ピクシブ百科事典

藍家ひめな

あいかひめな

藍家ひめな(あいか ひめな)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「私チャンが天辺に連れてってあげよっか?」
「ま、安心して★私チャンがみんなを天辺に引っ張っちゃうからっ!」

概要

天性のカリスマでネオマギウスのトップに登りつめた魔法少女。
自由な恋愛を周囲に認めさせるため、天辺を目指している。
底抜けに明るく誰とでも馴染める性格だが恋愛に関しては純粋で幼馴染の恋人を一途に思い続けている。

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市の隣町
学校神浜未来アカデミー
年齢学年14歳/不明
身長不明
肩書き魔法少女
願い事私チャンの中でヒコ君と一緒に居られるようにして
固有魔法合成
ソウルジェムの形状/色/位置四弁花?/藤色/お腹
武器羽衣?
キャラクターデザイン蒼樹うめ
声優首藤志奈


人物像

全てを失い傷心していたネオマギウス時雨はぐむの前に突然現れた魔法少女。
「天辺を目指すこと」を目標としており、友人のサーシャから聞いたネオマギウスの掲げる「魔法少女至上主義」に興味を抱き、加えて『彼ピ』の「天辺に登るなら人材不足のグループが手っ取り早い」という提案からネオマギウスを仕切る。
神浜市栄区にある神浜未来アカデミーに通っているらしい。

髪は藍色のセミロングで、髪を上に束ねている。
一人称は「私チャン」。清楚な外見とは裏腹に「★」や擬音を混ぜたギャル語で喋る所謂陽キャラな性格。
一見するといい加減で無鉄砲のように思えるが、冷静沈着かつ大胆な判断力と鋭い直感力の持ち主で、その捉えどころのなさに調整したリヴィアから「今の状況をひっかき回してくれそう」と評されるほどの曲者。
また、天性のカリスマ性も秘めており、チームに入ったばかりでありながら、いつの間にか自然とリーダーのポジションに収まっているばかりか、当初壊滅寸前の弱小チームだったネオマギウスをわずかな間に強力な魔法少女軍団に育て上げ、配下からは『姫』と慕われるようになるまでに登りつめた。

時々『彼ピ』と呼ばれる存在と何らかのコンタクトをとっているらしく、作戦のアイデア等はそこから引き出している。はたから見ればなにやら一人でぶつぶつ言っている様にしか見えず、本人も「彼ピは私チャンの頭の中にしかいない」と明言している(イマジナリーフレンドというよりは本人曰く「別人格」のようなものらしい)。

魔法少女になる前は自身は「いい感じのグループ」に所属しており、「ヒコ君」という頭が良くて物知りで何でも教えてくれる幼馴染に小さい頃から好意を寄せていた。しかし彼はクラスで孤立して(ひめな曰く「陰キャというか完全にぼっちでクラスで浮いていた」)おり、ひめなはいじめられていた彼を助けようとしたが当時頭の良くなかったひめなは上手くいかず、その度に周囲から「不釣り合い」だと冷たい目で見られるようになった。

後に周囲に内緒で彼と交際するようになったが長くは隠し通せるはずもなく……

やがて周囲との軋轢に耐えられなくなり絶望したヒコ君はひめなの説得も虚しく彼女の目の前で自殺してしまい(彼が死んだと思われる公園の左側の樹をよく見ると…)、その直後に現れたキュウべえに上記の願い事で契約した結果、今では彼は「自分の中にしかいなくなった」という。
だがもちろんそんな経緯すら信じてもらえるはずもなく、それを周囲に明かすとクラスはおろか実の親にまで異常者扱いにされ自らも孤立してしまい(この為、転校した)、独り絶望していた所をサーシャに声をかけられ、今に至る。

そしてそんな経緯から「自由な恋愛」をするために自動浄化システムを手に入れ、魔法少女も逆らえない存在になろうとしている。
システムを手に入れた後は魔法少女主義を信用する人物を中心とした管理制度、システムを細分化して人口と面積単位で割り当て、主義を信じるネオマギウスの連中のみに使わせ、敵対する者には利用頻度を減らすつもりである。
神楽燦からは、マギウスの3人の「天真爛漫とした生まれながらの狂気」と対照的な「周りに育まれた狂気」を孕んでいると評されている。
ひめな自身も「周囲の人間のせいでこうなってしまった」「ヒコ君の為なら虐殺者になれる」と、時折開き直ったかのように世間への恨み節と心の闇を露わにしている。

