ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

神楽燦

かぐらさん

神楽燦とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次 [非表示]

「神々しく華やかに雅やかに!派手に終わらせるわよ!」

概要

ネオマギウスのナンバー2を務め、神聖なものや強い存在に惹かれる魔法少女。

ネオマギウス内では鬼教官と恐れられているが、地元で所属している青年会では妹のように可愛がられる一面も。

(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地宝崎市
学校宝崎市立光塚中等教育学校
年齢学年不明/不明
身長不明
肩書き魔法少女
願い事火祭りを残して
固有魔法絶対防衛
ソウルジェムの形状/色/位置車輪型/赤/首下
武器ガトリングガン
キャラクターデザイン蒼樹うめ
声優ファイルーズあい

人物像

神楽教官

ネオマギウスの新メンバーで、階級は白羽根。銀髪で長い横髪とお団子ヘアが特徴。

マギウスの翼時代はフェントホープで鬼教官として羽根の教育をしており、当時から他の羽根達に恐れられていた。その一方で青年会のお兄ちゃんからは妹のように可愛がられており、彼等の前では甘えん坊となるので後述の「正直になりたい神楽燦」ではそのギャップに葛藤する事となる。

「さん」づけだとフルネームで呼び捨てしてるみたいになり、小さい頃はそれでからかわれてきた(ミユリの魔法少女ストーリーより)。


強いだけでなく口も達者で頭も回る。

梓みふゆに次ぐ高い地位の持ち主で「最初からネオマギウスに加入していたら解散することもなかった」と言わしめるほどの大物だが、曰く「補佐役が性に合っている」とのことで、自ら補佐したいと思える程信頼できる相手の下にしかつかない。


祭り好きで人一倍に地元愛が強く、宝崎市伝統の光塚の火祭りを大切に思っているが、知名度の低さと治安の悪さが相まっていつ祭りがなくなってもおかしくない状況であり、祭りを守るために名を上げて自らが「現代の神」として成り上がろうと思っている。


魔法少女として

繋ぎと短パンを合わせた花火師のような姿。髪留めの部分が車輪のようなものになっている。背中と両腕に武装したガトリングガンを使い、派手に弾幕を張る。


固有魔法によっていかなる物理攻撃も一切受け付けない無敵の防御力を誇る。

ただし常備発動できるわけではないため不意打ちには弱く、内側までは守れないため毒物等にも弱い。


ゲーム上の性能

基本データ

属性フォレスト
タイプヒール
イラストレーター蒼樹うめ(★4)、くろにゃん(★5)
実装日2021年11月12日

ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×0×1×2

最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.802200266016500
★5Lv.1002600183528501

コネクト「私の期待に応えなさい」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ]& 状態異常解除 & HP回復[Ⅶ]
★5攻撃力UP[Ⅸ]& 状態異常解除 & HP回復[Ⅸ]

マギア「ルースレス・バラージュ」

レアリティ効果
★4敵全体にダメージ[Ⅴ]& Accele MPUP & 状態異常耐性UP(味全/3T)& 状態異常解除 & HP回復(味全)
★5敵全体にダメージ[Ⅶ]& Accele MPUP & 状態異常耐性UP(味全/3T)& 状態異常解除 & HP回復(味全)

ドッペル停滞のドッペル

レアリティ効果
★5敵全体にダメージ[Ⅸ]& Accele MPUP & 状態異常耐性UP(味全/5T)& 状態異常解除 & HP回復(味全)

専用メモリア「光塚の魂」

光塚の火祭りを復活させる…それは何よりも大切な想い

だから使い古したハチマキに込めて、この場所に預ける

私が目的を達成して戻るそのときまで

どうかここで、見守っていて


基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能神楽燦
イラストレーター都筑?己

ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.40120001200

「キュアヒール・サークル」

特殊能力効果発動ターン
通常HP回復[Ⅲ](味全)10
限界突破HP回復[Ⅴ](味全)8

活躍

メインストーリー第2部『集結の百禍編

第4章『彼方の群青

七つ目のキモチの石を手に入れた時女一族を奇襲した。


第5章『揺れて恋歌に霞む理想

仲間を取り返しに大東区市民ホールにやってきた時女一族を迎撃する。

同行していた佐鳥かごめに自分の野望を語る。


第6章『薄氷のレゾンデートル

時女一族の拠点である水徳寺を訪れ、静香と面会。曰く「様子を窺いに来ただけ」。そこで6章は幕引きとなる。


第7章『トワイライト・レムナント

静香に対し、ネオマギウスが継続中である事と日本の根底に潜む悪を人々から剥がすべく人の上に立って制御しようと考えている事を告げ、人と並び合って説得する時女一族と自分達が似ていると指摘した事が判明。

