ピクシブ百科事典

ネオマギウス

ねおまぎうす

ネオマギウスとは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するグループである。
目次[非表示]

概要

メインストーリー第2部に登場するグループ。マギウスの翼の残党によって構成された集団。大東区の神浜市民会館を拠点としている。公式での略称は「ネオマギ」。

名称の初出は漫画アプリ『GANMA!』におけるマギアレコードの広告。5つのグループのロゴが紹介され(うち3つはすでに本編でも登場している)、その中の1つが「NEO・MAGIUS」である。
メインストーリー第2部第1章より登場。いきなり白羽根が紅晴結菜に殺されるという衝撃のデビューを見せた。

魔法少女は一般人より上位の存在であるという「魔法少女至上主義」なるものを掲げており、世界中にその存在を知らしめることを目的としている。その為、当初はその思想を持たぬ神浜マギアユニオンには否定的であった。
自分たちの指導者としてかつてのマギウスである里見灯花柊ねむを連れ戻そうとし、神浜マギアユニオンにいる元マギウスの翼のメンバーに勧誘を行っている。
だが、灯花からは逆に神浜マギアユニオンの一員になるよう説得されており、チームに入るか考えている者もいる(時雨とはぐむは、マギアユニオンに入ったつもりでいる)。そしてプロミストブラッドの襲撃も相まってメンバーの多くが敗北のショックで嫌気がさして離反してしまい、第1章にして既にほぼ壊滅状態になってしまった。
その後は組織を維持する為に両方に従属している形で、マギアユニオンとプロミストブラッドの抗争ではその場を切り抜けるために相手の情報を差し出すという、所謂二重スパイ的な立ち位置としてなんとか食いつないでいた。

後に「天辺に登るなら人材が足りてないグループが一番早い」理論で押し入り、半ば強引にリーダーになった藍家ひめなは、さしあたりマギアユニオンと手切れして、プロミストブラッドを取る決断をした様だが、その後に宝崎市をはじめとする各地へメンバーを集めており、宝崎にて起きたある事件を経て団結、戦力を整えるとプロミストブラッドに反旗を翻した上に時女一族と結託を提案するが、それを時女静香に拒否されたために時女一族を攻撃、キモチの石を腕ごと強奪するという暴挙に及んだ。またみかづき荘に宣戦布告の手紙も送っている。

時女一族との抗争の後は、表向きで「リーダー死亡で組織壊滅」を装い、裏で密かに再起を図っている。
ひめなの動き次第ではあるが時女への暴挙から見て、彼女らがプロミストブラッドに次ぐ危険な勢力になる可能性は有り得る。
そして、プロミストブラッドがマギアユニオンと和解(というより停戦)した現在、いろはたちの明確な敵対勢力として本格的に活動を開始する

構成員

新リーダーとその友人

藍家ひめな(声:首藤志奈
ひめな
第2章3話にて初登場し、ネオマギウスに介入した後、自然に新リーダーへと就任する。
栗栖アレクサンドラ(声:早瀬莉花
センシティブな作品
ひめなの友人で、彼女と合流する形でネオマギウスに加入する。実は「午前0時のフォークロア」から潜入してきたスパイ。


主な構成員

時雨とはぐむからなるネオマギウスの元統率者コンビ。いずれも黒羽根の出身。
ひめなの介入当初、リーダー然として振る舞う彼女に従う一方で、ひめなのペースに乗せられている事への不安もあったが、宝崎市の一件以降は2人とも自信を取り戻し、彼女を「姫」と呼んで慕っている。

宮尾時雨(声:鬼頭明里
宮尾時雨
マギウスの翼の残党で、友人のはぐむと共にネオマギウスを率いていた。ひめなの介入後は、彼女を新リーダーとして慕う。
安積はぐむ(声:高柳知葉
はぐむちゃん
時雨と同様マギウスの翼の残党で、ネオマギウスの元統率者。

黒羽根白羽根(末端構成員)

基本的に旧マギウスの翼と近いが、外観が全身マントと思わせるスタイルから神官じみた格好が多い。また武装は黒羽は本、白羽根は角笛を使用する。
当初はまともな統率力もなく、個人の実力も弱かった為に大敗を喫し、そのショックに多くが離反、組織も壊滅寸前となっていたが、ひめながリーダーとなって再編成されてからはこれまでとは考えられないほどの実力を披露し、時女一族との戦いではキモチの石を直接奪い取るという初白星を上げた。

神楽燦(声:ファイルーズあい
神楽教官
ひめなが介入したネオマギウスの新メンバー(白羽根)。マギウスの翼時代には羽根たちの「教育係」を務めていたほどの大物。
遊狩ミユリ(声:飯田ヒカル
ミユリちゃん
燦と共に登場したネオマギウスの新メンバー(黒羽根)。
三輪みつね(声:水瀬いのり
みつね 描いてみた
ネオマギウスの黒羽根。

他勢力から見たネオマギウス

大庭樹里(プロミストブラッド)「肝っ玉の小さいお前ら」
由比鶴乃(神浜マギアユニオン)「ネオマギウスは無害」
時女静香(時女一族)『(広江ちはるの腕を切り落とされて)ネオマギウスだからって完全に舐めてた私の責任だ…』