また、敵対する相手には一切容赦しない一方で「仲間を見捨てるようなことは絶対にしない。ヒコ君を裏切ることになるから」と断言するほどに友達や仲間を思う気持ちは強く、はぐむがひったくりに遭った時や仲間が魔女に傷つけられた時には本気で怒りをあらわにし、メンバー内で別組織の内通者が判明した際も特に責めることようなこともせず、尚も一人の友人として接している。

魔法少女として

紅晴結菜時女一族のような和風の衣装で、羽衣を纏うきらびやかな姿は天女や織姫を彷彿とさせる。

固有魔法は「合成」。他者の持つ力を、別の他者に一時的に転移させることができる。作中では圧倒的な間合いと手数を持つ時雨に、はぐむの魔女特攻の能力を合わせ、魔女を倒させた。
アナザーストーリー第2部7章では、魔力を保有する物体にも能力を込められる事が判明した。
もちろん自身にも付与することができる為、複数人の魔法少女を相手にたった一人でも難なく戦える。
しかし使う能力が多いほどその負担も大きく、多数の魔法を使いすぎるとその分魔力を消耗してしまう。

ゲーム上の性能

マギアと水属性の攻撃力を上げられる。

基本データ

属性アクア
タイプサポート
イラストレーター蒼樹うめ
実装日2022年5月23日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×3×0×1×1

水属性のアクセルゴリラ

最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8024,6316,5586,606


コネクト「アゲてくんでよろ~★」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ]& 水属性攻撃力UP[Ⅶ]


マギア「エモラブ★アクアボム」

レアリティ効果
★4敵全体にダメージ[Ⅴ]& 攻撃力UP & 水属性攻撃力UP(味全/3T)


ドッペル恒久のドッペル



専用メモリア「」

基本データ

レアリティ★3
タイプ
装備可能
イラストレーター


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.40


「」

特殊能力効果発動ターン
通常
限界突破


活躍

メインストーリー第2部『集結の百禍編

第2章『微笑みと火花
3話終盤に登場。度重なる敗北と失態で完全に心が折れ、悲嘆に暮れていた時雨たちの前に姿を現わす。
魔法少女史上主義を謳っていながら己を誇ることすらできず醜態を晒し続けるネオマギウスの現状を彼女は「ちょーダサい」と評し、上記の台詞と共に二人に手を差しのべる。

第3章『内なる常夜の夜明け
拠点内でグループを仕切り、上記のネオマギウス入りした理由を語る。
南凪区でのキモチ争奪戦では戦況をかき回した上で「キモチについて知るために参戦した」との理由で石を必要とせずに戦いを放棄し仲間と共に高見の見物、戦いの後、時雨とはぐむに「アオのようにキモチを倒す時の迷いの無さが必要」と諭す。
その後は時雨、はぐむ、サーシャの四人で協力してくれるメンバーを集めるため宝崎市を訪れる。

第4章『彼方の群青
集めたメンバー達と共に時女一族の前に現れる。その際、静香をネオマギウスに勧誘しているが彼女から「石を求めるのは人を支配する為でしょ?」と断られた為に攻撃を開始、七つ目のキモチの石を手に入れた広江ちはるを襲撃し、彼女の腕ごと石を強奪した。

第5章『揺れて恋歌に霞む理想
時女一族が自身を魔法少女を特別視している事に気づき、彼女達を引き込もうと企む。
燦とミユリが時女一族になりすまし彼女達を唆してちか&すなおを始めとした構成員を引き抜いたが時女はネオマギウスを拠点ごと潰そうと演技していたのだった。
それに気づき、みつねのドッペルによる改竄能力を行使するも静香によって阻止されてしまう。
追い詰められた時、キモチに体を乗っ取られそうになるも撥ね退け、石をちはるに一旦返却。そして壇上の舞台でに射殺されたかと思いきや、前述の改竄によって時女達を欺き生き延びた。
戦いの後は「表向きでは既に死亡している」ことにしてその裏で密かに再起を図る方針を決めている。

第7章『トワイライト・レムナント
メインストーリーでは、暗躍の一端が語られている。神浜市長選挙を利用して「神浜を引っかき回」すために、みつねに再度ドッペルを使わせた。そして、計画通り東西の確執を煽ることに成功すると、東側で動揺したみたま十七夜に密かに仲間を接触させ、さらに時女一族の静香、プロミストブラッドのアオも脈ありと踏んでアプローチをかけ続けた。しかし、みつねが体調を崩して入院したことに動揺する。