最終盤では単独行動中の静香に声をかける。


アナザーストーリーではひめなを地元の公民館に匿いつつ、彼女の固有魔法の特訓に付き合う。

まず魔法を使う際の魔力を安定させつつ具体的なイメージをさせる為、魔女と戦わせる。

次に先程集めたグリーフシードで魔力を回復しつつ、反復練習をさせたが成功はせず。しかし実験台となった時雨とはぐむが感じた違和感からひめなの魔法の成功条件を突き止める事となる。

ひめながななか達と衝突した際は加勢し、純美雨に封印された記憶を思い出させる。そして美雨以外を引きつけ、その隙にひめなが美雨の魔法を利用してななか達の真実を偽装する事となった。


第9章『光差す正機迷宮

サーシャに抜けられたひめなの計画は暴走の一途を辿るも、彼女とミユリはそれに賛同。しぐれとはぐむにはついて行けないと思っており、2人には詳細を話していない。

この計画で火祭りを残せたとしても青年会の人々との関係は変わる事は覚悟しており、もしひめなが一般人に手を出しても八百万の神の理論からひめなと人々の両方を守るつもりでいる。


そしてミユリと共に計画に必要な美雨を拉致しようとするも、ななかやひなのに阻まれてしまい、ひめなの要請により今度はみつねを標的にする。

美雨の動向を羽根達に任せ、病院に行くとみふゆと対面。彼女を自陣に引き込もうとすると断られたので、羽根が用意した先ほどひなのから喰らった薬を浴びせて強引に拉致。その後はみつねから真の目的を聞き、脱退しようとする時雨とはぐむを追う。


第10章『疾走ドラスティックラバー

まずひめなに対し「光塚の人たちには手を出すな」と約束させる。

それでもひめなはネオマギウス以外の人々には冷徹であり、今更彼女の計画も止められないのでサーシャ達が抜けたのを好都合だと考える。

月咲に対しれは目立たないラジオ局に待機させた。


そしてみふゆと対峙し、全盛期の彼女に押されつつも何とか持ちこたえる。

拠点にさなと静香が攻めてきた時は絶対防御で凌いで更なる追撃を加えようとするも、マメジ率いる犬の群れに阻まれた。更に町内会と青年会から火祭りを廃業する旨を伝えられてしまう。

栄総合学園ではみふゆの幻惑によって過去のしがらみから解放され、未来への一歩を踏み出せるようになった。


魔法少女ストーリー

時系列はミユリが魔法少女になった後である。

第1話「神様に気づいたとき」

光塚の青年会にて会長から「青年会が反社と繋がってる」という噂を流され、大口のスポンサーが協賛を降りてしまったと知らされる。

だが以前に火祭りの廃止騒動が解決したのもあり、青年会はどこか楽観的。会長は資金が自分が何とかすると言い、皆に準備をさせる。

燦は誰もいない所でミユリに自身の過去を話す。まず燦は小学生の頃は怖がりかつ引っ込み思案で、両親に火祭りに連れられた事で青年会に憧れ、学生部に参加。それを機に性格が改善された。

だが火祭りは火の中に飛び込むのは危険であり、青年会の荒っぽさから火祭りが槍玉に挙げられるようになり、廃止運動が始まってしまう。

青年会は団結して廃止運動に抗議したが、相手の主軸には宝崎の有力者がおり無駄に終わった。なので燦はキュゥべえに「火祭りを残して」と願い廃止運動を消滅させたが、「ずっと続いて欲しい」と願ったわけではなかったので、再び火祭りが脅かされたのである。

そして燦は火祭りの信仰対象でかつ目に見える神がいれば信じてもらえると考えていたが、祭りの準備の為に公民館に連れ戻される。

「もう…すぐ子ども扱いするんだから…」


第2話「奇跡にはもう頼らない」

火祭りの準備を着々と進めていく青年会。燦とミユリは募金活動を行うが誰にも興味を持たれず、カリスマ性があればいいのにと考えるとネオマギウスの事を話題に出す。だがかつてのマギウスのように組織を引っ張れるとは思えず、次は神と火祭りを知ってもらう活動をする為に神主から火祭りの起源について書かれた本の事を教えてもらう。

