ピクシブ百科事典

遊狩ミユリ

ゆかりみゆり

遊狩ミユリとは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「ああ、なんてご無体!ミユは、ミユは、緊張してトンじゃいそうですぅ」
「燦様のおみ足こそ至高!世界に誇れる足ですよぅ!」

概要

ネオマギウスに所属する恥ずかしがり屋な魔法少女。
緊張すると意識が飛んでしまうため、戦闘時は暴走しないよいうがコントロールしている。その性質を生かし、燦の秘密兵器として動いている。
他人の足の鑑賞が趣味。Mっ気がある。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地宝崎市
学校宝崎市立光塚中等教育学校
年齢学年不明/中学生
身長不明
肩書き魔法少女
願い事緊張する時間を1分1秒でも早く終わるようにして欲しい
固有魔法体感時間の短縮
ソウルジェムの形状/色/位置丸型/水色/スカーフ
武器ローラーブレード
キャラクターデザイン蒼樹うめ
声優飯田ヒカル

※学年:中等教育学校の所属であり、かつ高1の水樹塁の年下であるため(「遊狩ミユリの現在修行中!」より)。

人物像

ミユリちゃん!!


ネオマギウスの新メンバーで、階級は黒羽根神楽燦の側近で、組織内でも「秘密兵器」と恐れられる実力者。
極度のあがり症で、緊張が高ぶると意識が飛び、本能のままに暴れる冷徹な殺人マシンへと変貌する(体質というよりはどちらかといえば後述する固有魔法によるもの)。

一人称は「ミユ」で語尾に「ですぅ」をつけるぶりっ子口調。言葉の最初を2回繰り返すのが口癖(「ですがですが」、「それはそれは」等)。
燦とは魔法少女になる前からの付き合いで彼女のことを「燦様」と呼び慕っている。
オレンジ色でウェーブのツインテールが特徴で、顔にそばかすがある。
父は会社を経営しており、宝崎市の光塚の火祭りに協賛金を出資している。

自他ともに認める筋金入りの足フェチで、他人の脚を勝手に分析しては熱く語り、コミケにおいても足の描写に優れるサークルを追うほどのオタクぶり。燦の足に対しては特に心酔しており、よくヒートアップしては燦に引かれるのが日常茶飯事。
なお足だからといって何でも良い訳ではなく、動かない足や男性の特に美しくない足には興味が無かったり地雷だったりする。

小さい頃はかけっこが苦手で、親に勧められてインラインスケートを始めたところすっかりのめり込み、大会に出られるほどに上達していったが、自分のあがり症が災いして実績に伸び悩み、親の紹介であがり症を治すために宝崎の青年会に入った時に燦に出会い、その際に燦の足に見蕩れて気絶したのをきっかけに、初めて自分の足フェチを自覚したという(大会の時にも他の選手の足に見蕩れて気絶していた辺り、その頃から兆候は見えていた模様)。

魔法少女として

ミユリちゃん


インラインスケートのプロアスリートのような姿で、鋭利なローラーブレードを武器にしている。

固有魔法は「自分の体感時間を短縮させる(わかりやすくいえば無意識になっている間は常にフルオートで活動している状態になる)」というもので、上記の体質がまさにあの状態といえる。
その体質と相性が非常に高く、一度気絶して無意識状態になってしまえば、それをスイッチに強力な戦闘能力で容赦なく敵を蹂躙する文字通りの『秘密兵器』となるが、裏を返せば一種のバーサク状態に近く、能力の関係上、自分の意思でオンオフが出来ないので下手をすれば敵味方問わずに攻撃してしまう。そのため戦闘では常に燦が付き添って彼女を制御している。

他者に対して使った場合、意識が飛んで体感時間が短くなるらしい(アナザーストーリー第2部7章より)。

ゲーム上の性能

2021年11月19日に実装。

基本データ

属性アクア
タイプアタック
イラストレーター蒼樹うめ(★4)、くろにゃん(★5)
実装日2021年11月19日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×1×1×0×3


チャージゴリラ

最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8017,9427,9075,427
★5Lv.10022,80810,0047,006


コネクト「ではでは!ミユも一緒に!」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ]& ChargeディスクダメージUP[Ⅶ]& 必ず回避無効
★5攻撃力UP[Ⅸ]& ChargeディスクダメージUP[Ⅸ]& 必ず回避無効


マギア「人事不省ランオーバー」

レアリティ効果
★4敵単体にダメージ[Ⅴ]& ChargeディスクダメージUP & Charge後ダメージUP & 確率で防御無視(自/3T)
★5敵単体にダメージ[Ⅶ]& ChargeディスクダメージUP & Charge後ダメージUP & 確率で防御無視(自/3T)


ドッペル赤裸々のドッペル

レアリティ効果
★5敵単体に属性強化ダメージ[Ⅸ]& ChargeディスクダメージUP & Charge後ダメージUP & 確率で防御無視(自/5T)& Charge消費なし(自/2T)


専用メモリア「風を切ってどこまでも」

そのスケートシューズは、ミユをどこまでも連れて行ってくれる
走っていったら疲れちゃうところでも、スケートだったらひとっ飛び
風を切って、大地を蹴って、見えなかった景色を見せてくれる
それはまるで、翼をくれるミユだけの魔法の靴

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能遊狩ミユリ
イラストレーター都筑禰己


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14400520
Lv.401,10001,300


スキル「モノポライズドロー」

特殊能力効果発動ターン
通常自分のDiscドロー5T
限界突破自分のDiscドロー4T


活躍

メインストーリー第2部『集結の百禍編

第4章『彼方の群青
七つ目のキモチの石を手に入れた時女一族を奇襲した。
その際に広江ちはるの腕を轢き落として石を奪うと言う惨い事をした。

第7章『トワイライト・レムナント
終盤で単独行動中の和泉十七夜に目をつける。

アナザーストーリーでは固有魔法が上手くいかないひめなを見て「ドッペルを出せば成功するのでは」と提案するも燦からはそれでも駄目だろうと一蹴される。

第8章『夢のなごりに芽吹く花
十七夜に接触しても追い返され、心を折る引き金が無いと引き込めないと語っている。
しかしその十七夜は終盤に…

期間限定イベント

ディペンデンスブルー

正直になりたい神楽燦
羽根達を燦の代理として特訓するが、詳しい描写は成されていない。

遊狩ミユリの現在修行中!
水樹塁とはオタク仲間であり、一緒に今度の即売会に行くこととなる。
しかしネオマギの一員の足についてを語りすぎてしまった為に引かれてしまい、足フェチを克服しようと奔走する。
それでも上手くいかずにオタクを辞めようとするも、付き合いのある塁や元マギウスの柊ねむと彼女の生み出した柊桜子と出会い、相談する事で全てのきっかけを見直し周囲に迷惑をかけないようにこれからも足好きでいる事にした。
結局最後の最後にはネオマギウスのメンバーに対し足フェチが暴走したが…

関連イラスト

さんさまとミユ
ミユリちゃん


センシティブな作品
⚠️warning⚠️



関連タグ

マギアレコード
ネオマギウス
神楽燦…同時に初登場したネオマギウスの一員。

関連記事

親記事

ネオマギウス ねおまぎうす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「遊狩ミユリ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「遊狩ミユリ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60412

コメント