ピクシブ百科事典

藍家ひめな

あいかひめな

藍家ひめな(あいか ひめな)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「私チャンが天辺に連れてってあげよっか?」
「ま、安心して★私チャンがみんなを天辺に引っ張っちゃうからっ!」

概要

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地不明
学校不明
年齢学年不明/不明
身長不明
肩書き魔法少女
願い事不明
固有魔法不明(天啓?)
ソウルジェムの形状/色/位置四弁花?/藤色/お腹
武器羽衣?
キャラクターデザイン不明
声優不明


人物像

全てを失い傷心していたネオマギウス時雨はぐむの前に突然現れた魔法少女。
成り行きながらネオマギウスの新たなリーダーとして(勝手に)名乗りを挙げる。
髪は藍色のセミロングで、髪を上に束ねている。
一人称は「私チャン」。清楚な外見とは裏腹に「★」や擬音を混ぜたギャル語で喋る所謂陽キャラな性格。一見するといい加減で無鉄砲のように思えるが、こう見えて思慮が深く、さながら第六感のような鋭い直感力から捉えどころがなく、調整したリヴィアからは「今の状況をひっかき回してくれそう」と評されている。
また、計り知れないポテンシャルだけでなく天性のカリスマ性も秘めており、チームに入ったばかりでありながら、いつの間にか自然とリーダーのポジションに収まっている。

時々『彼ピ』と呼ばれる存在と何らかのコンタクトをとっているらしく(何の通信機器も使わず、はたから見ればなにやら一人でぶつぶつ言っている様にしか見えない為、おそらくは彼女の固有魔法だと思われる)、そこからアイデアや戦略を引き出している。

「天辺を目指すこと」を目標としており、友人のサーシャから聞いたネオマギウスの掲げる「魔法少女至上主義」に興味を抱き、加えて『彼ピ』の「天辺に登るなら人材不足のグループが手っ取り早い」という提案からネオマギウスを仕切る。

魔法少女として

紅晴結菜時女一族のような和風の衣装で、羽衣を纏うきらびやかな姿は天女や織姫を彷彿とさせる。

ゲーム上の性能

基本データ

属性
タイプ
イラストレーター
実装日月日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
××××


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.80


コネクト「」

レアリティ効果
★4


マギア「」

レアリティ効果
★4


ドッペル


専用メモリア「」

基本データ

レアリティ★3
タイプ
装備可能
イラストレーター


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.40


「」

特殊能力効果発動ターン
通常
限界突破


活躍

メインストーリー第2部『集結の百禍編

第2章『微笑みと火花
3話終盤に登場。度重なる敗北と失態で完全に心が折れ、悲嘆に暮れていた時雨たちの前に姿を現わす。
魔法少女史上主義を謳っていながら己を誇ることすらできず醜態を晒し続けるネオマギウスの現状を彼女は「ちょーダサい」と評し、上記の台詞と共に二人に手を差しのべる。

第3章『内なる常夜の夜明け
拠点内でグループを仕切り、上記のネオマギウス入りした理由を語る。
南凪区でのキモチ争奪戦では戦況をかき回した上で「キモチについて知るために参戦した」との理由で石を必要とせずに戦いを放棄し仲間と共に高見の見物、戦いの後、時雨とはぐむに「アオのようにキモチを倒す時の迷いの無さが必要」と諭す。
その後は時雨、はぐむ、サーシャの四人で協力してくれるメンバーを集めるため宝崎市を訪れる。

その他

第2部のロゴには彼女らしきシルエットが4と共に描かれている。OPムービーで初めてはっきりと姿をみせ、本編では彼女が一番最後に登場した。

関連イラスト

藍家ひめなちゃん
❔❔❔


天女ちゃん
藍家ひめなチャン



関連タグ

マギアレコード ネオマギウス

関連記事

親記事

ネオマギウス ねおまぎうす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「藍家ひめな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55540

コメント