アナザーストーリーでは章の主人公格で登場。燦の協力で宝崎の公民館を活動拠点としており、自身の固有魔法を物体にも行使できるよう修行をしているが失敗ばかり。
それを見かねた燦が特訓に付き合い、魔力を安定させると共に明確なイメージを出来るようになり、次に反復練習。サーシャの魔法を箒に移植しようと試みるも成功せず。
偶然ななか達と出会って衝突した時は燦が純美雨以外を引きつけてる隙に純の固有魔法である「「事実」の偽装」を箒に移植することで、ななか達がひめなと出会った記憶を封じる事に成功した。
後の検証で合成の条件は魔力を保有する物同士である事が判明し、先の戦いでは特訓で同じ箒を使い続けた事で魔力が込められたから成功したのだった。
そして今後の計画も上手くいくと確信した。

第8章『夢のなごりに芽吹く花
北養区の電波望遠鏡にみつねの固有魔法「改竄」を合成すればいいとヒコ君に進言されるも、以前の件でみつねを酷使したくないと拒否。またヒコ君はユニオン、時女一族、プロミストブラッドの3人が手を組む時こそが行動を起こすチャンスだとも進言し、純美雨を引き込めれば計画は終わりともしている。
サーシャからは多くの人を巻き込んで心が痛まないのかと言われ、ひめなの死を恐れ計画の中止と他のグループとの和解を提案されるが、魔女化するよりも自分達を虐げる連中にヒコ君との仲を認められない方が地獄だという理由で断る。
サーシャがいなくなれば自分を止める者がいなくなると言うも、彼女はネオマギウスを抜けてしまった。

そして3グループがいろはに全ての石を託し、彼女達がキモチの暴走を鎮めた直後にネオマギ総出で再び姿を現し、自らの理想である魔法少女至上主義を語る。
それはネオマギウス上層部←ネオマギウス←その他の魔法少女←一般人という階級制度。
魔法少女の間と一般人の間は平等で、優劣は無い。
しかし人間は簡単に悪に染まるという理由で人間には魔法少女に指示された事を従わせ、平等を壊す者を徹底指導させる。
無論、魔法少女への悪口や何かを強請る真似は禁止で、ただ魔法少女を褒め称えなければならない。
同じ魔法少女に対しては地域ごとに浄化システムの権限を持つリーダーをあて、システムの利用は上層部を優先し、反抗する者には使用させないつもり。
人間も魔法少女もお互い咎めたり侮辱したり暴力を振るったり、増して人を傷つけたり悲しませないのが目的である。

そして彼女の理想に賛同した仲間と共に改めていろは達に宣戦布告するのだった。

アナザーストーリーでは勧誘を掛けた魔法少女達を宝崎市に呼び寄せ、半信半疑の彼女達に生きていたことを示す。さらにひめなの実力を疑う十七夜はひめなの心を読もうとするがヒコ君に阻まれて失敗。しかし逆にこの事で、十七夜の信用を得る事に成功した。
そもそもひめなはドッペルを利用して東への迫害を煽った張本人であり、心を読まれたらすべてがぶち壊しになるところだったのでネオマギウスにとってはヒコ君のファインプレーと言えた。

そしていろは達に宣戦布告すると、十七夜に「心の底から敗北感を味わわせて、抵抗する気を削ぎたい」と打って出るように指示した。

第9章『光差す正機迷宮
自身の考えを覗かれて裏切られないよう、仲間のみたまではなく絶対中立のリヴィアの元で調整を受ける。
ヨヅル曰くひめなが姿を眩ませる前にここに来た時はリヴィアに質問しつつ、魔法少女至上主義を実現する計画を進めていたがまだ過激でなかったという。
しかし調整したリヴィアによると、今のひめなの計画は調整屋の目的でもある魔法少女の救済を逸脱しており、このままではラビ達の抱く諦念に一直線とのこと。

電波望遠鏡を押さえ、神浜の人々に魔法少女を伝える計画を立てるひめな。それは魔法少女の固有魔法を電波望遠鏡で発信する事で人々の生命の維持をコントロールし、恐怖と絶望で屈服させて強引に魔法少女を認めさせるというものである。
サーシャとは連絡が取れず、周囲から頭の中のヒコ君の存在を認めてくれなかったのでこのような強硬手段に出た。
計画には真実の偽装ができる純が必要だが上手くいかず、代わりに改竄の魔法を持つみつねを連れさせようとするも時雨とはぐむの裏切りでこれも失敗。
そこで燦とミユリはみふゆを押さえ、彼女の眩惑魔法で計画を実行した。