基本的に舐められている。ひめな達の加入までは他勢力より明らかに弱く、そればかりか仲間を殺したプロミストブラッドへの従属を強いられていたのも一因だろう。また、神浜マギアユニオンにとっては、初期メンバーが神浜の魔法少女であることから、「魔法少女至上主義」は危険視しつつも、保護の対象としてみられている節がある。
ユニオンに降っていた時期には、ユニオン代表の環いろはも、東地区代表の和泉十七夜も、相当に気を使ってユニオンの仲間としてやって行けるように手回ししていた。

しかし、特に時雨は、いろはと十七夜の好意は理解しつつも、自身が「保護の対象」として扱われることに、明らかに不快感を示していた。

一方で、ピュエラケアの篠目ヨヅルは、ミラーズランキング参加をためらうはぐむに「参加しても損はない」「安積様の能力を考慮すると、上位ランクに入って益を得る可能性はありますので」と一定の評価をしている。
また、午前0時のフォークロアのスパイであるアレクサンドラは、逼塞していたひめなを誘うことで、半ば解散状態だったネオマギウスを利用しようとした。フォークロアの真意は不明だが、ネオマギウスを再建させたのはフォークロアなのである。

ひめな達が加入しても、他勢力の評価はあまり変わっていない。鶴乃の無害発言は、ひめなとアレクサンドラが加入し、その魔法で苦戦させられた報告を受けた後のものであり、静香もちはるが重傷を負うまでは「完全に舐めてた」ことがわかる。
フォークロアは、ひめなの行動を見て危険視するようになったが、少なくともそれまでは利用しようとしていた。

「魔法少女至上主義を掲げ、魔法少女の天辺に立とうとしているにもかかわらず、他の魔法少女からは下に見られている」屈辱は、ネオマギウスにとって活動の大きな原動力の一つといえる。

と同時に、他勢力から下に見られていたからこそ、弱くても止めを刺されること無く生き延びることができた。ひめなが死んだふりをした時も、他勢力がそれ以上追及せずに他のネオマギウスメンバーを放置したのもそのためだった。おかげで、ネオマギウスは立て直しの時間を取ることができた。

他勢力にとってのネオマギウスは、自分達が舐めていた弱者の逆襲の要素があるといえる。

余談

2部から登場の各チームの主要メンバーがそうであるように、ここに記載されているうちの本来は別の組織に属するアレクサンドラとサブキャラクターであるみつねを除いた5人はプロ・フィット所属者が担当声優となっている。
同事務所と言えば、ご存知原作主人公鹿目まどか役の悠木碧も所属しており、5人は彼女の後輩ということになる。
恐らく選出された当時は5人は駆け出しの新人相当だったと思うのだが、今ではいずれも活躍の幅を広げており、中でも鬼頭とファイルーズはその快進撃が止まらない状況となっている。

ついでに言えば首藤と高柳は声優ユニット「PrimaPorta」のメンバーでもある。こちらに関して言えば実は時女一族の主要メンバー3人、内田秀時女静香役)・相良茉優(広江ちはる役)・大西亜玖璃土岐すなお役)も結成メンバーである(大西は2020年11月に脱退)。
この3人も事務所に残留した大西と移籍した内田・相良ともどもプロ・フィット系列のリンク・プラン出身という経緯がある。

関連タグ

マギアレコード 集結の百禍編
マギウス(マギアレコード) マギウスの翼
テロリスト
ディペンデンスブルー
非-魔法少女

別チーム


関連組織

  • ナチス:時系列は逆だが、創業メンバーのカール・ハラーやアントン・ドレクスラーが本業持ちでどちらかといえば理論家肌であったのに対し、後から加わったアドルフ・ヒトラーが熱心な活動と弁舌で党を牛耳ってしまった点が、しぐはぐとひめなの関係を彷彿とさせる。
  • ネオナチ:現実のドイツを中心として、アングロサクソン(白色人種)至上主義を掲げ移民排斥や民族運動を掲げる活動組織。しかして内実は低学歴、低所得層などの社会的弱者、いわゆる無敵の人の集りで、根底には「見返してやりたい」という思いが横たわる。活動意欲、積極性や思想にもバラツキが認められ、団結力に乏しい点もネオマギウスと一致する。
  • ネオ・ジオンネオショッカー:同様「ネオ」が付く敵勢力。どちらもネオマギウスのように選民思想的な点があるが、初登場時の情けないネオマギウスと違いかなりの兵力や強力な戦力を有し、更には自分達の打倒の為ならば大規模な破壊活動大量虐殺敵対者の貶めなどと言った大掛かりかつ悪質で残酷卑劣な作戦も平然とやってのける極悪非道ぶりを見せる。また両方とも人体改造をやってたり、が旧マギウス同様に人命を何とも思わない凶悪な勢力である事も共通している。














メインストーリー第2部第7章ネタバレ







神浜マギアユニオンプロミストブラッドの抗争が停戦した時に活動を再開し、燦が時女静香に、時雨とはぐむが笠音アオに、ミユリが和泉十七夜と接触した。
つまりこの3人がメンバーに加わる可能性が高まっている。

関連記事

親記事

マギウスの翼 まぎうすのつばさ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオマギウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124863

コメント