読んでみると神の正体は魔法少女である事が示唆されていて、かつてこの地域でも魔法少女を神と崇める時代があったと推測し、燦は目に見える神になるべく魔法少女至上主義を広め、火祭りを守る事に決めた。

そしてネオマギウスの時雨とはぐむに接触。二人からネオマギウスに誘われるも、自身では補佐役が限界だとして断る。そこに青年会のタツが暴力事件に巻き込まれたと通知が来たので公民館に急遽帰還する。

更に手を出したのが青年会でなおかつ新聞記者まで来て、スポンサーから幾つも問い合わせまで来たので、一旦火祭りを今年で最後にし、ミユリの父に協力を取り付け、来年まで魔法少女至上主義を広める猶予を確保することに。

「願いの奇跡は一度だけ…あとは自分で何とかしないとね」


第3話「全てを失っても」

ミユリの父との交渉は成功し、火祭りの準備を更に進めていくなか、時雨からネオマギウスの新たなリーダーとしてひめなを紹介される。

馴れ馴れしい態度だったが燦はひめなに希望を見出し、今年の火祭りの成功を心に誓ったが、青年会が魔女に操られて騒動を起こしてしまい、仲間を一人失った(下記のディペンデンスブルーを参照)。

更にタツから先程の騒動が原因でミユリの父から協賛を打ち切られた旨、止めに会長から今年の火祭りの中止まで伝えられてしまった。

後日青年会は辛気臭くなっていたが、燦だけは来年以降の復活の目処を立てていた。だが神主からは火祭りの完全中止を告げられ、青年会からも神は見えてなかったとまで言われ、青年会は他の行事に気持ちを切り替えようとしていた。

それから時が流れ、ネオマギウスとしての活動の中でひめなに自身の想いを打ち明けた。

「何を犠牲にすることになっても…私は神になる…!」


期間限定イベント

ディペンデンスブルー

祭りを守るべく、ひめなたちに宝崎で起こっている事件や事故の元凶を調べて欲しいと頼む。


正直になりたい神楽燦

鬼教官【ON】【OFF】

ネオマギウス全体の戦力と結束を強めるため、キャンプという名目で合宿を行う。

リーダーのひめなに対しても厳しい態度を取るが、青年会への甘えた態度がバレてひめなにイジられてしまい、教官の時の自分と青年会に対する自分とのギャップに葛藤(サーシャからは世間的に見ればまだまだ未成年で子供なので、無理に大人にならなくてもいいとフォローされる)し、ネオマギウスのメンバーに厳しくしすぎた事を謝るチャンスを見失う。

そんな中、ひめなと時雨とはぐむから決闘を申し込まれ、彼女達のあまりに挑発的な態度から戦いを挑む。

結果として燦が勝利するも、3人がそれぞれの課題を克服し、成長した事に喜びを覚え互いに和解した。

帰り道、メンバーが一斉に燦が青年会のお兄ちゃん達とどう過ごしてるか気になるので今度見学したいと言うと、居残りで特訓したいのかと怒りを顕にするのだった。


遊狩ミユリの現在修行中!

ミユリがメンバーの足について熱く語っている時、時雨が「こんな時に教官がいれば」と言った側から登場。

ミユがメンバーから引かれたのは本人が悪いと叱り、彼女は足フェチを辞めようと失踪してしまう。しかしミユは必ず帰ってくるし、自分と改めて向き合う時間が必要という理由で探しに行かない。

だは朝ごはんの塩と砂糖を間違えたり、同じ所を何百回と掃除しすぎる等のミスをおかしている。


バレンタインメッセージ

神浜市からの帰りに月出里を見かけ、ミユリと共に宝崎市のリヴィアに目撃情報を伝える。


かごめの百怪波瀾 ~炎夏の宴~

光塚と縁のある青火野の祭事の手伝いに来たが、ミユリに手伝ってもらう見返りに彼女と海で遊んでいたところかごめ達と出会い、青火野の怪談騒ぎの解決に手を貸す。


関連イラスト

カグラ=サン神楽燦


関連タグ

マギアレコード

ネオマギウス

遊狩ミユリ:直属の部下





































第二部のその後は公務員試験への勉強の傍らで見つけた火祭りに関する書が歴史的な文書と判明し、祭りの再会の兆しのきっかけとなった。

関連記事

親記事

ネオマギウス ねおまぎうす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285023

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました