ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マギウスの翼

まぎうすのつばさ

マギウスの翼(マギウスのつばさ)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場する組織である。
目次 [非表示]

※この記事には『マギアレコード』及び、『魔法少女まどか☆マギカ』本編をはじめとしたマギカシリーズのネタバレを含みます


概要

スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場する秘密組織。


魔法少女達の救済」=「魔女化の回避」を掲げる魔法少女たちによって結成され、マギウスの「翼」=「手足」となって行動する。


神浜市に出没する様々なウワサドッペルの存在に深くかかわっており、ウワサを退治しようとするいろはやちよらと対立するすることになる。


構成員

マギウス

組織の運営者であるアリナ、灯花、ねむの3人組。

(厳密には「マギウスの翼」とは異なるが、説明のため掲載)


アリナ・グレイ(声:竹達彩奈
死と生の魅力に取りつかれたアーティスト。魔女を「最高のアート」と称して飼育し、倒されると激高する。第1部の終盤でイブを乗っ取っるが、その後行方不明になる。アニメ版ではイブと融合してラスボスとなるがいろはに倒された。
里見灯花(声:釘宮理恵
☂
ドッペルシステムの生みの親。マギウスの思想(魔法少女至上主義)を作り上げ、白羽根や黒羽根を統率する指導者的な存在。
柊ねむ(声:諸星すみれ
ウワサの生みの親で、参謀的な存在。

幹部

梓みふゆ(声:中原麻衣
センシティブな作品
七海やちよの幼なじみ。ソウルジェムに穢れがたまり魔女化を覚悟したが、代わりにドッペルを出したところで灯花と出会い参加した。後に知り合いの魔法少女を大勢組織に引き込む。人望が厚くマギウスの翼を束ねている。最後はマギウスと決別してやちよの元に戻る。
巴マミ(声:水橋かおり
三万円から
キュゥべえに唆されて神浜市に来たところ、みふゆの勧誘・洗脳によって聖女のウワサを着せられた。最後はウワサをはがされて洗脳から解放され、駆け付けた見滝原組と共にマギウスと戦う。

白羽根

マギウスの翼の管理職的な立場。マギウスやみふゆの指示の下、黒羽根たちを指揮する。

カイコガのような意匠が施された白いフードローブを着ている。


天音月夜(声:内田真礼)、天音月咲(声:内田彩
センシティブな作品
双子の魔法少女。マギウスやみふゆの指令を直接受ける立場だが抜けているところがあり、たびたび口を滑らせたり任務に失敗したりする。
観鳥令(声:河瀬茉希
観鳥さん星5!
広報部を務めている。1部終盤ではフェントホープの防衛でいろはたちと対峙した。

・第2部から登場する神楽燦は教育係を務めた元白羽根の大物という設定。


黒羽根

マギウスの翼に所属するいわばヒラ。白羽根たちと同じ模様が施された黒いフードローブを着ている。


以下はいずれもイベントストーリー内で黒羽根だったことが明かされた。

(声:不明)
匿名
アラカルトバレンタインに登場。ほむらと交流を深めるが、最後は彼女の目の前で魔女化してしまった。
牧野郁美(声:木野日菜
いくみちゃん
羽根の行方に登場。みふゆの依頼で令とともにをマギウスの翼から逃がした。
七瀬ゆきか(声:鷲見友美ジェナ
ゆきか
お月見は優雅な茶会のあとでに登場。ワルプルギスの夜との決戦ではおろおろしているうちにいつの間にか戦いが終わっていたとのこと。
柚希ほとり(声:田中美海
ほとりん
お月見は優雅な茶会のあとでに登場。魔女結界内で白羽根に助けられ、マギウスの翼にあこがれて加入した。
黒江(声:花澤香菜
黒江ちゃん
アニメ版オリジナルキャラクターとして登場。いろはと面識があり、行方不明になったいろはの捜索をねむから頼まれたりもするが、最後は自暴自棄になり自ら魔女化していろはに倒された。後にゲーム版のイベント Little Bird's Star で再登場し、こちらはいろはとの間に友情が生まれて魔法少女として生きていく自信を持った。

・第2部から登場する宮尾時雨安積はぐむ遊狩ミユリは元黒羽根という設定。


一時的に所属していた黒羽根

保澄雫(声:七瀬彩夏
今年のマギレコ絵まとめ
空間結合の能力を買われてマギウスの翼に勧誘されるが、みふゆに依頼された令と郁美の手引きで脱退した。
由比鶴乃(声:夏川椎菜
無題
みふゆの洗脳の後ウワサを着せられてキレーションランドの管理人になるが、ウワサをはがされて正気に戻り脱退した。
深月フェリシア(声:佐倉綾音
フェリシアちゃん
みふゆの洗脳で加入するも、同じみふゆの手引きで脱退した。
二葉さな(声:小倉唯
sana
みふゆの洗脳で加入するも、同じみふゆの手引きで脱退した。
佐倉杏子(声:野中藍
杏子ちゃん
体験のつもりで加入するが、マギウスに洗脳されたマミに会って嫌気がさし、みふゆの手引きで脱退。その後見滝原に行ってまどかたちを助けてから戻り、フェントホープ内で暴れていろは救出を手伝うが、「あたしが気に食わないからコイツらを蹴散らすだけだ」とクールを装った。

この他、アニメ版では十咎ももこ(白羽根)、秋野かえで水波レナ(黒羽根)が加入している。


協力者

八雲みたま(声:堀江由衣
グリーフシードを横流しする見返りに中立を保証されていた。終盤でマギウスと決別していろはたちに協力した。アニメ版では最終話で白羽根になっている。

マギウスと交す9の約束

マギウスの翼のルール(教義)の様なもの。以下の通りである。


その1:羽根たちで一致団結して、魔法少女にとっての未来の翼になろう

その2:不用意に自分達がしている事を誰かに話さないようにしよう

その3:勧誘対象は魔女化を知っている人だけ。勧誘したい場合は白羽根に相談しよう

その4:仲間内でも姿を見られてはいけません。素性がバレる行動は控えよう

その5:私生活に支障を来す場合は無理はせずに相談するようにしよう

その6:割り当てられた仕事は2人以上で必ず行うようにしよう

その7:グリーフシードはマギウスの翼で回収。浄化は最小限に留めよう

その8:魔女とウワサは解放への大切な材料。他の魔法少女に譲らないようにしよう

その9:羽根になった時の希望を忘れるな。2度目の奇跡があると信じ続けよう


新たな息吹より前書きは靴音と一緒においてのネタバレ

ねむの口から、自分を誘拐したマギウスの翼の残党が去り際に「マギウスの翼における影響は解放という理念だけじゃない」と言っていたことが明かされた。


もうひとつの理念というのは以前に灯花が語っていた、魔法少女至上主義であり、少なくともそれに影響された2人の黒羽根は『ネオマギウス』という組織を作り、かつての同胞である羽根たちを勧誘していることが判明している。

かつて『マギウス』として信仰の対象だった灯花やねむを再び担ぎ出すため、電波望遠鏡にも出向いてきた。


関連タグ

マギアレコード マギウス

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 360402

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました