編』での登場が告知され、前日譚にあたる期間限定イベント『深碧の巫』でお披露目となった。
3人それぞれ名字が違うにも関わらず「一族」と括られているのは、時女家が本家であり、土岐家と広江家がその分家に当たるため(後述)。
魔法少女の衣装は、いずれも和装をベースとしてフリル・スカートなど洋装を織り交ぜたデザインとなっている。

メンバー

名前声優キャラクターデザイン属性タイプレアリティ実装日
広江ちはる相良茉優蒼樹うめディフェンス★42019年8月9日
時女静香内田秀不明不明不明非戦闘
土岐すなお大西亜玖璃不明不明不明非戦闘


時女一族の集落

彼女達が暮らす時女一族の集落は、人工衛星からの上空写真には写らず、携帯電話の電波も圏外という人里離れた山奥にある。静香の実家である時女家の本家を筆頭とし、神官として神子柴(みこしば)家が強い発言権を持っている。日本の暗部を担う存在であり、警察や政治家などとの裏での接触を除いて外部との交流はほとんどなく、集落にはスマホもパソコンも基本的には存在しない。

時女家には「時女一心流」という剣の流派が伝わっており、後述の悪鬼との戦闘のための訓練に生かされている。静香の母親も一般人ながら、普通の武器(刀)で使い魔と渡り合うほどの実力を持っている。

この集落では、魔法少女の存在が一般人にも認識されている。ただし、集落の外とは呼称が異なり、魔法少女は「巫(かんなぎ)」、ソウルジェムは「宝石」、魔女は「悪鬼」、使い魔は「(悪鬼の)子分」、グリーフシードは「悪鬼の魂魄(こんぱく)」、キュゥべえは「久兵衛様」と呼ばれている。初潮を迎えた少女が神の御使い(久兵衛様)に魂を捧げることで願いを叶え、悪鬼と戦う力を得て人間と日本を救う巫になる、とされている。なお、願い事は「日本を良くするためのもの」とされ、神子柴家の神官が事前に決定したものをそのまま儀式(國兵衛神楽ならびに巫の儀)で読み上げることになる。つまり、巫となる少女自身が願い事を考えることはできない。
また、魔女の中には「ユラユラサマ」と呼ばれる個体があり、これに手出しをすることは禁忌とされている。

時女家には以下の分家がある。

  • 土岐家
    • すなおの実家。本家の集落がある山の麓にある村に住んでいる。すなおは神子柴家に住み込みで巫をしていた。
    広江家
    • ちはるの実家。より厳密には神子柴家の末裔である。

ちなみに

『深碧の巫』終盤の流浪の魔女との戦いの中で、BGMとして3人によるキャラソンが流れる
その後9月8日に行われた2周年記念イベント「Magia Day 2019」で発売された記念本「Magia Record 2nd Anniversary Memorial Book -シラツユ-」に記載されたスタッフクレジットにおいて、「山茶花の跡」というこの歌の曲名の名前とともに、「時女一族」という名称が3人及びその担当声優によるユニット名称でもある事が明かされている。
そのイベントでは声優3人がそれぞれの魔法少女の服をイメージしたフリル付きの和服姿でサプライズ出演、さらにイベント本編終了後会場限定ライブにおいてこの歌をライブ初披露している。3人とも声優としては新人(しかも事務所は3人ともリンク・プランに所属)であるため、こうしたライブ出演も初めてであったが、それを感じさせないパフォーマンスで大歓声を浴びている。

余談

『深碧の巫』のエピローグで「時女とそこから分かれた家」があり、彼らを募って時女一族の集団を作ろうとしているというセリフがある。その為チーム名としての「時女一族」は上記の三人であるが、それ以外にも時女の血を引くキャラが今後登場すると考えられる。
またイベント『新たな息吹より』で新たに顔出しした人物の一人が、ドッペルを目撃して「コイツは時女の本家に連絡せにゃあならんねぇ」と発言していることから、この時には既に時女一族の集団が出来上がっていたと思われる。

関連イラスト

かごめ かごめ



関連タグ

マギアレコード 集結の百禍編

関連記事

親記事

マギアレコード まぎあれこーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「時女一族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25155

コメント