第10章『疾走ドラスティックラバー
そして11時間後に各種メディアを通じて自身ら魔法少女の存在を世間に広めようとするが、これでは魔法少女が人類に敵視されてしまうので、いろは達は計画の阻止に乗り出す。
神浜中の放送網に魔法少女を配置し、アオに対してはサーシャを虐めた人々への復讐を兼ねて湯国市まで向かわせた。
発表までの時間が迫ると部下に神浜から出て行くよう命令し、自身は記憶ミュージアムのあった廃博物館にていろは達を待ち受ける。
その場に居合わせた魔法少女の力を使いこなし、翻弄するもその分魔力を消耗してしまいソウルジェムを一気に濁らせてしまう。
頼みの綱である魔法少女の意識を改竄する装置すらもリヴィア達に破壊され、駆けつけたメンバーに降伏を提案されても誰もヒコ君との関係を認めてくれない現状を理由に却下。
キュゥべえを呼び出し、自動浄化システムの再起動を要請しても断られ、最後に魔女化するかと思いきや駆けつけたサーシャの浄化と説得によって改心し、フェリシアの忘却とみふゆの幻惑、更にラビに強化された天音姉妹の笛を利用して人々から今回の一件を無かった事にした。

戦いの後、自身を支えてくれる仲間達の存在を実感した為自ら死ぬ事を断念し、陰口を叩く連中にも怒りを見せなくなっていた。

期間限定イベント

ディペンデンスブルー
仲間を集めに時雨とはぐむを連れ宝崎市へと赴く。

正直になりたい神楽燦
燦による合宿で、彼女のあまりの厳しさに拒否しようとするも、「特訓を止めたら今後はビビリーダーと呼ぶ」と脅され、嫌々ながら付き合う事に。
しかし燦が青年会のお兄ちゃんに甘えた態度を取っている事を知ると厳しさのお返しと言わんばかりに彼女をいじり倒し、逆に厳しくしすぎた事を謝る機会を奪ってしまう。
それはひめなも自覚していたようで、時雨、はぐむと共に燦に決闘を申し込む。相手との力量を見極め、裏をかく戦法のひめなだが、燦からは正面から戦う事もしなければいつまでも視野が狭いままだと評されており、真っ向勝負に出る。
結果として敗北するものの、互いに全力でぶつかり合って和解する事ができ、もう燦をいじらないと反省するも、彼女が青年会でどう過ごしてるかの興味は消えておらず見学を申し出るも「居残りで特訓したいのか」と怒りを買うことに。

遊狩ミユリの現在修行中!
偶然にもミユリのバッグを引っくり返してしまい、彼女が即売会に行く予定を知り興味を抱く。
後にミユリが自分の足フェチがメンバーに引かれたと思い込み、失踪した際は「人の好みは自由。自分とヒコ君の関係も周囲に理解されにくいからみゆりんの好きな物を否定できないし、それを捨てる事も否定しない」としている。

終盤、ミユリは時雨と和解するのだがミユリに今まで何をしてたのかを聞くと、またミユリの足フェチが発動してしまうものの、「成長したと思ったがあまり変わっていない。でもこっちの方がみゆりんらしくて好き」と評した…が、話の最後でミユに網タイツを履かされそうになる。

なおミユリ曰くひめなの足は「健康的で張りがあり、筋肉質で無いながらも程良く引き締まったふくらはぎと、きゅっと細い足首。燦ほどで無いが素晴らしい。」とのこと。

その他

  • 第2部のロゴには彼女のシルエットが他の4人の魔法少女(いろは静香結菜ラビ)のシルエットと共に描かれている。OPムービーで初めてはっきりと姿をみせ、本編では彼女が最後に登場した。
  • 魔法少女衣装のデザイン、名前に「ひめ(姫)」がつく、彼氏が「ヒコ」である事から元ネタは彦星と織姫であると思われる。それを裏付ける出来事として、サーシャの魔法少女ストーリーではヒコ君との七夕の話をしている。


関連動画



関連イラスト

藍家ひめなちゃん
藍家ひめなちゃん


天女ちゃん
藍家ひめなチャン



関連タグ

マギアレコード ネオマギウス
独裁者 タカ派
七海やちよ 七夕Ver.:同じく七夕モチーフの魔法少女。
日向華々莉:外伝作品の紫色の悪役魔法少女繋がり。

水波レナ:キャラデザ、水属性アクセルゴリラ繋がり。
笠音アオ:キャラデザ、第二部の主要魔法少女、水属性サポートアクセルゴリラ繋がり。

関連記事

親記事

ネオマギウス ねおまぎうす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「藍家ひめな」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「藍家ひめな」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 439038

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました